よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 「SEMPO」杉原千畝物語 新国立劇場中劇場 初日4/4 歌舞台堪能。TOPミュージカル ≫ 「SEMPO」杉原千畝物語 新国立劇場中劇場 初日4/4 歌舞台堪能。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「SEMPO」杉原千畝物語 新国立劇場中劇場 初日4/4 歌舞台堪能。

新国立劇場は入り口から会場までが広くて綺麗でワクワクしますが
その途中掲示してあるポスターが出演者写真入りのものになっていました。
ちなみに前のはコレ→SEMPO特設サイト
で、出演者写真入りバージョンがコレ→宇都宮さんのブログより
…胡散臭い(笑)吉川ファン的にはこれどうなんでしょうか。
昭和の男前こと今さんは妙にしっくりしてますけども。
不安を抱えつつ開場を待ちます。
今回売っていたグッズでおもしろかったのが台本。珍しい。
数量限定で役者さんのサイン付。迷いましたが今回役柄もよさそうなので
今さんのサイン入り台本を記念に購入。Tシャツも売っていました。

そうそう場内暗くなってオケの演奏がはじまってすぐ地震!
ざわめく客席。あまりのタイミングのよさ?に一瞬演出かと思いました。
舞台はそのまま進行。

新作ミュージカルはいつも期待半分不安半分なんですが、この舞台も
役者さんがみたくてチケットとってみましたが、
歌えるメンバーそろえたものの人数多すぎてもったいない使い方にならないだろうか。
杉原さんの仕事は(リトアニア日本領事館領事代理としてユダヤ人にビザ発行)
立派だけれども、絵的には地味だろうし、
そもそもあの吉川晃司がっていうのが結びつかない。
などなどどっちかというと不安のほうが大きかったり…。
実際去年キャストがみたくて見に行った「テイクフライト」が
役者さんを生かしきれてなかったので、今回も今さんや泉見さんたちが
その他大勢で終わったらイヤだなぁと思っていました。

が、心配することなかれ。みんなに見せ場と歌がきっちり用意されています。
うれしいくらい歌堪能!でも1幕は方向性がよくわかんないし、
セットは盆舞台なんだけどこじんまりしてるし、
ほかのシーンとの温度差がありすぎてコミカルな歌は
いらないんじゃないかと個人的には思いました。
あと吉川杉原のもったいぶった出し方にも戸惑いましたが
待った甲斐あり1幕ラストで盛り上がり、2幕からやっと本筋って感じで泣きましたーー

本当に何よりよかったのがコージ吉川!長身だから舞台でも見栄えするし、
演技も舞台だからといって過剰にならず抑え目で、歌はうまい。
うまいのは歌手だからあたり前なんだけどまわりの役者さんがみんな舞台系だから
ひとりロック歌唱、いわゆる吉川モニカ節
浮き上がるのではないかと案じていたんですが無問題。モニカ節封印。
マイクの位置はかなり口元に近かったけど
ストレートに力強く歌い上げてくれました。さすが晃司!

ほかの役者さんもとにかく歌う歌う!今さんはさわやかアニキキャラ炸裂で
かなりかっこいいわ、歌多いわで魅力全開でした。さわやかすぎておもしろかった。
それからオイシかったのが田村さん。冒頭も激しくダンスしてたりしてて
かっこよかったんですが、1幕は序章にすぎなかった。
2幕の田村さんは歌、役どころ含め、かなり重要な役です。
吉川杉原と並んでも、負けない存在感はさすがタムパパタムリーダー。
はじまったばかりなんで詳しくかくのは控えますが
とにかく2幕の田村さんは最高です。くーーーっ思い出しただけで…(以下略)
今さん田村さんのW元マンカスコンビだけでもみる価値アリ。

そのほか。
井料さんが頭にベールかぶるわ、「遥かなエルサレム」とか歌うわで超マリアでした。
ファンテーヌでは苦手だったけど、こっちはすごくよかった。
宇都宮さんも冒頭から長いセリフあるし、歌もあるしで大活躍。
退団前はずっと名古屋だったんで結局宇都宮シンバみられなかったんですよね。
カテコでにこにこしてました。
沢木さんは過去、そして現在をつなぐ人として締めてくれました。
本編は重厚な役作りだったんですが、カテコはノリノリ。
泉見さんは本日もキッラキラでした。あと10年はマリウスできそうです。
急遽役変更になった森奈さんはかわいらしい夫人でしたが、2幕後半の
夫を支える凛としたところが素敵でした。同じく辛島さんは相変わらず歌絶好調。
今回病気降板した愛華みれさんと吉川さんが並んだらメチャクチャ絵になると
楽しみにしてたので残念ですが、また元気な姿で復帰してほしいです。

それからよかったのが中島みゆきの歌。
書き下ろしなんですが、ほかの人が歌ってもやっぱりかっこいいし、
歌詞が胸に響きます。
最近はマンマミーアみたいなミュージカルも多いから
今度は中島みゆきの元ある楽曲を中心につくった舞台もみてみたいと思いました。

カーテンコールはほっとしたのか吉川さんが「最高!」と
こぶしふりあげてました(笑)場内は晃司コール(笑)

めずらしい光景でしたが和みました。
1幕は緊張してたのか噛んだりしてたけど、本当に初舞台とは思えないくらいよかった。
特に2幕。2幕だけリピートしてみたいなぁ。

杉原千畝 吉川晃司 幸子(夫人)森奈みはる
節子(妹)辛島小恵 弘樹(長男)織葉
ノエル・トニー 今拓哉 エバ 彩輝なお
ジョセフ(エバの父)水澤心吾 エリーゼ(エバの母)井料瑠美
カイム 沢木順 ニシュリ・ビル 泉見洋平 シモン ICHIDAI
ローゼンツ あぜち守 ニーナ(娘)長尾純子
ガノール・ヒットラー 川本昭彦 ソリー(息子)池田祐見子
グッシェ 田村雄一 ルネ 宮本竜圭
ズブニク・マスター 河内喜一朗 コレオ・フランツ・ベイブ 宇都宮直高
ペーター 篠田仁志
日本ベネット 斉藤レイ ソ連リリー 徳垣友子 ドイツカレン グレース美香
笠原竜司 伊勢田隆弘 福永吉洋 田中馨 江波戸恵美 鈴木莉菜 石毛美帆
速水里菜 横山なつみ 


今回台本買ったからもっと書いちゃう!ということでネタバレ解説につづく。

Comment

編集
「昭和の男前」今さん、なんかわかります~(笑)
そういえば田村さんとWマンカスですね。
実は私も井料さんのファンテは苦手でした。いまだに苦手なので、オペラ座CDで柳瀬ラウル聴こうとするとき、一瞬躊躇するくらいです(苦)
2008年04月06日(Sun) 20:50
No title
編集
みゆさん
久々にたくさん今さんの歌聞きました。満足。なんかさわやか青年役だし(笑)
井料ファンテ苦手だったのは、すごくビブってたからだったんですけど、こっちもお母さん役だったけど、かなりよかったです。
歌の人をそろえたからには歌聞かせてくれなきゃっていうのはどのミュージカルでもありますよね。
2008年04月06日(Sun) 23:58












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。