よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2016年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「シン・ゴジラ」絶対見るべき

「シン・ゴジラ」の出来が非常に心配とかかいてごめん!
庵野総監督、樋口監督、尾上准監督素晴らしいゴジラでした。
平成ゴジラの中で断トツトップ!
フルCGの迫力、無駄な人間ドラマ、恋愛要素一切なし
ひたすらゴジラとの攻防。初代ゴジラへのリスペクト
音楽はもちろん伊福部さんのも多用。
有事発生であわてる官邸の様子はテンポが速く、
膨大な登場人物と早口でまくしたてる専門用語が飛び交い
正直ちびっこにはきつい展開だとは思うけれど
これは子供向けの怪獣映画ではないという製作者の強い意思が感じられます。
ゴジラというよりもはや大災害の様相を呈していて、
初代ゴジラが水爆大怪獣だったように、今回のゴジラもその点が大いに
クローズアップされています。避難所とかまさにそれだし。
また右往左往する官僚、政治家、専門家ではありますが、アメリカ映画みたいに
誰か数人がヒーローとなる展開ではなく、あくまでもチームで戦う姿がいかにもこの国らしいと思いました。
思想的、政治的、オタク的にはいくらでも語れるとは思いますが
とにかくかっこよかった!
ゴジラが進化していくのも面白かったし、(第二形態がカワイイの)
無人在来線爆弾はかっこよくて震えた。
無人新幹線爆弾の「宇宙大戦争マーチ」は思わず泣きましたわ。
自衛隊全面協力だから戦闘シーンも面白かったし。
確かに気になるところはある。
明朝体とかカット割りとか音楽とかヤシオリ作戦とか
エヴァンゲリオンですよね…
ゴジラの火炎放射とか巨神兵ですよね…
石原さとみの役は必要だったんですかね…
庵野監督がああいうアニメにでてきそうな
女の人が好きなんでしょうね…
そもそも長谷川さんの官房副長官があの時点でなんで生物だってわかったんでしょうね…
まぁそんなことはどうでもいいわ!
「進撃の巨人」のキャストが結構かぶってたけど
総勢キャスト328+1人(ゴジラのモーションキャプチャーの野村萬斎さん)だから
しょうがないとしてこの人がこんなとこに!と笑ったし、個人的には余貴美子防衛大臣とか
ピエール瀧、國村準、橋本じゅん自衛隊員、生物学者の塚本晋也とかハマってたなぁ。
あと大臣と知事の面々はすごくいそうな感じでよかった。
スポンサーサイト

ピーターパン 公開ゲネプロ 7月23日 東京国際フォーラムホールC

今年で36年目になるミュージカル「ピーターパン」
ゲネプロにご招待いただき、
チラシをみせても特に盛り上がりのない息子と
ノリノリの母で行ってきました。
客席はセンターブロックはあけていたものの
両サイドと2階席でみることができ、たくさんの親子連れでにぎわっていました。

今までも行きたいなと思っていたこの舞台、やはりフック船長のキャストが
一番気になるところ。これまでも古田新太さんやROLLYや石川禅さん橋本じゅんさんなど
魅力的なフック船長たちがいましたが、今回満を持して吉野圭吾船長登場です。

ロビーは物販のほか、巨大迷路、写真コーナー、靴を脱いで遊べるマットなど
開演までも飽きない工夫がしてあります。

STORY 
ある夜、ピーターパンと出会ったウェンディは、ピーターに誘われ、ふたりの弟と一緒に、
いつまでも子供でいられる“ネバーランド”へ連れて行ってもらう。
そこで、ピーターやそこで暮らす迷子たちと楽しい時間を過ごすが、
いつしかお母さんが恋しくなり帰ることに。
しかし、フック船長率いる海賊たちが、
ウェンディを自分たちの“お母さん”にするために連れ去ってしまう。
それを知ったピーターパンはティンカーベルとともに海賊船へむかう――。


ファミリーミュージカルだけあって笑わせどころも多いし、わかりやすいお話ですが
演出が玉野さんなのでダンスシーンは本当に迫力ありました。
インディアンたちのアクロバットもすごかった。舞羽さんのタイガー・リリーも踊る踊る
子どもむけだとあなどれないショー的要素も強いミュージカルです。

そしてわれらが吉野船長。
もはや2幕は吉野圭吾ショーといっても過言ではない見せ場の連続。
吉野さんがまたフック船長の衣装が似合うことといったらもう。
かっこいいんだけどいつものように胡散臭くて魅力満載でした。
やっぱ華あるなぁ吉野さんは。なのにめちゃくちゃ面白いし。

ふうかピーターパンも少年みたいでフライングしながらも安定の歌唱力はさすが。
妖精の粉をまきながら客席頭上にとんできたときはテンションあがりました。

最後、海賊と子どもたちが通路に降りて歌って踊ってくれるのですが
海賊とウェンディにタッチしてもらった息子はもううれしくてニヤニヤがとまらず。
お前見る前は死んだ魚の目だったのにカワイイお姉さん来たらその態度か(笑)


原作:ジェームズ・M・バリ
作詞:キャロリン・リー
作曲:ムース・チャーラップ
演出・振付・上演台本:玉野和紀
ピーターパン 唯月ふうか
フック船長/ダーリング氏  吉野圭吾
ウェンディ 片山陽加 
ダーリング夫人/タイガー・リリー:舞羽美海

スミー:さとうこうじ
ジェークス:兼崎健太郎
チェッコ:堀口文宏
スターキー:森山大輔
ヌードラー:木内健人

セール:木村晶子
ニブス:安田カナ
ニコ:吉田萌美
カーリー:渡部光夏
トートルズ:高田亜矢子

インディアン
中野高志
露口洋暁
東 慶介
田嶋悠理
内木克洋
精進一輝

ナナ・ワニ 三浦莉奈 

ジョン 吉田陽登
マイケル 中村華 永山咲來 (?)


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

オールナイトで人喰い巨人 6月25日 池袋新文芸坐

素敵な企画モノでおなじみの新文芸坐のオールナイトに行ってきました。
東宝人喰い巨人、
新文芸坐に現わる 東宝特撮 人喰い巨人たちの饗宴


ラインナップはこの4本
「フランケンシュタイン対地底怪獣(バラゴン)」
(1965/94分/35mm)
「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」
(1966/88分/35mm)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」
(2015/98分/DCP)
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」
(2015/87分/DCP)


オールナイトだし最後の1本は寝てもいいかーと思ったのですが、
結局朝まで完徹。

2012021822362426e_convert_20160718075755.jpg

「進撃の巨人」の作者諫山さんは子どものころみた
「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の影響を受けているといっていますが
進撃の巨人実写版もサンダ対ガイラ色が強くて、
前編は楽しかったんだけど、
やっぱり後編で失速したなあ。
謎は謎でよかったんだけどなあ。
マイク水野同様余計な知識があると
あれもこれも盛り込みたくなるんだろうな。
というわけで「シン・ゴジラ」の出来が非常に心配。

この後、新文芸坐では『新文芸坐グルメ
映画祭 カニバル・カーニバル!』

と題して
ルッジェロ・デオダート監督『食人族』、
イーライ・ロス監督『グリーン・インフェルノ』、
ジム・ミックル監督『肉』、
ハーマン・ヤウ監督『八仙飯店之人肉饅頭』
のオールナイトもありました。

「食人族」スクリーンで見たかったけど、深夜に「八仙飯店之人肉饅頭」は
キツイ…と思ってこっちはやめました。
泣き叫ぶ子供たち、惨殺シーン、ホラーなのに
笑いも取り入れるという悪趣味さ
アンソニー・ウォンの怪演、どれをとってもいまだトラウマです。

ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX

1954年のゴジラ第1作のDVDはもちろん持っている
が、どうしてもコレがほしくなってしまった。
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX

おまけがいい。
映画「ゴジラ」本編+予告編、
次号「キングコング対ゴジラ」予告編、
「ゴジラアイランド」第1~5話
■紙のコレクション
復刻パンフレット、復刻半裁ポスター、復刻スピードポスター、
復刻東宝プレスシート、
復刻次号収録「キングコング対ゴジラ」スピードポスター、
復刻ぼくら昭和30年3月号付録「怪獣絵
物語ゴジラ」、「シン・ゴジラ」チラシAタイプ、
「シン・ゴジラ」写真ニュース1


とりあえずリビングから見えない位置にポスターを貼ってみた。


カッコイイ…!


これは復刻パンフレット


裏には当時のままの広告が


「ぼくら」の付録の漫画も面白かった

とりあえず昭和ゴジラと「サンダ対ガイラ」は購入決定。
そして我が家にはこれだけではないコレクションが。



第二次世界大戦傑作機コレクション
こちらはダンナの趣味。しかしこれもリビングに飾ることは許さん!といったところ



まさかのトイレのなかの棚に並んだ戦闘機たち。
トイレットペーパーが出されて床に積みあがっているんだけど…。
あとこの無駄な空間の使い方。
これもっと増えるはずなんだけどどうするんだろう。

アイ・ラブ・ミュージカルズ 日本武道館 7月7日 その2

第2部
1. 『キャバレー』&『シカゴ』メドレー
~Willkommen、ピーター
Cabaret, シエラ
All I Care About, ノーム
All That Jazz 聖子

2. Kiss of the Spider Woman (『蜘蛛女のキス』)ピーター
3. The Phantom of the Opera(『オペラ座の怪人』)シエラ、ラミン
4. The Music of the Night(『オペラ座の怪人』ピーター、ノーム、ラミン
5. I Know Him So Well(『チェス』)聖子、シエラ
6. Overture, Nothing Gonna Harm You, Johanna(『スウィニー・トッド』))オーケストラ、聖子、ノーム
7. Gethsemane(『ジーザズ・クライスト=スーパースター』)ピーター
8. You're Nothing Without Me(『シティ・オブ・エンジェルズ』)ラミン、ピーター
9. Entr'acte, Sunset Boulevard(『サンセット大通り』)ラミン
10. Love Never Dies(『ラブ・ネバー・ダイ』)シエラ
11. I Got Plenty O' Nuttin'(『ポギーとベス』)ノーム
12. Come What May(映画『ムーラン・ルージュ』)ピーター、聖子
13. 『レミゼ』メドレー
~I Dreamed A Dream, 聖子
Bring Him Home, ラミン
Stars, ノーム
One Day More
シエラ:コゼット
ピーター:マリウス&テナルディエ
聖子:エポニーヌ&マダム・テナルディエ

14. You'll Never Walk Alone, Climb Ev'ry Mountain
(『回転木馬』『サウンド・オブ・ミュージック』)全員



2部はなんといっても3ファントムそろい踏み。
贅沢すぎ!!!
しかしこれより感動したのがピーターの「ゲッセマネの園」。
あの大曲を壮大に、でもロックテイストに歌い上げて場内わかせました。
四季ジーザスの荘厳で静かなゲッセマネも大好きなんだけど、
こういう激しいジーザスも好きだー

「パート・オブ・ユア・ワールド」オリジナルアリエルのシエラはすごくかわいいのに
「オペラ座の怪人」のラミンと歌うクリスティーヌはさすがの貫禄。
ラミンとの25周年コンサートコンビで震えました。
しかし、仮面なしとはいえラミン怪人の色気ときたら!
もうこっちでいいじゃん!音楽の天使と仲良く暮らせよと言いたくなる。
(ジェラルドファントムのときもそう思った)
かといって日本の怪人があそこまでやっちゃうと生々しくてイヤ。

ノームは「 I Got Plenty O' Nuttin'」を軽快に歌ったかと思ったら
「星よ」はまた全然雰囲気もかわり、重厚でもうこれ聞いただけで来てよかったと思いました。
あとラミンの「彼を帰して」素晴らしかった。ラミンてさー、
1978年生まれで奇しくも日本バルジャン吉原光夫さんと同い年なんだけどアンジョルラスもマリウスも
やってるわけでそれならミツヲさんもイケメン枠のアンジョをいまさらながらやってもいいと思うの。
年齢といえばシエラが新妻さんより2コ下ってのも結構驚きますが。

あとピーターとラミンの
「オレトニー賞で歌っちゃったもんねー」
「オレはノミネートされたもんねー」という自慢漫才も面白かった。

これからもどんどん海外の俳優さん呼んでほしいなぁ。
そういえば10月にはジョン・オーウェン=ジョーンズくるけど
これまた平日夜公演。残念であります。


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

アイ・ラブ・ミュージカルズ 日本武道館 7月7日 その1

こんな贅沢な七夕ってある?というこの日。
幸せをかみしめました。
外にはってあったセットリストがなんだかちょっと違うような。
たぶんこれが正しいと思うけど、間違ってたらすまぬ。

ノーム・ルイス
『レ・ミゼラブル』(06年)ジャベール役で好評を博し、10年にはウエストエンドでも同作に出演。
ロンドンのO2アリーナで行われた『レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート』でも注目を集めた。
『オペラ座の怪人』(14年)ではブロードウェイ史上初のアフリカ系俳優ファントム役として話題を呼んだ。

ピーター・ジョーバック
『オペラ座の怪人 25周年記念公演inロンドン』(2011年)に歴代ファントム役の俳優たちと共に出演し、
翌年ウエストエンドで、ファントム役を演じる。
13年には『オペラ座の怪人』でブロードウェイデビューも果たし、
第67回トニー賞授賞式にてパフォーマンスを行った。
今回のコンサート『アイ・ラブ・ミュージカルズ』の発案者でもある。

ラミン・カリムルー
『オペラ座の怪人』(07年)においてウエストエンド史上最年少の28歳でファントム役を射止めた。
『レ・ミゼラブル』ではジャン・バルジャン役、アンジョルラス役、マリウス役、
『オペラ座の怪人』ではファントム役、ラウル役での出演経験がある。
11年には『ラブ・ネバー・ダイ』ファントム役を好演、
1第68回トニー賞ミュージカル主演男優賞にノミネートされている。

シエラ・ボーゲス
ディズニーミュージカル『リトルマーメイド』のオリジナルキャストとして
主人公アリエル役でブロードウェイデビュー。
ウエストエンドでは『オペラ座の怪人』の続編である『ラブ・ネバー・ダイ』で
クリスティーヌ役を務めるほか、『オペラ座の怪人 25周年記念公演』でも同役を演じた。

新妻聖子さんはご存じ『レ・ミゼラブル』エポニーヌ、『ミス・サイゴン』キム役、
『キャンディード』クネゴンデ役など、ミュージカル界屈指の歌姫として活躍。

この経歴だけで卒倒しそうなメンバーです。
それからオーケストラは東京フィルハーモニー交響楽団

第1部
1. Everybody Says Don't (『エニワン・キャン・ホイッスル』)
ピーター、ノーム、ラミン、聖子
2. Overture オーケストラ
3. Why God Why?(『ミス・サイゴン』)ラミン
4. Last Night Of The World(『ミス・サイゴン』)ピーター、聖子 
5. 命をあげよう(『ミス・サイゴン』)聖子
6. Part of Your World (『リトル・マーメイド』)シエラ
7. Out There(『ノートルダムの鐘』) ノーム
8. Luck Be a Lady(『ガイズ&ドールズ』)ラミン
9. ガーシュウィン・メドレー
~~I got Rhythm, Nice Work If You Can Get It, Fascinating Rhythm
シエラ、ピーター、ノーム
10. Lily's Eye's (『秘密の花園』)ラミン、ノーム
11. Being Alive(『カンパニー』)ピーター
12. A Boy Like That I Have a Love (『ウエスト・サイド・ストーリー』)聖子、シエラ
13. Tonight(Quintet) (『ウエスト・サイド・ストーリー』)全員

私はもちろんB席ではるか上からみおろしてましたが、
両脇に大型モニターがあったので、オペラも使わずみることができました。
しかしこの距離からでもみなさんの歌声が凄かった!
1部ではまず新妻さん「命をあげよう」やっぱりこの曲は日本語がしっくりくる。
でも日本語で歌ったのはこれのみであとはたくさんのナンバーを
英語で歌いあげていました。
ノームの「僕の願い」もすごくよかった。声が深くて会場中にしみわたりました。
それからノームといえばまさかのシャーク団。そこきたか(笑)
ラミンは「プリンス・オブ・ブロードウェイ」以来だけど相変わらずすごい声量でした。

続く


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

ミツヲニックはかっこいいんだって!




芳雄くんは顔というより全体バランスがめちゃくちゃいいと思う。





おっさんとかヤクザとか族とか囚人とかばっかりな印象だけど
サバンナのプリンスやってるからね!まぁ半裸ですけどね(笑)

ジャージー・ボーイズ シアタークリエ 7月2日 その2

中川アッキーフランキー
共演者たちからも「神」とか「天使」とか言われてるけど
本当にアッキーなくしてこのミュージカルはないと思います。
もはやミュージカル界の宝といっても過言ではない。
声はもちろんのことフランキーの小僧ぽいとこも
ハマり役だと思います。

そして藤岡トミーの田舎のチンピラ先輩っぷり!。
藤岡くんはまじめな役もこんなクズな役も違和感ないんですよね。おバカな役もできるし。

矢崎ボブ。いやーよかった!やはりWOWOWは緊張してたんだな(笑)
ボブのクレバーながら純粋な感じもあってた。

あらためて吉原ニック
「僕と同じ役をやるのは嫌だと思いますよ」って本人も言ってたけど
やはり福井さんに「吉原光夫と同じ役をやるのは正直複雑ですよ」って
言われてた(笑)しかしながら一歩引いてバランスをとりながら
グループにいるという役柄だけに(あんまりしゃべってないと場内笑わせつつも)
2幕のまくしたてるところが引き立ちます。

この舞台ミュージカルだけど4人の語りもあり、芝居的要素が強いのも好きです。
そんなミツヲ氏、本編のうっぷんを晴らすかのようにカテコ入った瞬間
パンクバンドばりの跳躍(笑)
ノリがすでにおかしい。
そして自分で大うけ(笑)
もちろん横の藤岡くんも巻き込む(笑)
藤岡くんもはしゃぎだす。
この時点で早くも総立ちのお客さんをあおる。
カーテンコールはプロモーションビデオと同じ流れで進むので
千秋楽は客席全員踊ってるでしょうね。振りも簡単だし。
「Big Girls Don't Cry」でいちいちメンバーの顔の至近距離で
自分のパートを歌いにいくミツヲニック(笑)


めちゃくちゃうれしそう。
客ガン無視だけどイイヨイイヨーそれでこそミツヲだよー
座長のアッキー&矢崎ボブはさわやかでした(いまのところ)
カメラがあるからカテコで袖のバンドさんたちの様子も映してくれます。

そのほか。
とにかくアンサンブルさんたちが大忙し。
アンサンブルといってもみなさん役名ありで重要な役が多い。
どの役も魅力があって見逃せません。
ジップ・デカルロの阿部さんはほかのどの役も面白かった。
ボブ・クルーの太田さんもオイシイ役だった。
おネエ役はハズレなしですな。
ジョー・ペシの石川さんも笑いとってましたね。
ペシって最近みないけど「グッドフェローズ」とかよかったもんなぁ。
日本で一番有名なのはやっぱり「ホーム・アローン」なのかな。
遠藤さんは最近は 「モンティ・パイソンのSPAMALOT」やら
「エドウィン・ドルードの謎」やらWOWOWの「トライベッカ」やら
コメディ系でみることが多いんですが、今回は歌もあり。
派手めの美人だから60年代の恰好だと盛りすぎてオカマにみえるときも(笑)
あとカテコの戸井さんの声にやられた。

藤田さんが
「日本オリジナルの、全く新しい『ジャージー・ボーイズ』を作ろう!」
とほぼゼロから作っているということで、確かに映画でも海外版でもない
面白さがありました。笑えるシーンも多かったし、
藤岡トミーがたぶん素で役名間違えたのも笑っちゃいました。
始まったばかりだけど、これは確実に再演決定でしょう。というかやってくれ!
またクリエという空間がすごくライブ感があっていいとおもいました。

あと最初舞台は緞帳がおりてなくて出演者やスタッフが普通に舞台上をウロウロ
しているので、早めにきて着席してると楽しいかも。

とにかくまずはアッキーヴァリが無事にシングルでやり終えること、
セットが高いわ階段揺れるわで怖そうなので事故なく終えることを祈りつつ
再演を待ちたいと思います。

【演出】藤田俊太郎
フランキー・ヴァリ 中川晃教
トミー・デヴィート 藤岡正明
ボブ・ゴーディオ 矢崎広
ニック・マッシ 吉原光夫
ボブ・クルー 太田基裕/ ノーム・ワックスマン 戸井勝海/ ジップ・デカルロ 阿部 裕
綿引さやか/小此木まり/まりゑ/遠藤瑠美子
大音智海/白石拓也/山野靖博/石川新太


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

アイラブミュージカルズ


平日のコンサートは本当に困る。
しかも仕事帰り仕様でだいたい夜公演なのである。
が!今回昼公演があるということでムスコ早退、園は預かり保育ないから
いったん別の保育園に一時保育で預け、
私は久しぶりの武道館へゴー
前回行ったのは筋肉少女帯のコンサートだったなぁ。
なにしろノームがくるっていうんだから
そりゃ何が何でもいかなきゃでしょうと。
本場に行くのはムリだから
本当にありがたい。
3ファントムにクリスティーヌに新妻聖子さんという豪華メンバー。
もうなんといったらいいか。
素晴らしかった!!としか。
夜公演もあるから詳しくは書きませんがラミンのエロ怪人とか、ピーターの神とかシエラのクリスティーヌとか新妻キムとか
これまだもう1公演歌うのかと思うと、あらためてすごい。
さて、ムスコの迎えだーー
まってろー

ジャージー・ボーイズ シアタークリエ 7月2日 その1

「ジャージー・ボーイズ」はトニー賞、ローレンス・オリヴィエ賞などを獲得し、
クリント・イーストウッド監督の映画版でもおなじみの60年代に一世を風靡した
アメリカの男性コーラス・グループ「ザ・フォー・シーズンズ」を題材としたミュージカルです。
リードボーカルのフランキー・ヴァリはのちに「君の瞳に恋してる」をヒットさせ
この曲をつくったボブ・ゴーディオはタモリ倶楽部のオープニングでおなじみの
「Short Shorts」を10代でヒットさせています。ちなみに劇中でも「はくわ~Short Shorts♪」と歌われています。
改めて日本語で聞くとそのくだらなさに脱帽。

STORY 
ニュージャージー州の貧しい片田舎で、彼らは出逢った。
「天使の歌声」と称されるフランキー(中川晃教)は、兄貴分のように慕う
トミー(藤岡正明)とニック(吉原光夫)のグループのボーカルに迎え入れられる。
作曲の才能があるボブ(矢崎 広)の加入をきっかけに、
彼らはザ・フォー・シーズンズとしての活動をスタートする。
金もコネもない彼らを待ち受けていたのは、過酷な下積み生活。
そして、「シェリー(Sherry)」のヒットを皮切りに、「恋のヤセがまん(Big Girls Don't Cry)」、
「恋のハリキリ・ボーイ(Walk Like a Man)」など全米ナンバー1の曲を次々に生みだしていく。
だが、その裏では莫大な借金や家族との不仲、グループ内での確執、
様々な問題がザ・フォー・シーズンズを引き裂いて・・・。
成功の光、挫折の影、その先に彼らが見たものとは――。


トワングという独特の超技巧的高音を使うフランキー・ヴァリ役の中川晃教くんあっての
この舞台ではあるものの、それはひとまず置いといて…あのね

吉原光夫ニックのビジュアルが
今世紀一番カッコイイッッ!!!!ズキュゥゥゥン


はっ…思わずジョジョ語に。事前の写真などではぴっちりなでつけられてたヘアが素敵な短髪ツーブロックに。
シンバ時代を彷彿させるような男前メイク。そうよあなたは実は元四季ということを思い出させてくれる
キレキレのダンス。
そしてミツヲファンのみなさん、おまっとさんでした。
今回も安定のよ!囚人役者!です。
いつになったら監獄から出られるのでしょうか。来年もすでに2度ほど入ることがほぼ決定していますが。

このチームREDとチームWHITE(中河内雅貴、海宝直人、福井晶一)という中川くんをのぞいた
Wキャストなんですが、どちらも個性的で面白そう。むしろシャッフルでみたいくらいです。
藤田さん演出の「ザ・ビューティフル・ゲーム」でも効果的につかわれてたモニターが今回も大活躍。
出演者の顔だったり、当時の映像だったりがモニターに映し出されます。
舞台は三階建てでクリエってこんな高さあったんだと再確認。さらに1、2階は盆舞台になってまわります。
オケは2階上手そでにいます。歌いながらまわるとお客さんの目線から演者の目線になったりとなかなか面白かった。
でもクリエは広くないからアンサンブルさんとかまでみんな舞台に立つと、若干ごちゃっとした
感じはあるかな。

というわけで続く。


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

ジャージーボーイズ行ってきました


来日版も映画版も大好きだったし
演出は藤田さんだし、ミツヲさんいるし
なんといってもフランキー・ヴァリが中川アッキーだし
これで面白くならないわけがないでしょう!
いやもう想像以上に良かった!
さらにジュークボックスミュージカルだけに
アンコールは総立ち大盛り上がりだー
ミツヲさんがまた煽る煽る(笑)
そして飛び上がる(笑)
そして自分でウケる(笑)
隣の藤岡くん共々やはりこの2人が要注意です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。