よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「DRACULA ドラキュラ伝説」新国立劇場 大千秋楽6/22 ②マツケンmeets Endless SHOCKTOPミュージカル ≫ 「DRACULA ドラキュラ伝説」新国立劇場 大千秋楽6/22 ②マツケンmeets Endless SHOCK

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「DRACULA ドラキュラ伝説」新国立劇場 大千秋楽6/22 ②マツケンmeets Endless SHOCK

1幕ラストみんなで歌うシーンで後ろから高い位置に吊られたマツケンドラキュラ。
いよいよここでフライングで幕をおろすのかーーーと思ったら何もなく終了。
はたしてこのシリアス気味な舞台のどこでマツケンは飛ぶのかと思っていたら
2幕、伯爵の家から帰るミーナを追いかけるドラキュラ伯爵が…
突然袖から空飛びつつ満面の笑顔で歌いながら登場(爆笑)
ええええええいきなり劇中で?
しかもそのフライングのスピードが異常に速い。
「ユタと不思議な仲間たち」の3倍くらいの速さで上下左右に揺れてます。
ヴァンパイアを演じた祐一郎伯爵がクレーンにのって
これまた同じく剱持さんのお風呂をのぞきに現れたときもかなりウケたけど
マツケンのEndless SHOCKは想像以上の笑激でした。
近所に住んでるんだから普通に歩いて追いかければいいのに。
また歌う歌がほんわかした歌だから
ドラキュラ伯爵の400年ぶりの浮かれっぷりが際立ちます。
基本的にマツケンドラキュラはずっと苦悩してるんですが、
たまにぽろっとおもしろいことやったり
笑いもとってたんで、これはこれで楽しかったです。

ラストはみんなの頭上で寄り添っている健さんドラキュラと剱持ミーナが
完全にエリザベート(宝塚版)状態。それに巨大な白バラがかぶるという…。
もう次の「エリザベート」は絶対祐一郎トートが健さんにみえてしまうんだろうなぁ
という期待半分怖さ半分状態に。
まさかネタにしてたマツケントートを本当にみることになるとは思ってもみませんでした。

カーテンコールはこれまた軽快な「シャンパンラブ」にのってみなさん登場。
園岡さんとか安崎さんノリノリ。そんななか座長オーラを放ちながらマツケントート
もといマツケンドラキュラが伯爵登場。表情もくずすことなく優雅な伯爵のままでした。
オールスタオベで盛り上がったところで健さんからサプライズ!
みなさんひと言ずつご挨拶をということで主要メンバーみなさんの挨拶がありました。
本当に事前に言ってなかったようで、結構あわててました(笑)
えーとあんまり覚えてないので箇条書き。
・藤本アーサーが「僕は今後舞台がないので」っていうのが
「今後仕事ない」みたいなギャグに聞こえて思わず客席笑い。
そこに真面目に「いや本当に」と念押す藤本さん(笑)
今年はテレビとかコンサートが控えてるそうですよ。
・光枝さんも聞いてなかったのでびっくり!っていったあと、
最初は健さんには近寄れなかったんですが
だんだん近くまで寄れるようになって最近やっとさわれるようになった(笑)
・園岡さん「悪魔なんですがなぜか網タイツはいてます」って美脚披露(笑)
・紫吹さん「私は実は閉所恐怖症で棺の中に入るのが怖かったんですけど、
人間なれるもんですね。」
通常カテコでは厳しい顔してた伯爵もここではニコニコしながら
みんなの話を聞いてました。
そして皆さんがとにかく言ってたのが
「また再演したい。そして出たい」ということ。
さらに健さんに対する感謝と健さんの人間の大きさについて
コメントされてる方多かったです。
剱持さんは「こんなすてきなひとは今まであったことない」と大絶賛。
袖からでてくるときにマツケンサンバ間奏ステップで華麗に登場してきた賢也さんは
「健さんの大きさに包まれて…」とコメントしはじめ、そのあまりの讃えっぷりに健さんも
「もういいからいいからー恥ずかしいよー」みたいなリアクションしてたのがカワイかったです。
そうそう健さんのご挨拶は「皆さん2回、3回、10回、20回とごらんいただき
ありがとうございました。(笑)最近では食料も資源も輸入に頼ってますが(笑)
ミュージカルも輸入物が多い中、この作品はオリジナルミュージカルです」
って感じのご挨拶でした。

松平健  ドラキュラ伯爵
鈴木綜馬 ヴァン・ヘルシング
剱持たまき ミーナ・マリー/アマンダ
真織由季 ヴァンパイア・ゼルマ
初風 緑 ヴァンパイア・ナディア
初嶺麿代 ヴァンパイア・ローラ
藤本隆宏 アーサー・ホルムウッド
園岡新太郎 メフィスト
安崎 求 ジャック・セワード
光枝明彦 執事・バベル
大澄賢也 ジョナサン・ハーカー
紫吹 淳 ルーシー・ウェステンラ
饗庭大輔 香取新一 笹木重人 楢原潤也 町田正明 森田浩平 市川紗也子
柏木ナオミ 小牧祥子 坂本法子
白木原忍 丸山知津子

Comment

上様トート
編集
あのシーンの衝撃(笑撃)度は群をぬいてますよね~。
笑い声をたてないようにするのが精いっぱいで 体はグラグラ・・・

影ソロ(宝塚そのまんま)になっても浮いているのがまた・・・

DVD申込しようかどうしようかかなり悩んだんですが、やめました。
元四季3人組の歌は聴きごたえがあって その部分はほしかったんですが(もちろん 上様のフライングシーンも)
やっぱり申込しとけばよかったのかなぁ(笑)
2008年06月24日(Tue) 00:58
編集
なんだかとても楽しめる舞台だったみたいですね~
公演中止になったのがホント悔やまれます。
東京公演も行こうと思えばいけたのですが...9000円は高いと思いまして
でも再演の時は行こうと思います。…再演するんですかねぇ
2008年06月24日(Tue) 19:42
静馬さん、事件です
編集
「ドラキュラ伝説」で綜馬さんに会えなかった私に、神様がプレゼントをくれましたよ~!
今日はオペラ座のリハ見に参加したんですが、質問コーナーで念願の高井さん登場♪
思ったよりすごく細くて驚きました。 でも、事件はそれだけじゃあないんです。

質問:「オペラ座では高い位置でお芝居されていますが、高い所は怖くありませんか?」
・・・それ私の質問じゃーーー!! Σ(o□o)
名前を呼ばれて挙手すると、高井さんがこっち見てる・・・ていうか、本当に目が合いました Σ(o□o)

高井さん:「エンジェル像に乗る場面は、本番は暗いからあまり怖いとは思わない。でも明るい所だと
下が見えるから怖いかも。後は十字架の場面や、マスカレードで上がってくる場面はちょっと怖い。
後ろは何もないし。・・・まあでも、僕は名前が高井だけに高い所は平気です」

実家の父さん母さん、産んでくれてありがとう(ToT) 
今まさに「生きるって、生きているって、なんて素晴らしいことなんだろう~」って気分です(笑)
今日はカーテンコールも長めだったせいか、高井さんは新たな去り方を開発してました。
片手→両手→左手→右手→左手と、やたら細かくバイバイして袖にはけて行く姿に客席爆笑(^^;)
2008年06月24日(Tue) 23:46
編集
あいらぶけろちゃんさん
あのフライングは想像以上でした。伯爵いったいどういう
キャラ設定なのかと。DVDも気になりますが、私は基本的に
買ってもみないことが多いのでそれよりCDがほしいなぁと
思いました。いやーマツケンとミュージカルと宝塚の融合という
不思議な世界でした。楽しかったです。

さよさん
そうなんですよ。名古屋も大阪も地方公演もいけるもんなら
行きたかったんですけど、肝心な東京公演の最安値が9000円。
せめてB席価格があれば。内容的には私はあんまり宝塚に
なじみがないので結構新鮮な驚きもありつつ、しっかり泣かされつつ
でしたが、中だるみがあったのも確か。再演の際はもう少し
テンポアップした展開になればいいなぁと期待します。

たかねさん
高井さんが質問コーナーにでるってめずらしくないですか??
今回一般会員さんも参加だったんですっけ?素の高井さんと
怪人は結びつかないだろうなぁ。ジーザスリハ見の柳瀬さん
登場時も似たような感じだったんですが。
しかし高井さん高井だけにって(笑)そんな人でしたっけ?
ほかの演目ですけど同じような質問聞いたことあります。
やっぱり本番では足元が暗くてみえないから怖くないらしいですね。
質問読まれてよかったですね~
2008年06月25日(Wed) 00:22
編集
> 近所に住んでるんだから普通に歩いて追いかければいいのに。

上様曰く、「(ジャニーズの)“意味のない”フライングとは違う」のだとか。(笑)
2008年06月25日(Wed) 16:24
編集
こちらで藤本さんが、TV出演等があるって知ったその日昨日の踊るさんま御殿に早速藤本さん出演でした。でもチャンネル変えたのが、終了数分前だったのでお姿を確認できませんでした。
2008年06月25日(Wed) 19:10
編集
AOKOさん
歌いながら飛んでる暇があれば黙って走っていけば…
と突っ込むとこではないのですね(笑)というかあれは
伯爵の心のうちをあらわしているんだろうと勝手に解釈。
だってあれおもしろすぎますって。でも光一くんにも負けないと
思います。

ayupansさん
多分藤本さん2度目のさんま御殿だと思います。前回も
高畑淳子さんの憧れのひとっていうことで一緒にでてました。
高畑さんがとにかくメロメロだそうです。今度のNHKの時代劇でも
なかなかいい役だそうですし、今後はTVでの活躍も
増えるんじゃないかなと期待してます
2008年06月26日(Thu) 23:37
編集
ここまできたら、もう何にでも挑戦してもらいたい・・ (笑)
2008年06月26日(Thu) 23:48
編集
私も福岡公演に行ってきました。
マツケンさん登場で拍手がおきたときは、「おおっ、宝塚だ(宝塚未見のくせに)」と思いました。
フライングドラちゃんには肩を震わせて笑いました。
あのシーンに手拍子がおきたんですが、東京ではどうだったんでしょう。
光枝さんサイコー(´∀`)
脚本の方が光枝さんをイメージして書いただけありますね。
タイタニックの時には光枝さんを舞台で見つけただけで涙が出ました。
静馬さんの気持ち、よくわかります(泣)
いつまでも泣き笑いさせてほしいすばらしい役者さんです。
2008年06月28日(Sat) 00:13
編集
AOKOさん
あのチャレンジ精神は見習わなければいけないですよね。
そしてわれわれはどこまでもついていく所存です。

えまさん
そうなんですよ。ヅカ風味なんですよ。東京でもフライング拍手
おこってました。光枝さんは本当にどこの舞台にたっていても
どんな役でもすばらしいです!まわりはゲラゲラ笑ってましたが
あまりのニラミンコっぷりに冒頭から泣いちゃってるし。
今後の活躍も期待ですね。
2008年06月28日(Sat) 22:39












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。