よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 「赤毛のアン」自由劇場5/17 あなたがいるからわたしがいるTOP四季・東京 ≫ 「赤毛のアン」自由劇場5/17 あなたがいるからわたしがいる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「赤毛のアン」自由劇場5/17 あなたがいるからわたしがいる

「ウィキッド」の2人の友情にも涙したけど、「赤毛のアン」の
アンとダイアナも激しく女子心をくすぐります。
現在進行形の女子はもちろん、昔、女子だったひとたちすべてに
みてほしい作品です。

この舞台のなによりもすばらしいところは、原作の言葉、
雰囲気、役柄を見事に再現しているということ。
たとえばアンとダイアナは「親友」ではなくて
村岡花子さんの訳した「腹心の友」でなければいけません。
マシュウは「そうさな」じゃなきゃいけません。
どんなに仰々しくても日本中の女の子はみな、村岡花子さんのアンでなければ
納得しません。多分。現在はほかの方も訳されたものもでてて、さらに詳しく
読みやすくなってるそうですが、やはりAnne of green gables(原題)の
タイトルは永遠に「赤毛のアン」です。

あと、もうひとつ。アンといえば忘れていけないのが
アニメの名作劇場のアン
リンドさんの髪型とか、ジョシー・パイや
ギルバートたちの格好とか、アンの緑のワンピとか
諸々アニメも彷彿とさせるんです。

・日下マシューと木村マリラ
歌は相変わらず破壊力抜群でドキドキしますが、とにかく
キャラクターがイメージぴったり。
日下マシューは誰もが認めるところですが、木村さんの
マリラが実はすごく好きです。保守的で頑固で
あのスパっとしたものの言い方がほんとうにマリラっぽい~
表面には出さないけど、ものすごくあたたかいところも。
そして日下さん。アンとマリラのお祈りコントのとき階下にいる日下マシューと
セットの同化具合がすごすぎ!微動だにしません。
これが「居て捨てて語る」というヤツなのだわ。
TDLの「カリブの海賊」に日下マシューが紛れ込んでても
絶対気づかれない。
相変わらず最期の微笑みは号泣です。
初日はカテコでも真顔だったので、この日のカテコでいきなり
ニパっと満面の笑顔になったのが萌えマシューでした。
しかし、この舞台も歌はあるわ、軽く踊りもあるわ(冒頭
小走りで袖にひっこむ日下さんがかなりかわいいです)
シングルで大変です。

・ラブコメ「赤毛のアン」(これはフィクションです)
前回までのあらすじ
ポスター撮影をひとりでこなす吉沢アンを心配して
強引にかけつけた有賀委員長。
彼の想いは報われるのか!

見た目誰よりも若手にみえるけど実は公演委員長の有賀チャーリー。
ひそかに自分がアンの隣に座りたいと思ってる有賀チャーリー。
途中アンと踊って有頂天の有賀チャーリー。
でもエイヴリー奨学金をとったアンと次点のギルを
真っ先に「アン・シャーリーとギルバート・ブライス!」と
祝福する有賀チャーリー(泣)
ラブコメ「赤毛のアン」完。

・田邊ギルバート(猫に非ず)
理想的な優等生ギルでした。そうそうギルはやっぱりこうでないとーー
私が小学生だったら確実に田邊ギルの写真を下敷きに入れてる。
ただユタでも思ったんですけど、歌うとすっかり青年なので
そこだけが違和感を感じます。

・JCS軍団。
みるからにいたずら顔の西村ムーディのキャラのたち具合が
すばらしかったです。ナイスキャスティング。
前回みた塩地ムーディは農夫さんになっていた。こっちのほうがスキかも。
二見キットは超さわやかでした。

・腹心のロッテ
ピコピココンビもかわいかったけど、ロッテコンビもかわいー
五十嵐ダイアナが最初かわゆく酔っ払ってたのに
最終的にはおっさんになってたのにウケました。

・女子がカワイイよ
ニワトリのマネがかわいい長谷川ジョシーがパンフよりずっとかわいくて一押しです。
久居さんは店員さんとプリシーのときとぜんぜん印象が変わるんですよね。
ブリブリのプリシーがかわいい。

・江寿多ステイシー先生
アムネリスのときよりもっといい感じです。このまま五東さん路線でいくのかなー

吉沢アンは本日も絶好調!ピコもアンも大人が演じてるとは思えないくらい
違和感なく役本人をみているようです。

アン・シャーリー  吉沢梨絵     マシュー・カスバート 日下武史    
マリラ・カスバート 木村不時子   ステイシー先生/スローン夫人 江寿多知恵    
ギルバート・ブライス 田邊真也     ダイアナ・バリー 五十嵐可絵   
レイチェル・リンド夫人 都築香弥子    バリー夫人 斉藤昭子    
スペンサー夫人/パイ夫人 倉斗絢子     ブルーエット夫人 高島田薫  
マクファーソン夫人 岡本和子    
ジョシー・パイ 長谷川ゆうり      プリシー/店員ルシラ 久居史子  
ベル 小澤真琴              ティリー 杏奈  
ルビー 成松 藍              フィリップス先生 鈴木 周  
郵便配達アール/チャーリー 有賀光一   農夫セシル 塩地 仁   
牧師/駅長 田中廣臣          キット 二見隆介    
ジェリー 玉井晴章            ムーディー 西村侑剛    
トミー 北村 毅

Comment

No title
編集
この「赤毛のアン」は本当にいい作品だと思う。

日下マシューは勿論いいけど、実は木村マリラがとてもいい。
エプロン姿がとても似合ってるのもポイント(?)

昔のカルピス劇場のアニメ、赤毛のアンは宮崎駿さんも
演出していました。
後に聞いた話、エンドウ豆をサヤから取り出す演技なども
細かな指示が原画マンに出たそうだよ。
物事を多岐に渡って知ってないと、そうした演技はつけられない。
やっぱ、宮崎さんはスゴイですねぇ....
想像だけど、このアニメの影響が四季のアンにも少なからず
影響したと思うな。
2008年05月21日(Wed) 00:03
No title
編集
西村ムーディは近所の小学生にいそうな悪ガキっぷりでしたね。
二見さんは女の子かと思うくらい線が細くて、腰周りなんか絶対私より細い!私、幸い余っているお肉があるので分けて差し上げたかったです。

先週見たのですが、日下さんお風邪を召したのか、セリフも歌もかなり辛そうでした。今週は交替かなと思ったんですが、大丈夫そうでしたか?
2008年05月21日(Wed) 15:03
No title
編集
じてネコさん
この舞台はオリジナルミュージカルじゃないんですよねー
廃盤だけど英語版のCDもあるとか。
ちなみに私はハウス名作劇場世代です(笑)
アンは再放送でもかなりやってるから、結構な人がみてると
思います。この舞台も衣装とか髪型とかアニメの登場人物に
結構かぶってますよね。

ビーンズさん
日下さんの歌はアレでアレなのでよくわかりませんが
セリフのお声はいつもどおりでしたので回復されたのでは
ないかと思います。
でもシングルで約3ヵ月ちょっとのロングラン。
四季では普通に何ヶ月もやってる役者さんいますけど
ほかの舞台では考えられません。せめてダブルでまわせるような
体制でやっていただけないと心配です。
2008年05月22日(Thu) 00:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。