よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2009年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2009年05月
ARCHIVE ≫ 2009年05月
      

≪ 前月 |  2009年05月  | 翌月 ≫

適当式発進の巻 2

最近の結婚式はバリエーションが多くホテルのほかにも
レストラン婚(もちろん美味しいお料理がメイン)、海外ウエディング
ガーデンウエディング等々いろいろあります。あと教会で式をあげて、
パーティは近くのレストランに移動とか。神社での結婚式もまた人気がでてきてますね。

ただ問題なのは招待客の人数、予算。ほんっとうに結婚式って何から何までお金がかかります。
自分の理想もあるだろうし、仕事関係や両親、親族の希望もあったり、
折り合いをつけるのが大変だと思います。
私はありがたいことにまったくそういうしがらみもなく好きにやってよかったので
場所が決まればあとは早い早い。こだわりもないから打ち合わせもサクサクです。

結局決まったこと
和装前撮り華雅苑 神社オールロケ撮影で紋付羽織袴、
白無垢、色打掛、黒引振袖の3点を着て、ヘアメイクも込み、
CD-R(全カット撮影150カット位)
アルバム、六切写真2ポーズ込で88800円。
さらに今ならウェルカムボードもプレゼント。
式にこられないおばあちゃんのために和装写真だけは撮っとくかと
前から決めてました。(というか個人的にはこれだけにするはずだったのですが)
人気のため2か月待ちくらいでした。

結婚式小さな結婚式 お台場ヴィーナスフォート店
その名の通り挙式だけで衣装、メイク、式代込み込みなんと65000円。
全国展開してるんですが、(大阪は四季劇場も入ってるハービスENT内にあるそう)
ロケーションは天王洲店のほうが静かでよかったです。
何しろお台場店はショッピングモールの奥ですから、
狭い上に週末は特に騒がしいんですよね。
ただチャペルはもちろん静かで、披露宴会場と近いのでここに決めました。
人前式なのもよかった。ペットも参加可という自由なもの。
キリスト婚式って初めて参加したときは厳かで感動したんだけど
さすがに参加しすぎて…ちょっと飽きた…。
この前の模擬挙式では
Amazing Graceソプラノ独唱をみんなで聞くってのもあって
「独唱で『ジーザスは死すべし』歌ってください」
とか言ったら神父さんにぶっ飛ばされるだろうなぁーーとか
非常に不謹慎なこと考えてたり。
人前式は曲も自分で選べます。そう『狂信者シモン』で入場しても
『ソウルギダユウ』で入場してもいいんです。
いよいよアイーダがやってくるから
『ピラミッドをたてよう』でもいいなぁ(なぜそれらの選曲)
オプションでカメラマンのスナップ撮影をつけました。

私唯一のこだわりがさっきの和装同様写真です。
絶対写真だけははずしたくない。
元がアレなもんで、とにかくプロの手でどうにかしてくれ
と。
自分の式でビデオを撮りたい方、自分のカメラで親戚か友達にでも
とってもらえばいいか、頼むと高いし…と思ってたら大間違いですよ。
これだけは断言できますが、写真とビデオはプロの手にかかると全然違います。
あと何百枚も撮れば奇跡の一枚もあるだろという期待(笑)
データがたくさんあれば自分でアルバムのレイアウトもできるし。

披露宴グランパシフィック LE DAIBA
ここは元メリディアンということもあり、エレガントなフレンチテイストウエディングという
雰囲気も気に入りました。資金の問題はさておき、
モダンなコンラッドとかも憧れるんですが
モダンって田舎の年配者には「地味」とも受け取られる可能性大なので
派手派手しくないほどよい華やかさがちょうどいい感じです。
場所はもちろん29階なので、夜景が楽しめる時間。
お料理は(私が食べたいので)試食会でおいしかったものも含め1品増やし
さらに生ケーキも注文。装花はキャンドルを多用する方向でお花は当初の見積もりの
半額以下に抑えました。
さらにキャンペーンで割引もしてもらったのでかなりおさえた適当婚とりあえず
ほぼ決まりました。
あと打ち合わせが2回で完了です。

浮いた金はどうするかというと
バリに行きます。むしろこっちのほうに力入れてます。
でも旅行もここだともっと安いぞと考えてしまう私はやっぱり貧乏性…。

適当式発進の巻 1

ひっそり籍だけいれてのほほんとしていたところ、夫が
「せめて式だけは記念に…」とかいうので
(どう考えてもそれは普通嫁側のセリフ)
そもそも式とかいうのは準備に半年とか1年とかかかるんじゃ?
…うわーなんだかもう面倒くさいしお金かかりそうと思いつつ
あいてる日にでもねじこんでもらえばいいかと動き始めました。

まずはおなじみ結婚情報誌ゼクシィで情報集めです。
しかーーーしさすが首都圏版。立ち読みすらできない分厚さ&重さ。
家に持ち帰ろうにも持ち上げることすらできません。
新作CMでは楽しげにヒョイと持ち上げてるけど地方版ゼクシィなのかしら。
そして持ち上がらないだけあり、めまいがするほどの式場の多さ。
ガンガン資料請求をして検討の結果ウチは身内だけの式なので、
10人以下の少人数を受け入れてくれるホテルにしぼって早速
めぼしいところのウエディングフェアへ行ってきました。

これがまた大変…。都内は毎週末どこかで大掛かりなウエディングフェアを
開催しています。しかし1日に頑張っても2件をまわるのが精いっぱい。

・某東京ベイエリアホテル
模擬挙式と試食会
チャペルはこじんまりしててよかったのですが、なにより御飯がおいしかったー
絶対料理は美味しいものでと思っていたので(もちろん自分も食べる気満々だから)
やはり料理はホテル!と思いました。
ここのプランでよかったのはスイートルームウェディング
レインボーブリッジ一望のスイートルームで披露宴&宿泊です。6名から18名までですが
かなりの贅沢気分。ほかにも少人数用宴会場もあったのですがここは3階なので
眺望的にスイートルームにはかないません。

・某東京ディズニーリゾートホテル
模擬挙式、披露宴
17メートルのバージンロードのある巨大ガラスチャペルに空と海が一望できる
クリスタルチャペル。
披露宴は音と光のショータイムから始まり
「You're just too good to be true~♪」って結婚式といえばこの曲「君の瞳に恋してる」を
熱唱しながらでてきたのは黒人シンガー。
新郎新婦を先導するというこれまた派手な入場シーンなのですが
列席者の視線
主役よりシンガーさんのほうに釘付け(笑)

でもここは参加するほうだったらおもしろそう。

ちなみに母が大の白雪姫ファンなので、親孝行の一環としてテーブル装花に7人の小人とか
セッティングしてくれる某ネズミーランドオフィシャルホテルはどうかと母に打診したところ
「その小人は持ち帰れるのか」というありえない返事がかえってきたので
すみやかに却下。

・式場のみ2件見学、模擬挙式

・某お台場ホテル
模擬挙式、ドレスファッションショー、ドレス試着、撮影、試食会
大きな宴会場のモデルルーム展示があったのですが、なにしろこっちはたった10人。
別に小宴会場の見学をしたところ
なななんとキャパ10人から30人規模の部屋が29階、レインボーブリッジ側に!!
試食会のお料理もすごくおいしくて料理長のつかみのトークもおもしろくて
披露宴はここに即決しました。でもドレスって初めて着たけどかなりキツイんですね。
あれじゃ食べられないですね。私は食べる気満々なので脱ぎますけども。
それから私の背が低すぎてヒール14・5センチ。歩くだけでも花魁道中のようでした。
チャペルももちろんあるのですが、身内だけなのにドレスやらなんやらに
お金をかけるのがもったいないので式は別のところでやることにしたのでした。
あと個人的にキリスト婚式が気恥ずかしいものがありまして。
私だけですか?

続く。

東京セレソンデラックスの流れ星をみてきました

20090522220036
ドラマ「スマイル」の脚本でもおなじみ宅間孝行さんの舞台行ってきました。

ファンタジー作品なんですけど、なつかしくて、おもしろくて

最後は号泣でした。
客席もすすり泣きがひろがります。

宅間さんが書いてるようにベタだけど、
オチが読めるんだけど、
だからこそまた涙腺にくるというか。

先着でもらえる袖の下にも笑わせてもらいました!
劇中なんで?と思ったんだー

東京公演は開幕1週間くらい?もらえるみたい。
大阪、名古屋公演もあるそうなので
ぜひとも笑って泣いて最後にもらってニヤリとしてください。

アンデルセン 四季劇場秋 4/28 リハーサル見学会

引き続き忘れたころのレポです。
この日、ライオンキングもイベントがあったようでロビーは混みあってました。
川地さんの案内に従って客席に入ります。
最近、舞台前方でみせてくれることが多かったのですが、この日は参加者は
後方席見学だったので目の悪い私は
…か…顔がまったくみえない
しかしさすがにリハ見をオペラでのぞくわけにはさすがにいかないし…。
一生懸命目を細めて見ますが、金髪のダンスキャプテン石野さんと
全身真白のお稽古着で指導する味方さんと…。
前にいるのは高城さんこと張沂さんかな。あ、かなり後ろに渡井さんがいます。
まずは「ワンダフル♪コペンハーゲン」のシーン。
味方さん「踊りながら歌う人たちも大変だから踊ってない人たちは
もっと折れで歌って。これで文句ないかーってくらいやってください(笑)」
と和やかながらも熱血指導です。
音を入れて通したあとは「はだかの王様」のシーンへ
味方さんが軽くアカペラで歌います。
維田さんが一生懸命ツイストダンスしてるのがカワイイ。

質問コーナーへ。
メンバーは本日お客様担当の川地啓友さん、味方隆司さん、石野寛子さん
という贅沢なメンバー。
川地 今日は機構が止まったり、エマージェンシー対応のためのあたりをしてました。
    これはお見せするわけにはいかないんでお待たせしてました。

と一言あり、リハの場面の説明をしてくれました。
味方 今日は歌詞をどんなふうに歌おうかという練習をしました。
川地 コペンハーゲンの町、北欧の港のもつイメージをいろいろなものをおりまぜて
    みせないといけないので、少しでも理想に近づくようにあたっていくんですね。
    今日もハンス自らみてもらって
味方 みんなに盛り上げてもらってナンボなんでやりました。
川地 (はだかの王様は)お話をつくるシーンなんですが今日は振りのあたりですが
    お芝居としての要素をきっちりやらないといけないので大変なんですね。
石野 アンサンブルは皆バレエやってるので細かい振りが大変。
    王様も(動きが)最初はヒゲにみえないとダメを出されて。

バレエのマイムとはまた違いますもんね。

まずはお子様の質問から。
Q 舞台が終わったあとは?
味方 飲みませんのでご飯食べます(笑)夜公演は遅いので翌日にひびかないように。

Q どれくらいバレエのレッスンをしていますか?
石野 私は6歳からバレエのレッスンやってるんですが、毎日です。
川地 家でもストレッチやってますがスピリッツ(脚を前後に開脚)
    つきます(←川地さんができるのか質問なのかこのへんはっきり覚えてませんが)
味方 おじさんはつきません(笑)


Q 好きな童話は?
川地 はだかの王様。初めて老け役やったんですが、今は老けたままやってんですが。
味方 僕も王様やりました


Q 花粉症の人はどうするのですか?
味方 トロイ(戦争は起こらないだろう)やってたんですが、阿久津はひどい花粉症で
    楽屋でこんな(といいながらフラフラする味方さん(笑・ごめん阿久津さん))状態で。
    でも舞台ではちゃんとやってたので大丈夫。
川地 医務室で薬もらったり鼻水に耐えて頑張ってます(笑)


Q 将来ダンサーになるためには?
石野 成人してダンスを始めた方でキャッツの舞台立ってるのでやる気の問題かな?
味方 人によるということで(笑)


Q 天災にあったことは?
味方 (ヴェニスの商人で)震度4近くありましたがそのままやりました。
   揺れが終わったあと照明だけがしばらく揺れてたので気持ち悪い感じでした。
   よっぽどゆれたら緞帳閉めて休みますということになるんでしょうけど
   もしゆれたら客席に座っててください。

彼が判断しますって舞台監督さんを呼んでました。

Q 尊敬する劇団員は?
味方 それはいろいろあるんで(笑)
石野 私は味方さん(笑)


Q 演劇を離れてほかにやるとしたら?
石野 (デパートの)美容部員。ヘアメイク系です。
川地 僕は演劇から離れるつもりはありません!
味方 何でしょう。ほかのことできないんですよね~(笑)


Q 体力をつける方法は?
味方 四季入ると毎日お休み以外2レッスンずつあります。
    ひどい時は(笑)昼夜(公演)やって、そのあと稽古場で別の作品をやったり。


Q ハンス=人魚姫なのかドーロ=人魚姫なのか
  どちらでも解釈できるんですが

味方 どちらにも解釈してください(笑)
となごやかに終了しました。

三文オペラ シアターコクーン 4/16

久々にコクーンにいってきました。
20世紀初頭から世界各国で上演され続けている
ブレヒトの音楽劇「三文オペラ」です。
この題材の舞台をみるのは3度目。
ジョン・ケアード演出の「ベガーズ・オペラ」
白井晃演出の「三文オペラ」
そして今回は宮本亜門演出版です。
どれも同じストーリーながら、演出や出演者でかなり印象がかわります。

が、ストーリー自体は実は好みではありません。
登場人物がみんな悪人だし、我が強すぎるし、話にメリハリないわりに
上演時間長いし、窃盗団の親分三上博史メッキ・メッサが
「改めて本作を読み直してみると、『コレ面白いのかな』と思って(笑)」って言ってましたが、
さもありなん。
社会風刺劇だし、作り手側はものすごくやりたい舞台なんだろうなぁ。

コクーンはツライ真横から見る立ち見席でみることが多いのですが
さすがに「三文オペラ」立ちっぱなしはムリと判断。
きっとコクーンだけに客席も使うだろうな
音楽劇だから間近で歌きけるかも~と奮発してS席をおさえました。
なにしろ今回三上メッキをはじめ秋山菜津子ジェニーに
田口トモロヲ警視総監、安倍なつみポリー、モリタート歌手に米良美一
デーモン小暮閣下ピーチャムときたら期待せずにはいられません。

予想通り、宮本さんはシアターコクーン初演出ということで、
おもしろい舞台をつくってきました。
まずメインの舞台が最前列のお客さんと同じ高さ、もしくはもっと低かったかも。
そして客席中央の椅子をとっぱらってここにもスペースが登場。
出演者たちはその下からも入退場できるという仕組みです。
そのかわり舞台セットはナシ。バンドさんたちは舞台上2階席にいます。
私の席はちょうどその真ん中スペースの前だったので
ばっちり目の前で閣下の歌がきけました。ただ前よりの席の人たちは
ふりかえらないといけないので面倒くさいかな。

今回、おもしろかったのがメイクがみんな白塗りなのです。
三上メッキは「ダークナイト」のヒース・レジャーのジョーカーみたいでかっこよかった。
あと白塗りの米良さん。舞台を進行するんですが、
デビッド・リンチの映画からとびだしてきたような
強烈なビジュアルでありながら、隋所で笑いもとっていました。
ラストの女王の歌はそれまでが飄々としてただけに圧巻。
ちなみに…もちろん閣下だけ素顔です。

秋山さんの迫力は相変わらずすごかった。
でてくると空気が一変するくらいのオーラ。
でも、メイクや髪型でまんま椿鬼奴にしかみえない(笑)
最後は念願の三上メッキのマック・ザ・ナイフも聞けたし
三上さんはおなじくコクーンでみた「あわれ彼女は娼婦」以来でしたが
今回もまた素敵でした。

メッキ・メッサー 三上博史
ジョナサン・ジェルマイヤ・ピーチャム デーモン小暮閣下
シーリア・ピーチャム 松田美由紀
ポリー・ピーチャム 安倍なつみ
タイガー・ブラウン 田口トモロヲ
ルーシー 明星真由美
ジェニー 秋山菜津子
モリタート歌手、女王 米良美一
鉤指のジェイコブ 大鷹明良
つまみ枝豆、石井則仁、岡田 誠、さけもとあきら、二宮優樹
原 慎一郎、福山健介、星 智、水野栄治、村上勧次朗
いせゆみこ、菅原さおり、高山のえみ、多岐川装子、松田愛子、南 智子


ジーザス・クライスト=スーパースタージャポ 新名古屋ミュージカル劇場4/24

どうでもいいことですが、OTONA GLICOのサザエさん一族のその後シリーズの
カツオはなんか違うと思うんですよ。
どうやらカツオが36歳でまだ野球選手を夢見てるようなのですが
小ズルくて特に金に汚いカツオがそんなピュアな大人になってるハズがない。
イクラちゃんがベンチャー企業のCEOなのは納得。
あの子は絶対要領よく生きてるハズ。
個人的には新CMでさりげなく出ている現在の中島が
中山祐一朗さんなのがうれしいです。

遅ればせながら今月号のアルプより。
・開けていきなり金田ジーザス!ジャポだと結構見慣れたけど
エルサだとまだ見慣れないなぁ。しかしカッコイイ。
・値下げは顧客のために…値下げはありがたいけど思うけど
役者さんも大切にしてください。
みたい役者さんがいれば高くても客は行きます。
・今月号最大のつぼ「アンデルセン」カンパニー
特にワッティーこと渡井さんのお姉さんがシュモクザメというのが。
そして相変わらず一生懸命な前田さんネタきたーーー。
ドンキホーテ文化村前店員から2度の交通担当、そして今回のタコと
常に周りに愛されていることがうかがえます。
がんばれマエダくん。前田くんネタ今後も楽しみ。

さて、今回ももはや忘却の彼方JCSジャポネスク名古屋公演です。
名古屋でしばらくジャポの上演もないかと思うのですが、
カンパニーの一体感、それぞれの役作り、すべて素晴らしかったです。
金田ジーザス、ジーザス抜擢でさらにシングル。
自らもクリスチャンということでいろいろ思うところもあったかと思います。
クールであまりまわりに心を開かず、一人でその重圧に耐えたり、
時に神に喧嘩を売るようであったりみえる若きジーザスでしたが、
終盤はそれにくわえ、民衆に対する愛情も深まっているようにみえました。
というか表情がよくみえるようになったのかなぁ。
ジャポだとどうしてもあの白塗りでさらに表情がみえにくいのですが、
すがりつく群衆を振り払うときに「はっ」とした顔になったり。

それにしても名古屋の2階は本当に舞台に近すぎて申し訳ないくらい。
イベントも面白かったし、エルサも楽しみですね。
…ええと、みなさん素晴らしかったけど、事細かにもう覚えていない…。
あ、コロちゃん(小野さん)のおみこし首ふりトランスは健在でした。

ジーザス・クライスト : 金田俊秀 イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起 アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎 佐藤圭一 伊藤潤一郎
シモン(使徒) : 本城裕二 ペテロ(使徒) : 飯田達郎
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平 ヘロデ王 : 星野光一

赤瀬賢二 山本伸夫 小野功司 
染矢 裕 上出匡高 藤山大祐 ソ ジョンス
玉真 義雄 松田逸平 神山 隼
武智正光 川畑 亮  中村 伝 嶋野達也
キム ミンヨン 上條奈々 宝生 慧 小島由夏
ジョン ジヨン 稲垣麻衣子 濱村圭子 伊藤志保 
石倉康子 ソン インミ 光川 愛 松尾 千歳
【大八車・人力車】
手島章平 近藤聡明 中村智志 小出宏臣
片山怜也 南 圭祐 小林嘉之
辻中 武 安東 翼 今村真悟

春のめざめ 自由劇場 5/9 その2

柿澤メルヒオール…柿澤シンバもライオネルもみてなくて
私のなかではたぶん柿澤さんはイケメン風船やさん(by人間になりたがった猫)以来。
上川一哉さんもメルヒにキャスティングされてるので
ライオネル=メルヒ枠?
じゃ…じゃあいとしの栗様(いわずとしれた栗原ライオネル)も
いけるんじゃない?
と一応主張しておきます。
世間がどんなにこどもにみえないよ!とつっこもうとも
私は菊池大作ともども支持したいと思います。
メルヒオールは頭がよすぎて、学校や社会の矛盾に若者らしくまっすぐに反抗するんだけど
人間としてはまだまだ未熟さもあるわけで、そこをただ上から押さえつけるだけの大人の態度に
ますます反抗心をつのらせていきます。実質メルヒが主役だと思うので難しい役だと思いますが
すごくよかったです。女の子たちのあこがれというのもわかる。
あと髪型のせいもあると思いますが、アンジャッシュ渡部さんに激似です。
…こういう知識がありすぎて雄弁なキャラだったら道口ライオネルでもいけるな。
お尻がみたいからとかじゃないですよ。だれもそこつっこんでないですか。
個人的には望月メルヒがみたかったーーとも思います。

三雲モリッツ…劣等生のモリッツ。要領悪いんだけどものすごくイイやつ。
ああいうハキハキしたしゃべり方ってシンバでは
気にならないんだけど、こういうストプレよりの舞台だとどうもひっかかる。
そもそもなぜこんなにセリフの多いモリッツにサンウンさんが
という気もしないでもないですが。キャラはあってるだけに惜しいなぁ。
しかし舞台が進むにつれ、このしゃべり方はモリッツらしいのかも…という気になってきました。
でもやっぱり訛りとキャラ設定は違うよなぁ。江畑ソフィだってあんなにセリフあるのに
全然訛り感じなかったし。ともかく全編カワイイサンウンモリッツですが後半の髪全立てが
特にカワイイの。あの髪形の変化もモリッツの内面を表してると思うんですが
東急ハンズとかに売ってる頭から芝がはえてくるリラックマみたい。

二人だけで無駄に長くなってしまいましたが、ほかのメンバーもすごくオモシロイですよ
私イチオシは白瀬ゲオルグ。BWのゲオルグや稽古写真ではメガネくんというイメージだけ
だったのですが、いざ本番の舞台にたつ白瀬ゲオルグのキャラの濃さに目が離せません。
頭頂部クルンと巻き上げた髪型がおそろしくカワイイです。歌もうまいし。
一和ハンシェンはいい感じにキモウザイです(笑)完全に狩野英孝キャラ。
そして竹内エルンスト。こちらの見た目はオードリー春日ですが、中身は純粋な男の子。
加藤オットーはモテないのが悩みのこれまた中学生日記な男子。
男子チームもいろいろ深刻な悩みがありますが、全体的には
頭の中はエロいことばっかりみたいなのは昔もいまも同じでおもしろかったです。

ベンドラの胸とかメルヒのお尻とかがつい話題になりがちだと思いますが
真に衝撃だったのは
中野今日子さんのお色気シーンと
志村要さんのダンシングシーン
だと思います。
いやーダンシング志村は必見。それまでの大人の演技に圧倒されてただけに爆笑しました。
大人の男女は衣装替えもなくいろんな役をこなすんですが、さすがでした。
この舞台は若手ばかりだから締まります。
ラストの歌の前で終わったほうがストーリー的にはしっくりくるんですが
そこはミュージカル。全員で歌うSong of Purple Summerでやっぱりホロホロ泣けてきて
ステージシートに座ってなくてよかった…と思いました。
レ・ミゼラブルのエピローグみたいな感じでやはり最後はこう終わりたいものです。
新しい四季の可能性をみた一方で、こういう勢いのあるミュージカルは歌パートがノリノリだけに
セリフパートの開口がちょっと気になりますが、客席ともども公演が続くにつれ
どんどん盛り上がりそうでまたしばらく時間をおいて観にいきたいと思います。

そうそうアンサンブルさんが客席に一緒に座ってるんですけど、
あれいきなり歌いだすからステージシートの人たちは軽いドッキリ気分。
顔があんまり見えないのが残念ですが、前にでてくるナンバーもあるし
かっこよかったです。
ベンドラ : 林 香純
マルタ : 撫佐仁美
イルゼ : 金平真弥
アンナ : 松田佑子
テーア : 有村弥希子
メルヒオール : 柿澤勇人
モリッツ : 三雲 肇
オットー : 加藤 迪
ハンシェン : 一和洋輔
エルンスト : 竹内一樹
ゲオルグ : 白瀬英典
大人の女性 : 中野今日子
大人の男性 : 志村 要
【男性アンサンブル】
伊藤綾祐
南 晶人
【女性アンサンブル】
玉石まどか
勝間千明

春のめざめ 自由劇場 5/9 その1

GWなどはさみまして、まだかいてないのが
・JCS名古屋本編
・三文オペラ
・アンデルセン本編&リハーサル見学会

とあるのですが、これらはひとまず置いといて、春めざ本編について。

「春のめざめ」は浅利さんが上演に反対だったのもうなずける
四季にはないタイプのミュージカルでした。
内容的に客層が限られる、ディズニーミュージカルに比べ地味、
経営者としては二の足を踏む作品だと思います。
でもその曲や演出は一度見たら「またみたい!」「演りたい!」と思わせてくれることも確か。
RENTをみたあとのような高揚感に似た感じ。特に年齢が若い人ほど感じる部分が多そう。

舞台は19世紀ドイツだけど、現在ではこの内容もそんなに衝撃的ではないと思います。
でも少年少女たちがかかえている悩み、親との関係などはそのまま今の若者たちにも
つながると思います。「アンデルセン」はぜひとも小さな女の子のうちにみておきたかったー
と思ったけど、この作品はぜひとも全国の高校生にみてほしいなー。

セットの転換はなく、ぐるりと囲んだ壁の前にバンドさん、両脇にステージシート。
イスは学校の椅子と同じで、出演者も同様に同じ席に座ります。
そのつど中央に自分で椅子をもっていったりひっこんだりというのも楽しい。
シンプルだけど手の込んだ素敵なセットです。
壁に飾ってる肖像画や標本をひとつひとつみててもおもしろかった。

まだ開幕したてなんで各キャラクターについてだけ感想を書きます。
とはいえ内容についてもふれちゃうこともあると思うのでネタバレいやな方はここまで。
女子チームはみんなかわいいんだけど、あまりにも男子チームのキャラがたちすぎなので
とりあえず女子チームからさらりと。

林ベンドラ…女子チームの主役的キャラはこちら。
林さんは小さくてぽよぽよしてて最後まで純真でかわいいベンドラでした。
知識も少なく、何もわからないままに流されてしまうのは今の若い子にも
よくありそうなことで。
一方、早く大人にならざるをえなかった撫佐マルタ金平イルゼ
特にイルゼはベンドラたちの幼馴染とは思えないほど見た目も大人で、
ほかの女子チームと比べると退廃的な雰囲気で切なくなります。金平イルゼすごくよかった。
ところで最後、そこで客に交じって座ってないでメルヒに教えてやれよーと思ったんですが…。
しっかりものの松田アンナや男の子にあこがれる有村テーアはごくごく普通の女子。
いつの時代も女の子は集まればみんなこんな感じ。
「毎度お騒がせします」的な男子チームには結構笑ったけど、
女子チームのほうは同じ女性としてその悩みや葛藤に心が痛むし、やはり衝撃を覚えました。
なんだかもうつっこみどころ満載キャラたち祭りの男子チームへ続く。

春のめざめみてきましたよ

とにかく曲がいい!

新作だからなのか招待もいるのか定かではないですが
珍しく男性客も多かったです。

今までの四季にないタイプのミュージカルで、まだ開幕したてということもあり、客席も静かですが、これは回を重ねるごとに盛り上がりそう。

それにしても男子チームのキャラ立ちっぷりが最高ですよ。

私イチオシはもちろん白瀬ゲオルグ。
歌がうまいうえに
恐るべきカワユさ。
早急に白瀬ゲオルグマスコットストラップをグッズに加えることを提案します。

四国珍道中

就職してからこのかたGWというものとは無縁の生活だったので
初めてのGWに浮かれてしまいました。
一方、都会の渋滞にワイドショーとかでGW明けによく特集してるけど
こりゃ大変だぁと思いつつ爆睡していたのはワタシです。
高速道路1000円祭りでなんと四国まで3600円という破格の安さで行けました。
2年限定とはいえ、今後も通うのでありがたいことです。

今回の四国行きは観光ではなくて実は帰省です。
ひっそり結婚しまして、初帰省です。
本当は年末初帰省するはずが年末年始の入院で今回やっといけることになりました。
しかしヨメとしては一抹の不安も。
最近は親戚が集まることもなくなりましたが盆正月九州の嫁はものすごく忙しいのです。
帰省した一族のごはんをつくり、一族の末席(もしくは台所)で素早くご飯を食べ
掃除、洗たく、お墓の掃除…そういう母をみてきたので、なんにもできないヨメでどうしようと
思っていたのでしたが杞憂でした。
毎日お義母さんの手作り料理をおいしくいただき、遊びまくり、帰ってまいりました。
うう…ダメ嫁でごめんなさい…。ご飯おいしかった。

というわけで食い倒れ紀行です。

29日の深夜出発。NO渋滞でスイスイ。
PAでひこにゃんグッズを大人買い。
たこ焼きはやはり関西圏に限ります。
そこで気がつく「あ、よそゆきワンピースとかジーンズとか全部忘れた!」
バッグのなかには大量の上着だけが…。しわになるからあとで入れようと思って
そのまま放置していたのでした。ついて早々徳島ユニクロにかけこむバカ。
この日の晩御飯は具だくさんちらし寿司(お義父さんのとってきた筍や
徳島産レンコン、ニンジン、フキなどにでたーーーーっ金時豆!
しじみ汁(これもお義父さんのとってきたもの)などなど
あ、金時豆、意外とあいました。そんなに甘くないの。

1日 鳴門のうず潮をみにいく。この日はすいてたけど数日後渋滞になっていた。
ラーメン東大へ。醤油とんこつで濃い味なため、ごはんと食べると最高においしい。
生玉子は食べ放題なのでたまごごはんに。
檀ノ浦の古戦場、屋島へ。
夜はカニづくし。焼きガニ、カニしゃぶ、カニ刺身、カニ酢の物…一生分食べました。

2日 香川にうどんを食べに。しかしGWを甘くみていた。
田んぼの真ん中にある山越うどんの行列はディズニーランド並み。
その後、3店舗も麺終了のためふられ、ようやく高松市の松下製麺所
本日1食目。1玉150円。天かす、ねぎ入れ放題。
徳島に帰ってきて、夜はお義父さんおすすめ海鮮・あらしへ。ここもものすごい人。
ガイドブックもってる人もチラホラいるので有名店のようです。
刺身定食は3種の刺身が食べられるお得なもの。わかめがてんこ盛りの味噌汁が
ものすごくおいしかった。

3日 おやつにまたもセルフうどん。とば作。どこで食べてもうまい。
夜はおうちごはん。とんかつにしじみすまし汁にたけのこ煮。

4日 本日も徳島ラーメン。三八。あっさりスープがおいしい。
さらに鉄板もあるのでお好み焼きも食べられます(店舗により違う)
徳島っこはもちろん金時豆入りの豆玉らしい…。あといか豆玉とか豚豆玉などもあり。
おやつに近所のケーキ屋さんオウ・ボワヴルへ。ここも徳島では有名店だとか。
名物生成ロールケーキはカスタードと生クリームがはさんであるにも関わらず
控え目な甘さでスポンジもやわらかでおいしい。
夜はお寿司。一路東京へ。おやつはヤマザキのロールちゃん。
またロールケーキ。

5日 PAで富士宮焼きそば。固め麺が特徴のようです。

お義父さんは幼少時、坂東英二と野球をしただとか
お義母さんは坂東英二と同じ学校で毎日購買部でパン買ってたとか
ゆで卵英二は徳島の誇りです。
アンジェラ・アキとかチャット・モンチーは…多分知ってる世代ではないでしょう。

麺ロードは続く

20090504141533
20090504141531
四国はあちこちにセルフうどんやさんがあるので、お茶するかわりにうどんをたべておりますが

忘れてならないのは
徳島ラーメン!

トンコツ醤油です。

まずは茶系のラーメン東大。
濃い味のスープにあわせて卵ごはんを食べます。
卵は食べ放題。

続きまして黄系の三八

こちらはあっさりスープ。

さらに鉄板があるのでお好み焼きも焼けます。

人気は豆玉
徳島のお好み焼きは金時豆がはいっているんですよ…

ちらし寿司にも金時豆が。

うどん。何はともあれうどん。

20090503133604
ゴールデンウィークの香川は大変なことになっておりました。

人気の山越うどんはナビがないといけない場所にもかかわらず

行列がディズニーランド級。

これはいかんとほかのうどん店にいくも
麺終了のためどこも早めの閉店。

手打ちなので14時くらいまででどこも閉まってしまいます。

何店舗もふられ、ようやく松下製麺所でありつけました。

ここもすごい人でしたが。

ひと玉150円ですよ!
天カス、ネギいれ放題。

お遍路ゴールデンウィーク

20090501150527
天気もよく、うず潮絶好調。