よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2007年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年07月
ARCHIVE ≫ 2007年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2007年07月  | 翌月 ≫

きょうのつぶやき

ネットがつながらないのでレスだけしにネカフェにきたら…
JCSオフステ!アーーンドリハ見!
しかもアタシその日のチケット持ってる!
でも会社帰りだからリハ見いけない!

…ちぇ。

パソコンちょっと修理にだすのでメールのレスやら
ここの更新やら滞るかもしれません。すみません。

またもネットがつながりませんの…

そういうわけでレスできなくてスミマセン。
上手はご存じユダ席です。エルサだとスーパースターも目の前で歌ってくれるので非常に楽しいのですが、ユダといえばやはりカテコ。腕を振り上げながらバチバチウインクするスンラさんが強烈すぎて夢にでてきそうです。あぁはやくまたあのはじけたスンラユダがみたい。微妙に昭和のノリなのがまたくすぐります。

ジーザス・クライスト=スーパースターエルサレムバージョン 7/28 いきなりやってきたー右からやってきたー 

初日です。エルサパンフはジャポのチケットもあるので
タダでゲット。稽古写真はなく、舞台写真は前のものでした。
前といってももちろん吉原ユダはのってません。
ユタも全国公演版になったそうなので見本をみましたが
パラリ…西門ゴンゾ。バラリ…西門ゴンゾ。パラリ…西門ゴンゾ。
多分今回出るとは思えない望月ユタの写真まであるのに伊藤ゴンゾの写真ゼロ。
ちぇーもう買わない。そして遊佐さんは大作と一郎の写真があるので
どこのページにも遊佐さんがうつってるある意味遊佐さん写真集みたいになってます。
あと大ちゃんユタがおそろしく絵になってる。

さて、舞台は急傾斜の荒野が広がっています。
基本的にアンサンブルさんたちの立ち位置は変わってませんでした。
というわけで答えあわせです。
武智さんはやっぱりあのヒトだったよ!
(7/23レポ参照。市場では手前にいます)
カンシモンはやはり圧倒的にエルサはカッコイイ。
というかジャポメイクだと怒ってても笑ってても顔が怖いんですもん。
そして中央でビクゥッビクゥッってしてるオッサン。
…いやいやいやオッサンじゃなくてスンラユダ。なんか老けた?
どうもあのキレイに整えたムーディ勝山みたいなジェントルヒゲ
原因だと思うんです。ジャポメイクだと気にならなかったんだけど。
無精ひげだったらもっと若いと思う。
ちゃらちゃっちゃちゃらっちゃー
右から右から群集がきてるー ジーザスはそれを左に受け流すー♪(ムーディ金森)


さて、ムーディはおいといて、今回何がびっくりしたって飯田カヤパ
ペテロからカヤパって!キャラが違うとかの前に音域が違うのに大丈夫なんだろうか
あと飯田さんって結構若いと思うんだけどとかいろいろよぎりましたが
ペテロのヒトだったとは思えないくらい低音を聞かせてくれました。
ビジュアルも長いヒゲつけてたから問題なし。
もともとジャポのときから飯田さんって群集のときいきいきしてるから
悪役のほうがいけるんではないだろうかと思ってたんだけど、ハマってました。
そして阿川アンナス。かっこよかったです。歌いだしはやっぱりキツそうだった。
でもムリにアンナス声で歌うんじゃなくて、いつもの声で歌ってました。

市場。エルサだとさらに表情がわかりやすいからやな神さまの怒りも倍増。
出て行けーーーの迫力がすごかった。

裏切り。金をとれって言われてるときに「ヤダヤダ」ってやってるスンラユダが
モーレツにかわいい。

晩餐。ユダをじっとみるやな神さまの表情がもうなんともいえない顔です。
責めてるようでもあるし、赦しているようでもあるし、あきらめているようでもあるし、
あの顔にみつめられるユダの心境やいかに。相変わらずスンラユダは
ガムシャラだけど、ジャポのときより少し強くなってます。
でもジーザスに振り払われて大の字。自由!スンラユダ自由だーー
スンラユダ心の声「あーもうオレ知らねぇ。好きにしろーー」
でもそのあと手足を丸めて小さくなって。
スンラユダ心の声「…ウソ。やっちゃった。ゴメンジーザス。エグッエグッ」
やっぱりどこまでも弱い男スンラユダ…(涙)
そして「うわぁぁぁぁぁぁん」って去っていきました。どうしよう。エルサだと
ビジュアルとキャラとのギャップがちょっとあっておもしろかわいい。

逮捕。
何のざわめきですか 何が起きるのですか 。何が何がー
キャスティングされてるのはユダとシモンなのになぜかこの日は田中ペテロ
ものっすごい笑顔がサワヤカでした。「知るもんか、あんなやつ!」が
「ボクはもう昔のボクではないのだから」に聞こえました。

ヘロデ王の歌。
半場ヘロデはゴージャスだけど、下村ヘロデが強烈すぎたから
ちょっとインパクトにかけるような気もします。でもあの衣装が相変わらず似合う。
ちょっと趣味の悪い金持ちのおばちゃんみたいで素敵です。

ムチうち。
田島ピラトかなり素敵な着こなし。
「お前は何を求めているかじーーざーーす」
しかしすでに太もも丸出し超スリット状態のやな神さまに釘付けでした。すみません。
田島ピラト最後の盛り上がりはけっこうツラそうでした。

奈落よりユダ登場。エルサユダの衣装ってエリたってるからまるでタガーですよ。
スンラさんはエルサでも手振りも激しくノリノリです。
やっぱり「ジーザスジーザスクライストスーパースター♪」って歌ってます。


やな神さま開幕当時はまだおなかの皮がちょっと痩せたから余ってますみたいな
感じだったけど、もうジャポ後半からは本当にペタンと薄くなってて。
ひっそり一人死んでいったジャポと違ってエルサはマリアたちがじっとみてるから
またここでかなり泣けます。

さぁカーテンコール!
カモンカモーーンってみんなを呼ぶスンラユダ。
そして三角形になるんですけど
スンラさんが
一昔前のアイドルみたいなハジケっぷりと笑顔だぁーーーーー(爆笑)

やな神さまもエルサだと小刻みに横揺れするのがカワイイです。
初日ではありましたが招待客が多かったのか意外と客席はおとなしかったです。
ちょっとね、ちょっとだけカテコででっかくて小汚いユダの幻がみえた…。
でもスンラさんで癒された。

スンラユダがもう大はしゃぎさ

本人的にはエルサのほうが楽しそうですが、やっぱジャポの怯え具合が私は好きです。あと…エルサだと…結構オッサンなんですけども…
そしてーっお帰りなさい本ジョンシモン。あ、まだ帰ってきてるのか知らないけど。カンシモンはかなりエルサバージョンだとカッコイイです。そしてまさかの飯田カヤパさまに阿川アンナススライド。
田中さんはユダとシモンに入ってるのになぜかペテロ。でもサワヤカでした。
久しぶりにカテコのやな神さまの横揺れみて、あぁエルサ最高とかみしめました。
大塚ヘロデはでるなら自前の衣装で出ればいいと思います。
あと武智さんの答え合わせは正解でした。

ほほえみをおみせ下さい サナホーサナ ヘイ スーパースター

本日は飲み会だったわけですが、ワインに突入してからまわりはもう大騒ぎ。
しかしワタシはカクテルを2杯飲んだ後はずっとウーロン茶で
おとなしくしておりました。

きょう酔っ払うわけにはいかないんだ!
そしてきょうテンションあげすぎて疲れるわけにはいかないんだ!


だって明日はJCSエルサの初日だからーー
アナタガスキダカラーーーー(ドンゴン)

ヤバイまたテンションあがりそうになった。

そういえばキャッツのCMが新しくなりました。
残業中月を仰ぎ見ているのは北澤さんではないですか。
いやーこうしてみると意外にリアルに会社員に見える。
キタザワ営業一課主任「すごい満月だね!
僕あんなお月様みたことないや」

東京の月は栄養失調のお月様ですものね。
そんなセリフはもちろんないです。

喜んでいいものやらイトゴン追加

フガッ!またもいきなりのWゴンゾ。しかも八王子。
ちぇー距離的には余裕で行けたのに。
でもこう急だと会社も休めないしねぇと思ってたら
西門さんはネコ屋敷行きだったとは。
青山さん(覚えてないほど長々とマンカス続投中)←西門さん←伊藤さん
こういうことか。相変わらず自転車操業です。
それにしても青山さん体調悪くしたんでしょうか?心配です。

このあと東海シリーズも待ってるし、伊藤ゴンゾ凱旋ですね。
そしてさっそく自分がいけそうな地域を探し始めるワタシ。
一番近い小美玉市の交通手段までチェックしたものの
チケットは完売!確かに日曜日だし、ムリだよねぇ…
もしかして茨城の星・道口さんのために
道口一族とその後援会が買い占めか!

…どんだけいるんだ道口一族(笑)

「犬顔家の一族の陰謀」7/22シアターBRAVA 金田真一さん事件DEATH!!

☆けっこう内容書いちゃったんで、これからみる人とか
楽しみにしてるヒトはお気をつけください☆



劇団新感線のネタもの「犬顔家」
正直、ここまで忠実に角川映画の「犬神家の一族」をパロるとはという
感じでした。その合間にもいろんなネタがふんだんに盛り込まれるのですが
本筋はきっちり追ってるし、あまりにもまんまなんで爆笑するというより、
クスクス笑うところのほうが多かったような気がします。

またスクリーンに映し出される映像の使い方がうまかった!
市川金田一好きにはたまらないカットの連続でしたが、特に思いいれの
ない人とか映画観てない人はなんで宮藤官九郎金田真一孝助之介がやたら
疾走してるんだろうとか、登場人物の関係が難しいとか
中谷さとみちわ子が急に
「おもしろいことしてるわねぇ。ワタシも仲間にいれてよ」と
急に気がふれたヒトみたいになっちゃうとか(しかも2回も言う)
いろんな疑問がわいてきそうな内容だと思います。
冒頭もちろん明朝体を使ったキャスト紹介がありますが
ちゃんとその役者さんがヨコにでてくるのもよかった。
曲は笑うぐらい激似の「愛のバラード」もどき。

曲といえば、幕が開いていきなり登場するシャンデリアと某歌姫(笑)
あれ?これって犬顔家じゃないの?という客席を無視して
進むこの演目のタイトルこそ「オペラ座の怪犬(かいいぬ)」
ちゃんと仮面の人もでてきます。ここから怒涛のミュージカルパロへ。
中身は後で追記します。好きな人にはタマラン演出でした。

登場人物で一番オイシかったのはもちろん全ての元凶である
主、犬顔助佐衛門助介の橋本じゅんさん。モノマネは日替わりなんでしょうか。
そして後半はじゅんさんは犬滝神官ででてくるんですが、市川金田一
新旧どちらも神官やってる大滝秀治さんキャラです。
…またモノマネかっ!
そしてあとひとり、パロとは無関係の逆木圭一郎敗地大五郎
神出鬼没で必ず現場に潜んでいながらまったく役にたたないという…
敗地さんのシーンが一番笑った気がします。

遺産相続のカギを握る珠世は男性になってまして、勝地涼くん演じる
玉男です。遺産はこの玉男と結婚するものにあたえられるので
女性陣がモーションかけだすのですが
ということはですよ。助比代、助垂、助焦の3人の存在意義は?

あと次女高田聖子次郎子の夫、古田新太ロベール
三女山本カナコ三郎子の夫、池田成志大はやっぱりのびのび
好き放題やってました。長女木野花太郎子がどんな爆笑シーンでも
表情をまったく崩さず徹しているのに対し、どの場面でも
素で笑ってる成志さん…。素敵です。

木野太郎子はさすがの存在感でした。途中の中継も爆笑!
あそこは犬神じゃなくて八つ墓村のパロです。
後半から八つ墓ネタが続々とでてきます。
千鶴をいたぶるとこの白塗りは吾郎ちゃん金田一版の
三田佳子の松子に似てました。

あと細かいことですが、磯野慎吾助比代のシャツに地味カーデの
おっさんみたいなコーディネートとか、首に手ぬぐい巻いた前田悟猿兵衛
スタイルがまたいい感じに旧作金田一から抜けだしてきたようで
よかったです。ちなみに猿兵衛の元キャラ猿蔵はJCS再演で
新しいファンにまた衝撃を与えているCDのあの伝説のユダ寺田稔さんです。
粟根まこと粟舘弁護士は片岡鶴太郎金田一版の渡辺いっけい
古館弁護士に似てました。

…舞台の内容というよりワタシの金田一語りレポになってしまいました。
スマン。
以下ミューネタとか。



なぜしりたい みんな定めなのだ

広島BB開幕ですか。
広島…微妙に遠いな…。しかももうミットンはいないし。
だがしかし!BBにはワタシが寺田さんの持ち役のなかで最も好きな
酒場のマスター(キャラ設定・男好きの酔っ払い)がいる。

あのマスターに再会できるなら喜んで遠征しよう。
アンサンブルさんはガラリと変わってるんでしょうね。
柳瀬さんはせっかく痩せたのに野獣でまた元通りと。
COSは多分こうだ。
「美女と野獣」いよいよ広島にやってきました。
広島といえば宮島・広島カープ・お好み焼き・もみじ饅頭・牡蠣…
皆様もぜひ舞台と広島の味を楽しみにいらしてください。


野獣は何しろ体力勝負ですからねぇ。ロングラン大変でしょうね。
そこで野獣やりたい宣言の伊藤さん投入ですよ。
笑いの特訓は日々ゴンゾでつんでるからいいとして歌も大切ですけど
一番の問題はあの最後の王子ヅラをかぶりこなせるかどうかにかかってると
思いますが。だってあの佐野さんでさえなんでかフラメンコになっちゃうくらいだし。
そして本人はやる気マンマンでも御大の
「おもしろいから」という一言で人手不足のガストンにふられたりということも
無きにしも非ずですが。
でも今井さんみたいにどっちもやってる人もいるしね。

さて、来年の話より今週のJCSです。
今週は当然行きますがそんな私の八月の予定。
8月某日 ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン
8月某日 ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン
8月某日 ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン
8月某日 ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレムバージョン

以上!JCSさえあればいい!JCSは世界を救う!JCSでどんぶり飯3杯は軽い!(?)
年内に「ウィキッド」みられるんだろうか。私は。

これに今井パパバルジャンのレミゼはどうにか入れたい。
あと別にほしくもないのに誕生日休暇と盆休みをドカンと会社がくれたので
JCS確実にまだ増えます。急に連休もらってもしょうがないんですけど
こんな時期に航空券買えないし。しかもどっちも月火…。
しかし盆に神さま詣でもまたオツですね。
ジャポも演出のすばらしさとやな神さまの美しさと苦悩のスンラユダが
ピタリとはまってすごくよかったけど、考えただけでワクワクしてくるのはやっぱエルサ。
ダンシングカテコでいろんなものが走馬灯のように駆け巡って泣いてる人を
みかけても放置しててください。

ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン 7/20四季劇場秋②ユダ独壇場

このあとはざっととばして本日のメインイベントです。
「見捨てるだろう」と予言されたユダ。激高して詰め寄りますが
あきらかに逆ギレにしかみえないスンラユダが切ない。
あげくのはては勢いつきすぎて銀貨の袋落っことしちゃうし。
…ここでふとよぎるでっかいガストンのお駄賃袋忘れ事件。

スンラユダってほかの使徒の目とか体裁とか何にも考えず、
拒絶されて無様にエグエグ泣くんですよね…。
コドモみたい。だからなお悲しい。走り去るときも
「バカーーー」みたいな勢いで走っていくし。
と、ヒートアップしてるユダを尻目に美しいコーラスを聞かせてくれる
ノンキな使徒たち。そしてノンキに就寝。そりゃジーザスも悩むわ。
「ペテロ、ヨハネ………(ジョン万の万次郎と殿とのやりとりを思い出させる
長いタメ)ヤコブ…」涙腺決壊。ここからゲッセマネ全編大泣き。

ユダ登場。かけよってジーザスを抱きしめるユダ。
そのまま名残惜しそうにチュー。
…なんかスンラユダだと妙に生々しいんだけど。

つかまったジーザスに「知るもんか、あんなヤツ」と言ってしまうペテロ。
高木マリア「ペテロ、あの人は死ぬわーーあなたのせいよーーー
別にそこまで言わなくても…。

そしてヘロデのところへ。今日も素晴らしかったです。
それ以上に形容する言葉が思いつかない。

「ユダの自殺」のスンラユダはみててつらくなるくらい打ちのめされてます。
でもスンラユダは「彼はただの男」
「どうして愛したのか 私はあいつが死んでも生きていられるかー」と
やたら力強く歌うので、もう私の中ではすっかり
どんだけーーー疑惑が。

と、散々泣かせてくれたユダですが天上にのぼったあとの
「スーパースター」はまるで別人。あ、自殺だから成仏できてないと
思うんで、多分あの人自縛霊。あんなにビクビクしてたのに。
どれくらいキャラが変わったかというと
ロードオブザリングのゴラムとスメアゴルくらい。「イトシイシトー」
間奏でもノリノリでこぶし握って首くいって振ってたり
…首振って…首…←またなんかユダ的なものを思い出した模様
…ハッ!
ともかくその変わりっぷりはないだろと突っ込みたくなる
セクシー黒薔薇スンラユダでした。

カーテンコールのやな神さまは最初からニコニコで
ガバっと両手をあげて皆さんを呼んでました。あのメイクで
微笑まれるとヤバイですね。何回目か中央で一人ででてきて
拍手を受け止めたあとまた皆さんゾロゾロでてきます。
やっぱりジャポだから結構みんなおとなしいんですけど
トモさんはひとり落ち着きないです。はしゃぎこそはしませんがキョロキョロしてます。
ところで、さっきの大ハシャギから一転、カテコのスンラさんは
また前のキャラに戻ってるんですよね。
なんかイタコみたいに乗り移ったんだろうか。アレは。
最後は袖でペコリと神さま一礼でした。

ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポネスクバージョン 7/20四季劇場秋①スンラユダは二重人格か

つい3日前にみたばかりなのにこの3日がー30年に思える~♪
30年というのは言いすぎですが、すごく昔のことのような気がします。
なんなんでしょう。JCSをみたあとのこの渇きは。
と思ってたら公式サイトトップはやな神さまーーー
エルサが待っている~♪アレ?青木さんオペラ座に行ったのか。
と、いうことはーーーっ小林カヤパさまですかね?

えー、今回のスンラジャポユダの私なりの結論。
『ジーザスが大好き。いろんな意味で。』

さて、そういうわけで前楽に行ってまいりました。
苦悩のスンラユダ登場。
…スンラさん…その頭…寝起き?
起きてそのまま来ましたみたいな頭になってる。
しかしそのヘアスタイルさえユダのせっぱつまった心境を
あらわしているようです。
腰ひねるポーズは芝ユダはダンスのように決まっているのに対し、
ユンラユダは早くもみえない何かに押しつぶされそうです。
そして転がりながら苦悶の声が。芝ユダは若き師に対して
一生懸命伝えようとしているのだけれど、
スンラユダはなんだかもう振り向かせたい一心で必死って感じ。
本日私もさっそく「彼らの心は天国に」でホロホロ泣く始末。
泣きながら、あぁ大八車の上にいるからヒューゴ鈴木は後ろ体重で
ユラユラしてるのね~とかどうでもいいことが頭をよぎります。

でもジーザスは目の前の病人で精一杯。
「ジーーーザァァス」しょんぼりしながら上手へ。
なのに高木マリアとは仲いいから、また気を引こうとするものの
あっさり怒られるスンラユダ。このときの高木マリアはあきらかに
ユダに敵意を感じてますね。白雪姫みてな花ちゃんマリアにも癒されるけど
キャラ的には高木マリアのほうが好き。人間的で。多分女の本能で
「こいつ…スキあらばジーザスを狙ってるわ」って感づいたんだと思う。
でもなんかこの日はすごく歌が気になりました。
「すべて思うヨウニいくデショー」ってところどころカタカナに聞こえたよ…。
カタコトまではないけどちょっと気になった。

ここでいきなりですが明戸アンナスの萌えどころ。
・冒頭大八車のうえでエーイエーイって民衆を払って、
またセッセとおりる一連の動き。
・青木カヤパさまのお言葉にいちいちウンウンてかわゆくうなずいてるとこ
・悪巧み顔

さて、続きです。神崎シモンは開幕したころはノド続くのかなーと
心配になったけど、どんどんよくなっていきました。
バンダナして群集にまぎれてるときもあるけど、
メイクがあまりにもキョーレツだからどうみてもシモンが心変わりしたとしか
思えない。全然隠れてない。
ちなみに飯田ペテロも群集のときのほうがイキイキしてるような気がする。
あと結局阿川司祭はハゲ姿よりほっかむり姿のほうが長い。
そしてほんのり笠地蔵を思いださせる。
あぁそうそう、ずっと武智さんがわがんねっすって言ってたら
いろんなヒトが教えてくれたんですけど、情報錯綜してます(笑)
多分ね、神さまが最初手を握ってる人…多分。
あとものすごい勢いで神さまに石投げてる人…多分。
あと数珠売り…多分。
武智さんと岩城さん(兵士だから目立つ)はあの人って言われても
そ、そういわれればそう…かな?って感じだ…。恐るべし白塗り。
村紀世彦ピラト。ピラトのメイクって泣いてるようにもみえるけど
ゴンゾのメイクにも似てます。

おれだちゃいじめっこだぞ~

ワタシが大阪で犬顔のたたりをみてる間にも気になってた熊谷大作&たっくんいづろ。

ありがたいことにお見送りの写真をみせてもらいました。

たっくんいづろなかなか凛々しいですよ。あんな乙女なゴエモンだったのに。

で、熊谷大作。
ブハッ髪短っ!
多分歴代大作史上一番短い。でも今までの大作が昭和の香りが漂っていたのに比べ、平成の風が吹いてきた気がする。平成になって19年。長かった。ま、ビジュアルだけの感想ですが。
全国はいけないのが残念だけど、がんばれチームユタ。
旅日記ありますように。

夏のたこ焼き祭り

20070722194843
わなかの塩チーズ。めちゃウマ。ワタシはソースより塩のほうが好みかもです。
そういえば犬顔のパンフレットって2800円もするんですよ。しかしパンフレットにブロマイドになんと角川文庫風装丁の文庫本つき!なかもちゃんとした横溝パロディ本で各タイトルもニヤリとさせられます。
ちなみに舞台で青沼静馬は赤沼静香って名前になってました。

夏のたこ焼き祭り

20070722161302
「犬顔家の一族の陰謀」みてきました。新感線ネタものです。
が、かーなーり角川版「犬神家」に忠実でした。セリフも音楽も。これからいく人は事前に映画みると面白さ倍増です。というか映画みてる前提じゃないと途中ダレそう。ちなみに旧作のほうね。どっちも石坂浩二金田一だからお間違えのないように。
あと松竹版の「八ツ墓村」こっちは野村監督。寅さんが金田一やってます。この2本を事前にみるとかなり楽しいと思います。
金田一好きにはたまらん舞台でした。
そしてさらにウケたのがミュージカルネタ!曲のアレンジも絶妙。四季でやってるのが3本に東宝でやってるのが1本にあと最近話題になったのが1本。中身はみてのお楽しみ~

今、田中康夫がカメラに囲まれてました。

夏のたこ焼き祭り

20070722113108
まずはマヨたこ元祖甲賀流で。本日の大阪は暑い!今年初めておびただしいセミのこえを聞きさらに暑さ倍増。そして炎天下たこ焼きを食べるワタクシ。

みんなはひとりのためにー

たっくんいづろーー
エビータにいなかったからなんかに出るんだろうなと思ってたら
いじめっ子でしたか。たっくんの小芝居はおもしろかったので
きっと一郎もおもしろいことになりそう。身軽枠だし。
そして、熊谷大作ってすごく似合ってる。
今日の明日もいけない身としてはNHKでみたかったなー
厂原さんは新太、一郎に続き、ついにユタまで。一郎よかったから
ぜひユタもみたいです。

ところで

ヒノデロ 西門宇翔

これは…あの…また名前がズレてるんですよね?

ゴンゾがすごくいいだけに、どうしてヒノデロに…。
ほかにいないのかヒノデロやれる日本人は…。
別に劉デロとかモンデロがイヤというわけではないけど
道口デロや下デロをみちゃうとなんかコレだけは日本人じゃないと
ダメなような気がするんですよね。セリフとかそういう問題ではなく
居方とか仕草とか。

あと伊藤さんがゴンゾに名前があってよかったです。
本日でてなくてもいずれでるでしょう。2人しかいないし。
なにげにアンサンブルにも入ってるんですけど、
やっぱ大作なのでしょうか。でも大作やるならヒゲどうするんだろう。
ヒゲなしゴンゾになるのかな。

ほかにも遊佐寅吉じっちゃんとか中嶋さんとか
でてくるのかわかんないけどみたいなぁ

JCSレポも書かずこれから大阪に旅立ちます。
またも夜行の旅です。着いたら朝から晩までたこやき祭りです。

ジーザス前半戦終了!

ワタシの聖地への巡礼もひとまず小休止。
って来週からエルサレムだから休止でもなんでもないじゃんと自分に突っ込みつつ、とりあえず明日もあるけどお疲れ様でしたーー
見ればみるほどまたみたくなる麻薬のような舞台それがJCS!そして最初から完成形だったけどどんどん魅力が増すスンラユダ。なんか今日は子どもみたいだった。泣けた。
そして本日のゲッセマネもさらに泣けました。
楽なのにもう初日が待っているなんてこんなことってあるの~ワタシにも~
キャストはさすがに今のままかな?
実は初めてセンターブロックでみたけどアンサンブルさんもみやすいですね。さすがに。なんとなくあれはあの人だろうと把握できたような。しかしもうジャポは終わりなのだった。

世に苦しみの炎消えないがどんな闇夜もやがて朝が

「夢やぶれて」唄・静馬ファンテーヌ
昔はアロハも甘い歌ささやいたわ
殿に酔いしれてた 世界はヤクザ ガストンにときめいた
夢だわ もう今は
夢をみていたわ 望み高く生きて
ユダが全てだと 神は許したもうと
若く勇気あふれ いつも輝いてた
自由にはばたき 新役追いかけた
夢は悪夢に 狼のキバが 望み引き裂き 夢食いちぎり
春あのひと来て喜びにあふれた 髪の毛のびたけど 秋には名前ない
待ち続けてるわ あの人の帰りを 愚かな幻 木枯らしが吹きけし
夢見た再演 今名前は消えて
二度と舞台には ミツヲは帰らない

なんでこういう心境のときってレミゼの歌がハマるんでしょうね…
二度ととか勝手に断定しちゃったけど
ゴンゾにもユダにも名前なくて、ついに夢からも名前が消え
福岡で仲良し西尾ピエロと遊んでるときにはまさかこんなことに
なるとは思いもしなかった。
あの夢から醒めた小汚いヤクザは幻だったのかもしれない…。
ちょっとしばらく夢からは遠ざかりたい。
だいたい、ここ自体がミツヲ難民の巣ということで
だんだんお客様が増えたという経緯があるから
これからお笑いネタも減っていくかと思うと
…いや純粋に応援しろよ。

まぁ仮にですよ仮に独立したとしてね、
コンサートとかより舞台がみたいわけですよ。
MCは別の意味で聞きたいけども。でも仮にですよ仮に東宝に
呼ばれたとして、あそこはプリンシパルからアンサンブルまで毎日
キャストスケジュールがでてるから客はもうめちゃくちゃ厳しいわけですよ。
そりゃあ赤チョッキとかみてみたいですけど…。
ええとあとほかに役が思いつかない。あ、「RENT」はどうでしょう?
…猛烈にたたかれそうだ。個人的にはミツヲエンジェルがみたいけどね。
罰ゲームか!
というか四季ってやめてもしばらくはほかの舞台たてないんですよね。
じゃああと数ヶ月はユダやればいいのに。むしろユダ拘束で。
で、宝塚みたいにさよなら公演ということで。

とかいってしばらくして何事もなかったかのようにひっそり名前がのってますように。
それからいつのまにか江上健二さんがヤクザに名前入ってた。
そしてやっぱり有賀さんはヤクザから消えてた。よかった。

読書の夏。新潮のパンダブックカバーが欲しい

秋劇場今日は団体さんが入っていたようですね。
そういうわけで私の楽は金曜日。

今の職場は乗り換え2回で結構通勤に時間がかかるので
電車内が読書タイムになっています。
本当は文庫本がいいんだけど、図書館って意外と文庫本少ないんですよね。
だから文庫だと好きな作家の全集を読んでます。筒井康隆全集とか
江戸川乱歩全集とか。すごい偏り。

で、やっぱり読みたい本はハードカバーが多いので重いけど持ち歩いてます。
今読んでるのは春江一也のヨーロッパ三部作。
「プラハの春」を読んで「ベルリンの秋」下巻を読んでます。
本当はこういう続き物は一気に読みたいタチなんですが。
春江さんは外交官で実際チェコの「プラハの春」に遭遇しています。
だから描写がリアルでおもしろいです。ま、主人公はかなり自分の願望を
投影してるのか、美人反体制活動家親子そろって好かれたりしてますが。
あ、ちなみにこのお話宝塚でも上演してるんですよ。
その美人の役を今レミゼでファンティーヌやってる渚あきさんが
してたそうです。映画化もできそうなくらいドラマチックな話なんですが
舞台がヨーロッパでも肝心の主人公が日本人だからここが一番
ネックでしょうね。

これを読み終わったら大好きな宇江佐真理さんの時代小説を読みます。
毎日カバンは重いけど結構楽しい。
そして会社につくなり大好きなメイプルマーガリンパンケーキと
ほうじ茶の朝食です。パンケーキついにミニストップ8列にまで増えました。
朝混むのがいやなので始業まで30分くらいぼーーっとしてるんですが
この時間がまたよかったりします。
今まで朝ギリギリまで寝てる生活だったけど早起き意外と苦にならない
ものですね。

…この春までは9時起床でした。ひどいときは9時半とか。
やっと真人間になれた気がします。

思い煩うな 明日のことなど 今日は今日だけを考えればいい

JCSジャポラストウィークです。
スンラユダシングルです。これはぜひとももう一度目に焼きつけておかないと
と、明日は立見決定だーと意気込んでいたら

立見がなかった。

せっかく武智さんはここにいます情報も教えてもらったのに。
しかしこれを逃したらやな神さまが京都ででるかどうかもわかんないし、
お布施のつもりでドーーンとS席にしちゃうかなぁ。
どっちにしても明日か金曜に行きます。ええ行きますとも。
スンラユダのために行きます。

楽は仕事なんですが、翌日は久々の弾丸ツアー大阪行きです。
一応上司に休めないものかとひっそり聞いたんですけど
「あ、ムリ」とサクっと返されたんで泣く泣く帰ります。
今月来月は忙しいってわかってるのでワガママはいえません。
でも「エビータ」みたかったよ。またの名を「ソング&シバ」

で、何をみるかといいますと
新感線の「犬顔家の一族の陰謀」
これがまたS席なのにショッパイ席でね~。
チケットみたとき自分の目を疑いました。わざわざ大阪まで行くのに。
新感線自体もちろん楽しみなんですが
今回、タイトルでお分かりのように横溝パロディということで
青沼静馬を名のるワタクシがこれを見逃すはずはありません。
もともと横溝モノってオリジナル自体がツッコミどころ満載だから
パロディにはしやすいと思います。
あとね、ミュージカルネタもあるらしい。楽しみです。

ロックリバー主催ユタは光枝ペドロに祐一郎ユタ(踊れないけど)

じゃ今さんが大作か!


さて今度の月9は真央ちゃんはひねくれてるけど
相変わらず「キッズ・ウォー」や「花より男子」と
あんまりキャラ変わらない気がするのですが
実はコレサダヲさんが主役ですよね。見せ場満載。
先週のドロップキックも面白かったし。
今日のOZMAもサダヲショーじゃないか!
…それ以外は内容はまだ未知数。

本日のタイトルの件ですが
光枝さんが祐一郎さんの事務所「ロックリバー」に入ったそうで、
来月からは光枝さんのメッセージが会報で読めちゃうわけですね。ウレシイ。
それにしてもあれだけ元四季メンバー勢ぞろいしてたら
所属俳優さんだけで自主公演できそうな感じ。
ろっくに入ったことで東宝ミューへの登場も増えるかな?

また話変わって、今、前回のユタみてたんですけど
やっぱり役者さんが変わると全然印象変わりますね。
私がやるなら絶対桃子やりたい。
前出の「ね、小夜ちゃん…どわーーーってよぉ」とか
「こっだに晴れてるのにあみゃーー降るのすか」とか
普段使いしたいセリフです。
礒津さんは今年はたま子だったけど。
善太郎新太がひっぱられてるシーンはちょうどユタと小夜子の
バックに入り込むというオイシイカット割だったんですが、
今年はどうなっているのか。
…というかあそこもう後ろしか目がいかなくなってます。
いいシーンなのに会場爆笑なんだもん。
まぁあれだけ爆笑したからきっちり新太カットを
入れてくれるでしょう。
あとカテコで下デロは普通に下様に戻ってたんだけど、道口デロは
最後まで内股でヒノデロのままお辞儀してましたねーウツクシカッタ。

「ユタと不思議な仲間たち」7/15NHKホール 3000人の爆笑はすごかった

京都エビータ続々と新役ででますね。
鳥原エドワードエビータ!!王子以来みないと思ったらいきなり
こんな大役に。そして金田チェ!チェの格好似合いそう。
セリフが気になりますね。そしてやっとお披露目
あなたは幻~出演予定にでて~夢のように消えた~♪内田マガルディ
でもなんかスゴイなマジメそうなマガな気がする。
マガはちょっと胡散臭いほうがいいなぁ。どうだったんでしょうか。
内田さんはペロンにも入ってますね。で、渋谷さんはペロンに。
それにしても佐野さんですよ。マガにペロンにチェまで?…大変。
でも佐野チェはぜひともみてみたいです。
そして百々マガーーーーうわぁめちゃくちゃみたい。
さらに相変わらずワクワクするアンサンブル陣。
香川さんも畠山さんも京都行きですか。…で、伊藤さんは入ってないのか。

エビータはさておき、NHKの「ユタと不思議な仲間たち」公開放送に
行ってまいりました。ええこっちにも伊藤ゴンゾはいなかったですけどね。
今日はキャスト発表出てないので書きます。
…いつもはめんどくさいから書かないだけなんですけども。
いつも不親切でスミマセン。しかもフルネームもかいてなかったり
勝手にあだ名で呼んでたりしてますが。

ペドロ 菊地正 ダンジャ 増本藍
ゴンゾ 西門宇翔 モンゼ 大徳朋子 ヒノデロ 道口瑞之
ユタ 田邊真也 小夜子 笠松はる 寅吉 吉谷昭雄
ユタの母 菅本烈子 クルミ先生 丹 靖子
大作 遊佐真一 一郎 厂原時也 新太 小川善太郎
たま子 上原のり ハラ子 木村仁美 桃子 松葉梨香


というメンバーでした。個人的にはすでに映像化されてる遊佐大作とか
田邊ユタじゃないほうがいいなーと思ったんですけど、やっぱり安定しててよかったです。
あ、善太郎さんはみんなにひっぱられる顔は今日も大爆笑でしたし。
あのオモシロさは後まで引きずります。
ニッセイを経て、新メンバーもさらによくなってました。

舞台は盆舞台じゃなかったりと少し専用劇場とは違ってましたが
基本的には同じ。いじめっこ軍団は厂原一郎松葉桃子が初見。
厂原一郎は身軽でなかなかかっこよかったです。でもヨコに遊佐さんがいるから
一郎が2人いるみたいだった。遊佐大作たまにおもしろい動きするし。
小夜子のサイフをもってピョコピョコするのは断然遊佐さんが面白いですが
「カッコイイな!」っていうのは爆笑でした。
松葉桃子もたま子、ハラ子と並んですごくよかったです。
どうでもいいですが「ね、小夜ちゃん…どわーーーってよーーー」という
いいかたが好きなのでそこが普通で物足りなかったです。本当にどうでもいいな。
遊佐大作は今回も伝統のカリフォルニアTシャツ着用です。
しかし遊佐さん変わらないなぁ…。

座敷わらし登場。本日菊池ペドロ親分を筆頭に男前ワラシたちです。
菊池親分は相変わらずムダにかっこいいんですが、会場はコドモたちが
多かったこともあって笑いは多かったです。
増本ダンジャは歌も絶好調。大徳モンゼもかわいかったー。
西門ゴンゾは…頭がさらに大変なことに。かなり伸びててクルクルなボンバヘッドに。
でも迫力あって隈取にすごく似合ってました。本当にキレイな隈取だから黙って立ってると
ちょっと顔が怖い。このまま司祭になれそうです。ほっかむりゴンゾ。いつでもカモンです。
そして道口ヒノデローーーー。いつもに増してメイクが美しかったー。
劉デロもおっきくてカワイイけど、やっぱちょっとした仕草とか、しゃべり方とか
絶妙です。道口さん。今日はこの道口デロを映像に残してもらっただけでも大収穫。

NHKホールは3階席まであって3600人くらい入るのかな?
とにかくものすごく大きいのですが、お見送りありました。
大混雑でしたが、吉谷じっちゃんと大徳モンゼと握手してきました。
今日はユタとじっちゃんとワラシたちしかみなかったのですが、
ほかの人たちもいたのでしょうか。
子どもたちが本当にうれしそうに握手しててほほえましかったです。

明日は日曜 私はお休み いつもいつも楽しみー

メールが見られない…
そして四季のチケット予約も開けない…
どうしたことでしょう…WSSは携帯で1枚だけとったけど
来月には京都JCSがーーー
今日、ネットの調子が悪くて、業者さんが外でいじってたんだけど
それが原因だろうか。そういうわけでもしメールくださった方いましたら
ちょっとお返事遅れます。

台風直撃ですが、明日はNHKのユタに行ってまいります。
本当にありがとーTさん。キャストが気になりますね~
ユタはすでに映像化されてるから、今回は前とまったく違うキャストで
残しておきたいものです。親分は田代さんがいいなぁ。
ということは大作は菊池さんか!
大ちゃんユタと並んだ姿がついに映像化。

で…ゴンさんが一番の懸念事項なんですけども。
まぁ出なくても私の手元にはジョン万が…
ってアレも本当は勝センセイがみたかったんだよー歌つきで。

そして明日は京都「エビータ」開幕です。初日はもちろん芝チェだろうけど
ほかに誰がキャスティングされてるのか気になりますね。
アンサンブルさんもどうなってるんでしょうか。

「レ・ミゼラブル」7/12帝国劇場②禅さんはカテコはシャイなの。

そのほか。
横田ガブローシュ。1、2、3って絶叫してました。
そしてきょうはカバンが届いたんですよ。泣けました。
でもやっぱりあの1発目ーはの歌は元に戻して欲しい。
伊藤グランテール。今期は伊藤グランしかみてないんですけど、
やっぱりあのやさぐれ具合が大好きです。
松原フイイ。もともとフイイって目立つんですけど、
松原フイイさらに目だちますね。声も好き。
港司教様&レーグル。港さんはどっちの役をしてるときもイイです。
田中モンパルナス。今日はじめてあたったけどかっこよかったー
…でも前より髪の毛増えてないで(以下略)
近藤コンブフェール、メガネっ子。あぁ小鈴コンブを思い出した…
それから岸アンジョ。本日も頼もしいリーダーでしたが
意外に給仕さんの仕草がおもしろかった。変顔してテナ妻みてたり
お盆を鏡にしてたり、踊りだしたくて手をモジモジしてたり。

そういうわけでカーテンコールは総スタンディングで大盛り上がり。
やっぱり本日の主役は禅さんと歌穂さんでセンターに押し出されて
「もう…なんだか困っちゃうなー」って感じでまたも小さく胸のあたりで
バイバイしてる禅さんがめちゃくちゃかわいかったです。
さとジャンは回を重ねるごとにノってきて、今さんと2人奥でピョーンと
後ろに飛んでたり(笑)
歌穂さんと一緒のときは両手あげてジャーーンプしてて
でも歌穂さんも後ろとびがしたかったらしく、あらためて2人で
ピョーンてしたら歌穂さん後ろにひっそりいた禅さんに激突(笑)
そのあとは禅さんが歌穂さんをおんぶしたら、今さんがひょこっと
やってきてさとしさんがおんぶして去っていきました。

本日のキャストもみんなよかったーーー

今年はチケット全然もってないから、いける日のキャストしか
みられないんだけど、前回といい今回といいとても好みなキャスト揃いで
うれしいです。その前は結構苦手キャストもいたわけですが、まぁ
好き嫌いは個人差ありますからね。

「レ・ミゼラブル」7/12帝国劇場①さとジャン進化形

そういうわけで苦悩のジーザスさとジャンを見に行ったわけですが、キャラ変わってた(・o・)すごいワイルドに。今さんも熱いから熱々コンビに。

そして禅マリ。すごいよ禅さん。なんだこのさわやかさは。あのジャベの人とは思えない。歌穂ニーヌもかわいかった~泣けた。
本日もシルビアファンテといい駒田テナといい最高のキャストでした。
ザバザバ泣きました。
で、電車乗ったらちょうどJCSのCMやっててさらに幸せ倍増。前DoCoMo車両にのったときずーーっとDoCoMoのCM流れててさすがに飽き飽きしたんだけど(しかも2種類のみ)ジーザス列車なら山手線三周ぐらいしちゃうな~

続き。
橋本さとしバルジャン略してさとジャンの初日に続き2回目の
さと今コンビ。苦悩するさとジャンと熱く迫る今ジャベがまるでジーザスと
ユダのようで、今日も楽しみにしていたのですが

さとジャンも熱くなってた。

インタビューでなんかワイルドなバルジャンにするって本人もいってたから
こっちが本来さとジャンのやろうとしていたバルジャン像なのかもしれません。
囚人姿で今ジャベをにらみつける顔、独白、裁きの叫ぶような24653-、
対決、前半は特にどれをとっても熱いバルジャンでした。
でも繊細なバルジャンも好きだったけどなー
あと気持ちが入りすぎてたのか、オケより先走って歌ってたとこがあった(笑)
それから戸締りはしめてからきちんと確認してた(笑)
相変わらずご臨終のところ以外は若いけど、さとっさんの歌も演技も好き。
しっくり歌詞とかセリフが入ってくるというか。

今ジャベールの「Stars」は本日もすばらしかったです。
でもさらに自殺の今ジャベの迫力がすごかった!元々熱い今さんだけど
さとジャンも熱いから2人して沸騰寸前。対決シーンの緊張感ったらもう。
「ジャベーール!」にワクワクしました。

その他今期初見さん。
シルビア・グラブファンテーヌ。なんか前はもっと上半身がっちりしてたような
気がするけど、今年はちょっと痩せたのかしら?あの工場のなかにいると
どうしても目だってしまってやっかみをかいそうなキレイなファンテーヌです。
「昔は男も甘い言葉ささやいたわ」でさっそく涙腺崩壊。
病室で微笑みながらコゼットの幻をみているシーンも好きです。
前より薄幸さが増したみたい。でもバルをお迎えにくるところは女神様の
ような母性あふれる雰囲気なんですよね。コゼットがバルにすがってるとこを
見守る表情もすごくいいです。
駒田一テナルディエ。駒田さん相変わらず歌うまい&演技細かくて大好きです。
だいたいテナでも男前ですからねぇ。
田中利花妻。田中妻ってモリクミさんや美八さんが笑い取りにくるから
すごくオーソドックスな妻にみえます。

そしてスペシャルキャスト
石川禅マリウス。あまりにビジュアルも声もジャベにはまっていただけに
今日一番楽しみにしていた禅マリ。いやーーーーーさすが禅さん。
誰が導くかーの第一声のさわやかさに撃沈。あの、あの厳しい禅ジャベが…。
髪の毛は長めでパーマかけてて後ろをホワホワにしてました。
ビジュアルが…という話も聞いてましたが、本日の相方が岸お兄さんアンジョ
ということもあって私はあんまり気になりませんでした。
むしろ2トップって感じで頼もしかった。その後、ちっちゃい菊池コゼットと
並んだシーンでちょっとのけぞったけど。
うん、今度は菊池コゼが
あまりにも幼いからこれはしょうがない。エポがよってきたときも
「アハハハッ」って笑いながら完全にコドモ扱い。
それにしても一番すごかったのは「カフェソング」です。あのシーンは毎回
号泣なんですが、本日は仲間たちが後ろにいなくても多分泣いた。
マリウスのやるせない思いがすごく伝わってきました。

もうひとり島田歌穂エポニーヌ。いやーーかわいかった。
「オンマイオウン」の拍手も鳴り止まずって感じでした。
でもスソをザバーーっとひるがえさずに後ろにかけてくのですね。
まぁどっちでもいいけど。
「恵みの雨」のシーンも本当に泣けました。
「ラブリィレイディ」のシーンでは愉快に客引き。スカートをものすごい
持ち上げてサービスしてました。で、あのメークが似合うんだこれが。

続く。

手元に祐バルのチケットはないけどそれでも祐ファン。

そんなわけで無事スンラユダに落ち着きほっとした今週のJCS.
エルサもやるんだろうけど、スンラさんはなんだかジャポのほうが
似合うような気がする。メイクとか薔薇とかビジュアルも。
私もどうにかしてあと1回はジャポスンラユダをみたいと思いつつ…

明日は帝劇の神ユダコンビこと
さとジャンと今ジャベをみにいってきまーーす。

もちろん今回も安席だけど。いいのいいの参加することに意義があるの。
ほかのバルジャベもみたいんですが、スケジュールがあわない。
それに今週は石川禅マリウスと島田歌穂エポニーヌのスペシャルウィーク
なんですよ。これは絶対におさえておかないと。

そうこうしているうちにもう年末の「モーツァルト!」の予約も始まります。
実はM!のコロレド祐一郎猊下が一番好き。
会報の祐一郎便りはやたら方言がでてくるんだけど、
そんなに長くいたわけじゃないはずなのに、しみついてるのかなー
確かにあの独特のアクセントは忘れられないよなー。
毎回意味不明だけど、近況より回想してるほうが多いので
(そしてそこから不思議世界へ)たまに深読みして泣けたりします。
今月はめずらしく普通だったけど。
また結構子ども時代の話なのに事細かに覚えてるんですよね。
いまだにこんなにでてくるってことは少なくとも祐一郎少年にとっては
幸せな時期だったと思われます。あのほわほわした性格はこの時期に
養われたのかも。学生時代の話や劇団時代の話は全然でてこないし。
ま、単純に私個人的にウレシイってことで。
でもあんな方言丸出しの子どもってさすがに地元にもいないですけどね~
40ウン年前の話だからなぁ。(おっさんよばわり)

で、賀山さんはでないんですか。マイゴッド。

誰がユダか予想。

シモン→ユダ系
大塚ユダ。おもいーーだすーー♪福岡での大塚シモン。
ロックなユダになりそう。
本ジョンユダ。えーとユホンさんはまだバンザイやってるのかな?
ユダはセリフがないから風船屋よりはいいと思う。そういう問題か。
シモンを通り越して田中ユダ。末っ子ユダって感じになりそうだなー
喜納ユダ…。うん、それはどうだろう…。

芝さん→ユダ系
最近のところでサイモンユダ
…半裸黒薔薇。さらにあのジャポメイクは似合うだろうな
伊藤ユダ。てっきりノーブル系かと思ってたけど、ゴンゾが
思いのほか芝ゴンゾに似てたから、絶対イケると思うんだけどなー
というか私が単にみたいだけです。

とりあえずおもしろそうだから系
寺田ユダ
もちろんわかってると思うけど稔じゃないよ!寺りんのほうだよ。
キャラ的には絶対ヘロデだと思うけど、苦悩してんのに笑えるユダに
なりそうだ。ユダじゃなくてもアンナスでも下さまの人力車ひく人でもいいから
帰ってきて寺りーーん。
阿久津ユダ。阿久津さんの「彼らの心は天国に」はものっすごい
サワヤカだった。多分カヤパアンナスに銀貨とれって言われても
「こんなことよくないと思う」とか諭しそうだった。
日下ユダ。多分やな神さまのほうがひれ伏す。
半場ユダ。半場さんオペラ座から消えたけど、これで本当にきたら
楽しいのになぁ。だってほら白く塗ったら小梅太夫…
って私が言ったんじゃないですよ。関さんが言ったんですよ。
浅利ユ…個人的にはジーザスのほうをやってほしい…。
いけないー行き過ぎはよくな… ♪いや、なんでもないです。
歌いたいヒト大募集。

はぁ。ミツヲユダさえいてくれたら…

何が起きるのですか どうぞ教えてください


イスカリオテのユダ     未定


ってどういうこと?
いや、今週は行く予定ないけど、ユダなんて芝さんとスンラさんしか
いないうえに今週から京都エビータですよ。

…もしや…パンフにはのっていない新ユダが…。

シモンやペテロならいろんなヒトがでてきたら楽しいけど、
ユダはあんまりたくさん増やしてほしくないなぁ。
かといって今後スンラさんひとりでは確かに大変そうではある。
だってスンラさん若いけど実は結構年いっ…ブホッ…
いや、体力的には野獣もこなすスンラさんだから大丈夫だとおもうけど
あの必死なユダは精神的にツラそうで。
そのかわり「スーパースター」は鬱憤晴らすかのようにノリノリだけど。
しかしこれでまた芝さんの名前が入ってた日にゃあ、今度は新チェが
でてくるわけですよね。チェもあんまり簡単にでてきてほしくないなぁ。
芝さん増殖してくれないものか。

あぁこういうときこそあの男の出番なのに。
どこでどうしているのやら…

「エクウス(馬)」7/8自由劇場 あの馬の仮面がほしい。

今回私は普通に客席から観たんですが、役者さんとの距離が近くて
かなり重いという馬の蹄の震動が伝わるステージシートも
臨場感があっていいなと思ったのですが、やはり正面でみたほうが
作品をみるにはわかりやすいかなという気はしました。

開演前、静寂に包まれる中、ひとりひとり舞台に出てきてシートに座る
俳優さんたち。馬役の役者さんたちもすわっていて、出番になると仮面を
かぶって馬になります。このマスクデザインはJCSと同じ金森馨さんですが
長身の役者さんたちがマスクをかぶって立ち、そこに照明があたると
あまりの美しさに圧倒されます。
そういえばたしか前「M!」の会見だったか祐一郎さんが市村さんと共演したとき
ボクは馬でしたとかいって笑いをとってたけど、普通「王子とこじき」の
馬みたいなの想像するけど、こっちの馬だったんですよね。
…うぁーーーーみたかった祐一郎ナジェット!!
と脱線してしまいましたが、アランじゃなくても夢中になってしまいそうな
本当に美しい馬でした。

精神科医ダイサートのもとにやってきた患者はピックで6頭の馬の目をつぶした
少年アラン。何も答えずCMソングだけを歌う攻撃的な目をした患者アランと
ダイサートの攻防が本当におもしろかった。心を開かないアランに対して
淡々と治療する日下ダイサートと敵対心むき出しなんだけど、本当は
話を聞いて欲しい望月アランの心の変化。
ショッキングな事件ではあるけれど、今の日本でも普通に
悲惨な未成年者の理解不能な事件がおこってます。

こういった事件の背景をさぐると、必ず家庭環境が取りざたされますが
無神論者の維田パパと信仰心の厚い木村ママではあるけれど
よくある普通の家庭だと思うのです。厳格だったり、甘かったり、
でも息子を愛するどこにでもある家庭の姿です。

ただアランがこういった事件をおこしてしまったのは、家庭での抑圧に加え
馬を神格化してしまったこと、幼少時に馬に対しリビドーを感じてしまったこと。
幼少時の体験がそのまま大人になってもひきずってる人って実は多くて
フェティシズムは特にその傾向が強いと思うのですが、
大槻ケンヂは「ウルトラセブン」の赤いエナメルに感じたっていってたなぁ。
と、また脱線しましたが、まぁ一概に何が悪いと決め付けられないと
思うのです。そして馬だけが彼の人生だったのに、そこに女性が入ってきて
しまったこと。

それにしても日下さんの最後のセリフは涙でました。
望月さんはやっぱこういう役うまいです。あと相変わらず顔が反則。
顔だけで泣ける。維田パパと映画館で鉢合わせのシーンは切ないんだけど
笑えましたよ。だって必死に言い訳する維田さんの顔がもうおもしろくって。
あと田島ナジェットて馬だったのね。最初入ってきたときに
アレ?なんで田島さんも茶色なのって思ったら。
緒方ダルトンはマラソンの小出監督みたいでした。キャラも。
馬たちは基本的に顔だしてるし、ポルノ映画館の客という素敵な役もあるので
楽しかったです。芹沢さんはユダのときはモサーーとしてた頭がすっきり
あがってたし、イマッドさんはさすが馬がサマになってました。
岡本さんもエドは見たことあったっけなー。BB以来かもです。

で、ラドクリフくんのアランでは意外とマッチョ、意外とギャランドゥとか
そのへんばっかクローズアップされてた例のシーンですけど
望月さんの全裸より田村ジルの裸のほうがなんか照明もバッチシ
あたってるし衝撃でしたけども。田村ジル、プロフ写真よりずっと
かわいくてすごく魅力的でした。

どうでもいいんですけど、客席からみててちょっと気になったのが
ステージシートに今日小さいかわいいお嬢さんが座ってて、
おとなしくみてたようだったんですけど、どうだったんだろう…全裸…。
擬似とはいえセックスシーン…(未遂)。
はだかの王様ならゲーラゲラワハハなんだけどなぁ…。

JCS開演前のお楽しみ

JCSは休憩ナシの1時間40分のお芝居です。
でもあまりの内容の充実ぶりと迫力に短さを感じません。
それにこれ以上やったら、やな神さまもユダもアンサンブルさんも死んでしまう。
毎日これを上演してること自体がスゴイ。気力体力ともに
ものすごく消耗するだろうなと思います。

そういうわけで開演時間がほかの演目より30分遅いのですが
(土曜ソワレは15分早い)
おかげでお隣の「ライオンキング」の待機動物が見学できるのです。
この前は那我性白ヤギさんが軽快なステップをふんで
持ち場に向かっていきました。共通ロビーで聴く「サークルオブライフ」も
またワクワクします。そしてモニターでは
遅れてきたお客さんのための上映もやってまして、
やっぱいいなぁライオンキングとしみじみ思いました。

…まぁ、でも、あの、隣の祭りが終わるまでしばらくみる予定ないけど。

「ジーザス・クライスト=スーパースタージャポネスクバージョン」7/4四季劇場秋②涙は見せないで 見つめていたいよ

神さまを思う一念でパソコン復活。

すり足でやってくるスンラユダ。
ここからのスンラユダのボロボロっぷりがまたすごいことに。
銀貨をとったユダをみつめるやな神さまの顔が
ジャポメイクとあいまって怖いよーー
芝ユダとのケンカはこっちが息もできないくらいの緊張感があるのですが
スンラユダはヨワイです。打ちのめされてます。
そして本日の「ゲッセマネ」も素晴らしかった。やな神さま
汗だか鼻水だかキラキラさせながらの熱唱です。

そこへやってくるスンラユダ。スンラユダのチューはなんだかドキドキするなー
「ヤツは…あそこにいます…」
愛しさと切なさと心強さとーーー♪て歌いだしたくなるような
せつなさ全開です。しかも心強さはないし。スンラユダこそ
「あなたが生きがいで暮してきたのにどうしよう」て歌いだしそうなユダ。
ちなみにやっぱり逮捕のとこでトモさんは歌ってました。
明戸アンナスの笑顔がワルかわいいです。

はい本日もやってきました。
ザ・シモムラショウ!密かに人力車を引いてる男の子がカッコイイですよね。
あの格好も普通に似合ってるし。ちなみに下様は似合う以前に
一体化しているとしかいいようがない。
下様やな神さま以上に痩せたんじゃないでしょうか。
足も細いし、めちゃくちゃあがってるし。
相変わらずテンションはMAXですが、やな神さまがあまりにも
冷めてるので、その相乗効果でおもしろいのなんのって。
「…キ…」とか小さな声で言ってるとこは場内笑い声あがってましたから。
もちろん本日一番の大拍手。というかここしかちゃんと拍手できる間がないから
しょうがないんですが。

一方ショックが大きいスンラユダ。唇震わせながら歌ってます。
どうして愛したのかーが魂の叫びでした。なんかスンラさんだと
師として愛してるというより本当に恋愛対象みたいにみえてくるんだよなー
でもここのスンラユダが一番胸しめつけられます。

鞭打たれるやな神さま。きょうは前でみてるのでやな神さま
悶絶ムチ打たれ姿が目の前に。
不謹慎ながらここのやな神さまが一番美しいです。色っぽい。
そんななか、どういうわけかやな神さまより瀕死の男が…。
そうです。またもトモさんです。
おびえすぎ走り回りすぎだから。
「ひゃうぅぅぅ」てわけのわからない声をあげてました。
ちなみにルーク上出は「あ゛ーーーー」って言いながら群集を押しのけてました。
ここの村ピラトの「お前がーのぞむのならーー」は
最高ですね。

上から降りてくるスンラユダ。
さっきまでの私のせつなさを返せといわんばかりのノリっぷり。
で、スンラさん結構胸筋がたくましいんですよ。
私は上手側にいたので、冒頭から衣装からみえる胸にちょっと
釘付けだったんですが、黒薔薇しょっても素敵。
ゴンドラにのってるのにアクションはげしいです。
野獣の「愛せぬならば」もすごい身振り激しかったからなー

十字架にかけられるやな神さま。
最後に苦しかったのかトモさん一瞬口閉じた。
そのあとやな神さまが「渇いています」とかいうから、
あぁトモさんは本当に渇いたんだなと思ってしまいました。

JCSで一番こみ上げるのはやはりここで、首垂れたやな神さまに
あたっていた照明がだんだん暗くなってくると
もう終わりですという気分になって死ぬほど悲しくなります。
この演目の不思議なところは上演中は
必死にみてるからいろいろ考える余地もないんだけど、
観る前と見終わったあとが一番ジワーーーっとくるところ。
むしろ観てないときのほうがいろいろこみ上げてくる。
これが渇きなんでしょう。

カーテンコールのやな神さまは最初からにっこり。
スンラユダにも盛大な拍手が贈られました。
最後は袖でやな神さまがペコリとひとりお辞儀。
いい舞台でした。本日も幸せでしたーーー。