よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2008年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2008年12月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年11月
ARCHIVE ≫ 2008年11月
      

≪ 前月 |  2008年11月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

焼き肉!

20081129183315
門前仲町の牛和鹿で焼き肉ちゅう。

ハラミとミスジうまーーー

切り落とし盛りもあってかなりお得です。
スポンサーサイト

やっと観れた…

20081127214446
ワタシにしては珍しくまたCATSシアター参上!

今日こそ逃げられず無事野中マンカスにお会いするのだ。

野中マンカスは野中さんランク暫定1位のスカーを抜いて首位になりました。
かっこよかったーー

佐渡グリザが綺麗すぎてのけぞりました。
あんなキメまくるグリザ初めて。
ウケた。

寺田タイガーは今日もかっこよかったです。

あと川東マンゴは朝まで語れるくらいネタ満載。

お誕生会

20081124161642
恵比寿のイタリアン、ダルマットでお誕生会。

ここは駅から5分くらいの閑静なところにあるんですが

とにかくコストパフォーマンスが高いのです。

で予約がとれず結局開始が9時半からになってしまいました。

おまかせフルコースで
キノコとか栗の入ったガーリック風味イタリアン茶碗蒸し

今日小田原でとれた鮮魚(写真)キューリみたいなのは実は間引きしたメロン

フォカッチャにオリーブオイル3種

サーモンソテーにマッシュポテト、香草、イクラ添え

信州リンゴを食べて育った牛のすね肉を甘辛く似たのをのっけたゴボウのリゾット

ゴマパンにオリーブオイル3種

なんとか豚を蒸したものとなんとか芋とか蒸し野菜山盛り

最後に量を選べる鳥レバーとニラがふんだんに入ったパスタ

いろいろ説明してくれたけど食べるのに必死でほとんど覚えてないという…

食べおわったら移動してデザート。
ワタシはカフェラテとカスタードプリンにしました。

これだけ食べて夜のコースで5700円。
さらにハウスワインも赤白飲み放題1500円!
白ワインがまた飲みやすくてねえ~

お誕生会だったのでハッピーバースデーの曲&デザートに花火&ネームを入れてもらうという

いい年こいた人には超はずかしい演出つきにしてもらいました。
「音楽ならしますが大丈夫ですか?」
ワタシ「全部やってください」( ̄ー+ ̄)ニヤリ

いやーお腹いっぱい大満足。
こんなにガッツリ満腹になるうえ美味しくて安いフルコースはなかなかないですよ。

帰りは終電でしたが…

今度は余裕をもって行きたいものです。

「マキタ学級大文化祭2008」10/25②ブルーカーペット切ない…

18:00 「爆笑!秘蔵映像集」
     やはりこれがすごい人気で100人くらいしか入らないロフトプラスワンは超満員。
     入場制限してました。私はさっきのコーナーからのベスト位置をキープ。
     というのもマキタスポーツ、杉作J太郎、吉田豪、大槻ケンヂ、
     花くまだいさくとサブカル好きにはたまらないメンバーなのです。
     それぞれ笑える映像をもちよっての上映会。
     打ち上げみたいな感じということだったのでゆるーい感じで
     オーケンは中国武術ビデオ、吉田さんはプロレス、マキタさんは自分の出た番組
     杉作さんは頭だしもしていないパチンコビデオでした。
     が、花くまさんの持ってきたのがすごかった。一部で有名な大地康雄主演の
     深川通り魔殺人の川俣”ブリーフ”軍司のドラマ。
     現在では絶対に再放送できなさそうなシロモノでした。一応編集してましたが、
     さすがに殺人シーンは花くまさん自身があまりにこれはみるに耐えかねるということで
     カットしてました。どんだけ凄惨だったんだろう。この役で大地さんは
     全国的に有名になったそうですが、あまりのインパクトに
     その後一時仕事が途絶えたとか
     それにしても昔の地上波は規制なしのやりたい放題だなぁ。

20:00 爆笑!レッドカーペット
     本家のレッドカーペットに出られない、呼ばれそうもない、
     その前に芸人としてどうなのというカルト芸人さんのネタみせ大会。
     レッドではなくブルーカーペットという名のブルーシート上で繰り広げられる
     失笑ワールドはすごかった。審査員がまたまた豪華でマキタスポーツ、
     掟ポルシェ、ピエール瀧、日テレの大塚恭司P
     あと名前忘れましたがAV女優の方(ジャケット加工抜きでかわいかった。なんでAVに)
     公式ページでは芸人ではなく患者さんと書いてありましたが、
     いやーー世の中にはいろんな意味ですごい人たちがまだまだいるものです。
     あ、ライブみられなかった吐夢さんも赤い顔して登場。わーい。

途中抜けてまたFACE7階まで息をきらしながら移動。
おでんなどたべながら
20:55 お笑いSTAGE#2
     猫ひろし、超新塾、東京03、マキタスポーツ、コージー冨田
     さっきのブルーカーペット芸人さんのあとだとあたりまえながら
     完成度高すぎ。

このほか別会場LOFTでは終日ライブが行われていました。
私は22:00までの一部のみ参加でしたが、このあと29:00まで
ある二部では西口プロレス、ナイツやオードリー、イワイガワなどの
ステージもあってこちらもみたかったです。
来年は春の文化祭も開催決定だそうで楽しみ。

「マキタ学級大文化祭2008」10/25①漁港とかサンプラザ中野くんとか

忘れたころにレポシリーズ
マキタ学級大文化祭2008
主催者はピン芸人マキタスポーツで、
とんねるずのおかげでしたの細かすぎて伝わらないモノマネでは
おなじみ矢沢永ちゃんのモノマネやってました。
「マキタ学級」というバンドで音楽もやっていることから
音楽とお笑いの祭典として新宿歌舞伎町の3会場で
昼から翌朝まで同時開催。私はお笑い系重視で行きたかったので、
まずは新宿FACEへ。コマ劇場の横のビルの7階にあるのですが、
このイベント出入り自由なので入り口を1箇所にするためか
本日入場は階段のみ!!!
一度降りたらまた7階までのぼらないといけないという
強制体力づくり。私はこの日3往復しました…。

ワタシスケジュール
14:15 マキタさんの矢沢DE開会宣言
14:30 「漁港」ライブ。
    日本唯一のフィッシュ・ロックバンド。
    合言葉は「日本の食文化を魚に戻し鯛!」
    ファンのことは漁師・海女と呼ぶなどワタシの好きなニオイの
    ぷんぷんするバンドで気になっておりました。
    ボーカル・包丁の森田釣竿さんがこの日自分朝さばいた
    とれたてマグロのぶつ切りなどが物販で販売され、
    長蛇の列ができていました。ワタシも食べましたが、おいしかったーー。
    曲ももちろん「鮪」「鰹」などあくまでも魚にこだわっています。
    で、なんで包丁なのかっていうと「漁港」名物ステージ魚解体ショー
    あるわけです。いやーおもしろかった。歌ももちろん最高でした。

15:15  サンプラザ中野くんライブ
     「旅人よ」や「ランナー」のアコースティックバージョンを聞きました。
     それにしても痩せたなあ。今は野菜生活なんですっけ。
そのあとの水中、それは苦しいや大槻ケンヂ、宮崎吐夢のライブもものすごく
みたかったけど、入場制限で入れなかったらイヤなので
早めにロフトプラスワンへ移動。

15:30頃 「大東京ポッド許可局」
     ネットに落ちている膨大な画像やテーマに マキタスポーツ
     プチ鹿島 サンキュータツオ なぞの局長みちが突っ込みつつ
     許可できるかどうか検討するというもの。
     これが一番おもしろかったです。内容的には宝島のVOWを
     髣髴とさせるもので、世間には変なものがいっぱいあるんですよねえ。
     ベネッセのHPにある日常に潜む危険CGがすごかった
     ベランダ→コドモ→なぜか窓の外に風船がっ→コドモよいしょと
     登り始め→あああああ

     こんなものが数百あるそうで。家の中でも危険すぎてノイローゼになりそうです。
     途中マキタさんが別の営業で抜けるなどしつつ
     清原の引退セレモニー上映。その日長渕が休みだということを聞いてた時点で
     早々と予想できる事態でしたが…やっぱり…
     主役不在完全長渕ライブと化したセレモニーに爆笑。
     そんなこんなな突っ込み動画が山盛りでした。よくみつけてきたなぁ。続く。

ほぼ日手帳がきたーーー

20081119121406
20081119121404
今年はベージュのドット柄にしました。

ただでさえ文庫本サイズでかさばるのに私がどれだけ使いたおしているかは写真参照。

右が現在使用中のものです。

これに簡単な家計簿メモも持ち歩いてます。

間もなく12月。
ほぼ日手帳は12月始まりなので新しい方に変えればいいのですが、今年のを最後まで使いたいので毎年恒例恐怖の手帳二個もち。

&図書館の本も入るので

カバンが重い重い。

さらに今年、地図などメモすることも多く、あとからどこにメモしたかわからなくなったのを反省し来年は月間スケジュールのところを目次にすることにして。

舞台と映画の初日一覧はまた別の薄いスケジュール帳に…

ってまた増えますか。

さて昨日新橋に用事があって駅周辺を歩いてたら人混みが。

やけに日本語の流暢なインド人の方がイベントしてました。

よくみたら

なんと伝説の元祖外人演歌歌手チャダさんではないですか!!

生「面影の女」を聞きました。
新曲発表イベントだったみたい。

ジェロを30年先取ってた方です。

「ジーザス・クライスト=ジャポネスクバージョン」よこすか芸術劇場11/11②芝さんの熱血指導だったのか

みてください祭りで囲まれた金田ジーザス。
その前の市場で怒り爆発させぐったりしたところに群がられ、ただ困惑しています。
やな神さまがどうにかしてあげたいのに最終的に振り払ってしまい
自分に唖然としてしまうのに対し、金田ジーはこの状況が理解できず
民衆の勢いに押され、思わずフラリとかわいらしく乙女座り。
そんな全体的に身も心もつかれきってる金田ジーザスですが
「ゲッセマネの園」は一転、みるほどに力強くドラマチックになっています。
独自のアレンジも加わり、とにかくカッコイイ!
で、おもしろかったのがドンギュヘロデのシーンで無表情で前をじっとみてたかと
思うと頭を小突かれて、一瞬プルプルクビ振ってたのが
多分あまりの疲労とヘロデへの興味のなさで
目あけたまま寝てしまった設定なんだと思います。
金田ジーはそういうまわりへの無関心さみたいなところもまた魅力。
やな神さまは仏様みたいで思わず拝みたくなるけど
金田ジーはカリスマとしての魅力も持ちつつ、イチ青年の弱さが随所にみえて
ラストの十字架では
「本当にただの大工として生涯を終えていれば
この人は幸せだったのかもしれない」と泣けました。

金田ジー×芝ユダのコンビものすごくよかったです。
特によかったのが晩餐シーン。
芝ユダとのバトルは両者一歩も引かずという緊張感が満ちていました。
スンラユダはここあまりにスキスキモードが強すぎるんだけど、
金田ジーはその愛を受け止めようという感じではないし。

そのほか。
・上條さんのテンションがあがりっぱなしです。どのシーンでも表情がすごい。
 笑って舞台に出てくるとこでは、アハハハではなくて妙な笑い声あげてました。
・鞭打ちで自分のほうが泣きそうになってたトモさん枠は(松元朋さん)
武智さんになったのかビクビクしてました。が、テンプルのシーンでは
染谷さんと2人で「どけやコラ」みたいに声を荒げてたのがコワかったです。
・嶋野さんはジャポメイクだと顔が全然かわります。頭はボンバー気味だし
メイクのせいか顔のパーツが真ん中よりで一番目がいってしまいます。
・辻中さんは兵士ズですが、おそろしくカワイイですよ
ジーザスがボロボロなときに上手方向で微妙にうれしそうにしてるのが
不謹慎さ倍率ドンさらに倍という感じで、更正させてあげたくなります。
・赤瀬さんの鞭は相変わらず痛そう

公式ページにこの横須賀公演のレポートがのってます。
いきなり芝さんがきたのは新しい人が多い
2008JCSカンパニーの指導という役割も大きかった模様。
カテコではすっかり普通の芝さんに戻ってカンパニーを振り返って
笑顔で呼んでたのが印象的でした。

皆様鍋物等々おいしい季節ですが各地であまり食べ過ぎず、
適度に飢えててください
↑上出さんのJCSに出るにあたっての意気込み

今、キャストみたら白子とアンサンブルさんが入れ替わってますね。
でもさりげなく新太(ユタ)になった酒井くんが白子に復活してるー
ジーザス・クライスト : 金田俊秀
イスカリオテのユダ : 芝 清道
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎 手島章平 飯田達郎
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 賀山祐介
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平
ヘロデ王 : 星野光一
赤瀬賢二 山本伸夫 辻中 武
キム チャンホ 染矢 裕 武智正光
嶋野達也 安東 翼 ソ ジョンス
キム ミンヨン 上條奈々 日谷百合
稲垣麻衣子 伊藤志保 濱村圭子
野村麻理 村上 智 ジョン ソンジ
【大八車・人力車】
松田逸平 今村真悟
一和洋輔 畑野年孝

「ジーザス・クライスト=ジャポネスクバージョン」よこすか芸術劇場11/11①芝ユダ強さと脆さ

よこすか芸術劇場は1階席のまわりを4層のバルコニーがぐるっとかこむという
オペラハウス仕様の劇場でした。単純に考えると5階まであるということで
最上階バルコニーはどういうふうに舞台がみえるのか座ってみたかったです。
そんな素敵な劇場でしたが、この日はマイクに雑音がたまに入ってたのが
残念でした。
さて、久しぶりの芝ユダ。ジャポverだとさらに動きひとつひとつの美しさが
際立ちます。ひとり舞台にいても、群衆のなかにいても
その存在感の大きさに目が離せません。
「彼らの心は天国に」では「ユダ、ジーザス、すき!」(ポニョ調)
気持ちが強すぎてあふれてこぼれんばかりに必死なスンラユダに対し
冷静にジーザスを諭す姿はまるで芝ユダのほうが預言者であるような風格。
冒頭だけでここまで印象が違うユダをみせてくれるとは…
芝さんもスンラさんも最高です。

さて一方金田ジーザス。やはり演じていくうちにどんどん役に同化していくのだなぁ。
ジーザスの悩み度大幅アップで見るものを切なくさせます。
メイクもこなれてさらに美しさが増していたんですが、
今回一番ぐっときたのがその表情。基本的に憂い顔なんですよ。
ユダが歌ってる最中にふっと顔をあげ眉間にしわをよせ前を見据える苦悩の顔は
ユダのいうことは十分わかっているけれど逃れられない自分の運命に
苦しんでいるかのよう。
その憂い顔ごしに後方で染矢さんがずっとおなかをヘコヘコ動かしてるのが
大変だなぁとふと我に返ったり。

表情といえば高木マリア。
「どうぞ~冷たい水で~」のときはまだ大人の女性としての余裕マンマン
なのに、「私はイエスがわからない」のときの恋する乙女っぷりときたら。
満面の笑みで歌い上げるマリアかわいらしさ爆発です。
しかし彼女の幸せも長くは続かないわけで…うう…。
あんまりこのシーンが幸せそうだったので
「ぺテロ、あの人は死ぬわ」の弱々しさがさらに際立ちます。

それにしてもワイスアンナスさま…ここまで悪人顔になるとは思ってもみませんでした。
白塗りだと特殊メイクをほどこしたようなワルさ。
そして相変わらず飯田槍司祭がええ声すぎる。
飯田アニと四季狩人としてソング&ダンスに出てみませんか。

さて、余裕の芝ユダでしたが、裏切りを決意し、どんどん壊れていく様が
すごかった。「晩餐」でジーザスに振りほどかれ、そのまま倒れるも
クワアアアアアッツと目を見開いて客席方向を見据えたままの芝ユダに
下手に座っていたお客さんたちは目をそらせなかったことと思います。
怒り、あせり、諦め、苦悩、悲しみの入り混じったものすごい表情でした。
ひと言で言うならば「顔コワすぎるんですけど!」
「裏切り」ではアタマをかかえて震えながらうずくまる一人の人間に。
「自殺」では最期までもがきながら強力なインパクトを残しつつ大八車の
後ろに消えていきます。ひとつの演目のなかでこんなにユダとしての
キャラクターの心情の推移と深さをみせてくれる芝さん…
あらためてすばらしかったです。
あ、もちろんソング&シバこと「スーパースター」は
ひとりのビッグショーといった趣きでした。

続く

肉!

20081117001539
五反田のミート矢澤のハンバーグを食べに行ったのです。

中はレアで本当に美味しかった。

肉大好き。

でも反省して夜は具だくさんの

豚汁。

やはり肉入れてしまった。

「どんまいマインド」新国立劇場小劇場 11/14 キャラたってます

ここ最近マウスの調子が悪くて、いっそのことノー改行ノー色文字で
書いてしまいたい衝動にかられています。
芝ユダと仲間たちは書きたいことが山盛りなので
その前に本日みた芝居レポ。

私の芝居への興味の第一歩はなんといっても三谷幸喜と新感線あたり
なんですが、今回念願の生西村雅彦さんを観て来ました。
新国立劇場は何度も行ってますが、小劇場は初めて。
こじんまりとしつつも、足もゆったりのばせるスペースが確保してあるのは
さすがです。横幅はそんなにないですけどね。

メンバーはTVでよくみる役者さんが多く、ミーハー的な楽しみもありました。
舞台のコメディって独特で、テンポと間とやりすぎなくらいのテンションの高さと
キャラの立ち方が必要で本当に役者さんは大変だと思うんですが
想像以上にみなさんおもしろかった。全国をまわってきてこなれてきたというのも
あるのかもしれませんが、もともとデブキャラとしておなじみの脇さんはともかく
途中役チェンジでフェロモンムンムンの男くさいイベンターさんになる金子くんや
そのヨメでこれまたテンション高いぶっ飛び系の市川さんもおもしろかったです。
ここまでふっきれるのはなかなか普段映像で仕事してると難しいと思います。
まぁまずそんなこと要求されないし。
大人計画の女優さんたちなんて舞台のまんまのノリだとまず放送できないし。
市川さんはめちゃくちゃカワイイのに変顔すごかった。
こういうの事務所的にいいのかというのも舞台の醍醐味です。

ストーリーはパイナップル園を大嵐で失った元社長と従業員の7名が、
自分たちの新たな居場所を求めて旅に出るといった内容なんですが、
当初は世界的な科学者が引退して、今は建具屋を継いでいる。
そこに世界各地から教え子が集まって来て…という内容だったそうで、
どうしてここまで内容がガラリとかわったのかわかりませんが、
いろいろ制作現場は大変だったのではということが伺えます。

そのせいかどうかわかりませんが肝心の「笑い」に関してはかなりゆるくて、
ドカドカ爆笑する笑いではなくてどっちかというとニヤニヤクスクスした笑いが広がります。
私が駄洒落系があまり好きではないというのもありますが、ネタとか
短いシーン、暗転と続くのが昭和のコント風でした。
暗転が多いとどうしてもそこで間が悪くなるような気がします。集中もとぎれちゃうような。
でもコメディ舞台によくあるいきなりブツっと終わるというのではなく
きっちりハートウォーミングにラストを迎えるというのはすごく好きです。
帰り道ほんわかした気分で帰ることができるのはウレシイ。

なんとなくブツ切り感のあった演出脚本でしたが、役者さんたちの力で
笑いにもっていった舞台といった感じだったなぁ。(奇しくもまた演出は山田和也さん
西村さんのだんだん客席全体を巻き込む笑いの間はサイコウ。
中丸さんの細かい役作りもすごかったし、みっちょんや松田さんのテンションの高さも
おもしろかったー。全体的に笑いをとってたのは脇さんだったけど、一番笑いをとったうえに
ずっとひきずったのは金子くんのイベンターでした。
脚本 橋本二十四  演出 山田和也
出演 西村雅彦、金子貴俊、市川由衣、脇知弘、中丸新将、芳本美代子、松田美由紀




よこすかソング&シバ

20081111212531
今日はお昼は新宿でフレンチランチ。
一番安いコースで。
デザートのキャラメルムースが美味しかったです。

そのあと池袋のカイロに行き骨盤矯正。
眼精疲労で肩こりがひどいので背骨まわりもコロコロしてもらい

スッキリしたとこで渋谷から
いざ横須賀!

結構遠いんですね…
車内でグーグー寝て起きたら終点新逗子でしたよ。

慌てて引き返し。

今月最初で最後のJCS

心してみるぞー

え?芝ユダ?
まだいたの?
アワワワ心の準備が…

芝さんの「スーパースター」はこの前聞いたばかりだけど
やっぱりユダとして歌うのはまた全然違います。

どこにいてもどんな表情をしていても皆を魅了する芝ユダ最高!

カンパニーも金田ジーザスもさらによくなってきてて、みるたびに新たな感動を覚えます。

ワタシも一緒に巡礼の旅に出たいけど、来月またどう進化してるか楽しみに待ちたいと思います。

ええ、JCSに合わせて帰省するんですよ。
終演後は田舎の実家に帰る便がないからホテル泊なんですよ。

これではただの遠征ではないか…

アンイオウオウエー

ブロードウェイ♪ブロードウェイ コーラスラインにかける夢(2008)
EVERY LITTLE STEP

監督: ジェームズ・D・スターン
アダム・デル・デオ


ブロードウェイで2006年に再演され、このたび千秋楽を迎えた「コーラスライン」の
オーディションに密着したドキュメンタリー映画。
平日でしたが、上映館が少ないということもあり、結構お客さんはいってました。
内容は実際のオーディション以外にも原案・振り付け・演出のマイケル・ベネットが
ダンサーたちにインタビューしたそもそもの元となった録音テープや
初演時の映像もあったりとコーラスライン好きにはたまらないものになっています。
反面、「コーラスライン」本編を知らないとただオーディションを淡々と追っかけただけの
作品にみえるかもしれません。どこかの映画紹介サイトでは
『ポール役のオーディションで俳優は自分の過去をさらけだし審査員を涙させた』
みたいな記事もみましたけど、アレはポールのセリフをしゃべってるだけなんだけど
確かにほかのシーンも知らずにみると実際のオーディションと作品自体を
混同しそうになります。

で、私はさっそく最初の3分でもうボロ泣き。
「I Hope I Get It 」や「What I Did for Love」に本当にオーディションを
受ける役者さんたちの映像をかぶせられた日にゃあもう…。
3000人のダンサーから最終的に19人にしぼるわけですが、ダンサーだから
踊れるのはもちろんとして、審査員たちはいかにそのキャラクターをつかんでいるか
という演技力、ナンバーを歌い上げる歌唱力を重点的にみていました。
ポール役のジェイソンの独白シーンは演出のボブ・エイヴィアンが
30年ぶりに泣いたというだけあって、オーディションとは思えないくらいの演技。
でも望月ポールも同じくらい泣けるよ。顔みてるだけで泣けるよ。
と思ってたらまた「コーラスライン」が猛烈にみたくなりました。
まぁ55ステップスやってるし無理なのはわかるんですけど。
映画で重点的に追っかけてたのはポール、シーラ、マイク、コニー、キャシー
、ヴァル、マギー、ビビ、クリスティン役あたりでした
あ、字幕も「ボインとプリン」でしたよ。
いまや死語のボインですがここではいまだ健在。

ブギーマン&赤壁!!

ここ最近みた映画まとめ
ハロウィン(2007)
HALLOWEEN

監督 ロブ・ゾンビ
出演 マルコム・マクダウェル、ウィリアム・フォーサイス

ハロウィンといえばジョン・カーペンター監督の78年の第1作が
あまりにも有名ですが、そのリメイクです。
78年版ハロウィンのヒットで「13日の金曜日」や「エルム街の悪夢」も
あとに続いたわけで、ホラー映画に多大な功績を残した作品です。
おなじみゴムマスクをかぶった殺人鬼ブギーマンはもちろん本作にも登場。
しかも巨大化してます。物語はブギーマンになる前の
マイケル・マイヤーズ少年10歳時からはじまります。
微妙にぽっちゃり気味のマイケル少年が例のゴムマスクを
かぶった姿が頭だけでかくてコワさ倍増です。
内容もホラーの王道を行く大スプラッタ祭りで、
いちゃつくカップルはやっぱり殺され、
怪力マイケルの破壊力もすさまじく笑いがこみあげてきます

そんなマイケルの精神科医ルーミス医師は
「時計じかけのオレンジ」の」あのマルコム・マクダウェルというのが
またなんともいえないキャスティング。
オリジナルと比べると子ども時代の描写が細かかったり、生まれつきの悪魔の
割に妹には当初慈悲をかけてたり、賛否両論ありそうですが
監督、ロブ・ゾンビのオリジナルに対する愛情はヒシヒシと伝わりました。
あと「ハロウィン」のテーマ曲も健在です。やっぱりこれが一番コワイです。

レッドクリフ Part I(2008)
RED CLIFF
赤壁

監督 ジョン・ウー
出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー

漢(おとこ)映画の巨匠・ジョン・ウー監督がとりあげたのは
男のなかの男伝説「三国志」でありました。当初、周瑜を演じるはずだった
チョウ・ユンファがおりたりといろんな噂だけが入ってきていましたが
無事完成!今回もアドレナリン爆発作品となりました。
「三国志」の話すると必ず「誰が好き?」という話から始まると思いますが
それくらい魅力的な登場人物の多い作品。私の友人は中学当時曹操がいかに
素敵かを延々語ってました。案ずることなかれ。皆さん見せ場がきっちり
用意されておりました。とくに趙雲の赤子を救うくだりはかっこよかった。
あのあと劉備がわが子を投げ捨てて趙雲のほうが大事だーっていう
エピソードもあるんですがさすがにそれはできなかった模様。
あ、赤子は無事ですよ。
それにしても三国志でまず悩まされるのは登場人物の多さと名前。
あと国同士の複雑な関係。
日本版にはきっちり説明があり本編に入るからまったく
心配ありません。また映画では非常に珍しいのですが、
TVの洋画劇場みたいにちゃんと役名のスーパーがのる親切っぷり。
戦闘シーンは鳥肌立つほど興奮し、かつすごすぎて笑いました。
多少大げさなところもありますが、三国志だもの。これくらい派手じゃないと。
と見栄切る関羽をみながら思いました。
ちなみに戦闘シーン以外はかなりぬるかったんですが、お笑いシーンの
孔明のわかりやすいアチャー顔でこれはコントシーンとみなして
いいんだなという感じで力抜いてみられたのでまぁよし。
それからお笑いといえばハト!
(お笑い目的で出してるわけじゃないと思いますが)
ジョン・ウー映画=ハトとしてすっかりおなじみです。
今回もハトは孔明のペット鳩として大活躍です。
やっぱ鳩がでなきゃジョン・ウーじゃない。
クライマックスから「赤壁の戦い」へ。
魏の曹操の大群にはたしてどう立ち向かうのか!
パート2が楽しみです。ハトがどこで出てくるかも楽しみ。

「キャッツ」キャッツシアター10/29 寺田ガスあらゆるネコも演じ分ける

注・以下キャッツレポではなく寺田さんピンポイントレポです。

シズマンカス「いろいろなネコの寺田さんをお目にかけよう!」
というわけで小芝居大王寺田さんを満喫しました。

確かにマンカスは素敵。タガーはカッコイイ。ミストは目立つ。
しかしガスほどいろんなキャラを楽しめる
まさにキャッツの福袋や~的な役があるでしょうか。
その1・全身タイツで踊る寺田ネコ
ギャーー寺田さんがネコ顔。しかも踊ってる。しょっぱなからインパクト大です。
顔はあんまり変わってません。
うっとりジェリクルソング歌う様はアンドレさんにも通じる幸せ顔です。
その2・バストファージョーンズさん
寺田さんの持ち役史上、多分最高にカワイイ。
…まぁほかはダルクとかだから比較するのも何ですけど。
コロコロしてるうえにメイクもかわいいので
早急に寺田ファージョーンズさんのぬいぐるみを作るといいと思います。
マキャがでてきたときにハワワワワッって巨大スプーンを振り回したり、
隠れたりするのが(隠れてないけど)またかわいいんだー。
その3・待ってました寺田ガス!
寺田さんの声質のせいかそんなに年寄りという感じではなかったですが、
ヨロヨロしながら夢見顔で宙を見る顔がたまらんです。泣けます。
その4・悪代官グロールタイガー
と思ってたらいきなり邪悪な笑い声を響かせる寺田タイガー←大西ライオンみたいな
呼び名になっちまいましたが。
なんでしょう。
このVシネの悪役というか悪代官をみているような
こってりした役作りは(笑)
さっきのガスでほんわかしただけに
ギャップが面白すぎます。

そのほかのネコさんたち
川東マンゴ…川東さんがネコだー(爆笑)
マンゴナンバーはすっごく楽しそうでした。そのほかのシーンも
ポワンとしてたりノリノリだったり
かわいかった。アホの子ジュニア(CFY)を思い出しました。でもネコというか
単に顔が3割増濃い川東さんにしか見えない。
あ、別に動きがネコじゃないとかそういうわけじゃなくてアレです。
『阿久津タガー現象』です。
説明しよう!阿久津タガー現象とはいくら塗ろうと元の顔が濃すぎて
陽気で派手な阿久津さんにしかみえないタガーのことである。
確かに「アイーダ」のときもこの2人は顔似てたんだ。
武藤タガー
芝さんはエロタガーで、荒川さんはアイドルタガーで、田邊さんは体操のお兄さんタガーで、
スンラさんは気まぐれタガーで、福井さんは男前タガーで、阿久津さんは
ノリノリ阿久津さん(いや芝さんの次に大好きなんですよ。阿久津タガー)なら
武藤さんがまさにスマートタガー。たまに舌ベろーんて出すけどそれすらも
スマート。タガー締めは片手倒立してたのが武藤タガーぽく
軽やかで素敵でした。
・この日は団体さんがいて、目チカ豪快に叫んでましたねー。おもしろかった。
・あとソングとかダンスとかの団体様もいらしてました。
・チェデュト様に握手してもらいました。イケメンデュト様の笑顔に激沈。
グリザベラ : 奥田久美子
ジェリーロラム=グリドルボーン : 金平真弥
ジェニエニドッツ : 小松陽子
ランペルティーザ : 石野寛子
ディミータ : 有永美奈子
ボンバルリーナ : 西村麗子
シラバブ : 久保田彩佳
タントミール : 原田真由子
ジェミマ : 王クン
ヴィクトリア : 千堂百慧
カッサンドラ : 間尾 茜
オールドデュトロノミー : チェ ソンジェ
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ : 寺田真実
マンカストラップ : 西門宇翔
ラム・タム・タガー : 武藤 寛
ミストフェリーズ : 金子信弛
マンゴジェリー : 川東優希
スキンブルシャンクス : 嶋崎孔明
コリコパット : 花沢 翼
ランパスキャット : 高城将一
カーバケッティ : 齊藤太一
ギルバート : 入江航平
マキャヴィティ : 金久 烈
タンブルブルータス : 川野 翔

日本シリーズにいってきましたよ

20081106133633
西武ドーム遠い!
寒い!
しかも屋根がついてるだけで厳密にいうとドームじゃない。

でも楽しかったです。食べ物屋さんがたくさんあって食べまくりでした。

こういうとこってあるのは定番のホットドッグとかポテトとかだと思ってたら、それに加え焼きたてピザやメロンパンやオムライスまで。

めちゃめちゃ寒かったのでラーメンがバカ売れしてました。

野球みにいったのか食べにいったのかわからなかったです。

で…風邪気味だったのが当たり前ながら悪化。

病院で薬もらってきました。

キャッツ 10/29 ジェリクル今夜舞踏会リハーサル見学会 ③質問コーナー後半

質問はまだ続きます。
Q 本番前にすることは?
高城 メイクすると体が冷たくなるので発声、ストレッチ。
スタンバイしたらランパスをどう表現するか、初めてのお客さんにどうキャラクターをみせるか。
なんか一生懸命なジャンイーさんますます高感度アップですよ。
寺田 どこにいても祈ってはじめます。その日のコンディションも違うんですが、
感謝して始めます。クリスチャンなんですけど。
王 ストレッチはもちろんしますが、本番前に必ずするのは歯をみがくこと!(笑)


Q 小道具や衣装で気に入ってるのは?
王 カツラかなー。メイクしてカツラかぶるとネコに変身する気がします。
寺田 ガスのコートの下のグロールタイガーのオレンジのとこ
高城 ワタシはシッポ。マンカスといつもマチガウ(笑)
小松 私はおばさんネコの帽子


Q ほかのネコをやるなら?
高城 マンゴジェリーすごくやりたいです!
好きなネコはグロールタイガーとか、ジェニエニドッツとかジェミマとか…
(気をつかっている模様・笑)
でもやりたいのはマンゴジェリーです!
寺田 私はまったくできる気がしないんですがミストフェリーズ(笑)
(キャッツ役者さんは)横に立ってても
同じ人間とは思えないくらいサイズが違うんです(笑)

確かに横のジャンイーさんと比べると等身が(略)
しかしダンスという大きな壁はあるけどキャラ的にはイケると思うの!!
ソング&テラダ上演の際にはぜひテラダミストを。変顔でライト消ししてほしい。
話はそれますが、台場にジャニーズシアターってのがあって
ソロコンサートが開催されてます。今やってる森田剛くんの
ソロコンサートでシアターは取り壊しだということですが、
四季も期間限定で個人とかユニット組んでのコンサートやればいいのになぁ。
トークと歌とダンスで。大掛かりなセットもいらないし。
空いてる期間の自由劇場あたりでどうでしょう。

小松 想像しちゃう(笑)ちなみに金久くんも185センチくらいあるんですけど
ミストやりたいって(笑)
王 将来はおばさんネコとか挑戦したい。10年後とか。
小松 10年後…(笑)

もっとキャリアを積んでというニュアンスで言ってたんですが、
おばさんになったらみたいな感じになってました。
小松 私はタントミールやらせていただいてたんですが、
皆さん顔が小さくて私にあうカツラがないんですね(笑)
で、カツラが浮いてきちゃうんです(笑)
先輩に「お前カツラ留めろっ」っていわれたことあります。


Q キャッツの舞台やってると猫の観察してしまいますか?
小松 してしまいます(笑)どこかにおばさんネコいないかさがします
寺田 ときたま目つきの悪いネコいるじゃないですか。
「お前どうした?」みたいな(爆笑)
高城 歩くときの腰(の高さ)とか座るときとか人間ぽくならないように
BWの(キャッツ)とかネットでみたりします
王 4本足の動物は前足から着地するんです。せめて両手両足同時に着地できるように。
小松 ランペルティーザの石野さんの実家は20匹のネコ買ってて、そういう人は強いですよね(笑)
彼女が(ネコで)歩いてきたときウワッて素で思ったことがあります。


たくさん答えてくれて感謝。

キャッツ 10/29 ジェリクル今夜舞踏会リハーサル見学会 ②質問コーナー前半

質問コーナーです。
ダンス中心のリハだったので途中から消えてた緑バンダナが現れたーーーっ。
「ミドリバンダナさんとお呼びなさい。産毛のボウヤ」
今日は寺田さん観察のためにきましたーといいつつ回転席とれたんで
握手席じゃないんですけども。その前に『観察』って言い方が間違ってます。

メンバーは小松さん、寺田さん、王クンさん、高城さんです。
高城さんはリハでは普通にジャンイーって呼ばれてました。
まずはさっきのシーンの説明。
小松「今のシーンはロックといいましてCATSのなかでも盛り上がるシーンなんですね。
長いナンバーが続いて体的にはしんどいシーンなんですが
終わったあとの爽快感はすばらしいです

Q メイクはどれくらいかかりますか?
高城 僕は30分くらいかかります。(まず)白(をぬって)、黒、
すごく簡単のメイクです(笑)
寺田 さっきの(ロック)出てなくて楽してるかと思われるんですが(笑)
次のメイクを丁寧にしてます。
王 早いときは15分でできます。最近は丁寧に20分とか30分くらい。


Q 猫になるうえで気をつけてることは?

小松 はい、王クン
王 えーなんで私ー
小松 順番順番
  ←このやり取りがカワイかった
王 体で動きを表現しないといけないのでノラネコを観察するとかしてます。
寺田 私はどの役でも変わってる役が多いので
アキバで変わった人をみるとつけていくんですけど(笑)

えーとまず
なぜアキバにいるのかという点と
それ寺田さんのほうが変わった人なんじゃないかという点と
誇張してるのかもしれませんが
その後2時間くらいつけたという点とか
いろいろつっこみたかったです。

高城 野生のネコと飼い猫は違うので、ランパスは野生のネコなのでゴミバコの…
小松 周りのネコとか観察してる

ジャンイーさんは普通に日本語しゃべれるんだけどたどたどしいとこもあったので
小松さんが補足したりしてました。小松さんは前も瀧川さんと一緒のときも
フォローしてあげてました。
あの時タッキーはジャンイーさんどころではないくらいしゃべれなかったからなぁ。
小松 私は走りとか歩きとかですね。なるべく軽さとか肉球ついて歩いてるとか。

Q CATSシアターにはたくさんのゴミがありますがお気に入りは?
高城 あそこのパンダです。上手の。
寺田 自分がゴミにならないようがんばってるんですが
キャッツの舞台に自分が立つなんで想像できなかったんで。
小松 答えになってないですね(笑)
王 ここのゴミはみんな好きで飾られてるゴミがCATSの時代を表しているので
全部みてほしい。


Q ネコっぽい行動を普段したことは?
小松さんが質問した人に挙手させてたんですが、そのたびに
質問者ににこやかに超強力なアイコンタクトを送る寺田さん(笑)
出るってわかってたら質問書いたのに~
質問用紙に出る役者さんの名前も書いててくれたら
役柄に関する質問もできますし質問もしやすいと思うんです。
小松 驚いたときにニャーとか?(笑)
王 動物をみると話しかけようとします。
変な顔されると「なんで変な顔するのー」って仕返しします
小松 王クンは普段ネコっぽいよね(笑)
寺田 私は海外育ちというのもあるんですけど集団がダメで
割とネコっぽいですね。私は私って感じで。
小松 ちなみに台湾で育たれてるんですよ
高城 スタッフさんが(といいながら寺田さんを使って実演 素直に動く寺田さん・笑)
パンっ(と後ろでいきなり手をたたく)ってやったときに
「シーーーーッ」(威嚇)て(笑)

ジャンイーさんカワイイなぁ。

まだまだ続く。

キャッツ 10/29 ジェリクル今夜舞踏会リハーサル見学会 ①のびることがネコへの道

祝!!「ジョン万次郎の夢」DVD化。
お願いします。TV放送でも幻となっていた伊藤勝さんをぜひ!
それより…斉彬さまはもう…2人ともいないわけですけど…

それはさておき先日のキャッツのリハです。
客席に入ると奥田さんがジェリクルソングの歌指導中でした。
おおおおっと、中央にはアタマバンダナの寺田さんがっ!
赤のぴったりしたお稽古着の麗子様もまぶしいです。
「ただ、ひとり、天上に♪」と意識をつなげて歌ってください等を
皆さん真剣に聞いていました。なぜかチャオさんがいなかったな。

続きまして小松さんのダンス指導。
ネコの弾力を表現するため自分の体以上に伸びる意識をもって
と言ってました。

おおお、後方にいるのは川東さんではないですか。
本当にネコメンバーになったんだなぁ。でもまだ稽古着だから実感わかないけど。
小松「斜めのラインみせて、…斜めじゃない?」
川東「あ…いや…あの」
相変わらずキョドってるなー川東さん(笑)

ここで武藤さんも一緒に指導に入ります。

小松「ロックいきまーす。冷静に」
ムトウさんが立ちはだかってて見えない…。
「ジェリクル舞踏会」のなんかハードなダンスが続くとこですね。
キャッツ詳しくないからイマイチ説明不足ですみません。
武藤「もっとスパン!みたいな。僕もできてないと思うんですけど」
と実演。
武藤「闘志むき出しにして。シャー(威嚇)とか。
もういっこ向こうに僕らがつかまないといけないものが
ある気がする


…なんかものすごい詩的なカッコイイセリフになってるぞーー

そんなこんなで質問コーナーへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。