FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2014年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年01月

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン 自由劇場 2014年8月23日

結局2014年の四季観劇はこの1本だけでした。
JCS大好きだからとりあえずみたものの、なんというか新鮮さがない。
この前の公演は2013年のだったけど主要メンバーが
ほぼ同じだったからだと思う。
せめてマリアははるちゃんやさらさんでみたかった。
芝ユダも大好きだけど、若いユダもみてみたいなぁ。
この演目何年か寝かせてもらって渇ききったところでまたみたいものです。

ジーザス・クライスト神永東吾
イスカリオテのユダ 芝 清道
マグダラのマリア 野村玲子
カヤパ(大司教) 金本和起
アンナス(カヤパの義父)吉賀陶馬ワイス
司祭1佐藤圭一 司祭2中橋耕平
司祭3真田 司
シモン(使徒) 佐久間 仁
ペテロ(使徒) 五十嵐 春
ピラト(ローマの総督) 村 俊英
ヘロデ王 下村尊則

アンサンブル中村 伝 脇坂真人 沢樹陽聖 安東 翼 小野功司
鈴木智之 坂口大和 深堀景介 光田健一  小山英晃 
頼 雅春 東 泰久
礒津ひろみ  蒼井 蘭 小島光葉 原田真由子 柴田厚子
園田真名美 花田菜美子 山本詠美子 金 友美
田端史夏 富樫知美 中村彩乃 



にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

酒と涙とジキルとハイド 東京芸術劇場プレイハウス 2014年4月26日 

今更ながらの舞台レポです。

舞台は19世紀末のロンドン。 ジキル博士(片岡愛之助)が開発した新薬は、
人間を善悪二つの人格に分ける画期的な薬、のはずだった。
それを飲んだジキル博士は、別人格のハイド氏に変身する、はずだった。
学会発表を明日に控え、薬がまったく効かないことに気づいたジキル博士。
追いつめられた末の、起死回生の策とは?


三谷幸喜書き下ろしの新作。出演者4人、上演時間1時間45分ということで
コンパクトにまとまった舞台で、ちょっと前に同じ三谷さんの「国民の映画」を
観たあとだけに若干の物足りなさもあり。

最近すっかり舞台俳優の藤井隆だけど、こういうドタバタコメディは本当にうまい。
どっかんどっかん笑いをとってました。もともと新喜劇の人だし
本人は舞台俳優という意識はないのかもしれないけど、TVでも(特に深夜枠で)もっとみたいな。
そして志村組だけにコントはお手の物優香。コメディ芝居はいいですね。
で、他がはじけまくってて役柄が比較的まともだから割を食ったのが片岡愛之助でした。

作・演出
三谷幸喜
出演
片岡愛之助 優香 藤井隆 迫田孝也


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村