よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2007年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年02月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2008年01月
ARCHIVE ≫ 2008年01月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2008年01月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ブラジルを愛するものは結構多いのであります。

未来世紀ブラジル (1985英米)
BRAZIL

監督: テリー・ギリアム
出演: ジョナサン・プライス キム・グライスト
ロバート・デ・ニーロ イアン・ホルム


今週末までの早稲田松竹の特集は「ベスト・オブ・カルト・ムービー」ということで
「未来世紀ブラジル」と「不思議惑星キン・ザ・ザ」を
上映しています。どちらもジャンルはSFですが、不思議SF
ラスト上映1本は800円なのでブラジルだけみてきました。

本編の前に2月の上映映画の予告編がながれていたのですが
2月の3週目がジュゼッペ・トルナトーレ監督特集で。
トルナトーレといえば、私の人生ベスト1映画
「ニュー・シネマ・パラダイス」です。案の定予告編始まって2秒で号泣。
この映画だけはどのシーンみてもダメです。途中のサンマルクカフェで買った
チョコクロワッサンをほおばりながら予告だけですでに肩をふるわせ
嗚咽する不審者1名。

本編です。「未来世紀ブラジル」といえば印象深いのが
タイトルにもなってて、映画全編で流れるザビア・クガートの「ブラジル」 です。
一番搾りのCM曲としてのほうが日本では有名かも。

国民が管理された国での情報のわずかなミスにより、うまれた誤認逮捕。
記録局で仕事をしていたサムも巻き込まれ、これがどんどん罪を生んでいきます。
舞台である近未来のとある国は書類がないと何をすることもできません。
市民の格差は大きく、無数に設置されたダクトがこの世界のいろんな
側面をみせます。しかしこの映画の魅力はただのSFではないということ。
管理社会を皮肉ってみたり、ファンタジー映画になったり、恋愛映画になったり
アクション映画だったり、ブラックユーモアをちりばめてみたり…
どういう映画とひとことでは語れません。とにかくみてくれとしかいいようがない。

昔ビデオでみたときも衝撃でしたが、スクリーンでみる迫力は
全然違います。ラストは当初ハッピーエンド版がつくられたそうですが、
やはりこっちのほうが物悲しくていい。

そしてなんといっても最高にカッコイイのがモグリのエアコン修理屋の
ロバート・デ・ニーロでしょう!反体制のヒーローです。
とはいえその退場シーンは爆笑でしたけど。

主人公のサムが前の職場の上司にものすごく似ていて、なんか複雑な気分に
なります。お元気でしょうか。
スポンサーサイト

演劇企画集団THE・ガジラ「新・雨月物語」 世田谷パブリックシアター1/29 化生の世界に迷い込んでしまう

「雨月物語」というと1953年の溝口健二監督の映画が有名ですが
今回のこの作品の原作は映画で脚本をかいた川口松太郎さんのものです。

セットはシンプルながらもおもしろいつくりで、奈落がぽっかりあいた中央に
浮島のように舞台が浮いています。真ん中には穴が開いていて、
そこの中から火を灯したり、人が出入りしたりと効果的に使われていました。
いわゆる舞台転換がないため、今みているのは夢か現かという境目があいまいで
見ている観客側もその不思議な世界に放り込まれたような気持ちになります。

客電がついたままいきなり舞台は始まります。舞台奥に立つ森山さんが
あまりにじっとしているので、客席も静寂に包まれたまま次の動きを
じっと待ちます。それに耐えられなかったのか
私の隣の人が開演3分後に眠りにおちました(笑)
ここまで早く落ちた人も初めてみた。
夜公演だったからお疲れだったのかもしれませんが。
とにかく舞台上が暗く、ろうそくの炎などの光の演出とゆるゆるとした役者さんの
動きに、集中力が欠けたら結構ツライかもしれません。
殺陣シーンももっと多いのかと思ってたらそうでもなかったので。

舞台はひたすら硬質で、もちろん笑いも一切なく進みます。
怪奇モノではありますが、妖怪もわかりやすいお化け姿で出てくるわけでも
ないので、怖さは全然ないのですが、どこまでが現実世界なのかわかりづらく
観客も登場人物と同じ目線でみている感覚になります。

ラストになるにつれ、あぁこうして冒頭とリンクさせるのか…と話がつながり
一人づつ穴に消えていき客電がゆっくりついても、カーテンコールがないので、
終わったという感覚がなく、終演後もまだしばらく世界に取り残されたまま
ぼうっとしてしまいました。最初はこの暗さでこのゆっくりとしたペースだと
途中退屈になるかなーと思ったのですが、役者さんの熱演と世界観に
もっていかれてしまいました。

ちなみにヨコの人は多分2時間中1時間半は確実に寝てたなぁ…。
疲れてるときには厳しいかもしれません。

出演=山本亨、月影瞳、北村有起哉、森山栄治(*pnish*)、若松武史、石村みか、
さとうこうじ、近童弐吉、大石継太、加地竜也、白井圭太、いわいのふ健

演劇企画集団THE・ガジラ「新・雨月物語」 世田谷パブリックシアター1/29 トークセッション北村さん素足に草履。

演劇企画集団THE・ガジラの「新・雨月物語」を見てきました。
今日は公演後、トークセッションがあったのでまずその模様から。

出席者は劇場側から司会者、脚本演出の鐘下辰男さん北村有起哉さん
森山栄治さん
です。鐘下さんは全身黒、北村さんはサーモンピンクの
タートルネックにジーンズ、素足に草履というラフな格好、森山さんは
ハンチングに黒のストライプの革ジャケットに黒ジーンズでした。
ゆきやさんの声がスキです。普通にしゃべってる声もいい声でした。

司会 北村さんはガジラ初めてですよね
北村 10年以上前に「仮釈放」を見たのかな?それが衝撃的で
    ワークショップに参加したりしてできるだけ名前を覚えてもらおうと
    今回念願の舞台になりました。

司会 ワークショップといえばこの劇場で「アメリカ」っていう芝居やったときの
    ワークショップにも出てたんですよね
北村 最後まで残って
    最初のダンスのワン・エイトでアキレス腱切れましたね(笑)    
    稽古場も同じでいわくつきだったので(笑)かなり怖かったですね。
    この舞台が(2メートルくらいあって)落ちたら大怪我するような
    ちょうどいい感じの(笑)

司会 森山さんも初めてですよね
森山 以前、*pnish*(森山さん所属演劇ユニット)で鐘下さんの本やったことは
    あるんですが。稽古に入るときドキドキして、鐘下さんロン毛でメガネで
    近寄りがたい感じがあって。でも「森山チャンね…」ってちゃん付けで呼んで(笑)
    近くなったと感じました

北村 出演者の方が明るくてびっくりしました(笑)本番暗いんでリバウンドで
    飲んでるとき明るいのがショックでしたね。

司会 印象に残ってることは?
森山 (近藤)弐吉さんと僕は本編のなかでウエッって出すわけで(笑)
    僕はガジラでそれやりたいってあったんですね。弐吉さんはうまくて。

北村 ヨロイ甲冑ってのが着るのに時間かかったりとか、この下(舞台下)では
    雑兵たちがすごいことになってんですけど

森山 この下迷路みたいになってて、円だから上手下手がわかんないんですよ。
    オレあっち行きたかったのに(笑)

司会 北村さんは現実の人間役ですけど
北村 俗っぽいというか欲がある。妖怪の人たちがでてきますから
    あんまり驚かないようにしてるかな?ひえーーーみたいな(笑)
    そういうのは気をつけてます。

司会 舞台がシンプルで役者の演技だけでつくってるのがすごいなぁと思ったんですが
北村 シーンがガラッと変わるじゃないですか。相手役と一緒にやってると…
    なんかカッコイイこと言ってる(笑)小道具なんかなくても大丈夫です。

森山 最初のころって立ち位置だけだったり、「森山チャンがいいように動いて」って(笑)
    内面的なことは言われるんですが自由にやっていいよっていうのが
    やりやすかったです。で、みざん(動き)をやりますって言ってから位置が
    決まってくるんですよ。メモとらなきゃって。鐘下さんメモ待ってくれるんです。

北村 自由にやってっていうわりに最後びしっと決めるんですよ(笑)

ここで北村さんが鐘下さんもしゃべってよーっていう感じで鐘下さんにマイクを渡すも
なんか時間になってしまい、締めに入られ(笑)

最後にお客さんから質疑応答。
客  不思議な舞台だったんですが台本読んだときの感想は?
北村 おもしろいって思いまして。こうした怪談話は初めてだったんですけど
    読み物としておもしろいなと思いました。

森山 最初は僕みたいなものでもわかるくらいやさしい台本なんです。
    ト書きとか説明セリフとか多かったりとか。後半けずっていって
    そこは役者がゆわずしてあらわすみたいになって
    初めてみる人はむずかしいかもしれないですね。

北村 彼は最初のシーンそのままの時代の流れだと思ってたみたいで
森山 年寄りでやってました(笑)
まわりはあいつおかしいんじゃないかって(笑)

北村 最初のシーンだけが40年後なんですよね

客   鐘下さんの作品は陰惨な作品が多いんですが、
    子供のころのなにか(経験)とか(爆笑)
    使命感とかもってつくってるんでしょうか。
鐘下 ないですよー 好んでやってるんじゃないですけど…すきなのかなぁ(笑)
    日常で見られない思考や動きに興味はありますね。

北村 コメディやらないんですか?ラブコメとか(笑)
鐘下 ラブコメは日常でやればいいじゃん(笑)


作品の世界観や舞台の裏の話もおもしろかったんですが、笑いも多く
楽しかったです。で、肝心な本編の内容はまた明日。
2月3日まで世田谷パブリックシアターで上演中です。
   

いまさら2007ベスト映画選出

四季公式ページのTOP
「ハムレット」なのにどういうわけか岳大さんが主役のようだ。
そしてユタ千秋楽はタクジくん一郎が主役みたい。

本日もヨガのクラスに行ってきたのですが、遅い時間のクラスだったのにもかかわらず
電車内で手持ちの本を読み終えてしまいました。
クラスが始まるまでの待ち時間中、
本がなくなって活字禁断症状が出てきたので
あわてて近くの書店で今月の「映画秘宝」を購入。
今月の特集は2007年のベスト映画。

…おそろしいまでに私のベストとかぶってる。
ちなみにワースト選出映画は私はどれもみてません。

そういうわけで遅ればせながら私も2007年ベスト発表(順不同)
パンズ・ラビリンス
ハリポやロードオブザリングのヒットでファンタジー映画ブームですが、
この作品だけはただのファンタジーではくくれません。
人間ドラマであり、成長物語であり、ホラー映画であり、戦争映画であり、
そしてもちろんファンタジー映画でもあります。
あまりに残酷な現実と過酷な空想世界。好き嫌いは分かれそうですが
今年一番衝撃を受けた映画でした。

デスプルーフinグラインドハウス
これはカーアクションと爆笑ラストシーンのみ。あとはグダグダ。
でもそのシーンだけで十分ベストです。
プラネット・テラーinグラインドハウス
ゾンビ!機関銃!お姉ちゃん!それだけで十分ベストです。
プラス架空映画予告編ダニートレホの「マチェーテ」もペストに入れときます。

300イケメンファントムことジェラルド・バトラーの男くささ全開と
マンガを真剣に実写化したらこうなりましたの好例。男だらけ映画大好きです。

アポカリプト
メルギブの方向性がはっきりわかった残虐性満点でありながら娯楽作としても
最高の作品。散々盛り上げといて最後のオチのスカシっぷりに脱帽。

ヘアスプレー
ドリームガールズ

どちらもミュージカル映画ですが、内容も曲もすばらしかった。
歌い終わるたびに拍手したくなりました。

邦画も結構みたんだけど、思いつきませんでした。
というか私のみてる邦画は30年ぐらい前の作品が多いんで
よく考えたら新作はほとんどみてないなぁ…。

君も寺田伝説の目撃者になるのだ

民のための政。さすがです斉彬さま。今週はナリアキラー感涙ものでございました。
そして忠教(久光)のいじらしいことといったら…。
それにひきかえ篤姫のあんみつ姫っぷりはどうにかならんものでしょうか。
いくらなんでもあの時代の薩摩で父上に対してあんななれなれしい態度はないと思う。
書店でもTVでも最近よく篤姫をみます。ブームには乗らないと!
「島津斉彬の夢」もとい「ジョン万次郎の夢」再演するなら今しかないと思うんだけどなー

さて 京都ユタ千秋楽お疲れ様でしたー
タクジくんには逃げられましたけどね
イトゴンは結局でませんでしたけどね
東京ではいつでもダッシュできる準備はできております。
チケットは持ってないけど。博打はできません。

2月開幕でほかに気になるのはやはり「美女と野獣」
開幕は柳瀬野獣or佐野野獣×智恵ベルor沼尾ベルあたりでしょうか。

で…
われらが寺田さんがまだアンドレ抜けしてないっていうのは
どういうことでしょうか。
BBといえば寺田さんでしょう。
寺田さんの酒場マスターをみないことには始まりません。
数々の持ち役のなかでも一番寺田さんを堪能できるそれが美女と野獣。
(次点・壁抜け男)
「美女と野獣と寺りんというタイトルに変更してもいいくらいなのであります。
ちなみに正式には1枠さんですのでいろんな寺りんが
堪能できます。ナルシスト帽子屋、アル中酒場マスター、ニヒルなコルク抜き
キモさ全開ムッシュー・ダルク、胡散臭スマイルのカテコまで
THE寺りんSHOWです。

でも寺りんの立ち位置キャラって絶対きのう書いた「美女と野獣チップス」だと
カードの入ってる割合が多くて「またダルクかよーー」とか言われそうですね。
広島までは見にいけないけど寺田さんのいないBBなんてありえない。
早く寺田さんがお稽古抜けしますように。

グッズ推進委員会 

「ハムレット」のスタッフTシャツカッチョイイ!!
しかも英矢さん(←増沢さん)のデザインだなんて。
四季のスタッフグッズは本当にセンスいいのが多くてイベントのたびにみては
ほしくなります。ディズニーものは版権が厳しそうだから簡単にデザインして売るのは
厳しいかもしれないけど、そのほかの演目は完全受注生産でもいいから
売ればいいのにと思います。
ディズニーだって抜け穴はあると思うんだ。そうじゃなかったら
アイーダにわかせんぺいなんていう爆笑グッズはつくれない。
多分スタッフが「The most famous cookie in Kyushu!」とかなんとか言って
言葉巧みにむこうのスタッフを丸め込んだんだろうなぁ。
しかもアイーダにわか面までオマケでついてきた日にゃあ、
ディズニー恐るるに足らず!と思いました。

アーティストのホールツアーって、山崎まさよしとかアンジェラ・アキみたいな
弾き語りする人はさておき、セットがものすごくお金がかかるため、
実際チケット代だけではまかなえないという話を聞いたことがあります。
ではその分何で稼ぐのか。ツアースポンサーはまた別として
それがパンフレットであり、コンサートグッズなのです。
永ちゃんのコンサートなんか皆首にタオルかけてんのに、また売店並びますからね。
客のほぼ全員がまたタオル買うから買い求める行列がホール内を一周する光景を
みたときには、永ちゃんの自宅って近所の人たちからはタオル御殿とか
言われてるんだろうかと思いました。そういう私も並びましたよ。もちろん。
「止まらないHa~Ha」のタオル投げに参加できないですから。
ちなみにこれはうまく放り投げてうまくキャッチしないと前の席の人の頭に
ブワサーーっとかぶって大迷惑をこうむるので気をつけねばなりません。

なんで永ちゃんの話になったんだ。
そうそうグッズですグッズ!昨日、四季のオケなし舞台は高いって書いたけど
チケット代を抑えて、その分グッズで稼げばいいと思うんですよ。
宝塚グッズをみてください。あのファンのツボをおすグッズの数々。
キャッツのフィギュアだってもっと完成度が高ければファンが多いだけに
爆発的に売れると思うのに残念です。やはりここは海洋堂あたりに原型を作ってもらい
明らかに俳優さんそっくりフィギュアにすれば絶対買うね!

さらに大人買いを促進するために欠かせないものが食玩
「ジーザスクライストスーパースター」は北陸製菓とのコラボでお菓子はもちろん
パン型ビスケット(しかも結構ここのはおいしい)
フィギュアは全6種。
・香油を塗ってもらうジーザス
・カヤパ軍団
・銀貨をうけとっちゃうユダ
・最後の晩餐ペテロとシモン
・スーパースターユダ
・磔ジーザス
シークレットはジャポヴァージョンの神さまとユダとマリアちゃん
これはみんな箱買いでしょう。

あとね、「プロ野球チップス」みたいなの。
カード入りスナック菓子。これはキャラクターが多いキャッツをはじめ、
ライオンキングやユタでも売れると思います。個人的にはひそかに
出演者の多い自由劇場系もぜひ。
駄菓子屋みたいにカードだけ売るのもいいですよね。
まぁ買う人もみんな数十枚単位で買いそうですけど。

ただよい子の皆、くれぐれもお菓子だけ捨てちゃいけませんよ。

来月も今のところ3本です…今のところ。

添い寝して永遠に抱いていてーあーげるー♪
浅見光彦の「天河伝説殺人事件」やってますね。
これ、ずーーっと前に市川監督が第二の金田一を狙って榎木孝明主演で映画化したんだけど
ヒットせず一作で終わった残念な映画として記憶に残っています。
というか観にいったんですよ。私。昔から金田一好きだから。
ところがこの映画も市川金田一の法則にしたがってつくられていたため
始まる前にパンフレットの人物相関図だけでコドモの私ですら犯人がわかってしまったという
悲しい思い出になりました。

その後、TVシリーズ化され榎木さんは復活できたのでよかったです。(フジ版)
どうでもいいんですが同時期TBS版では沢村一樹もやってたので
どちらも鹿児島県出身浅見光彦でした。
浅見は33歳という設定なので今、フジは中村俊介浅見です。

冒頭の曲は映画主題歌の中森明菜の「二人静」どういうわけかこの曲だけヒットしました。
作曲した元CーC-Bの関口誠人さんも歌ってましたが、この前みたら関口さん太ってたなー

さて今月の観劇予定に入っておりました「キャッツ」ですが
結局いけないハメに。めずらしくチケット発売日に買ったからいい席だったのに。
しかも野中マンカスやら福井タガーやらスンラガスやらいたのに。

そうです。私はその日に福岡に行っていたのでした。

今月の休みでチケットが残ってるのがその日だけだったから悩む間もなくポチっと。
まぁキャッツは行こうと思えばいつでもいけるし(といいつつ年2回くらいしか行かないけども)
青山ラフィキもいなくなったので、無理して行ってよかった。
それにしても「キャッツ」なら仕事帰りにいけるから休みとる必要なかったのに
偶然休みにしてたのは、我ながら不思議。こうなることを予測して…
予測してるんなら最初からチケットとってるって話ですけども。

12月の怒涛の8観劇に比べたらいいペースの今月は3観劇。
来月からもこのペースでいきたいものですが…と思いつつ、今月最後に1本
ねじこんだのは演劇企画集団THE・ガジラ の「新・雨月物語」
北村有起哉さんが好きなんですよねー
この前の「SP」のテロリストもかっこよかったし!
そしてなによりS席だって5500円なんですもん。
ミュージカルばかりみてるとチケット1万ごえ当たり前みたいな気になってきてました。
…ってC席、立ち見専門の私がいえる立場ではない。けどオケ入ってる東京の劇場はともかく
四季の地方劇場の1マンエンはやはり高いと思います。

去年はJCSとかユタとかレミゼとか夢とか好きな演目が多かったのでリピートが
多かったけど、今年はさらにガシガシ新作をみたいと思います。

書店の怪人になりたい。

昨日は朝から雪がふってて興奮しました。
南九州では雪なんて年に2回くらいしかふらないし、
ふったとしても日がのぼるころにはすでに雪はふりやみ、
わずかに積もった雪もとけてるので、出勤中まで雪が降り続けてることに
感動してしまいました。

今日も寒かったけどどちらかというと風が強くて寒かった。
そんななか本を仕入れに図書館へ。
図書館や本屋さんに行くと、まだこんなに人生読むべき本があるのかーーっと
ワクワクしつつも、どうあがいても全部読めないし、いったい何を読むべきか
非常に悩むところです。レンタルビデオ屋さんもそう。

基本的に予約本がなければ2週に1回ペースで平均月10冊。
最近は通勤時間が長いので通勤中に読むことが多いのですが、
私は乗り物に乗るともれなく熟睡するクセがあるので、ずっと読み続けるのはムリ。

今日は平山夢明のホラー短編集とか歌野晶午なんかを借りてきました。
予約本が来る前に読み終わらなければ。しかし図書館は新刊借りるのに
ものすごく待つのがつらい。買えばいいんですけどね、ハードカバー高いんだもん。

窓際のトッドさん

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 
(2007米)
SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET

監督: ティム・バートン
出演: ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター
アラン・リックマン ティモシー・スポール


【毎度のごとくネタバレしてます】

今日は会社帰りだったので気分を味わうために
マックポークを食べながらみました
(悪趣味)
スウィーニートッドは実話が元になっていて、97年にも同名の映画が公開されています。
あまりにもショッキングな題材だけに、当時ワクワクしながらみたのですが、ホラーだとおもってたのに
どうも中途半端な出来でがっかりしました。
今回の新作はミュージカル版。舞台の初演は1979年です。
スティーヴン・ソンドハイムの曲がどこまでもドラマチックに盛り上げるので、ジョニデが
サクサク殺しまくって、血が飛び散っても、むしろ美しく感じるほど。
ただつかみが長い
ジョニデ目当てじゃなく猟奇殺人に重きをおいて見に来た私のようなものは
空気の読めない船乗りアンソニーが「ジョアナーー♪」とのんきに歌ってるシーンなどをみると
「とりあえずコイツから殺しちゃってください。トッドさん」
と黒いものがこみあげてきて困りました。
オリジナルがあるので、あんまりティム・バートンぽい悪趣味さがなく
唯一おもしろかったのがミセス・ラべットの空想シーンのみだったのが残念でしたが、
ストーリー自体はあのラストも含めて楽しかったです。
やはり因果応報ですよ。
あれでハッピーエンドになったらかえってそっちのほうが後味悪い。
理由はどうであれ悪いことをしたらかえってくるのです。
殺人シーンより、仮面舞踏会で判事がかぶってたマスクが
キューブリックの「時計じかけのオレンジ」でアレックスが暴行するときにかぶってた
マスクと似てたのが気分的にイヤ~な感じでした。
それより気になるのがジョアナの今後です。世間知らずっぽいのにいいのか?
あのバカそうなアンソニーと一緒で。

去年市村正親・大竹しのぶコンビで日本版舞台が上演されてて、
すごく観にいきたかったんですが
ミュー版っててっきりもっとブラックコメディっぽくなってるもんだとばっかりおもってました。
曲もいいし、ジョニ男さんの歌も堪能したんでこれはこれでよかったんですけど
誰かもっと怖くて目をおおいたくなるようなスウィーニートッドつくってほしいものです。
人肉ものでは「八仙飯店之人肉饅頭」を超えるものはないでしょう。

変換レポもオツですな

帰ってきたルー大柴ブームということで、ルー語変換が一時期にぎわっておりましたが
変換機能はこれだけではなかった!!
おもしろかったので12月8日感動のJCS千秋楽カテコのレポを変換してみました。

【ナベアツ語】←一部で大人気世界のナベアツ(ジャリズム渡辺さん)
「3の倍数と3の付く数字だけアホになります!」
カーテンコール。みんなにっこにこでしたが
倖田三ッ↑↑なんかぴょんぴょん飛び跳ねててかわいかったです
…すー♪ ぅウー♪ ウゥゥ- ♪ウウー (≪●≫Д≪●≫)ロックキューゥゥ!
で、そんななか
ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡#サッハッーンッ!人登場。…あ…スンラ三ッ↑↑の目がうつろだ。
エルサではいい感じに抜けてると思ってたのに。それでも
ヽ(∴`┏Д┓´)ノ彡#サッハッーンッ!角形で
テンションあげて(ちなみに手も合ってました)上では笑顔でしゃべってたから
あぁよかった…たー♪ ぁアー♪ アァァー♪ アアーッ! (∴`┏Д┓´)ノロックキューゥゥ
スンラ三ッ↑↑が元気になったと思って安心していたら
【よしお語】←小島よしお
デデデン♪×8
3人だけ登場。でもそんなの関係ねぇ!
柳瀬さん  はいマリアさんと手をさしのべる
西さん   胸に手をあてにっこりお辞儀
柳瀬さん  はいユダさんと手をさしのべる
スンラさん じーーーーと柳瀬さんをみてる
…はっ!
ん~でもそんなの関係ねぇ!チントンシャンテントン♪
このヒトまだ抜けてない!
ん~でもそんなの関係ねぇ!チントンシャンテントン♪
客席心の大合唱「彼はただの柳瀬さん 神さまじゃない♪チントンシャンテントン♪」
スンラさん あ、ウェ~!カテコでしたねと視線を客席に戻し、ウェ~!ゆるゆるお辞儀
柳瀬さん珠ちゃんはいいからスンラさんの手をひいてあげてください…。
でもそんなの関係ねぇ!
【死語】
そんなバナナ☆感じで何度もカテコが続き、柳瀬っちひとりで出てきた
何回目かのカテコ。上手に歩いていって袖にむかって柳瀬っちがユダ!って呼びます。
てゆっかぁ~、←モチのロン口パクでね
すると上手からゆっくりまたスンラっち登場。その出方が
「え?でていいのかな?」って感じで。出てきたとこで柳瀬っちが握手の手を
だしまくらちよこが、そのときもまるで目の前に憧れのセンパイがいるかのごとく
おずおずと手を出すスンラユダ。どっちが年上かわかんない(笑)
これでフィーバーしまくらちよこって感じ客席にてゆっかぁ~拍車をかけたのが、
がしっと抱擁。
【博多弁】
あたきは下手側にいたんでスンラしゃんの顔がよくみえたとよが、もうそんときの
スンラしゃんの顔がね、さっきまでぼんやりしよったったいに、泣き笑いごたるな
よか顔であたきまばってんらい号泣。また結構ながく抱擁しとった。
柳瀬しゃんも感極まってたとたい。
そん後ひとりでスンラしゃんがまたふかぶかとお辞儀。
お辞儀しながらぐっぐって力強かガッツポーズしてクサたとたい。
そん後2人で手をつなかで両手をあげて拍手にこたえると、やな神さま
そんまま下手にスンラしゃんをつれていってしもうた
【2ちゃん風味】
ギギギギギギギギギギギギよΣ(; ゚Д゚)カッた 
えんむすびでおなぢみの野宮ネ申..._φ(゚∀゚ )アヒャ社で
「スンラユダの想いが成就しまつように」と願ってよΣ(; ゚Д゚)カッた。
京都まで来て!∩(゚∀゚∩)カモーンなにやってんだ。等身大の私(笑)は。
(*゚∀゚)か相手ジ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!!ザスなのに
ネ申..._φ(゚∀゚ )アヒャ社で拝んでどうする。しかもカテコはユダぢゃなくてスンラタソ♪だから。
そのあとのカテコでは |Д´)ノ 》 ジャ、マタすっかり元気になったスンラタソ♪は賀山ペテロや
ジョンシモンにオツカレチャ━━━━( ´∀`)━━━━ン!!!!━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!
みたいに声かけてますた。
その後も永遠に続くかと思われた拍手。(いつものことでつが)
( ´_ゝ`)(´<_`  ) 流石だよな俺ら。にやなネ申..._φ(゚∀゚ )アヒャさまもちょっwwwwww
気味。
【武士語】
金八っつあんみたゐに前髪を両手でわけながら出てきて
口パく「ありがたき幸せにござったーー
おわりでーーーす おわりでーーーす」中央でやなガッつ。
そのまま袖にすたすた歩き、くるっと振り返り、ダめ押しのやなガッつ弐連発
神さま心の声「御意、やなガッつしたでござるから皆のもの帰ろうね。
これから撤収もあるでござるからね」
柳瀬殿の演目の楽はもう柳瀬殿の終わり締めが主流なのか。

熱ゐ舞台に和やかなかてこ。誠にゐゐ舞台でござった。
この日だけでなく江戸から京の都までゐつゐっても業物(わざもの)の舞台でござった。
ありがたき幸せJCS!!

武士語が結構ツボりますね。

このままでは私の手帳が侵食されます

きょう、久々にジーンズをはいて出勤したら、
まるで一時期の柳瀬野獣のような太ももパツパツっぷりでちょっと不安を抱えつつ
会社では基本的に私服なのですが、さすがにジーンズははき替えて、
終業後またはこうとしたら

チャックがしまらねえ…。

1日でそこまで太るのか人は。確かに今日はものっすごく忙しくて
やたらチョコ食べてその忙しさを紛らわせてましたが。
とりあえず無理やりおなかをひっこめてボタンをとめて帰宅。
いよいよ遅ればせながらビリー隊長のとこにでも入隊しないといけないかもしれません。


デブまっしぐらな私はさておき、プリンター無事起動!!
さっそく舞台チラシをシールにして貼ってみました。
これが結構キレイに印刷されたので調子にのって四季公式ページの
ジーザスクライストスーパースターの写真までシールに。
おおおおおおお手帳がJCS写真集に変身ーーーー
080121_2253~01

これでいつでもどこでもお耽美白塗り芝ユダや無防備な乙女スンラユダや
ジョンシモンや賀山ペテロや鞭打ち上出さんがみられるってわけですよ。
そしてこのページをめくるともちろん一番大きな2面シートに印刷した
麗しのやな神さま(ジャポ&エルサ)がお出ましです。
まだ1月なのに膨れ上がったこの手帳どうしましょうね。
さらに人前では絶対に開けないアイタタ手帳になってしまったんですけども。

型落ちだしはがきサイズまでしか印刷できない安いプリンターだけど
ものすごくいい買い物をしました。私は小さいころからシールとかスタンプとか
メモ帳とかそういう細々としたものが大好きで、いい大人になった現在も
手帳にはたくさんシールはってしまうのですが
このままでは女子高生のプリクラ手帳よりひどい手帳になりそうな気配です。

ゆっちはチョンマゲも似合うのよ

「篤姫」斉彬が藩主になりました。
ナリアキラーとしてはうれしいかぎりです。
でも祐一郎久光さんはおかげで本日は饅頭食べてるだけでしたが。
ま、祐一郎さんも元斉彬ですけど。「ジョン万次郎の夢」再演切に願ってます。
ドラマはかなりわかりやすい鹿児島弁ですが、何が難しいってあの独特の
イントネーションですよね。俳優さん方お疲れ様です。
それにしても肝心の篤姫があんみつ姫にしかみえない。

今日は御徒町にプリンター買いに行ってきました。
ものすごく小さいの。
何をプリントするかというと…手帳に貼るシールを…。
どんだけ手帳好きなんだ。
子供の成長記録とか毎日のお弁当をシールで貼ってる人がいて
なんだかにぎやかでいいなと思ったので私も映画チラシとか舞台チラシとか
遠征先で食べたご飯とかを手帳に貼りたいなぁと思ってシール台紙とともにゲットです。

ウチに帰って電源入れて、インクも入れて、SDカードも入れて
さぁ印刷!
ところがSDカードを認識しません。
ガッデム!あわててまた御徒町までもって行くと
「これは初期不良じゃなくてSDカードの相性が悪いみたいです」

これだからイヤなんだーーーー相性ってなんだーーーー
前、10枚パックのDVD買ってそのうち8枚をダメにしたとき以来の
やりきれない怒りがこみあげます。
パソコンからつなごうにもケーブルは別売りだし、いまさらこれもったまま
電気屋行くのも面倒くさいし。

というわけで今プリンターという名のただのハコが転がっています。
明日ケーブル買いに行きます。
せっかく最安値の店に買いに行ったのに結局出費かさんでしまった。

ちゃん!

子連れ狼 三途の川の乳母車 (1972)
監督: 三隅研次
出演: 若山富三郎
富川晶宏 松尾嘉代
岸田森 新田昌玄
鮎川いづみ 大木実


ラピュタ阿佐ヶ谷は満員御礼でした。
それもそのはずこの作品はカルト作品として有名なのです。
冒頭から拝一刀に額を割られつつもなおしゃべり続ける柳生の刺客に爆笑。
時代劇ですが残酷スプラッタ描写は72年当時としては斬新だと思います。
海外でもその衝撃はすごかったとか。

拝一刀を狙う次なる刺客は明石柳生のくのいち衆。
柳生の黒鍬小角(小林昭二がカッコイイ!)の手練のものの耳をそぐ、
鼻をそぐ、腕を落とす、足をおとす等々非情なくのいち衆であります。
しかし旅芸人や農民に化け、一刀を狙うもあっという間に返り討ち。
またそれが大根の中に刃物仕込んでるもんだから
大五郎の乳母車に大根が刺さってたりして笑えました。
大五郎は3歳児くらいでめちゃくちゃかわいいんですが、さすが一刀の息子だけあり
目の前でばったばったと人が切り殺されるばかりか、クビが飛んだりしても
眉ひとつ動かしません。
くのいちのボス鞘香は着物からすっと体だけ抜け(ちなみに鎖帷子状の全身タイツ姿)
ものすごい勢いで後ずさって逃げるのが超マヌケ。

次に狙うは黒鍬衆一刀いきなり乳母車をどーーーーん。
大五郎無表情でスイッチオン。乳母車の車輪から刃物シャキーーン。

そのまま黒鍬衆の足ちょんぎります。すばらしいコンビネーション。
柳生に人質にとられ、井戸に落とされても全然動じませんからね。大五郎は。

次なる相手は弁・天・来3人組。
武器は鉄の爪、とげナックル、鉄のこんぼうというもはやこれは時代劇なのか
なんなのかさっぱりわかんないことになってまして、その殺しっぷりも
すさまじいです。最後は一刀と砂丘での対決が待っているのですが、
頭はぱっくりわれるわ、血しぶきがすごいことになってるわで
びっくり&大爆笑でした。

ちなみにひとり逃げた鞘香ですが船の火事で拝親子と海に落ちます。
海からあがり小屋に逃れるもいきなり服をはぎとられる鞘香。
そんな大ちゃんの目の前でーーと抵抗するも、結局寒いから3人かたまって
暖をとるだけというオチが待っておりました(笑)

いやーーーおもしろかった。超スプラッタだけどこれだけ笑えて、なおかつ
若山富三郎の殺陣は最高だし、すばらしかった。

本日初日!

20080119210211
といえばジョニデの「スウィーニートッド」かと思いきやさにあらずーー

ワタクシはひとり阿佐ヶ谷へ。
「子連れ狼三途の川の乳母車」本日からであります!しかも夜1回のみであります。
岸田森フォーエバーであります。

飲んで飲んで飲まれて飲んでー♪

上野で江戸前寿司をご馳走になりました。

う…うまかったぁ…。つれてってくれたのがティモンみたいな生粋の江戸っ子親父で
「お品書きにないもんを頼むのが寿司やなんだよ」とかいって本当に
勝手に注文しまくりだったので、田舎ものの私はいいのか本当にとか思いながら
ビクビクしながら白子焼きやズケにぎりやあぶり寿司をいただきました。
最後は玉子焼きに明太子はさんでもらいました。

で、浮かれてたらまたも終電を逃し、マン喫におります…。
ぶっちゃけ東京にきてからもう数回マン喫で夜をすごしております。
とっとと帰ればいいのはわかってるんですが、明日は久々に土曜休みだし
ま、いっかーと。

それにもう自分で漫画買うことないから、こういうときにまとめ読みするのが
また楽しいんですよね。よしながふみの「大奥」の最新刊はおいてるのかな?
「デトロイトメタルシティ」も一気に読んじゃったし。さーこれから朝まで
また一気読みです。

「ライオンキング」福岡シティ劇場1/16②わっしょい肉食獣フェス

2幕。客席に走る一筋の風。そうです賀山祐介ショーです。
あーーーーー賀山さんのワンバイワンは本当にいいなぁ。
そうそう深堀さんが9枠なんですけど、(多分7枠さんが欠番だから
実際にやってるのは10枠)腹出しセパレーツ衣装がめちゃくちゃ似合う。

1幕ですっかり人気者になったティモプン。
「ジャングルーのなかーでライオンのねむっとる~♪」て登場しただけで爆笑が
おこります。でもシンバは…
「こん毛むくじゃらどげんしたとーー」
「もやもやがうろうろしとーとたい」

田中シンバも東京よりこの2人とのシーンはセリフの言い方も大げさ目。
川を渡るティモン。「衛星中継も用意ばしとってください」って
結局流されて「助けちゃれーー」プンバァも「どげんしたらよかとね」
シンバボケーーーー状態なんですが…
なんか方言のせいか全然緊迫感がなくてますますおもしろいことに。
シンバ「僕のせいで死んだ…」
ティモン「死んどらんばい!」(爆笑)    
  「なんもしてくれんでありがとうねーーはーーありがとう」(笑)
     ↑この言い方がまた絶妙。
その後「辛抱しやいて。今晩な眠りんしゃい」
プンバァは~しゃるってよく使ってました。丁寧な言葉です。
ティモン「メシも食えてくさ、川もしぇしぇらいでると!」
~くさもよく使ってましたね。

さて一方プライドロック。ナラに迫る村スカーがまんま悪代官(笑)
ところがここでスカーマスクが額のマイクに接触したのがことのはじまりか
マイクがこすれるような音がしたかと思うと、いきなり接触不良をおこしてしまいました。
村さんもマスクおさえたりしてましたが、マイクが入ったり、死んだり。
ナラのマイクで音を拾うも結局ナラはスカーから離れるので、
最終的に「お前らみんなぁオレのものだぁーーーー」は
村さんの生声が響いてました。
私は後ろのほうに座ってたんですが、きちんと聞こえました。さすが村さん。

「愛を感じて」も
「2人は落ちるじぇ、恋に♪」「甘いしゃしゃやき、抱き合う2人♪」だから
ほのぼのします。あ、コスチューム王子こと深堀さんですけど
あの微妙な愛を感じて全身タイツすら吊られながら着こなしてますからね。すごい。
青山ラフィキは2幕でも絶好調。杖を一生懸命背伸びして持ったりして
笑いとって、相変わらずおもしろいです。
それからティモンが「おなごんなりでチャールストンば歌えゆうとね」っていうのも
爆笑でした。

シティ劇場は奈落が浅すぎて、プライドロックは袖からでてくるんですが
ほかにもガゼルやティモンとかムファサ遺体ですら据え置きでした。
怖そうだったのが基本下手からでてくるプライドロックが1幕ラストあたりだけ
上手からゆっくり移動しつつ、村スカーがプライドロックをのぼるとこ。
ここでは悠然としていた村スカーですが
さすがにラストのシンバとの対決シーンは足元みまくり(笑)
怖いのはわかるけど見すぎです

唯一かわゆいシーンでした。
「大丈夫、だめだ、大丈夫。だめだ」のとこもかわいかったですけど。

カーテンコールは平日ソワレだというのに大盛り上がりの
オールスタンディングオベーション。ここで誰よりもうれしそうだったのは
プライドロック上の布施さんでした。で、意外とつらそうだったのは
深堀王子でした。キリンの頭が重そうだった。キリンというより生まれたての小鹿。
そしてバンザイフードをとった江上さんとギドンさんがまるでエドが2人いるよう。
2人ともヒョロ長くて兄弟みたいでした。江上さんあんなに威勢のいいバンザイなのに
フードとったら普通のお父さんみたい。

とりとめのないレポになってしまいましたが、本当にいってよかったー
福岡肉食獣フェスティバル最高っ。このキャストなら交通費だってホテル代だって
全然惜しくない。作品もいいけど、やっぱ役者さんは大切ですよねぇ。

ラフィキ      青山弥生 ムファサ     芝 清道
ザズ       岡崎克哉 スカー      村 俊英
ヤングシンバ   福島滉史郎 ヤングナラ    四宮なぎさ
シェンジ     孫田智恵 バンザイ     江上健二
エド       イ ギドン
ティモン     藤川和彦 プンバァ     川原洋一郎
シンバ      田中彰孝 ナラ        熊本亜記
【男性アンサンブル】
布施陽由 賀山祐介 羽根博司 武智正光
太田浩人 阿川建一郎 星野光一
大森瑞樹 深堀拓也 田中宣宗
虎尾信弘 平田郁夫 沢樹陽聖

【女性アンサンブル】
西村麗子 佐伯真由子 合田友紀
キム ヒョジョン 小林英恵 池田祐子
イ エリン 黒木ますみ
朴 哉垠 キム ユジョン
岩沢英美 小松陽子 木内志奈

「ライオンキング」福岡シティ劇場1/16①贅沢のきわみ大御所キング!!

シティ劇場1階の前方扉は両脇に1箇所ずつ。
そこでレイヨウは2人とも2階客席に登場します。
シティ劇場の2階席は日生劇場のように両端が少し飛び出していて
そこにも客席(L・R席)があるのですが、ちょうどその先に出現。
私の座っていた位置からは阿川さんはみえなかったのですが、賀山さんはバッチリ!
ベテランレイヨウズの2人ですが私は久々だったのでテンションあがりました。
しかし賀山さんが開幕当初から福岡にいるということは…
もしや福岡ティモンのお稽古もしてるんでしょうか??
福岡だけにもうしばらくくることもなかろうと思っていたけど
賀山ティモンが「わいたーーー!!」とか「しぇからしかー」とか言うかと思うと大興奮!!コミカルな賀山さんてみたことないから
想像もつかないけど猛烈にみたいぞ。そして阿川レイヨウの笑顔に癒されました。
悪役もいいけどやっぱ阿川さんはこっちだ。

中央のプライドロックには縮毛矯正サラサラストレートヘアーの芝ムファサと
麗子サラビ。さすがにムファサだから腰ふったりしないのか。ちぇーつまんない。
アクがなくてモジャってない芝さんはかっこいいけど
なんか物足りない気分と思っていたのですが、
これがこれがものすごくよかった。
多分今までみたムファサの中で一番リアルにパパライオンです。
王様の威厳はもちろんあるんだけど、ヤングくんとのアイコンタクトひとつひとつが
かわいくてしょうがないって表情するから胸キュンですよ!ゴンゾみたいな
いたずらっこっぽい笑顔じゃなくて本当に日曜日のお父さんみたいな顔。
素の芝さんを垣間見た気分。おかげで久々にムファサご臨終シーンは泣きました。

その弟村スカー。この2人のシーンの迫力といったらもう。
芝ムファサの響く声と村スカーの低音ボイスを随所で堪能。
で、村スカーですけど、
うわーースカーマスクと村さんの顔が大体同じサイズッ…
というのはさすがに言いすぎですが、
頬のシャドウが全然シャドウの役目を果たしていないのが素敵でした。スカーって劣等感があって、ずるくて、小悪党キャラですが、
村スカーに関してはそういうチョコマカしたところは一切ありません。
完全にボスキャラ。大魔王様。
そしてハイエナの言うように妙に品のあるライオンであります。

青山ラフィキはすばらしかった!こんなに笑いの多いラフィキ初めてみました。
間やしゃべり方が本当に絶妙。クリックもきれいに入るし、さらに動きが
「年老いた小猿」なんですね。ラフィキのキャラクターを再認識しました。
オリジナルはやはりすごい。
ヤングシンバくんは表情が豊かでかわいかったです。ヤングナラちゃんは
結構せりふがたどたどしかったけど、東京のナラちゃんたちは
皆お姉さんぽくてしっかりしてるからなんだか新鮮でした。

そのほか1幕の見所。
・岡崎ザスはマジメ。ザズにしては物足りない気もするけど一番執事っぽい
・この前ヒューゴ鈴木さんでみた枠に武智さんがいたのでなんだかおもしろかった。
 武智さんは草にしろ、ワンバイ衣装にしろどうしてこんなに似合うのか。
・ヤングくんたちが「水のみ場にいってもいいでしょーおねがーーい」
 のあたりのくだりの佐伯雌ライオンがダレよりもニコニコしてて
 YOUが行きたいんじゃないの本当はと思った。
・「覚悟しろ」のハイエナダンスのあと、村スカーはガーーーっと歌い上げます!!
 まさかここで村さんリサイタルになるとは。 
 象の墓場がオペラ座の地下状態です。セリフっぽく歌うことなく、
 全部大迫力で歌うスカーに感動。なんたる贅沢。村さんスカーやるより
 歌が堪能できるムファサのほうがいいのにと思ってたけどこういうのもアリなんだ
 とびっくりしました。

さて、ここからが福岡公演だけのお楽しみ。福岡ティモンと福岡プンバァです。
基本的に博多弁をはじめとする福岡各地の言葉をベースに佐賀弁とか熊本弁も
入ってました。鹿児島や宮崎南九州の言葉になると、まったく違ってくるので
さすがになかったと思います。それにしてもおもしろかった。
甲高い声でまくしたてる藤川ティモンにのっそりしゃべる川原プンバァ。
私は南九州人でネイティブじゃないんで細かいとこまで
セリフ覚えられなかったんですがこんな感じで冒頭から爆笑しました。
プンバァ「こん子飼いたか」
ティモン「こんバカちんがー 太かなるったい!」みたいなノリで。
幼虫は「カシワんごた味」って言ってました。
そこで子シンバまで「ぬるぬるするけど…うまか!」
子供はすぐ順応しますね。
「悩みけとばすー生き方ばいーー♪ハクナマタター♪」と歌います。
そこ「ばい」いらんとじゃなか??(笑)ちなみにもちろんハクナマタタの意味は「心配なかばい」です。
そしてあっという間になじんだシンバですが、どういうわけか大きくなると
また標準語に戻っているのでありました。この2匹と生活してたんなら
シンバも博多弁になるはずだけどなぁ。

悩みけとばす生き方ばい♪

こっちもウィキッドに負けてませんよ!
平日ソワレでオールスタンディングオベーション!
大御所だらけのライオンキングすごかった。
笑いとりまくり青山ラフィキ、超パパモード芝ムファサ、いまだかつてここまで歌い上げるスカーみたことないぞ村スカー、さらにさらに二階から美声を響かせる賀山・阿川レイヨウ、博多弁でテンション高い藤川ティモンに川原プンバァとかあのひとこのひと…
うあ~目が足りない!

結論・きてよかった。

あ、村さんと熊ナラの場面でスカーのマイクが死んじゃって思わず村スカーの生声聞いてしまいました。私、うしろのほうにいたのにさすが村さん普通に聞こえました。
村さんの両手バイバイが可愛かった。
今回かなり村スカーがおもしろかったっす。芝ムファサは想像できたけど村スカー意外に好きかも。小悪党ぽくなく、大魔王って感じ。
でも足元気にしながら後退ってんのはかわいかったです。

ティモン「明日も早いからはよ眠りんしゃい!」

この祈りこそ私の道しるべ

20080116181853
やっぱ九州は落ち着きますわ~
ご飯どころかお茶まで付き合っていただきあっという間に開演です!
福岡限定お菓子はさすがに今回はないか。

そうだ!そーーうなんだーーー

某日、私は画面を開いたまま、必死に自分を押さえていた。
そうこうしているうちにも残り少ない枠がなくなっていく。
落ち着くんだ。まだ早すぎる…と思いながら別サイトへ飛ぶ。
撤退したときに散々こき下ろしたスカイマークエアラインズだが、
結局こういうとき頼りになるのはここだけである。
と、なんということだ。スカイスペシャルが(スカイマークの安便)
残っているではないか。
これはもしかして呼ばれているのかもしれない。
うん。きっとそうだ。そうに違いない。確信した私はまたさっきのサイトに戻る。
たった数分の間にまた1つ枠が消えていた。えええい、人間勢いが大切だ。

ポチ。

080115_2007~01



080115_2007~02



080115_2009~01


心配ないさーーーーー!!!!!


私の頭の中と後先考えない行動が心配ですよ。
ポチったのは福岡初日の日です…。
ほらそういうことに関しては行動早いからまんまとね。
しかも急に休みはとれないし、そもそもチケット自体が少ないから
いける日と残ってる日で考えたら平日ソワレのみだったと。
毎度のごとく翌日は福岡から出社です。そして行きも帰りも最安便なので朝1便。
夜公演なのに朝8時半にはもう福岡にいるという(笑)
どうやって時間つぶそうと思ってたら、ありがたいことに
ご飯つきあってもらえることになったのでよかったです。

福岡行きをここで言い渋ってたのはですね…週はじめ公演なんであんまり浮かれてると
ほら。先週の「ウィキッド」タクジさん逃げられ事件みたいなことになりそうで。
九州だから本州ほど頻繁なキャストチェンジはないと信じてますが、
祭りはいつか終わります。それは半年後かもしれないけれど、明日かもしれないと
いうことも身にしみてわかっているので、悩む前に行っとけというわけです。

…シティ劇場…「夢から醒めた夢」以来だ…。ホワイエでなんかいろんなものが
走馬灯のようによぎって涙目の人がいてもそっとしといてください…。
なんだったら福岡でシンバで出戻ってきてもいいんだよ。
今、福岡は裏切り親分が仕切ってるから裏切り一族は喜んで迎えてもらえるはず。
それにうまい具合に上出さん、トモさん、佐藤さんユダ派の弟子も全員LK班だし。
ユダ一家のライオンキング開幕だーーー。
では書き逃げしていってまいります。
明日4時半起きです…。

ボルベール <帰郷> バッド・エデュケーション

見逃してたボルベールが再映されたので行ってまいりました。
高田馬場の早稲田松竹では1月18日までペドロ・アルモドバル監督特集をしています。
「バッド・エデュケーション」と2本立てだったんですが、この並びはよかったーー
どちらもあっと驚く展開と愛憎うずまく内容で、よく似てるんだけどアルモドバルを
堪能するには最高の2本でした。

ボルベール <帰郷> (2006西)
VOLVER

監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ペネロペ・クルス カルメン・マウラ
ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョ

ペネロペ・クルスがとにかく綺麗。見た目の美しさももちろんですが、
生活感がちゃんとあって、一生懸命働く母の美しさなんですね。
かなりヘビーな事件がまっているんですが、女性たちのたくましさに、なんかそれ自体
どうでもよくなってしまうというか、あくまでもエピソードのひとつになってる
ということがすごい。女性は強い。そして美しいということをあらためて感じました。

バッド・エデュケーション (2004西)
LA MALA EDUCACION
BAD EDUCATION

監督: ペドロ・アルモドバル
出演: ガエル・ガルシア・ベルナル フェレ・マルティネス
ハビエル・カマラ ルイス・オマール

この監督センスがいいなぁとおもうのはタイトルバックで、この作品のコラージュっぽいのも
すごくかっこよかった。
さて、ボルベールが女だらけの映画ならこの映画は男だらけの映画です。
というか男しか出てきません。男同士の愛と憎しみと過去。
久々に再開したイグナシオとエンリケ。イグナシオの書いた
脚本によって過去の記憶がよみがえります。
このリアルなゲイ描写とかみてるとあのセンスのよさといい、監督自身が組合員なのかなー


この2本。まったく別の映画でありながら、ヘビーな過去を持つ点や、
それが明らかにされていく過程などすごく似てます。
そしてサスペンス的な展開だったりするのに人間ドラマとしても秀逸。
またスペイン語が耳に心地いいんですね。

祝日ということもありますが館内は満員に近く、アルモドバル人気の高さを感じました。
早稲田松竹は今月末は「未来世紀ブラジル」の上映もあるし、
今後のラインアップも期待してます。

明日も仕事だーーーーーっ

ウンパルンパは本当にかわいね。←「チャーリーとチョコレート工場」
でもかわいいっていっても男も女もみんなあの顔だし。
最後にナレーターまでウンパルンパだったのには笑ったなぁ。
このお話は1971年にも「夢のチョコレート工場」という題名で映画化されてて
こっちのウンパルンパは本当に小さい人たちが演じています。
そういえば「オズの魔法使い」のマンチキンもそうですよね。
それにしてもあのウンパルンパやってるディープ・ロイが常に真顔なのもおもしろい。

あぁ…同じようにCGを駆使してできないものだろうか。
ドキッ!芝さんだらけのライオンキング
レイヨウの芝さん、シマウマ芝さん、サイ芝さん、キリン芝さん、
バードレディ芝さんが大集合したサークルオブライフに始まり
ヤング芝シンバにヤング芝ナラの「早く王様になりたい」
芝スカーと芝ハイエナズ(ここウンパルンパぽいですね)の「覚悟しろ」
「心配ないさーーー」てとびだす芝シンバに芝ティモン(あ、ここは地毛で)芝プンバァ
なんだかモヤモヤする若さ爆発芝シンバに全身草タイツ芝さんズ。
もちろん愛を感じてではセクシーダンスを披露。

楽しそうだなーーーどの役やってもおもしろそうだもんなーーー
…すみません今週は土日出勤でどうやら疲れているようです。

でもマジメな話、芝さんの「ワンバイワン」は聞いてみたいなぁ。

ちょっと笑ウセールスマンみたいだった。どーーん。

わーーーーん 泣いたー「チャーリーとチョコレート工場」チャリチョコ大好きだ。

さて、きのう深夜からたのしみにしてた「墓場鬼太郎」が始まりました。
「ゲゲゲの鬼太郎」の人間の味方のみんなのヒーロー鬼太郎ではありません。
人間を不幸に陥れるダーク鬼太郎です。初回は鬼太郎が墓場から生まれる
エピソードから始まります。ちなみに有名な話なんですが、目玉おやじは
もともとああいう姿なんじゃなくて、幽霊族である父母が死んで、ひとり生まれた
鬼太郎が心配でその魂が目玉に宿ったんですよね。マンガで読んだことは
あったんだけど、実際、アニメで目玉がポロリと落ちて目玉おやじになったとこは
感動しました。で、生前のお父さんは普通の声なんだけど、
目玉おやじになったとたんあの声に(笑)爆笑しました。
そうです声優さんもおなじみの田の中勇さんなんです。まぁ親父はいいとして
鬼太郎もオリジナル版の野沢雅子さんだからダーク鬼太郎の怖さが倍増。
来週はネズミ男がでてきそうな気配です。なんてったって鬼太郎とか水木しげるの
妖怪図鑑とかで育った私ですから、めちゃくちゃ楽しみです。
朝やってるアニメの鬼太郎は絵柄が受け付けません。
あれは水木鬼太郎とは別物。

「ウィキッド」電通四季劇場1./9③とにかくダレでもフィエロをやってみればいいと思う

制服タクジくんを見そびれてしまったワタクシですが、
ウィキッドのアンサンブルさんたちもみんなカッコイイ。
開幕以来永野さん人気が大爆発してるらしいと聞いていたのですが…

ははーーーん、なるほどーーー、こりゃ人気でるはずだわー

とにかく目立ってひときわカッコイイ。さらにサルのチステリーもやってるし。
ダンスはもちろんのことながら、チスのサル動作がめちゃくちゃうまいっ
リボンくるくるしたり、裾のながい衣装着て踊るのもかっこいいし、
この枠は大変だろうけど目立つ!
ただ、学生服姿ででてきたとき、一瞬「ズボンはき忘れたの?」て思いました。

あと…ディラモンド先生ー
どうみても大学8年生の先輩がまじってますーー
でも脇坂先輩制服普通に似合ってる。よかったよー学ランじゃなくて。
菊池先輩や遊佐先輩だってまだ現役だし、脇坂先輩もまだまだ大丈夫
現役もなにも菊池先輩たちにいたっては中学生だしね。
脇坂さんはさすが衛兵姿がサマになってました。軍服系は似合うなぁ。

それから三宅さんのこの手の演目のなじみっぷりと年齢不詳っぷりが相変わらずすごい。
そういえば三宅さん鹿児島出身だからぜひLK九州四季一座にもお越しください。
あと品川さんの頭はアレで正解なんですか。ハンズのパーティグッズかと思った。
あとですねぇタクジさん枠の蔵人さんはおかげさまで見失わなかったよ。あははははは

グリンダに思いをよせる金田ボック
あまりのボックっぷりがすごかった。似合いすぎです。
そしてエルファバの妹山本ネッサ
小夜ちゃんよりこっちのほうが似合うなーお顔立ちのせいかしら。
あ、お顔立ちといえば山本ネッサってなんとなく
2時間サスペンスとかに出てくる役者さんぽくないですか?
私2幕で絶対ボック刺されるって思ったもん。コワカッタ…。
でもあの最期…。かわいそすぎる…。

武見ディラモンド教授は今日もダンディでした。カテコでヤギ脱いだときの
客席の「いやーーうっそーまさかのダンディーー!!」の空気をひしひし感じました。
また乱れ髪を直すとこがかっこいいんだ。武見さんて「夢から醒めた夢」の
おじいちゃんですらありえないダンディっぷりでしたからね。しかも
ロビパフォのオルガン叔父さんのときは2ショットとると、
もれなく肩なんか抱いてくれちゃったりしてさ!
武見さんフィエロやればいいのに(真剣)

はい、本日の大トリはもちろんこの方。
栗原オズ閣下。ひょこっとあの装置の後ろからでてきた瞬間にもう、こりゃヤバイと。
それからはひたすらオペラは栗様狙いで!さすが名前にヒーローがつくだけありますよ。
ロングコートがまた似合ってて素敵なんですよ。2幕で悪い魔女にされたエルファバに
やり直そうみたいなことをいうじゃないですか。
あそこは松下さんなら本当にお父さんにみえて思わずホッコリしそうだけど
栗様はどうみても口説いてるようにしかみえない(笑)
オズって歌も結構あるし、意外とオイシイ役でもうこれだけでも
来た甲斐があったと思いました。最近おっさん役が多いけど
栗様フィエロやればいいのに(切実)

この日、平日ソワレにもかかわらずものすごい盛り上がりでした。
サル面とったら永野さんがでてきたっていうギャップに加え
カテコではその永野さんがチスのお面をパクパクしてたんですが、
次幕があいたときは孔明さんが持っててパクパクしてたら
ヨコから永野さんも一緒にもって2人で高くかかげてました。
で、最終的に永野さんがチスを客席に投げるフリして笑いとってました。
…あぁこりゃ人気でるわ…。

グリンダ          沼尾みゆき エルファバ         濱田めぐみ
ネッサローズ       山本貴永 マダム・モリブル     武 木綿子
フィエロ           李 涛 ボック            金田暢彦
ディラモンド教授     武見龍磨 オズの魔法使い     栗原英雄

清川 晶 嶋崎孔明 永野亮彦 成田蔵人
脇坂真人 白倉一成 品川芳晃 上川一哉
三宅克典
有美ミシェール 間尾 茜 あべゆき 宇垣あかね
黒崎 綾 由水 南 石野寛子 柴田桃子 遠藤珠生

「ウィキッド」電通四季劇場海1/9②グリンダとエルファバとフィエロ

善い魔女沼尾グリンダはあのテンションであの歌で開幕以来シングルで
ぶっつづけにやってるというのがすごい。セリフも多いし、大変だと思います。
グリンダってただでさえ日本人にはいないタイプなのに、
やってるのがあのサバサバした沼尾さん。真逆のタイプでしょうね…。
しかし開幕時のNHKの番組のときより当たり前ながら
かなり間の取り方とかしゃべり方とかおもしろくなってました。
コメディはやればやるほどおもしろくなりますよね。ただ四季の場合はアドリブが
入れられないっていうのが最大の弱点だと思うんですけど。
どこかのしゃべり方が友近のキャサリン口調だったのがすごいウケた。
なだぎフィエロ自転車に乗って登場。
沼尾グリンダ「今、エルファバって言った」
なだぎフィエロ「んぁ、いや、言ってない」
沼尾グリンダ「確かに言った」
なだぎ「いや、この俺が、エルファバなんていうはずがない」
沼尾グリンダ「じゃあ、このオズ国旗に誓える?」
みたいな。
どこかの番組企画してくれないかしら。青木ディミみたいに終演後とかに。
と脱線しましたが、また沼尾さんが憎めないかわいいキャラなんですよね~

一方の濱田エルファバ
アイーダ千秋楽以来だから1年ぶりの濱田さんです。
歌声聴いた瞬間涙でた。濱田さんは各劇場に1人ずついてほしいくらいだ。
疎まれて強がりながら生きてきたけど、実は普通の女の子のエルファバが本当に
かわいらしかった。そして信念の強い役をやらせたらさすがとしかいいようがない。
1幕ラストの迫力にまた泣きました。

李涛フィエロ。ええと。シンバのときは全然気にならなかったんだけど
結構訛ってるん…ですけど…。秋アイーダよりヤバイ…。
あぁ王子はアレだ。別の国の留学生だからだ。
じゃあ、アンサンブルでキャスティングされてる
ユホンさんもフィエロやればいいのに
世間が認めなくても私が認める。
歌声はめちゃくちゃスキです。シンパイナイサーの登場もおもしろかった。
あとなにげにオープニングにもいるんですね。
キャラ的には阿久津フィエロがハマりそうだけどなー。
福岡ラダメスはかなりお兄ちゃん風味だったけど
京都でみたラダメスはフィエロとなんかかぶる。
かぶるといえばこんなときに勘違い色男ガストンを好演したあの男がいたら…。
リアルに超アメリカンハンサムガイだったのにっ
心配ないさーでも笑いとれるのにっ
と話はそれましたが、早く北澤フィエロにもお会いしたいものです…。
北澤フィエロ王子かっこいいんだろうなぁ。
相手が沼尾グリンダだったりなんかするとまた思い出して爆笑しそう
オペラ座イベント時の超男らしい沼尾さんと女子高生のような北やん
仲良し同期コンビを(笑)
ここ参照

「ウィキッド」電通四季劇場海1/9①いまさら初ウィキ。

卓くん一郎かーーー←ユタ
どっちにしても今度も菊池親分に舎弟2人という図だと思いますが。
普通に考えて遊佐さんのルフウ抜けですね。

さて、ウィキッド開幕して半年以上たってるし、ネタばれしても大丈夫ですよね?
ミュージカルって基本的にストーリー、音楽知ってること前提で
みてる方多いと思うんですけど、この物語は
あまりにもオズの魔法使いへの伏線が多いから一応おことわり。
↓以下注意







で、さっそくですけど
白倉さんがダンナで栗様が愛人てママンすげっ!!(いきなりそこか)
ママンモテモテじゃないですか。超うらやましい。
あれが松下さんだったら、うそ、アタシ信じないわーとショックのあまり
泣きながら飛び出しそうですが栗様だったらおおいに納得
ちょっとあの愛人、旧衣装のペテン師スリッパぽかったしー
いいなーママいいなー……と、個人的願望はさておき。

この物語、どう考えても「オズの魔法使い」を知ってること前提じゃないと
理解しえない
お話です。だっていきなりドロシーが悪い魔女を退治したところから
始まるわけで…。てっきりドロシーがくるずっと以前の話だと思ってたら
2幕は完全に「オズの魔法使い」と同時進行。

豪華で華やかでいかにもBWミュージカルといった衣装や舞台装置、
そして友情とか差別とか噂だけで扇動される民衆たちの愚かさとか
孤独に真実を貫くか周りにあわせて人気者として生きるかとか
内容的にも心揺さぶられる舞台ではありましたが
これ、正直よく日本で上演しようと決断したなぁ。
アメリカではオズって国民的物語だからそりゃあ受けるだろうけど
知名度の低い日本では意味不明な箇所がたくさんでてくると思います。
重要な鍵を握るドロシーだって結局誰やねん状態だろうし。本人影だけの出演だし。

ミュージカルの観客はほとんど女性だからということで
完全にターゲットしぼってきたんだろうけど
事前に「オズ」みてたほうがいいよレベルじゃないくらいリンクしすぎです。
汐留の客層では大成功だけど、地方持っていったらどうなんだろうと思いました。
そういうわけで、日本でこの舞台をひっぱるのは
グリンダとエルファバに大きくかかってると思います。
いかにこの2人がオズを知らない日本の観客をひきつけられるか。
しかも歌にしろ演技にしろかなりの難役。
沼尾グリンダ濱田エルファバ完璧でした。
劇場内は笑いと拍手につつまれ、1幕が終わったあと
私のまわりの席の人たちの口からでるのは「すごい」の言葉だらけ。
まるで自分たちが魔法をかけられたよう。

そして開幕から半年以上もたつというのに、平日の夜公演だというのに
場内大盛り上がり大スタオベ祭りにびっくり。毎日こうなの?
作品の力もさることながら、この日しみじみ感じたのは
役者さんたちの力のすごさでした。

そうだった。四季はこうだった。

引っ越ししてからただでさえ遠い通勤時間さらに10分増。
朝の10分は大きいです。なんのために引っ越ししたのだろう…。
反対周りならもっと短時間でいけるんだけど、どうしても
寄り道ルートがはずせない。
しかし汐留は近くなりました。
というわけでダッシュで会社を出て
開演30分前には汐留について軽くごはん。

オペラ座以来の海劇場のホワイエは相変わらず狭くごったがえしていました。
さっそくキャストボードをみて…
キャストシートをみて…
もう一度キャストボードをみて…
キャストシートをみて…
三島のユタのときみたいにスタッフさんがキャストボードの名前
交換にこないだろうか
と3秒ほど真剣に考え…

た…タクジさんは何処へ…。

これは悪い魔女の仕業か
それとも竜巻に飛ばされたのか
それともミスタークリハラックスのスーパーイリュージョン!なのか

初ウィキなのにテンションさがってます。さがりすぎてちょっと半笑いです。
しかもパンフは1800円(会員価格)もしやがるんで怒り倍増。

しかし…
1幕ラストでもうボロボロ泣きましたさ。
2幕のラストはハンカチ握り締めて号泣でしたさ。
濱田エルファバすごい!沼尾グリンダすごい!
オズの魔法使いになじみのない日本では、この演目は
2人の主役の力量にすべてかかってると思いました。
あとねぇ、栗様フィエロやればいいのにと真剣に思ったよ。
栗様かっこよすぎ。ひどいなママンと思ったけど栗様なら納得だ。

に…

逃げられ…た…グフッ…
ふ、復活の呪文を誰かかけてくれ…

オーバーザレインボー

「ぷっすま」でたまにやってる『昔話を正確に語れるか』というコーナーがあります。
なんとなく覚えてるようで実は細かいとこがあやふやな昔話の数々。

「オズの魔法使い」なんかまさしくそれで、私の記憶のなかのオズは
ドロシーが竜巻にのってたどり着いたとこでライオンとカカシとブリキと旅する。
以上。

最終的にウチに帰るってのは覚えてるんだけど、
よい魔女とか悪い魔女なんかでてきたことすらまるっと忘れてました。

そんな登場人物がいたことを知ったのは1990年のアメリカ映画
「ワイルド・アット・ハート」
ニコラス・ケイジとローラ・ダーンを唐突に現れる善い魔女が励ましたりして、
でてくる意味よくわからないけどデビッド・リンチ監督だし
「でた!意味不明キャラ」と思って流してしまったんですが
この映画は実は「ウィキッド」ばりにオズの魔法使いへの複線が張られていたんですよね。
ちなみによい魔女を演じたのは、「ツイン・ピークス」で
世界一美しい死体として有名になったシェリル・リー。
この年のカンヌ映画祭でパルムドールをとった作品でもあります。
私はとっても好きな作品なんですけど、えー正直オズ関連だと思ってみると
痛い目にあうのでお勧めはしません。

で、いまさらなんでこういう話をしてるかというと、やっと明日初ウィキッドなのですよ…。
さっき駆け込みでもう一度「オズの魔法使い」をみて、予習完了。
曲は劇場でみるプロモでちょろっと聞く意外まったく知りません。
ストーリーはなんとなく知ってる程度。なんか濱田エルファバかえってきたようで、
とりあえず最初はオリジナルの2人でみられることになってうれしいです。
あと栗さまオズーーー。ウィキッドのオズがどういう役割かわかりませんが
「オズの魔法使い」のオズ様キャラならぜひともここは栗オズは「はだかの王様」の
ペテン師スリッパのヅラと衣装ででてきてほしいわー。個人的に。

真の裏目的は卓爾くんの小芝居見学です。遠いから見失いそうだ。

あとやっぱ「オズの魔法使い」っていうと思いつくのは
早見優ドロシーとか安達祐美ドロシーよねー
たしかこれでカカシやってた黒田アーサーとつきあったんだった。
その翌年は石川禅さんがライオンだったなんてみたかったなー

ボス…恐ろしい子(白目)

私は今、わかるのだ。あなたのことがすべて。

「おもしろいのを考えたんだよ」

ってまた今回もボスの鶴の一声で決まっちゃったんだろうな。
村スカーに芝ムファサ。絶対ボスも本当は反対の役をキャスティングしたほうが
はまると思っていたに違いないんだろうけど、そこはほら。いつものボスだから。
もしくは前日にガラスの仮面の24巻あたりの「ふたりの王女」決定編でも
読んじゃったんでしょう。月影先生以上に底知れない人だ。

「覚悟しろ」で舌ベロベロだして腰振ってる芝スカーがみたかったよー
で、ムファサが死んで悲しんでるヤングくんに
「行ってこいあんたどこへでも行ってきなさい 
おいちゃんあんたの事は甥がおらん事になっても何も寂しゅなかよ
シンバひとつだけ言うとくがな 人様の世の中でたら働け 働け 働け シンバ
働いて働いて働きぬいて 休みたいとか遊びたいとかそんな事おまえいっぺんでも
思うてみろ そん時は そん時は死ね それがライオンぞそれが男ぞ
今も~聞こえる~あのおいちゃんの声 僕に人生を教えてくれたー
やさしいスカーおいちゃん♪」(挿入歌・叔父に捧げるバラード)

あ、なんかうっかり心あたたまる話になってしまいました。

で、「さらにおもしろいのを考えたんだよ」

って九州出身者で固めちゃったんだろうなー
じゃなかったらこんな贅沢でこんなおもしろくて
こんな年齢層の高いメンバーなんてありえない。
まぁ芝ジーザスみたいにおもしろいことを考えてパンフにのせた時点で
終わらなくてよかった。芝さんあんなにやる気満々で髪の毛のばしてたのにねー

なんだかんだいいつつJCS組はほとんどLK班にかえっちゃったなぁと思っていたら
白子組で8月7日群集デビュー(この日リハ見だったから覚えてる)の
酒井良太くんがいつの間にかユタの新太になってた!すごい大出世。
変顔がんばってください。いじめっ子男子、菊池大作に遊佐一郎に
酒井君新太ってすごいトリオになってます(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。