よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 演劇集団キャラメルボックス「きみがいた時間ぼくのいく時間」サンシャイン劇場3月28日TOPストプレ ≫ 演劇集団キャラメルボックス「きみがいた時間ぼくのいく時間」サンシャイン劇場3月28日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

演劇集団キャラメルボックス「きみがいた時間ぼくのいく時間」サンシャイン劇場3月28日

元赤やぎのお兄さんこと横山だいすけさん
今週から「おかあさんといっしょ」に登場してます。
「アイアイ」もいいけど、「そうだ!そーうなんだー♪」が聞きたかった。
しつこくまだ言ってます。
ファミミュには行くけど、さすがにファミリーコンサートには行きませんよ。
横山さん来月は「ジョン万」公演以来のNHKホールですね。
ジョン万ソングも歌ってほしいなぁ。
「嫌なヤツらだ日本人」をぜひ(なぜその選曲)

さて、すっかり前の話になってしまいましたがキャラメルボックスのお話。
舞台ってチケットは映画なんかに比べてバカ高いし、知らない役者さんばかり出てるし
なかなか友人でも誘いづらいものがあります。さらに同じ舞台好きでも
オペラから歌舞伎から宝塚からストプレ、ミュージカル…ひと言で舞台といっても
趣向は様々でこれまた簡単に誘えるかというとさにあらず。
しかし、この舞台はそのすべての層が楽しめるであろう
エンターテイメント作品でした。
むしろ舞台初心者にこそすすめたい舞台。音楽あり、群舞あり、笑いあり、涙あり
ストーリーもSFでありながら、リアルな日常も描かれてます。
そしてとどめをさすのが今回の主人公は上川隆也さん!最強。

この作品はクロノスシリーズの4作目にあたるそうですが、前作みてなくても楽しめました。
前のネタも出てきましたが。コレは原作者の梶尾真治さんが
上川さんをイメージして書いたということで、ただでさえカッコイイ上川さんの
魅力満載でした。かっこいいといいましても、真顔でツッコミするわ、
世界のナベアツばりの珍妙な動きするわでかなり笑わせてくれました。
設定は一応サラリーマンで普通のデートとか日常とかもちりばめられてるから
上川ファンにはさらにたまらないかっこよさだと思います。妙にリアルなんだよぉー(照)
あと上川さんてあんまり普通のひとの役ってみないから新鮮でした。
客演の西山繭子さんは伊集院静さんの娘さんなんですよねー。キレイでした。

しかしこれは単なる恋愛モノではないのです。
この舞台の中心にあるのはクロノススパイラルというタイムマシン
舞台はじまって早々にその後の展開があっさり読めたのは、
これがSFの典型だからだと思います。
タイムスリップはつかみにはサイコウですが、過去、もしくは未来にいくことで
必ずストーリーに矛盾が生じるいわゆる諸刃の剣の題材。
実際2幕では「えーなんかそれ矛盾してない?」と思うこともあったわけですが
ラストで全帳消し!後半はダーダー泣き、ラストシーンでスカーーーーーッとし
晴れ晴れとした気分でカーテンコールをむかえました。
最後ですべてまるくおさまったっていう感じかな。
しかし物語自体は全然飽きさせないし、なによりテンポがいいし、舞台転換も
速くてダレる要素がまったくないのがすごかった。
まぁ2幕のホテル内の問題とかは正直イラナイのではないかとも思いましたが。

さて、キャラメルといえば加藤製作総指揮の前説だそうですが、今回は上川さんの
注意アナウンスでした。しつこいまでの携帯切ってとか。
しかもこれナマなので今日ネタも披露されます。
「本日、ヤッターマン実写映画の制作発表会が開かれました。
ボヤッキーは生瀬勝久さんです(笑)」
↑加藤さんがアナウンスに一番ウケてた。
この舞台キャラメル初の休憩入りだったんですが、その幕間では
舞台の補足説明なんかが書いてる号外新聞も売られてました(100円)
加藤さんも売り子として盛り上げてました。なんかこういう劇団あげて
楽しむぜっていう姿勢いいなぁ。某ボスも招待客にだけ挨拶してないで
たまにはファンはどうすれば喜ぶのかってことを考え…
あ、話それましたが
カーテンコールでは上川さん「もしキャラメルでヤッターマンをするなら
左東がボヤッキーで筒井がトンズラーで、自分はドクロベーの声だす
練習します」って締めてました(笑)
あ、役者さん名、間違ってたらごめんなさい。多分その2人。

もう東京公演は月曜で楽ですけど、神戸、大阪公演がこの後あります。
これはとにかく万人に大プッシュしたい舞台です。

秋沢 里志 : 上川隆也
梨田 紘未 : 西山繭子
秋沢 真帆 : 岡内美喜子
野方 耕市 : 西川浩幸
若月まゆみ : 温井摩耶
山野辺光夫 : 阿部丈二
佐藤小百合 : 渡邊安理
広川圭一郎 : 筒井俊作
柿沼 純子 : 坂口理恵
柿沼 浩二 : 岡田達也
柿沼英太郎 : 左東広之
萩原芽似子 : 青山千洋
栗崎 健   : 三浦剛
12歳の紘未 : 小林千恵

Comment

No title
編集
だいすけお兄さん、前任者から引き継ぐその日から見てましたが、ガチガチでしたよ。
挨拶が開口っぽくて泣けました。
思い出のNHKホールでLKとのコラボをと密かに願っています。
2008年04月03日(Thu) 16:41
No title
編集
ビーンズさん
なんというか横山さんではあったものの、普通に歌のおにいさんでした。かぶってないのってみたことないからイマイチピンとこず(笑)
とりあえず「ジョン万」NHK公演見直してみました。
2008年04月03日(Thu) 23:42
No title
編集
ザ・キャラメルという感じの舞台でしたね^^
ちなみにあれ(上川さん)、キャラメルではいつものあんな感じですよ。どちらかというとちょっと控え目な位(笑)
ワタシの時のアナウンスは「ⅩjapanのライブでYOSHIKIが失神して16曲のところ9曲で終わった」というネタでした。
もう一回行きたかったけど、今週で終わってしまいますね~。残念。

2008年04月04日(Fri) 00:50
No title
編集
akiさん
いやーキャラメル楽しかったです。ほかの役者さんもよかったけど、上川さんの男前オーラがすごかった。
それより劇団のサービスがですね
非常によくてですね(まだ言ってる)
2008年04月05日(Sat) 01:08












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。