よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年07月
ARCHIVE ≫ 2008年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年07月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「むかしむかしゾウがきた」自由劇場7/26①祝!マサトーさん和ミュー復活

マサトーさんが和ミューに帰ってまいりました!
しかも前回の万次郎14歳よりさらに低年齢化した太郎坊ちゃんになって。
ゾウ&太郎坊ちゃん←実際そう呼ばれている
という最強の2ショットに目が離せません。

さて、お話は川口ひろめ屋が殿様に唐の国からゾウが贈られたという
話をするところから始まります。そしてそのウワサのゾウ登場!
大きさ的には小象ですがかなりリアルでまばたきも出来るし、耳も動きます。
この物語の主役だけに、「王子とこじき」の馬とは比べ物にならないくらい。
あ、でもあのマヌケ面の馬は馬で大好きですよ。
ここからしばらくゾウと、町の人々の
ゆるーいふれあいが続きまして、
客席おりなんかもあるから楽しいんですが、町のケチケチ深見じいさんが
ゾウに豆を投げ始めるころには
「どうしよう…2時間このユルさでひっぱるんだろうか…」
としばし不安に襲われました。

しかしそこはさすがの四季です。
ここから怒濤の前衛的、かつ伝統的、かつ壮大なドラマが始まるのであります。
ゾウの九郎衛門の世話をすることになったのは青山太郎衛門と大橋おゆき、
そして息子マサトー太郎坊ちゃん。
ただでさえもカッコイイ青山さんですが、和服にハチマキ姿は
それはそれは凛々しく、素敵でした。
しかし青山父ちゃんは戦さにいかねばならなくなったのです。
そして殿様からは戦さが始まると厄介モノになるということで「ゾウを殺せ」の命が出されます。

はあっ!この展開はアレでしょ。
おりこうさんな九郎衛門は毒入りエサを食べなかったり
痩せた体でエサをくださいって一生懸命芸をしたりするんでしょ!

ジョン、トンキー、ワンリーーーーーうわあああん
と明らかに「かわいそうなゾウ」と混同中の涙目の私を尻目に
大橋母ちゃんとマサトー太郎坊ちゃんは大徳おミヨちゃんのいる
北の村めざして九郎衛門と逃げるのでありました。

ここからの演出がスゴイですよ。母ちゃんと太郎坊はいきなり人形になり、
黒子たちが動かします。いわゆる人形浄瑠璃。
ちゃんと脇には大夫の川口さん、深見さん、川地さんがいて
3人で物語を展開します。しばらくすると人形が大きくなり、
最終的には人間の大橋さんとマサトーさんが
黒子に支えられてカクカク動くという…
うーん さすが和ミュー。子ども的にはどうなのかわかんないですけど
オモシロイ。しかもマサトーくんを動かしてる黒子さんはひそかに青山さんだったりします。
青山さんだけに限らず、とにかく皆さん忙しいんですけど、同じく大橋さんを動かしてる
村中さんなんかどのシーンにもいるような気がしました。

やっと文楽編が終わって、またもとに戻った2人を襲う吹雪。
ここも上から紙ふぶきがバンバンふってくるだけではなく、
白子さんたちが自ら紙ふぶきを撒きながら吹雪を表現。
その量がまた半端じゃなく、毎日これだけ散らしてるのかーとびっくりするくらい
贅沢にふらします。

どうなる2人!とハラハラしながら2幕へ。
ちなみに唐の国の使者は范虎さんで、私はパンフとか買わないので初めて范虎さんの
素顔をみたんですが、さすが衣装も華麗に着こなしてて素敵でした。
中国語しゃべってるとレオン・カーフェイみたいだった。
スポンサーサイト

「ライオンキング」四季劇場春7/25 コリアンキング祭り

この日の主要キャストは実は韓国でみたキャストとほとんどかぶっているという
ほぼコリアンキングでした。
でもさすがというがすごかったのが
全然訛りがない!ムヒョンさんもついに福島さんになってしまい
一見全員日本人みたいだけど、ここまで完璧だったらまったくわかりません。

本日はイベント&ジョンバンジロウ目当てだったので、とくに初めてキャストさんもいなくて
心穏やかにみるはずが…
久々にしょっぱなから「サークルオブライフ」で泣きました。
金原ラフィキの歌はうまいだけじゃなくて、涙腺にキます。
ちなみに「お前の中にリプライズ」も泣きました。
お茶目なところは本当におもしろいし、大好きだー金原ラフィキ。

そしてお久しぶりのチャンミンパパ
韓国語って言葉自体に勢いがあるので、あらためて日本語で聞くと
前ほどの厳しさはなかったです。モーニングリポートあたりはむしろ
笑顔ですっごくやさしいパパでした。ムファサメイクが似合って素敵です。
金田さんもミツヲさんもだけど、このメイクってさらに凛々しくなって
かっこよさ倍増ですね。…芝さんはやっぱり芝さんだったけど(笑)

スンラスカーは相変わらずわかりやすくて憎らしい悪役スカー。
非常にディズニー的。シモ様スカー同様、「覚悟しろ」で目が離せないくらい動きまくり。
あとナラのスカートというか腰巻をペローンてめくるのがヤラシイです。

さてジョンバンジロウことユホンバンザイですけど、前ほどキン肉マンではなかった。
そして池末シェンジも前ほどの色っぽさはなくなったけど
「もう一度いってェェェン」っていうのはやっぱり色っぺー

のんきにキャストシートをみてたら
おおお!この前リハを見学してた内御堂さんと全国公演で2度も大変な交通担当をやらされた
前田クンがいるではありませんか。これは見逃せません。
内御堂さんはとてもさわやかなシマウマさんでした。
そして前田さんは…ここでもガゼルで食われます(やっぱし!)
そういう星の下に生まれてきてるんでしょうか。

ちなみに四季入団前に松尾スズキの「キレイ」に出てるんですが、そこでもいじられキャラです。
鳥まわしてるときの笑顔なんだか泣きそうなんだかわかんないような一生懸命顔も素敵です。
ここにいるってことは、夢の兵隊さんはやらないのかなぁ。
あとアンサンブルではおなじみの武智さんですが、毎回思うのが孔雀草になってるときに
ほかの人みたいにお帽子などをかぶってないので、武智さんが罰ゲームでハッパ隊を
させられてるみたいにみえるのがちょっとオモシロイ…。しかも似合ってるし。
平田さん赤やぎさん初めてみました。ダンサーの平田さんしかみたことなかったから
「ワンバイワン」の幸楽帽子をかぶってる平田さんが新鮮でした。

タッキーシンバ
はあいかわらず15歳くらいにしかみえないフレッシュさ。
後半になるにつれ、微妙にナマってくるのが気になっていたんですが、今日は
ちょっと滑舌悪いかな程度でした。あのニコニコ笑顔は胸キュンです。

ラフィキ 金原美喜
ムファサ 劉 昌明
ザズ 雲田隆弘
スカー 金森 勝
ヤング・シンバ 夏目卓実
ヤング・ナラ 鈴木彩花
シェンジ 池末絵己子
バンザイ 本城裕ニ
エド 奈良坂潤紀
ティモン 黒川 輝
プンバァ 福島武臣
シンバ 瀧川 響
ナラ 江畑晶慧
布施陽由 南 晶人 白瀬英典
武智正光 川畑 亮 平田郁夫
大竹康平 星野光一 内御堂 真
深堀拓也 藤山大祐 虎尾信弘
前田員範 ユ ホンチュル 浜名正義

松下沙樹 福嶋美加 合田友紀
江寿多知恵 原田真理 山西里奈
鳥海いくえ 木内志奈 市川友貴
梶田祐紀惠 岩沢英美 園田真名美
吉田夏子

みんなみんな大事な友達~

20080726144250
ゾウさんは駄目なんだよゾウさんは…

ボロ泣きですよ…

カテコで中のひとがでてきたらまた泣けてくるし

この炎天下まだ汗びっしょりの役者さんが笑顔で握手してくれるのでまたこみあげてくるわもう大変。

本編覚書
☆深見さんここでもゴンさん
☆みんな衣装変えが大変!個人的に村中さんが一番出てるような気が
☆関さんのターバンが!
☆マサトー太郎坊ちゃん予想通りのハマり役
唐の国のひとにも動じないとこはさすが万次郎。
☆田島さんは自分のとこより四季にでてるほうが長いよね…
☆和ミュー大好き
なんかいろいろ斬新な演出だった
☆青山さんが素敵すぎです
☆川口ひろめ屋大変だわー

いま遅い昼御飯なんですが前の席の女性が旦那とうまくいかなくなった理由とか仕事さがしてる話を濱田マリばりのトーンとハイスピードでしゃべってて少なくとも私がいる一時間一瞬も途切れないの。
つか、声フロア中にまる聞こえで個人情報全部ダダ洩れですけど…いいんだろうか。

旦那にも否はあると思うけどその勢いで毎日すごしてたらそりゃあ旦那もつらいわ…と今店内にいる全員が思ってること。

秘宝の扉6プレステージイベント~プライドランドの夜明け前~7/25②質疑もテンション高い雲田さん。

Q 「キャッツ」とかほかの演目は演出が変わるけど
「LK」は変わらないんですか?

平田「あげればキリがないけど、ハイエナダンス。
   昔はラフで個性を生かしてくれてたんですけど
   今はキチっとしてます」
と言いながら現在のハイエナダンスと昔のを実演。
雲田「98年に開幕して、福岡が開幕するときに全部変わったんですよね。
   変わったといってもマイナーチェンジというか」
平田「ハイエナダンスは完全に変わったんですよ。
   ものすごい苦労したんです。一瞬もうイヤになっちゃって」(笑)

Q アンサンブルの早変わりで一番大変なシーンは?
原田「もうなれちゃいましたからねー」
雲田「サークルから大草原が大変」
原田「今、目つぶってても着替えできるんで。
   対決になるとこかなぁ。最初はギリギリなんですけど
   今、余裕ですね」
平田「今も若い人が入ってくると大変みたい。
   後ろみてるほうがおもしろいみたいな」
雲田「大草原はアタマにつけてる動物とって廊下走って
   ベージュのタイツ1枚になって。
   そこでコンタクト落としてしまって。
   当時はハードだったんですけど、今はワンデーなんですが(笑)
   あーーーー落としちゃったーーー」
司会「(大草原の)スカートはくというのは?」
平田「抵抗ないですね。むしろうれしい(笑)
   あんなの着て電車のれないじゃないですか」

Q 2幕のザズの歌はなぜあの曲なんですか?
雲田「炭鉱節を歌うんですが、福岡公演がはじまったときに
   向こうでなじみがある歌ということでこっちにももってきたんです。
   東京ではあんまり沸きませんけど」
これは結構謙遜した発言で実際はあの歌はどっと笑い声でますよね。
司会「今日は沸くことでしょう」
雲田「わあああっブラボーーーー」(笑)←自分でのけぞりながら大拍手

秘宝の扉6プレステージイベント~プライドランドの夜明け前~7/25①初演組語る

20080725234707


もらったバッグチャームかなりかわいいです。
つけたいけどもったいなくてつけられない~
さて今回のイベント。
本日は秘宝イベントおなじみの職員さん中山さん司会
雲田ザズ、原田チーター
「アンテロープというとぐろ巻いてる赤いヤツをさせていただいてます」平田さんという
ベテラン3人組が登場。

まずはライオンキング豆知識。
現在LKは日本では東京、福岡、NY、ロンドン、ドイツのハンブルク、
パリ、アメリカの国内ツアー公演が
ガゼルチームとチーターチーム計8カ国で上演中。

平田「なんでガゼルとチーターなんですか(笑)
   勢いがあるから?」
雲田「ヌーというのもねぇ」といいながらノソノソ歩く雲田さん(笑)
原田「ゾウもねぇ」
さすが3人ともおしゃべりうまいのでガンガンかぶせてきます。
笑いが絶えません。
今までにはオーストラリアはシドニー、メルボルン、上海、韓国、
最近では南アフリカでもやってて
15ヵ所6言語のLKが実現。


ここで各国のモーニングリポート聞き比べ。
まずは日本Ver。雲田さん恥ずかしいのか耳押さえててカワイイ~
次に英語版、ドイツ版、フランス版、最後は韓国版を聞きました。
韓国版はもちろん四季音源でパク・ジュンヒョクさんが歌ってます。
おんなじ曲なのにやっぱりお国柄が出ててまったく違って聞こえておもしろかったです。

で、ようやくこの3人は実は共通点がありまして初演からでてる3人です。
ということでその当時のお話を聞きましょうということに。
トークショーみたいな展開になってすごくおもしろかった。

平田「いつの間にかたったんですね~年も老けちゃった(笑)
   開けるときには舞台機構が危険とかね…」
雲田「(春劇場の)こけら落としでもあったんですよね」
平田「最初2階に座って装置と音だけでみる機会があって感動しましたね。
   皆さんも見逃してるところがあると思うんです。僕が感動したのは「ヌーの暴走」
   わかりやすいんだけど効果的で。ほら、音がイエーーーーーッってところとか」(笑)
原田「私は何もない舞台に最初太陽がでるとこ」
平田「それ忘れてた」(笑)
原田「ゴメン。オイシイとことった」
平田「雲ちゃんは?」
雲田「僕はBWもみたことなくて、予備知識なくて稽古してて、
    舞台みたときにあまりにシンプルすぎて
    感動したと同時に何も装飾がなくて、
    その前に出てた『美女と野獣』は(セットが)ゴージャスだから
    こんなシンプルな舞台?エーーーッって(笑)不安になりました。
    役者の技量がためされるので。
    そのころ10年続くって思ってました?」
平田「作品は10年続くって思ってたけど、
   僕がここにいるとは」(爆笑)

雲田「にゃははははは!!!!」←雲田さんウケすぎ
原田「『美女と野獣』をこえて3年をこえて5年をこえたらすごいんじゃないかって。
   ねーーーっ。10年。
   ヤングシンバとヤングナラの成長が。今、成人してるんですよね」
雲田「その子たちが四季に戻ってきたんですよ!」
司会「今、お隣の劇場でね、出てますけど」
お隣とか言うから東宝の「ミス・サイゴン」に出てる海宝直人くんかと思って、
いくらノリのいい中山さんだからって職員さんが東宝の話していいのかなーと
ハラハラしてたら
司会「ボックで戻ってきまして」
あぁそっちか。そうだよなー。伊藤綾祐くん。
原田「福岡にもいますよ」→山本道くん。
雲田「この前会いましたよ!ネクタイしめて、
おいおいワタルーーーみたいな」(笑)

とにかくね、雲田さんがテンション高くて素敵でした。質疑応答へ続く。

本日もまんまと…

20080725175256
今日はお隣の「南十字星」もリハーサル見学会があったんですよ。

本編もみてないし普通ならそっちに行ってた。

が…
ワタシにはもっとー大きなゆーめーがー♪

それはジョンバンジロウ3都市公演制覇!

ユホンバンザイの神谷明ボイス(バンザイ限定)を韓国福岡に続き東京でも堪能しなくてはとイソイソやってきました。

ちなみに今日のイベントで韓国LKの話も出て「見に行かれた方~」て質問もあったんですが、恥ずかしくて手あげられなかった。
ごめんなさい。
ワタシのほかにもみたひといらしてて、俳優さん(雲田さん原田さん平田さん)喜んでました。

ワタシの動機は不純だからなあ。
偶然ながらユホンさんの追っかけと化してるし。

あといつもの「秘宝の扉」の説明でコインやらフォトスタンドやらチャームとかもらえますって出たら、ちょっと後ろのほうから

「あれもらうにはライオンキング五回みるっていうこと?無理…」
「しかもイベントの日にあわせて五回でしょ」
とかビックリしてる話し声が。

あの…ついに…
五回目特典のチャームゲットです…

そんなにライオンマニアでもないのに…すっかり常連に。

本日はなんか一番地味イベントでしたが初演三人の貴重な話も聞けて楽しかったです。

雲田さん超テンション高い。
かっちょよかった。

それよりいつの間に平田さん赤やぎさんになってたの?

二巻でました

20080725114836
発売日そうそうドカッと平積みでした。

今回この二巻とモーニングツーを買うと抽選でジーザスTシャツが当たるそうです。

これきて全国公演行きたいなあ。

Tシャツといえば毎回ブッダとイエスが着てるTシャツの文字が笑えますが今回一番笑ったのが「知らない×3」

あのシーンで爆笑したらどうしてくれるんだーー

ブッダのカンダタネタもウケました。

あと「実写化するなら私の役はジョニーデップ」ておっしゃってますが
ジャパニーズジーザスをぜひイエスさんにはオススメしたい。

ヒゲもラウルっぽいし、コメディも野獣で実証済だし。

ブッダ役はだれがいいかなあ…

あーのーこーが大好きー

客席が満員じゃなくてよかった…

レディースデーとはいえ平日のシネコンですからガラガラです。

そしてワタシはひとり大号泣です。

ポニョはほかの作品に比べると全然弱いっつーか地味っつーか、ま、はっきりいってそんなにおもしろいわけでもないんだけど

小さな子が一生懸命頑張っているというシチュエーションがね、
ダメなんですよ…

これお母さん試写会やったら皆泣き崩れると思う。

あと小さな恋のメロディ的なね、そういうのも涙腺にくるわけですよ。

あとばーちゃん達もね、ばーちゃん子の私にはもうそれだけでクルものがね…

年とったということなんでしょうか。

ぽーにょぽーにょぽにょ

20080723201751
今日のごはんは初代けいすけの黒炭味噌ラーメン豚トロのせなんちゃらです。

確かにスープだけ飲むと味噌の味するんだけど全体的にはこってり系で味噌っぽくない。

炭が入ってるからスープは黒いの。

ご馳走さまでした。

噂が耳に入る前にみるがモットーなのでこれから早速ポニョります。

初日じゃなくレディースデーに行くとこが貧乏くさいんですが。

今週末からは「カンフーパンダ」と「ドラゴンキングダム」←ジャッキーとリンチェイ夢の競演
ていう二大カンフー祭り!
カンフー映画好きの私にはたまりません。

ハシゴハシゴ!
劇場間は木人拳で通行人にぶち当たりながら、酔拳でよろめきながら移動だぜ(大迷惑)
と思ってたら

初日私はちょんまげマサトーくんとサイゴン二本立てを入れてました。

またレディースデーで行くか…

この夏の四季予定未定。

きのう内田滋さんのこと書きましたが、タイムリーなことに今日番宣特番に出てました。
現在「シバトラ」(フジ系)にレギュラー出演中です。

さて「むかしむかしゾウがきた」開幕しました。
ひゃっほうマサトーさんが太郎坊!ちょんまげですか。
また「おかあちゃん!ウメもきてくれたがかー」(←万次郎)ばりの
カワユイマサトーさんが見られるわけですね。

そして深見さんがココにいる、ということは

この夏休み期間、
あなたの街にやってくるゴンゾは
イトゴン(伊藤潤一郎ゴンゾ)です!


趙ゴンもいるけど趙さんいろんな役に名前入ってるし、
稽古かと思いきやネコってる可能性も高いのでゴンゾにはこないんじゃないかなぁ。

ええとこれからの予定は…長野のあとは西日本か…
遠い…。関西中国九州地方の皆さん、お楽しみに。
特に大分iichikoグランシアタは伊藤さんを初めてみた思い出の劇場だけに
また行きたかった。まぁもういきなり消えることもなさそうだし
新生イトゴンもみましたし、あとは全国知名度アップだ。

8月は四季チケットは1枚もないのですよ。
多分夢は開幕したら絶対すぐ行くとは思うんですが
この夏四季以外の舞台がもうみたいものがてんこ盛りで
四季まで手がまわるかどうか…。
とりあえず「エリザベート」中日劇場は大好きな博多座で
武田トート、祐一郎トートどっちも楽がとれたんで
スルーできるからいいとして
静岡方面の動向が気になりますね。

ペンギンプルペイルパイルズ「審判員は来なかった」初日 7/10 シアタートラム 譲二っぷりを堪能。

私が一時期ハマっていた昼ドラ「安宅家の人々」に出ていた濃い~兄弟
宗一こと内田滋さんと譲二こと小林高鹿さんのブログがとってもオモシロイのです。
「しげるじゃないよ」
「小林高鹿というのはどうですか?」
2人ともドラマやラジオでも活躍してますが、舞台役者さんなので
舞台のお話もよくでてきます。

その高鹿さんの劇団ペンギンプルペイルパイルズの舞台
「審判員は来なかった」
えーーーー千秋楽を迎えた本日、今更ながら初日のお話。
あ、これから大阪公演と福岡公演もあるので、お近くの方はぜひ!
ものすごくおもしろいです。

戦いの末、独立を果たした新生国家。
内政と外交に身を削る首脳陣と新国技のルールに悩む審判団
そして新国家の国民のお話。


舞台は盆舞台になっていて「大統領官邸」と「農家」
「体育館」「大聖堂」の4場面がクルクルかわりながら展開します。
役者さんは総勢7人。しかしみなさんほかの場面にも別役で登場するので
衣装替えがすごいんです。カーテンコールで玉置さんいわく
「2時間で18回衣装替えあります」だそうです。
かなりテンポのはやいお芝居なので、
1人でも出が遅れたりするとそこで流れがストップしてしまうだけに
舞台裏は大変なことになっていたのではないでしょうか。

高鹿さんの大統領は元花形スポーツ選手なんですが、新国家パリエロを背負い
イライラ気味。ここが譲二っぽくてたまらんです。しかも相変わらず非常にいい滑舌。
この前にみた新感線の「五右衛門ロック」が場所のせいもありますが
聞き取りづらい箇所もあったので気持ちよかった。
とはいえ私はセリフや歌は別に明確に聞こえなくてもいい派です。
日本人なんだから前後の流れでそこは察することはできるし、セリフに注意を
払いすぎて芝居の流れが悪くなるほうがいやだ。あ、某劇団批判ではありませんよ。
一番いいのは芝居も不自然ではなく、セリフがはっきり聞こえてくることです。

秘書ぼくもとさんはもう声だけ聞いてると完全に山田花子
ここに入ってくる大国マリムの片桐大使。片桐さんはほかにも老人審判長とか
郵便配達夫とかもやってましたが、どれもおもしろかった。

ふんだんに笑いをちりばめつつ、新国技はどうなってしまうのか。
そして新国家パリエロの行く末は?あっという間の2時間でした。
客席超満員でもりあがり、みなさんも大成功に終わった
初日にほっとしている感じでした。

シアタートラムの客席はイマイチすわり心地は悪いのですが
約200席という非常に贅沢な空間です。

[作・演出] 倉持裕
[出演] 小林高鹿/ぼくもとさきこ/玉置孝匡/
近藤智行/吉川純広/安藤聖/片桐仁

「美女と野獣」静岡市民文化会館7/17②微妙に年齢層の高い主役陣…いやそこはあえてふれない方向で

また今年もトトロ全部みちゃったーーー
何度みても見飽きることがないってやっぱりスゴイ。
ちなみに先週「ゲド戦記」も久々にみたけど、宮崎タッチの絵であの暗さは
キツかった。ちなみに新作ポニョに出てくる男の子のモデルは吾朗カントクだそうですが
駿カントクの息子の作品に対するアンサーなんじゃないかなぁ。
夢と希望とワクワク感をみんな求めてるんだから。

さて続き。
野獣の衣装は17キロあるそうですが、それ着てイスにのぼったり、手すりにのぼったり
階段かけあがったりするわけですから、大変だよなぁと思っていたのですが
実際は体力的な問題以上に、演技力がなによりも必要とされます。
なにしろ目と口元しかみえないわけですから、
あとはアクションとセリフで表現するほかないわけです。
前のほうでみるとかなり表情も豊かだということがわかりますが
この静岡市民会館は四季劇場みたいに演劇専用劇場じゃないので
2階席なんかものすごく遠いんです。
「着ぐるみでしょー」なんて簡単に考えてると
役者さんによってほんっとうに全然キャラが違うのにびっくりします。

佐野獣は演技が丁寧で細かくて、しかもちょっとずつ間とか言い方も変えてきます。
野獣をかぶってるのに足が細くてスタイル抜群。
あとやっぱり目と口元に特徴があるからあのままでも佐野さんにみえてくる(笑)
冒頭は低い声なんだけど、だんだん素の若い王子ボイスに。
野獣になっても王子さまらしい気位の高さと無邪気さを持ち合わせてて
すごくカワイイです。
個人的には夕食におりてこないベルに聞きにいったコッグに
「それでっ?」っていうときや(もちろん客席爆笑)
ベルを夕食にさそうときの
「夕食をた…べ…ぬぁいか…ねっ」って言い方が大好き。
この「ねっ」が鼻にかかってて
ナニジンですかみたいな発音になってるのも好き。
それから人間に戻ったときの王子ブラウス姿がまたカッコイイんだーー
ラストまであのままでいいのになぁ。

あんまり久々にみたので、冒頭からホロリと涙し、(だって佐野獣の手が震えてるんだもの)
「人間に戻りたい」あたりからはボロボロ泣き通し。特にチップが「ママー」って走ってくるとこは
なんどみても大号泣ですわ。
客席は「ほんとにちっちぇえーー」みたいなざわめきが広がってましたが。
ちなみに客席の反応はすこぶるよく、拍手のタイミングは難しそうでしたが
笑いはかなり多かったです。野獣の「(字が)読めないんだ…」という
切ない告白すら笑いがおこるくらい。…強く生きろ野獣(涙)

そのほか気になったこと。
・青羽コッグはやっぱりところどころ吉谷コッグっぽい言い回しもあったけど、
基本的に厳格な感じで想像以上によかった。笑いもたくさんとってたし。
・一方の百々ルミはすごく親しみやすくて、青羽さんとの対比もいい感じ。
一見庶民派とみせかけてバベットとの絡みは妙にエロい(笑)
・有永バベットは人間に戻ったときがもう本当に綺麗で綺麗でずっとみていたいくらいでした。
なんかああいう華やかな格好するとヅカオーラでますわ。
・本日の裏目的・上出さんのコスプレSHOWがものすごく楽しかった。
ファミミュレギュラーの異名をとるだけに(とってない)まぁリアクションが大きいのなんのって(笑)
カールしたピッチリわけヅラ、イカした帽子、、さわやかスマイルサラサラ金髪ナイフくん、
ヒッピー風長髪町人、貴族
どれも似合う上に尋常ではないハリキリっぷり
あと声でかすぎてガンガン生声聞こえます。
ベルが魔法の鏡で野獣をみせたときの驚きっぷりはマンガか!ってつっこみたくなるくらい
飛び上がってました。あ、ベルをつかまえる謎の仮面の怪物も6枠さんて
聞いたことあるんですが(真偽は不明)そう思ってみると
お相撲さんのすり足みたいな動きも結構楽しめます。
・狼さんたちこんなにアクロバティックだったか?つーくらいびょんびょん動いてました
・赤間さんはJCSでの小汚い顔しか記憶にないので、さっぱりすると妙に違和感。
香川さんはキラキラケーキサーバーでもダンディです。
倖田さんはガールズですが表情が豊かでカワイイです。

なんだかんだ行って微妙に遠いし(新幹線極力のらない方向で)
次回は野獣チェンジにあわせて行こうかな。
福井野獣が「ぴんくだ」って言ったり、内田ガストンが筋肉自慢するのか…
なんというか…罰ゲーム的な感じに今からワクワクします。
ビースト : 佐野正幸     ベル : 坂本里咲
モリース : 喜納兼徳    ガストン : 野中万寿夫
ルミエール : 百々義則   ルフウ : 中嶋 徹
コッグスワース : 青羽 剛 ミセス・ポット : 竹原久美子
タンス夫人 : 秋山知子   バベット : 有永美奈子
チップ : 川良美由紀

寺田真実 小倉佑樹 赤間清人
香川大輔 奥田慎也 上出匡高
キン マング 沢樹陽聖 影山 徹
清川 晶

新子夏代 手塚佳代子 鶴岡由佳子
松尾千歳 倖田未稀 世登愛子
伊藤典子 細見佳代 荒木美保
大石眞由

「美女と野獣」静岡市民文化会館7/17①寺りんマスターとの再会は本日も爆笑

今日も暑かった!会場の静岡市民会館大ホールは1,968人収容できる
大きな会場ですが、平日にもかかわらず満席でした。
早速キャストシートチェック。
よおっし寺田さんいるーー
…あれ?野中ガストン?いつの間に?
パンフレットは今回買わなかったのですが、見所は川東さんの変顔
柳瀬王子の雅スマイルです。多分、仙台公演あたりのパンフが
寺りんマスターの写真がふんだんに入ってくると予想。というか希望。

里咲さんベルは正統派美人さんベル。
たまに野獣との掛け合いで野村さんもビックリなくらいブリブリに声強調することも
ありますが、夢見る表情とか野獣に向ける優しい笑顔とかに癒されます。
さて街のシーン。
影山さんの想像以上のBBファンシースタイルのハマリっぷりに驚く。
欧米の人みたいだぞー おかっぱアタマも異常に似合ってます。
似合うといえば喜納パパ。ハゲヅラだけどかっこいいのは喜納さんならでは。
そして、朝から自分の顔にうっとりナルシスト帽子屋寺田さん
中嶋ルフウはなんかもう妖精みたい(笑)
で、野中飛猿ガストンです。タジーとかミツヲちゃんはちょっとバカっぽい部分も残してるのに比べ、
野中ガストンはひたすらカッコよく、コワく、悪役色が強い。
どんなにプレスリーと言い張ろうと
このガストン絶対九州男児。
勘違いは激しいけど、オレ様についてこいタイプだし、ポーズはいちいちキメるし
うっかり惚れちゃうんですけども。普通にこういう人タイプなんですけども。

一方お城の住人。
あんまり吉谷コッグばっかりみてたからどうもその印象が強すぎるのですが
コッグでもじっちゃんでもタドベリ先生でも吉谷さんの味が全面にでているのに比べ
クラシカルな男前・青羽さんはあの豪華時計衣装と口ひげと赤いほっぺを
普通に着こなしております。
百々ルミエールとの関係もすごくイイです。
竹原さんもポット衣装が似合っててすごくカワイイ。
そして秋山タンス夫人が結構笑いとってました。

さて本日のメインシーン(個人的に)酒場。
あぁ赤鼻に青髭、久しぶりの寺田マスターとの再会に涙目。
ここからずっとマスターのみガン見してたのでマグダンスほとんどみてなかった…。
ちなみに私が考えてる寺田マスターのキャラ設定
・オトコ好き。というか絶対組合員。
・アル中
・親友は剥製のシカ
これを踏まえて本日の寺田マスター
しょっぱなから手に持ってる布巾でクドイくらいお尻をフキフキするセクハラ発動
マグが股間にあたり、痛がる
さらにまた男性客の尻タッチ
笑顔でビールを飲み干す
皆がマグダンスで盛り上がるなか、剥製のシカくんに(ガストンが座ってるイス)
話しかけ、もうチューしそうな勢い。シカを「今日もうるさくてごめんねー」みたいに
いたわる寺りん
すれ違いざまに手に持ってるマグと影山さん(ここでもおかっぱ)のマグをチーンってあてる
後から影山さんに「もうっマグあたって手ジンジンしたんだからねっ」って軽く抗議。
後ろで「ひょおおおおう!ガストーーン」って叫んでた。あなたが一番ノリノリなんじゃ…
なんかやっぱり仕草も笑顔も組合員仕様
ああ今日も小芝居と顔芸でおなかいっぱいです。

ええと…本日も細かい演技で泣かされまくったさの獣はまた次回。

超満員!盛り上がってます。

20080717215452
・あれ?
今日飛猿ガストンだった?
アホのミツヲガストンと違ってどこまでもかっこいい。
ここでも子を産め発言。
わたしだったら迷わず「おおうイエース」
・青羽コッグと百々ルミが本当に友達ぽくていい
・さすがファミミュレギュラー。
上出さんのはりきりっぷりが尋常ではない。
・影山さん南欧のひとみたいだよ
・さの獣相変わらず演技が細かくて冒頭から泣かされる
・しかし野獣かぶってても佐野さん彫りが深いからあんまり素顔と違和感がな…
・てーらーだーマスター!
コントメイク健在。
鹿とおしゃべり。
マスターみてたらマグダンスが終わってたあ。
ひょお~ガストン~て叫んでた。
勝手に小芝居しまくり。

いや~美女と野獣は素晴らしいわ

20080717170439
久々にみると号泣しますね。

2幕のみどころ
リアクション王上出さん
普通に怖い野中ガストン
人間に戻った有永バベットの美しさ
意外と似合う青羽コッグ

鈍行列車の旅は~素敵~♪

20080717122418
昼から豪勢に寿司ー!
にぎりに加え生桜えびと生しらす丼に穴子天…
ううう…食べすぎた。
おなかいっぱいで死にそう。

列車ではひたすら爆睡し、起きたら本を読み、お腹がすいたら甘いものをたべ、たまには車窓に目をやったり、運転席近くに座り、運転手さんの指差し確認やプロの電車でGOの職人技にみいったりとのんびりしてるようで忙しいのであります。

ただ安眠を妨害するけたたましい女子たちの笑い声にちょっとグッタリ。
もっと声のトーン落としてくれい。

まあなんて久しぶりなの 寺田マスター!

福岡でのハプニングだらけの千秋楽から早2年半…

ついに、ついに待ちに待った久々の「美女と野獣」!
正確にいうなれば「酔っ払いマスターと愉快な酒場の仲間たち」。
↑演目変わってるし。
美女も野獣も出てないシーンがメインとはどういうことだとお思いだろうが

そこには寺田マスターが待っている。

寺田さん自体は今年は「オペラ座の怪人」のアンドレさんも見てるし
特に久々というわけでもない。ブケーもアンドレもデュブール医師も
マルセルも好きだけどここまでテンションあがることはない。
さらにキャストシートに名前がのってるダルクはものすごいメイクでオモシロキャラだけど
別に寺田さんじゃなくてだれでもいい。

でもマスターだけは寺田さんでないと。

今も目をつぶれば瞼の裏に浮かんでくるのは
松本海さんの尻をワシャワシャさわってた寺りん…
マスターなのに酔っ払ってベロンベロンの寺りん…
剥製のシカくんをこよなく愛していた寺りん…
挙句の果てには投げキッスして去っていった寺りん…

まさかあの酒場のシーンで「行かないでマスターーーー」と
爆笑しながら号泣する不審人物になるとは思わなかった。

この浮かれ気分は『遠距離にいる大好きな人に会いに行く気持ち』というより
『ドリフの公開放送を観にいく子どもの気分』といったほうが正しいのだろうと思う。

さあ明日は3時間半かけて静岡入りだ。
新幹線なんてそんなハイテクで高級な乗り物なんか乗りませんよ。
九州にいたときですら、3時間半かけて福岡に通ってた私には
上演時間より行きかえりの時間が長いのは普通。

あとキャストさんも初めてみるひとが多いのも楽しみ。
影山さんと上出さんのコスプレ大会がいろんな意味で大注目です。

ベアブリック達成記念

全16種ですが結局8種しか買いませんでした。
とりあえず主要キャラはそろったのでもういいや。
そろった記念で盛り上がって行って来たのは
表参道のソフトバンク。
そう。iPhone 3Gを求めて1500人以上が並んだあのソフトバンクです。
正確にいうと…単に通り過ぎただけです。

ゲット!

20080715175448
近くの100均でペアで捕獲。

贅沢式典 まさかの動画登場

【7月14日劇団四季創立55周年】四季芸術センターにて
記念式典が行われました


いっつも招待でしか観に来ない人たちのための豪華式典ですよ。
お金だすから秋劇場でやってほしいものです。
とブツクサいってたら。

豪華動画が下に。

…どうしたんだ。最近のサービスのよさの裏に一体何が。
単純に喜べずにどうしても裏をさぐろうとしてしまう自分がイヤ。
ここは素直にありがとう四季さま。

・佐渡グリザベラー!
・吉沢ピコはでないとふんでますが、あ、そういえば
昨日だったかTBSのミニ番組にいきなり吉沢さんがでてきたんですよ。
元気の源はお香ですって言ってました。
・3人クリスに3人ファントムー 贅沢すぎ。
珠ちゃんかわいい…。
・そうだソング&ダンスに芝チェもリクエストせねば
・ここで福井トニーを聞くとは思いませんでした。
ところでアレですか。
柳瀬さんと北澤さんはシャーク団のほうなんですか(笑)
いや、どっちにいたとしてもオモシロイんですけど、2人とも
「ケンカはよくないよ」って感じだし。どうでもいいですけど
柳瀬さんは痩せると大鶴義丹に似てますよね。
・「愛した日々に悔いはない」をこのメンバーで聞くと
悔やまない 選んだ四季が どんなにつらく 
この稽古がむくわれず すぎさろうとー

と聞こえてくるのはなぜ。
そして最終的に
すべてを捨てて生きた四季に悔いはなーいー
という四季に骨をうずめます宣言に
聞こえてくるのはなぜ。

中華街に行ってきたのです

20080714142246
天気予報は曇り時々雨だったはずなのに

晴天夏日。

そんななか中華。
しかも四川料理。

美味しかったのでいいんですが。

路上ではこの猛暑に負けず肉マン食べてる人たちが。

さすがに…無理…

SHINKANSEN☆RX「五右衛門ロック」新宿コマ劇場②キンキンは犬のお父さんだけの人じゃナイノヨ

ひとりひとり書き出すとキリがないんですけど
森山カルマ王子
今回はハゲでもなく演歌歌手でもなく普通にかっこいい王子さまでした。
髪型は「モーツァルト!」のヴォルフみたいで、メイクが結構ビジュアル系で派手目。
歌もイイですよー。早くも「RENT」が楽しみになってきました。
やっぱりダンスしてるだけあって動きが綺麗。殺陣とか長いマントしてたから大変そうでしたが。

聖子インガは2幕からの登場です。
実は冒頭のシーンにもアンサンブルとしてでてますけど。
キンキンクガイをめぐるお竜とのバトルもよかったのですがコマだってことをふまえてか
歌ったあと(しかもちょっと演歌調)に口パクで「ありがとうございました」って
小林幸子風お辞儀をしたり
殺陣シーンは逆手刀殺法だからちゃんと座頭の市みたいに白目で斬ってるとことか
細かいとこがさすが聖子さん。
つーか看板女優さんで市の顔は普通は許されないだろと(笑)

劇団員関係だとじゅん将軍と粟根ガモー将軍の殺陣はかっこよかったです。
冠ロックのシャウトもサイコウ!
あと中谷さんのバナナを食う子どもが意外や後々までひっぱるキャラになるとは。
団員じゃないけど「ルドルフ」ではみんな似たようなメイクだったからよくわかんなかったんですが
今回は飯野さんは冒頭からカワイかったです。

さて。
欣也さまです。主人公は五右衛門ですが、この舞台の主役は完全にキンキンクガイでした。
島と宝を独り占めし、狙うものは皆殺し、さらに妻をも殺し、息子に憎まれているクガイ。
しかし彼は実は…。ということでひとりだけ笑いをとることもなくひたすらかっこよかったです。
場所のせいもあるんでしょうが、結構セリフとか歌詞が聞き取りづらいところもあるなか
キンキンの声はひときわよく響きます。
それからなんといっても欣也さまの殺陣を堪能できたのがもう感無量であります!!!
新感線の殺陣って速くて躍動感があって好きなんですけど、
その中に欣也さまが入るとまたこれが締まってすばらしいのなんのって。
あとキンキン歌います!松雪さんとのデュエット。渋かった。
コマ劇場の回転しながらせりあがる3重円形舞台はクガイと島の最期を効果的に演出し、
すごくよかったと思います。でもアレ、巨大すぎるから前だとよくみえないだろうな。

親と子の和解、そして別れ、月生石とともに生きてきたことで滅びの道を選らばざるをえなかった
ホッタル族といったしんみりした部分もありつつ、やっぱり愉快な五右衛門一行と
まてーーいって追いかける左門字というラストはやっぱりマンガ的で全体的に一貫した
主張はなかったものの、これはこれで単純に
「あーーおもしろかったぁ」というお祭り舞台だったなぁと。
スターがいて、派手でお涙シーンありで、チャンバラがあって、
笑って、歌っていろんなもんつめこんでるのが座長公演というものです。

カーテンコールは2000人が総立ちで盛り上がりました。
「五右衛門ローック♪」って一緒に歌ってもりあがるカワユイキンキンに撃沈
古田五右衛門ともガッシと握手してました。
また一番深々とお辞儀してたのもキンキンでした。

作・中島かずき
演出・いのうえひでのり
古田新太 松雪泰子 森山未來 / 江口洋介
川平慈英 濱田マリ / 橋本じゅん 高田聖子 粟根まこと
右近健一 逆木圭一郎 河野まさと 村木よし子 山本カナコ
礒野慎吾 吉田メタル 中谷さとみ 保坂エマ
冠 徹弥 村木 仁 川原正嗣 前田 悟
飯野めぐみ 嶌村緒里江 NAMI 角 裕子 福田えり 葛貫なおこ 早川久美子 鈴木奈苗
蝦名孝一 安田栄徳 青山航士 古川龍太 
武田浩二 藤家 剛 矢部敬三 工藤孝裕 根岸達也 加藤 学
北大路欣也

SHINKANSEN☆RX「五右衛門ロック」新宿コマ劇場①ザ・新感線!祭りでマンガで座長公演

季節は夏、そして舞台は新宿コマということで、豪華なお祭り芝居でした。
古田さん、じゅんさん、聖子さん、粟根さんらに加え、今回は
松雪泰子、森山未來、江口洋介、川平慈英、濱田マリ
そして北大路欣也ーーー
この豪華ゲスト陣も見せ場満載歌満載。
…ただ、やっぱり上演時間が長くて3時間半です。
基本的にお芝居だったら何時間でもみていられる私ですが、
せめて3時間でおさえられたらなぁ…。
新感線みるとここ削ってもいいのになぁと思うシーンがでてくるんですが、
そこはやりたいもんは全部つめこむぜーーーという心意気と
大阪劇団ならではのお得仕様なのかもしれません。

さて物語は”もし石川五右衛門が釜茹の刑を逃れて、
もっと大事件を起していたとしたら?”
というところから始まります。
釜茹でにされたと思いきや逃げ延びた五右衛門(古田さん)は秘宝月生石を求めて
大和からはるばる南のタタラ島にやってきます。五右衛門の傍らにいるのは
同じく盗人の真砂のお竜(松雪さん)。武器商人ペドロ(慈英さん)とアビラ(右近さん)
そして五右衛門を追いかける役人岩倉左門字(江口さん)
タタラ島を支配するのはクガイ大王(キンキン)で月生石を奪うものは容赦なく殺していきます。
そのクガイのクビを狙うバラバ国のボノー将軍(じゅんさん)とカルマ王子(森山さん)…
五右衛門一行、さてどうなりますことやら



演出のいのうえさんが「座長芝居というか、お祭り的な楽しいものにしたいと思ったんです」と
言ってただけに平成の座長公演といった感じ。バンドさんたちは舞台の両脇で演奏します。
あとセットもマンガ的でアナログなというようにわざとチープさを残す書割セットなのが
またすごく座長公演ぽくてよかったです。木とか波も書割なの。
冒頭、場面がかわるときは人がぐるぐる動きながら衝立というかセットを動かす中を
役者さんが出てきたりひっこんだりするのでスカーとシンバの対決シーンみたいでした。
あと五右衛門が釜茹でにされそうになるとこで民衆がのぞいてたり、船をだすとこなんか
「ジョン万次郎の夢」みたいでもううっかり「海ーのおとこの♪」って歌いだしたくなるとこでした。
あ、船の上で歌は皆さん歌ってましたが、モップもって踊ってはいませんでしたよ。
あと船酔いしてる人もいないようでした。でも難破しておなかペコペコの五右衛門が
バナナもった子に「ちょーだい」状態だったのはこれまた微妙にジョン万とかぶってる…。

古田五右衛門は今回も古田さんらしい力の抜けたキャラでした。
でも殺陣シーンはカッチョイイの!このギャップがたまらん。
あらすじ読んでおわかりのごとく、どうも「ルパン三世」くさい感じなんですけど
五右衛門が実はほかの人に化けてて…ってシーンがあって
ワッハッハッハって袖にハケてまた出てきたら古田さんに代わってるのが
五右衛門は頭がでかいからその上にさらにヅラのせてるのが爆笑!
こういうベタな笑いがスキだー。

ということはそう。松雪お竜は不二子ちゃーーんキャラなわけです。
相変わらずスタイル抜群、動きのキレも抜群なんですが、私、舞台の松雪さんみるの
「吉原御免状」「キャバレー」に続き3本目なんですけど、ぶっちゃけどれも
色気だしすぎなんですよ。不二子ちゃんをさらに3倍ぐらいクドくしたしゃべり方するから
コントのお色気キャラみたいなの。口上のべたりするとこはめちゃくちゃかっこいいから
普通にしゃべれるのに過剰な演技はどうも苦手だ。
今後もあの存在感と華は舞台でみていたいので次回は普通の松雪さんでお願いします。

そして銭形のとっつあんが江口あんちゃんなわけですね。
最初は五右衛門VS左門字で進むのかなと思わせといて、
実は左門字ってひっかきまわしキャラだったという(笑)
まさに銭形。先住民・ホッタル族にうながされて、ギターを持たされる左門字。
「いや…拙者は…これはナンだ」とかいいながら結局ギターかついで歌いだす左門字。すっかり忘れてたけどそういえば江口さん歌手もやってたよということ思いだしました。
「愛は愛でーいつかー♪」のままのさわやかっぷりでした。

あんちゃんに見せ場が用意されているように慈英ペドロと森山王子のタップバトルもあります。
ここは盛り上がったー
そしてじゅんボノー将軍と妻濱田シュザクにも笑わせてもらいました。
メタルマクベスのランダムスター夫妻みたいでしたが、じゅんさん・マリさんだと素直に笑える。

…長くなってきたんでキンキン愛はまた次で。

ベアブリックに堕ちる

20080711215933
ワタシはコーラが苦手です。

なのにまたもや今年もペプシのやつが!

スターウォーズベアブリックを!

全16種ですが、さすがにそれはないだろ的ヨーダなんかは買いません。

が、ボバフェットやストームトルーパーはおそろしく可愛い。

とりあえず一番人気と思われるCー3POだけはあとゲットしたい。

カンペ選手権があれば入賞する自信がある

『ライオンキング』福岡公演 出演者らが九州・山口を行く!!

福岡公演恒例の役者さん各県PR作戦。
美女と野獣のときは道口さん、アイーダは有賀さんがきてくれた
わが地元、今年は野中さんでした。

しかも全身白づくめ!かっこいーーー
それにしても九州に限らないけどローカル番組の
番組名ってどうかと思うセンスですよね。

サガテレビの「かちかちワイド」は多分TV局のマスコットキャラの
名前がかちかちくんっていうからだと思います。
なんかキョロちゃんみたいなトリです。

前はこの九州行脚
パスワード入れないと見られなかったから
ウレシイです。

『モニターを見ながら進行を確認。
番組スタッフさんの機敏な動きに終始驚きっぱなし。』
ここだけの話、ワタクシADさん経験もあるんですが
目の前に野中さんがいたら思わずカンペで

「大好きです」

って愛の告白をしてしまいそうでコワい。

そのあと

「覚悟…しろって言ってください」

とか個人的に要求をだしてみたい。(オマエはクビッ)

本日もらったチラシの束。

20080710214033
自分がみた演目のチラシはもちろんデザインがかっこいいのも捨てずにとってます。

巨大劇場新宿コマから場所うつりまして、三軒茶屋のシアタートラムです。

ペンギンプルペイルパイルズ審判員はこなかった初日。

ここも一番後ろの席だったんですが
今度はメチャクチャ近すぎ。
もちろんオペラいらず。

架空の独立国の話です。
笑いました~
特に片桐仁さんは何やってもおもしろかった!
盆舞台で場面がどんどんかわるのですが出演者はたった6人。
二時間で18回衣装替えがあるっていってました。

高鹿さんは今回もまわりにあたりまくって譲二っぽいのが譲二好きにはたまりませんでした。

五右衛門ロック

20080710164022
ぴあの追加席だったので、センターながらも一番後ろの席だったんですが、これだけ巨大な劇場で全然ストレスなくみえるコマ劇場。
最高です。

そして超満員の客席がカテコでオールスタオベしてる絵は後ろからみてると壮観でした。

これだけの客席を平日にも関わらず満席にできて大満足させてくれる新感線はやはり凄い。

そして今回ワタシの大好きな北大路キンキンがもーーかっこいいのなんのって!
でもカテコでノッてる欣々も素敵でした。

殺陣も堪能。
キンヤラブ。

二本目は三軒茶屋なので
現在また渋谷のダンジョン内。

夏だ!祭りだ!新感線だ!

20080710121614
そんなわけでコマにおりますが、コマ劇場まわりは派手になってますよー

トイレの中まで鳴り響くメタル。

北島三郎座長公演のポスターの前で鳴り響くメタル。

でも新感線てこういう場所に違和感を感じないどころか平成の座長公演感覚の豪華お祭り舞台で妙にハマる。

大好きなコマで大好きな新感線。

楽しみだー

渋谷で飲んでました。

20080709234116
副都心線ができたから帰りが楽なのだ。

と余裕でいましたが、ダンジョンに入るほこらがどこにあるか皆目わからないのであります。

所詮わたしはレベル3のヘッポコ田舎勇者。さらにただの酔っ払いだからまったくつかえません。

しかしそこは仲間の賢者がまっすぐいって角にあるよ。
とあっさり教えてくれたので無事ダンジョンに入ることができました。

持つべきものは旅の仲間です。

昔から攻略本がないとクリアできない人間でした。

あんたはサイコウだぜ ガストン!

結局バーゲンに行ってきたのですが

バーゲンで陥る罠 1 人とモノがあふれすぎて
何を買えばいいのかわからなくなってしまう


というわけで昨日は歩き回ったあげく何も買えずに帰宅。
今日こそは!と場所を変えて再チャレンジ

バーゲンで陥る罠 2 バーゲン品がイマイチで
値引きしてない新作を買ってしまう


Tシャツとワンピを正規の価格でお買い上げ。
…まぁ気に入って買ったわけだしいいとしよう。

さて、やはり上出さんは6枠さんだった模様。
川東ソルト枠には清川さん…清川さんて誰だっけ。
たしか異国の方のハズ。
…ヤン督梵さんですか。福岡の夢で飯村貴族とシーソーをこいでいたぞ!
みんな改名しても誰が誰だかさっぱりです。同じく福岡夢に出てた
江帆さんと季シンさんもいまだになんて名前になったのか
パッと思い出せませんが。
かわいかったなぁ白黒ピエロ…。こっちが頼まなくても握手~って手だしてくるし
写真一緒にとろうよーって妙にフレンドリーに囲んでくれるし、
この人ら絶対本職の人だと思ってました。
イベントの体やわらかワザ披露もおもしろかったな。
またこの2人の白黒ピエロがみたいなぁ。

個人的には青羽さんはガストンのほうがよくない?
と思ってるんですがいかがなものでしょうか。
ハムレットのオズリックもなんかズレた伊達男でおもしろかったですし。
内田ガストンのむちゃぶりよりははるかに似合うと思うんですが。
内田さんが「おおう、イエーース」とか言ってる姿をみたくない(笑)

ガストンってアニメから出てきたリアルガストン田島さんはさておき
結構日本人にはむずかしい役柄だと思うんです。
大好きだけど野中ガストンは見た目飛猿だし。
本人的にはプレスリーをイメージしているそうです。
そう。あんなウザくて勘違いなアゴわれ男だけど、
実はガストンは街中の女の子の憧れで
ガストン酒場なんてガストンを讃える店まである人気者。
基本的にかっこよくて自信満々で傲慢でないといけないわけです。

それって最初のころの阿久津ラダメスじゃないの?

そうだ。阿久津さんがガストンやればいいのだわ!
ガストンはヅラですから「南十字星」終わってもいつでもカモンです。

でもやっぱり超かっこよくて乱暴モノのミツヲガストンがみたいのです。ええ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。