よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2018年07月
TOP映画 ≫ 「ノーカントリー」おかっぱサイコウ。

「ノーカントリー」おかっぱサイコウ。

本日の「篤姫」はよかったー
祐一郎さんのセリフもいっぱいあったし、桜島がどかーーんと
でたとこで思わず泣いてしまった。桜島はやはり薩摩人の心のよりどころです。

ノーカントリー(2007)
NO COUNTRY FOR OLD MEN

監督: ジョエル・コーエン
イーサン・コーエン
出演: トミー・リー・ジョーンズ ハビエル・バルデム
ジョシュ・ブローリン ウディ・ハレルソン

麻薬取引の金を偶然発見し、持ち逃げしたモスは殺し屋に追われることになる。
事件を追う保安官エド・トム・ベルは行く先々で苦悩を深めていく


現代の暴力が支配する救いのないアメリカを憂いた作品。
というと高尚ですが、そこはコーエン兄弟。
なんといってもすごかったのが助演男優賞をとった殺し屋シガーを演じた
ハビエル・バルデム。髪型はおかっぱだわ、顔はキョーレツだわ
どんな場面でもまったくあわてず無表情だわ、とにかくこの人が全部
もっていってしまった感があります。ある意味このキャラはヒキョウ。
常識はいっさい通じません。ひたすら淡々と追う。殺す。
やってることはもちろん許せませんが、「羊たちの沈黙」のレクター同様
ここまで潔いとむしろだんだん好感を覚えてきます(笑)
ワタシが殺されるならぜひこいつに。

とにかく先の読めない展開に息もできませんでした。
スピード感はないんだけどハラハラがずっと続きます。
保安官トミー・リー・ジョーンズが嘆くように本当に悲惨なんだけど
たまに笑えるシーンも仕込んでて、
これだけ緊張させつつもクスクス笑いが広がったりします。
あとウッディ・ハレルソン笑ったーーやっぱそういう扱いなんだみたいな。
何しにきたんだ。

全体的に静かにでもジワジワと盛り上げ、サクっと終わるので
好き嫌いは分かれそうですが、私はすでに今年のべストに入れたいくらい
衝撃の映画でした。

それにしても本編の前にBOSSのCMしかも秋葉原編は
みたくなかったなぁーーー
トミー・リーに「萌え~」とかさせないでほしいよ。もうーー

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL