よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2007年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年05月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年04月
ARCHIVE ≫ 2007年04月
      

≪ 前月 |  2007年04月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

レスが遅くなります。すみません。

GWでしばらくパソコンから離れます。
記事は携帯からアップします。
さーて携帯日記はイトゴン日記になるのか否か。
スポンサーサイト

言わないでほしい さよならだけはーー

あぁもうこれだから四季は!
ゴンゾまた増えてるしー

とはいえほとんどの役がWキャストだから予想はしてましたが。
四季で同演目をマチソワしたのは吉原ガストンデビューの時くらいなんですが
これだけガラリとキャストがかわると、同じ演目でも全然印象が変わって
楽しそうですし、実際レミゼは普通にマチソワしてて楽しいし
サイモンゴンゾみたいし。今回なんといってもお見送りがあるし。

ただですね、いくら通常の演目より安く設定されている「ユタ」といえども
両方ともS席でみる余裕がオイラにはない。
…んあぁぁ、そうだ、スカイマークといえども正規料金だからだ。
確かに飛行機代で使い果たした。その通りだ(ディラン・マッケイ)

考えろー。ない頭をフルにつかって今後のローテーションを考えろー
この週末はWかもしれないが来週末はサイモンゴンゾ略してサイゴン
(もはや別の単語に)がシングルかもしんねえよ。
わだす…もうどうしたらいいがわがんねえよ。
どうぞお願いーじがんを止めて 来週もキャスボそのままでー♪(小夜子)

誰がでてきても結局ゴンゾに振り回されるワタシ

イトゴンデビューおめでとうございます~
ちくしょう観にいきたかったー
こんなときどこでもドアがあれば!(いまさらこの年でバカ発言)
それから岸本モンゼとたくみん大作も。
伊藤さんは衝撃の勝海舟以降もポールとかびっくり仰天役人とか
「エビータ」の勝さんだらけのエリートのゲームとかやってたんだけど
ゴンゾは歌を聞けますからね。
あれだけスカイマークには二度と乗らないといってたんですけど
背に腹は変えられない。だってスカイマークはJALの半額なんだもん。
さて…これで来週イトゴンでなかったらどうしましょうね。

イトゴンきた~

しかし今週は無理だーっ。来週はおもいっきりゴールデンウィークですがここは困ったときのスカイマーク頼みですな!

イトゴン(伊藤潤一郎ゴンゾ)が満を持してきましたよ~。しかもシングル!
あすデビューでしょうね。
…略しすぎ?これではまるでカネゴンとかウルトラ怪獣ではないか。
いきたいけど、どうせ週末とかにWになったりするんだろうなとか思うと
思い切れない今日この頃。 前は月曜にキャストでて即航空券予約してたことも
ありましたが、今朝と夕方と全然違うこの状態では…。

それにしても菊池ペドロ。いきなりでました。きっと前からお稽古してたんだと思うんですが
菊池さんってやろうとおもえば全役できるんじゃなかろうか。
菊池小夜子…とかね!おさげで登場する菊池小夜子。
遊佐いづろ「これなんだ」
菊池小夜子「…あ、そいは…そいはなっす」
遊佐いづろ「誰かTシャツねぐなったやついねか?小夜子がもっでだぞー」
子どもたち「センセさゆうべ、センセさゆうべ、あーあ、あーあ」
菊池小夜子「これは知らねえうちに着でたんだよぅ」
匠大作「どっがらとってきだんだ小夜子」
菊池小夜子「そったなこといっだって知らねえもん きっとロックの神さまが
私にくれたんだと思って大事にしでたんだお」

田代ペドロ「ユタ 助けてけろ お小遣いももらえない小夜ちゃんがかわいそうでよ
ピンクのBOOWYTシャツあいつに着せでやったんだ」

田邊ユタ「このTシャツは東京の友達に僕がお餞別にもらったものなんだけど
ヒムロック世代じゃないので僕が小夜ちゃんにプレゼントしたんだよ。ね、小夜ちゃん」

菊池小夜子「…ユタさん…なにげに自分は世代が違うって言いだいのがい?
どーせ私はユタさんと同い年にはみえねっす…
こ、こ、こん、もやしっ子のくせにーーーーーっ

小夜ちゃん大暴れ。どうなるユタ。とりあえずMarionetteでも歌ってごまかせ!

そんなことはともかくイトゴンが5月も出てますように…。

なにから手をつければいいのやら

ジキハイの感想を書きたいけれど、結局この週末もやっと今
パソコンの前。今週中には…どうにか…バタリ。

アメトーーク

本日の「アメトーーク」ドラえもん芸人で不覚にも泣いてしまいました。
一番好きなエピソードででてきたのが
のび太の結婚前夜とかおばあちゃん編とかドラえもんが帰ってくる回とか
テレ朝だけに映像つきってのがまたニクイ。
アレは泣くでしょ。
さらに私のダイスキな越中さんとケンコバのご対面。
とどめは来週はBOØWY芸人対尾崎芸人なんですって。
BOØWY…
菊池大作!!出番ですよ。(菊池さんはそもそも芸人ではない)

「ユタと不思議な仲間たち」四季劇場秋4/15②芝ゴンゾはいねがーーーっ

2幕。ドリフ全開青空教室です。
丹靖子クルミ先生登場しただけで客席笑いが広がります。
「待ってました!」って感じでしょうか?
ひそかに大作の膝枕でお昼寝するでっかい劉ヒノデロ。
その図がおもしろすぎます。ここはなんといってもいたずらっ子ゴンゾの
見せ場だと思うのですが、クルミ先生にイタズラして舌をペロってだして
すましてる芝ゴンゾがめちゃめちゃかわいいーーーーっ

そういえばこの湯の花村の時代設定がよくわかんないですよね。
継母にいじめられ、授業中も弟を背負ってる小夜ちゃんをみてると
ちょっと前の時代かと思いきや
ピンクのBOØWYTシャツを愛用している菊池大作。
なぜBOØWY。というか今回もやっぱりBOØWYなんだ…。
「小夜ちゃん元気でなっす」っていう田代親分が切ない。
さらに小夜ちゃんが盗みの罪をきせられたときのあわてる顔がまたかわいくてね~
でも必死でユタに頼むペドロより客席は後ろでケンカしてるいじめっ子軍団に
釘付けのようです。そしてついに小川新太が手足をひっぱられて
ものすごい顔になったとこで客席爆笑。あの顔はないよ~。

梅雨明け。フライングです。芝ゴンゾがくるくる回ってます。
そしてユタの体力づくりスタート。この辺ジャッキー映画みたいで
いいですねぇ(まだ「拳精」をひきずってる)
劉ヒノデロの棒術が微妙にあやしかったけど(笑)
さぁここからが最大の見せ場いじめっ子たちとの対決です。
体力的にも技術的にも本当に大変だと思うんですが
華麗に踊れば踊るほど笑いがこみあげてくる…
最後みんなで踊るとこなんてサイコウにかっこいいんだけど
やっぱあの格好だからでしょうか?で、大ちゃんは大丈夫なんでしょうか。

仲直りしたユタと子どもたち。でももう後ろに笠をかぶったワラシたちが
見えてヤバイ泣けてきた…。えーここからは号泣タイムです。
また小夜ちゃんが泣かせてくれるんだ。
あの70年代風歌謡曲で終わるのはなんかひっかかるけども。

幕が一度とじてのカーテンコールはもう一度「友だちはいいもんだ」を
歌うんですが、舞台から客席に出演者がおりてきます。
舞台には歌詞もでてきます。私は上手側に座ってたんですが、
劉ヒノデロがお客さんひとりひとりの顔をみながら歌うから私も
一生懸命歌いましたよ。ファミミュでもいつも元気よく歌ってるから
あまり恥ずかしさはない。
「愛をこころに キミとあるこう~♪」
芝ゴンゾ「もういっかーーい!」
…いや芝ゴンゾ、まだサビ歌ってないから!

一通り歌うと、芝ゴンゾが
「ロビーで待ってまーーーす」と叫んで皆さんでてゆかれました。
今回はロビーでお見送りがあるのです!まだグスグスいいながら
でていくと、すごい人人人。誰がどこに立ってるのかさえわかりません。
「し、芝さんはいねがー(なまはげ)」と私も参戦しようと思ったら
菊池さんを発見したので列に並びます。まずは秋劇場のロビー内で
菊池大作、佐藤ハラ子、菅本母と握手してもらいました。
さぁて芝さん、芝さんはーーーっと見回すと共通ロビーに発見。
劉ヒノデロと念願の芝ゴンゾと握手。あぁ来てよかった。
さらに吉谷寅吉じっちゃんとも握手してもらって外にでました。
福岡アイーダみたいに整然と列になってというのでなく、
あちこち散るのでご贔屓さんを早めにみつけられればいいと思いますが
今週から大ちゃんユタと趙さんゴンゾか…。危険だな~
夢のときは2人ともかぶってたからよかったけど、素顔で出たら
みんな突進しそう。くれぐれも皆さん足元とか気をつけて。

「ユタと不思議な仲間たち」四季劇場秋4/15①菊池大作記録更新中

久々の秋劇場です。昨年の「エビータ」以来。
わくわくしながらパンフ購入。前半だとお稽古写真があるのがうれしいですね
…ってなぜ潤一郎さんのお姿がここにーーーっ
しかもちょんまげしてるし。勝先生以来、伊藤さんは和モノでと熱く訴えてきた
ワタクシですが、よりによってハラペコ癇癪もちの力持ちキャラででてくるとは…。
そっちにいくのか。まぁびっくり仰天役人もやってるから何キャラ路線というわけでも
ないと思いますが
しかし今回、もうひとりの趙さんもゴンゾキャラじゃないし、おもしろくなってきました。
で、趙さんですけど西門さんってなんだ?花より男子か?(それはニシカドさん)
趙宇っていい名前だったのに。西門宇翔ってマンガみたいな名前に。
ユチャンミンさんも劉昌明って中国系みたいになっちゃったし残念。
だいたい改名するのもイヤだけど、プロフィールから出身地とかが消されるのが
納得いきません。あれだけ中国人は身体能力が高いとか韓国人は声がいいとか
いってるくせに、なんでプロフィールから消すのかなーとブツブツ考えながら
あと気になったこと。「王子とこじき」でもいじめ役人だった
中村匠さんとか渡邊今人さんのいじめっ子すごくみたいんですけど
あの格好したらウエストサイドストーリーみたくなるんじゃないだろうか。

さて開幕。チームいじめっ子、いぶし銀です。
ちなみに大作は中学生という設定なので学生服姿らしいんですが、
それにしても菊池正大作何しろ寅吉じっちゃんもやるんですよ。菊池さん。
「岸和田少年愚連隊」のスピンオフ作品で「カオルちゃん最強伝説」って
いう人気作品があるんですが、それでムリヤリ高校生役をやってる竹内力ならびに
田口トモロヲを超えてますね。なにしろこっちは中学生だからね。
いじめシーンが無駄に長いと思うんですが、これ、大ちゃんユタだったら確実に虐待ですよ。
ともかく遊佐真一一郎、小川善太郎新太、礒津ひろみたま子、
佐藤夏木ハラ子皆さんさすが年季の入ったすばらしいいじめっ子っぷり。
唯一新しい桃子の市村涼子さんもカワイイ顔で見事ないじめっ子でした。
でもあの正直者のトムがと思うと母さんは悲しいよ。

ワラシを待つために離れに一人で寝るユタ。この辺からそこはかとなく漂うドリフ風味
とこがたまりません。基本ユタの笑いはドリフですから。客席もどっかんどっかんウケてました。
そしてあらわれた座敷わらしたち。
田代隆秀ペドロ。いやーうまかったーー。本当に親分ぽかった。歌はめちゃくちゃうまい
わけじゃないけど、そこは芝ゴンゾがしめてくれるので、そんなに気にならない。
むしろ田代さんこんなに歌えるんだ~と思いましたよ。
増本藍ダンジャ。ネコのときもそうだけどカッコイイんですよね~ダンジャも男前で素敵です。
今回里咲さんとWですけど、「オンディーヌ」があるから増本さんシングルなのかな~
芝清道ゴンゾ。きゃーーー素敵なもじゃもじゃっぷり。あまりの貫禄に親分が2人いるみたい
ですけど、芝さんの存在感はスゴイ。というかこんな近くで芝さんの声が聞けるのが
単純にうれしいです。
青山弥生モンゼ。青山さんがまさかいらっしゃるとは!本当ちっちゃくてかわいい。
「生まれてからすぐ捨てられたからだおー」っていう言い方がもーーうたまらんですね。
で、ゴンゾがヨシヨシってする図がまたかわいくてねー。ゴンゾとモンゼは仲良し。
ユチャンミンあらため劉昌明ヒノデロ。このヒトが一番びっくりしました。
この前まで韓国でムファサってたのに!しかも結構貫禄あるいい王様だったのに。
えーやはり大きいです。でもメイクはすごく似合う。下様ヒノデロほどの色気はないけど
なんかその初々しさが逆にかわいい。また大きいのに仕草がなよってるから
そのギャップもカワイイんですよ。一番爆笑したのはお稽古写真だけど。
ヅラかぶるとか手ぬぐい巻くとかせずに普通にユさんなのに仕草はヒノデロ(笑)
ただセリフがちょっと気になったけど南部訛りだか韓国訛りだかよくわかんなかったので
むしろいいのかもしれない。最初の長セリフはうまかったし。
ニシカドさんは大丈夫かな(ニシカドさんではない)
そういえばペドロ親分がタバコ吸うシーンがなくなってました。こんなところにも禁煙社会の波が。
笠松はる小夜子歌はもちろんうまいんですけど、なんかすごく素朴で
小夜子っぽかったー

芝さんフェスティバル

帰ってき早々拉致られました。今帰宅。
書きたい事がたくさんあるのにーーーっ
とりあえず芝さんと握手できた。
芝さん素敵でした。ポワワワーン。
それにしても外見はさておき(オイ)夢のようなキャストだったんですが
来週ガラリとかわったりするんでしょうか。
パンフのゴンゾには芝さんの名前なかったんですよ。
うーーん今後もでるのか、それとも若手にチェンジして親分業に戻るのか。
でもクルミ先生にイタズラするときの芝ゴンゾの顔がもーーうめちゃくちゃ
お茶目でかわいかった!

なんかいろいろ驚いた

唄・静馬コゼット
どうしたのよ静馬♪ひとりでいたから知らないこと~多すぎたわ~♪いつも何か探してた私の遠征。いつも遠くから私呼んでる舞台あるの~そして初日の舞台の幕は~私を待つのでしょうか~彼はでるのかしら~彼はどんな役かしら~

出先なんでキャストフォンしか聞いてなかったわけですが後からビックリですよ。

その1。握手大会。お見送り祭り。芝ゴンゾがモジャモジャだった~今日もめちゃいい声で芝節炸裂だったー

その2。リュウさんはユさんだった。しかもこれがなかなか綺麗。ムファサもかっこよかったから塗りモノはイケると思うんだ。

その3。菊池さん大作と寅吉じっちゃとダブルいうありえないキャスティング。

その4。芝さんゴンゾのキャスト入ってないじゃん。つーか伊藤ゴンゾて!!!やーらーれーたー。ここ来たか~。あとすいません今更西門さんて改名されても。しかもこの二人いつから力持ちキャラになったんだ。舞台写真は全部吉原ゴンゾだけどお稽古写真はアリ。チョンマゲはかわいいがそれでも想像できない。

その5。大ちゃんがんばれ。

その6。イマッドさん東北弁しゃべるのか~
その7。市村トムがいじめっ子になっていた。ひとりだけ若(以下略)

鹿賀神様はやっぱスゴイ

20070414232736
なんだかんだいって結局私が一番聴いてるのは鹿賀ジーザスなんですが(もれなく世にも恐ろしいユダもついてきますが)あー本当にジキル&ハイドファイナルみられてよかった!
しばらく封印だそうですが、ジキハイ役は命削りそう。またもうマルシアが幸薄くてねぇ~マーちゃんアイーダぜひとも名古屋でみたいですよ。
テンポよくサクサクすすみますがなぜか楽しいカテコでさらにこみ上げて泣けました。

ユタ初日!

ええとどこから突っ込んでいいのやら。とりあえずいじめっ子軍団留年記録更新中(笑)いじめっ子に世代交代の波なし。
それをいうならワラシもだけど。芝親分だとばっかり思ってたのにな~。でも芝ゴンゾ大好き。モジャモジャ具合が楽しみ。
でヒゲヤクザは何処に?オールバックに騙された…ユダまで長いなぁ

いぎでいるっですばらしいー

わだわだ あげろじゃががい♪
愉快に歌ってるけど、夢のかわいそうな子どもたちばりに悲惨な
わらしたち。いよいよ「ユタと不思議な仲間たち」あす初日です!
とりあえず気になるのはユタとかゴンゾとかだけど、
密かに重要なのは大作のキャスティングじゃないかしら?
お前何年留年してんだって言いたくなるあの髪型と服。
いじめっ子たちは全員罰ゲームのような格好ですよね…。
で、あの格好で敬二さんダンスを華麗に踊るのがおもしろくてしょうがないです。
でも結局最後は泣かされちゃう。

「ユタ」ってなんかに似てるよなーと常々思っていて
つい最近気づきました。ジャッキー・チェンの「拳精」ですよ!
5人のいたずらっ子の拳精・龍、蛇、虎、鶴、豹に(他の人に姿はみえない)
少林寺のおちこぼれ練習生のジャッキーが五獣拳を習って敵を倒すという
お話。この拳精ちゃんたちが本当におもしろくて小さいときはジャッキー映画の
なかでこれが一番のお気に入りでした。
久々に借りてみたんですが
超つまんなかったよ…こんな話だったっけ?
思い出は美化されるものです。そんな「拳精」はさておき
今週末はその「ユタ」と鹿賀さんのファイナル「ジキル&ハイド」を
みてきます。日生劇場は席が安いのがありがたい。
そういえば鹿賀さんも元神さまだけど、おとなりでは同じく元神さまの
祐一郎さんと綜馬さんも出てますね…。祐一郎カリオストロは
歌増えたそうですし、綜馬さんのオルレアン公は「35ステップス」のマガルディばりに
おもしろいらしい…けど…
どうして見たいという気にまったくならないのか!
だって肝心の中身は変わってナインデショ?
どーせなら柳瀬さんも呼んで神様ガラコンサートでもやってくんないかなーー

ないものねだり

先日の会員専用コンテンツとかアルプとか
では私は何があったらうれしいか考えてみた。
とりあえず「クローズアップ」「ステージガイド」「チケット」等々は
もちろんあること前提で、
「キャストボックス」にアンサンブルさんの名前を。
壁紙、スクリーンセーバーはステージガイドの中の項目に入れる。

「稽古場ブログ」その名のとおり現在のお稽古風景を写真入りで。
注・写真の俳優はあくまでも出演候補者です
「裏方さん訪問」舞台裏や衣装を紹介。
「本当の楽屋口」楽屋の写真公開。
「俳優さんまんべんなくインタビューコーナー」いや、あのすごく特定のヒトが
多いよねとかいいたいわけじゃないんですよ。前やった野獣ズインタとか
ボビーズインタがおもしろかったから、枠を広げてサバンナ動物インタとか
ネコインタとかゾーザー内閣インタとかね…。
なんだったら「TOPSTAGE」のテーマトークみたいに一言インタでもいいんだ。
好きな食べ物は?とか。
「ほしいグッズは自分で作れ」企画案を会員にだしてもらい購入希望者の
多いものを商品化。本当は役者さんスタッフさんの着てるスタッフTシャツが
一番ほしい。
「ジーザスのナンバー視聴をフルで聞きたい」これは個人的意見です。
ご観劇前の心構えに、そしてご観劇後の興奮冷めやらぬ夜に・・・
どうぞお楽しみください。
って公式のアレでは足りないって。そしてその渇きを
癒すのに結局寺田ユダ盤を聞くのでますます逆効果に。
「記念日、イベントの写真はでっかく」あのサイズはないと思う。
「寺田さんフォトギャラリー」寺田さんどこにいるのーー(泣)
「柳瀬さんきせかえ」本体は腰巻一枚で。
エルサジーザス、ジャポメイク仮面、野獣、ラウルのヒゲ、カボチャぱんつ
おもわず大泉洋クラスにまで育ったアタマなどいろいろなものを
ご用意しています。
「大塚さん私服コレクション」ついに自分でつくるまでに至った服の数々を展示。
「ダイゴさんエッセイ」「下さまエッセイ」この2人は絶対書くの好きなはずだ。
「あの人は今」とりあえず退団してなくて舞台にでてない人が稽古をしているのか
教えてほしい。
「リレー日記友達の輪」毎回1人好きなことしゃべって(口述筆記)
ほかの劇団員にリレーしていく。

結局若手でもベテランでもいいからいろんな人のインタと写真がのってれば
いいんだな。私は。

企画だけならあたしが!!

観劇後のお楽しみ! 「カーテンコールコーナー」を
新設しました


まぁ要するに「楽屋口」が壁紙やスクリーンセーバーになったわけですね。
この前の「夢から醒めた夢」の楽屋口はこのカーテンコールの
準備編だったわけか。これはこれでありがたいんですけど、
作品のPRのために壁紙無料配布はいまや普通だと思うんだ…。
それよりリピーターさんたちにうれしいのが、「楽屋口」だったのに。
だって壁紙だったら更新しなくても古くなることはないし
作り手側が楽したいだけなのではと勘ぐってしまうなぁ。
どうせなら公式サイトで一般の方々にPRして
これとは別に会員限定サイト作って専用コンテンツたくさんおいてほしいものです。
どうも四季は会報誌といい公式サイトといい、万人に幅広く宣伝したいようだけど
肝心の会員に対するフォローが弱いような気がしてならない。
広報・宣伝・編集部さんお願いしますよーー

ちなみに最近の演劇界で流行なのはやはりブログ。
お稽古場での模様とか役者さん自らのかきこみなんかがあって
開幕前からワクワクできます。作るのも簡単だしね。

すべて思うようにいくでしょう。今宵は安らかに。

年度またいでのプロジェクトが無事終わりましたーー
みんな休日返上で働いてましたが、この4月1週が一番キツかった。
残業残業また残業あげくのはては午前様。それでも翌日は通常勤務。
文句ひとつ言わずみんながんばったなー。お疲れ様でした。
…の割りに私、先月はしっかり毎週福岡通ったけどね。
仕事して残業して夢みて休日出勤して仕事して残業して夢みて早朝福岡から帰って出社して
残業して…
いやいや思い返せば実はものすごく忙しい3月でした。
夢が余計なんですよ。それでさらに体力的には疲れてるのか。
でも福岡行きは毎回いろんなものをチャージして帰ってきてたので
むしろますます元気になっていた。

仕事が成功すると疲労感もあるけど充実感のほうが大きいですね。
それに私はどうも追い込まれれば追い込まれるほどテンションが高くなるようで
疲れのピークをこえたあたりから針が振り切り、
「あと2じかーーん」とひとりピコになってみたり、(残業時間をカウントするな)
「皆さん本日のお夜つはチョコリエールですよー」といそいそとお菓子を用意してみたり
(深夜に食うな)
時間の感覚がすっかりなくなり3分ごとにコーヒーがぶ飲みして胃がむかむかしたり
あげくのはてはウチに帰って朝まで一睡もできなかったり。
ランナーズハイみたいなもんなんでしょうか?ワーキングハイ。

そういえば昨日は「ウィキッド」の先行だったんですね~
やっぱり大変だったようですね。私はいけるかどうかもわかんないので見送りましたが、
ま、ロングランだからそこまであせらずともいつか見られるでしょう。
それにプロジェクトは終わっても日々の仕事は普通に待ってるわけで。
うへー結局今日も残業。

大沢ファントム?

大沢たかお、怪人になる ミュージカル初挑戦
ってえええーーっ!
外部から参加する人いるけどまさか初挑戦の人に怪人やらせるの?

しかし大沢たかおといえば
NHKの大人計画フェスティバル特番で、その昔大人計画にいて
芸名は大沢蝉之助だったという壮大なウソドキュメントをみた過去があるので
そう簡単には信じませんよ。

真相はALWの「オペラ座の怪人」ではなく、コピット版の「ファントム」でした。
原作はどちらもガストン・ルルーの「オペラ座の怪人」なんですが
内容はちょっと違います。「ファントム」は宝塚がやってたんですが
版権切れたのかな?四季のオペラ座よりメロドラマ要素が強く、
もちろんこちらもかなり泣けます。主人公のエリック(ファントム)は繊細で子どもっぽくて
まっすぐで母性本能くすぐり系なんですが、大沢エリックよさそうですね~
まさか宝塚版みたいに踊らない…よね?いやちょっとみたい。

そしてこの「ファントム」上演は大阪からスタート!
来年1月梅田芸術劇場で開幕です。ということは大阪では2つのオペラ座の怪人が
上演されるわけです。これまた話題をよびそうですね。
個人的にはコピット版のファントムは非常に佐野ファントムぽいと思うんだ。
佐野さんの「ファントム」もみてみたいなぁ~

アタマのいい人に私はなりたい

今、帰ってきて「金曜日のスマたちへ」を最後だけチョロっとみたんですが
本日は飯島愛さん芸能界引退特集だったようです。
本人は「持病と芸能人としての限界」を挙げてましたが、なんの芸もないのに
芸能界にしがみついてる自称・芸能人が多いなかスパっとやめる潔さはスゴイ。

特別ファンではないけれど常々この人は頭がいいなーと思っていて
最初に感じたのはAV女優を卒業して、セクシータレントとして出始めたころ。
そのころの芸風はTバックでお尻をみせてセクシーポーズみたいな
いかにもな感じだったのですが、ある日東大の学園祭に呼ばれた飯島さん。
ステージも盛り上がり、そのあと囲まれて
「東大生に結婚してほしいって言われたらどうします?」みたいな
リポーターのちょっと小バカにしたような質問に
にっこりしながら「こんなお尻とか出す女ありえないと思いますよ」
冷静に切りかえしたんですよ。(うろ覚えだけどこんな内容だった)
この人はお尻だしてるうちはちょっと持ち上げられてすぐあの人は今みたいに
なっちゃうんだろうなと思っていただけに、このやりとりをみて
見た目と芸風で判断してはいけないと思ったあの日。

飯島さんと同じく実は冷静に自分がわかってると思うのは神田うのさん
この人は何ができるわけでもないのになんでこんなえらそうな態度で
芸能人を名乗っているんだろうと思っていたら、インタビューで
「うのは芸はないから、うの自身を売りにしてる」という話をしてて
今やうのブランドのストッキングや下着やウェディングドレスなんか商品開発して
バカ売れ。もちろんショーやパッケージには自分が着て登場。
うのであることが芸なんですね。

学があるのも大切だけど、それよりもアタマのいい人間にあこがれます。

ちなみにね、学はあるけどアタマ悪いなーと思う芸能人は東大出の某女優さん。
思いつくまましゃべり、ダラダラ話すわりに何がいいたいのかさっぱりわからない。
しかも天然でもない。
美人なら誰でも誉めたおすさんまさんですらキレるぐらいひどい。

さ、私はとりあえず脳トレでもするか…。

4月の仕事バカ

ごほ…ごほごほごほ…(バタリ)
誰かエンジェルさんぽい人が心配してくれるんじゃないか見回すけど
残念ながら誰もいないため一人で進行しますが
参った…参ったのよーーー
4月に突入したのにものすごく忙しいじゃなーーい
そりゃあ新年度だからいろいろかわるところもあるだろうけど
どうしてほかの部署の新人の世話まで…。なんか会社での私の立ち位置って
「お母さん、アレどこー?」
「3番目の引き出しの中にあるじゃないの!」

みたいな感じになってないか?いつから私はお母さんに。
でも基本的にいい加減な人間だから、頼られるとものすごくうれしい。
自分の仕事を放り出して喜んで教えにいってます。
そういうわけで今月は予測不可能月間。
行けるチケットは「ユタと不思議な仲間たち」のみ!
「来日エリザベート」は多分さようならだ(涙)

アルプきたけど。

マリア「透き通ったようなーキレーなあなたー」
ジーザス「香油かけてくれたーやさしいあなたー」

…はい、というわけでね。(意味ナシ)
今週の演目はすっかりさみしい感じになってしまいましたが、
稽古場はにぎやかなんでしょうね。
そして「王子とこじき」も千秋楽お疲れ様でした。
青森文化会館の外観なんかどうでもいいからもっと舞台写真をアップに…。
それからやっとアルプがきました。思わず冒頭のような歌を歌う始末。
それにしてもキッシー(岸佳宏さん)も芸大出身なのにミュージカルっ子だったんですねー
井上芳雄くんみたい。四季にきたけど2004年合格だから、もし入ってなかったら
エリザベートルドルフのオーディションとか受けてたのかなー
そのまま東宝ミュー役者になってたのかもしれない。

で、第二章はどうなったのかな?あの連載が一番スキだったのに。
プロフィールにないネタもたくさん提供してくれてたのに。
確かに最近の田中章義さんの文章は普通のインタビュー記事だった。
でも思い出してほしい。田中さんの筆がノリに乗った2005年吉原光夫さんの回を。
『世界各地で苦しんでいる子どもたちのために立ち上がっていくとき
実は発起人のどまんなかを吉原光夫が担っているのかもしれない』

このあまりにも壮大な文章を読んで衝撃のあまり笑い死にそうになったものです。
アレを超える回を楽しみにしていたんだけどなぁ。

「夢から醒めた夢」福岡シティ劇場3/31千秋楽②ありがとう新生夢カンパニー!

2幕の北澤配達人は私のダイスキなクールビューティ配達人です。
それからやっと1階でみられてアンサンブルさんも近くでみることができました。
皆サングラスかけてたりするからイマイチ上でみるとわかりづらいんです。
アンサンブルさんの個々の動きが一番おもしろいのはヤクザナンバーです。
最後なのにおもしろくて後ろばっかりみてました。
で、「誰でもないあたし」で恩田カズノリ3号がクネクネしてるらしいというので
思わず注目してしまいました。ここの振りって後ろみんなクネクネしてますね。
しかしジャンファンさんとジーシンさんは素顔だと全然白黒ピエロの面影ないなぁ。
ただ動きがパキパキしてて(注・シャキシャキよりさらに上の意味)わかりやすい。

さて、お恥ずかしながらこの日は1幕の「神さまおねがい」で泣き始め
もちろん「あなたのために」ではボロ泣きです。
泣きながら野中デビルにまた笑わされ、笑い泣き。
「愛をありがとう」は吉沢ピコもかなりこみあげてました。きちんと歌ってたけど
語尾が震えてました。ヤクザが前にでてきて泣いてるとこをふっとみてまた
吉沢ピコがうううってなっちゃうんだ。そしてそれをみて私も号泣。
ヤクザは最後まで一生懸命帽子をふってバイバイするんだけど、なんか
はりきりすぎて体のけぞってるからオッサンぽかった

今回非常によかったのが織笠ママ。織笠さんはまだ若いんだけど
前でみても本当に違和感なくやさしいママになってて、歌も多かったし
泣かせてくれました。もうこのころになるとバカ泣きの私だけでなく場内
すすり泣く声があちこちから聞こえます。織笠さんもいつもよりさらに
感情はいってたし。

この日の「二人の世界」は泣けて泣けてしょうがなかった。
吉沢ピコはまんまピコっていうか、知寿ピコをみたことない私には今後
どんなに歌のうまいピコやダンスのうまいピコがでてきたとしても
ここまで設定にはまってるピコには出会えないような気がします。
12歳でおっちょこちょいでおせっかいで好奇心旺盛で本当にかわいかったなぁ。

カーテンコールは公式にもあったように8回。配達人締めもありましたが
最後はピコ1人で終わりました。
全員ででてきたときに最後にハケる配達人が幕を閉じる合図をだすんだけど
下様なんかまるで客席に投げキッスするようなキザっぽい感じなのに
北やん配達人は「すみません。幕下ろしてくださいー」って感じの優しい合図。
で、カテコで私が本当に安心したのは北澤さんが素の笑顔だったことです。
あぁよかったやっぱりあのイヤラシイ笑顔は力入れてしゃべってたからだったんだ。
西尾さんはかなりウルウルしてました。感極まって涙こらえてました。
野中さんはやりきった満足感あふれるいい笑顔してました。
いつもはピコに一番盛大に拍手を贈るんですが、今回ばかりは野中さんに
一番拍手です。本当に素敵なデビルでした。ポーズがまたかわいくてね~。
そうそう暴走族が下手でヤクザが上手にいるんですけど、示し合わせたかのように
ソデから西尾族がジャンプして登場したら上手から吉原ヤクザもジャンプしながら
出てきて笑いました。
あ、それからこの2人の楽ということで実はちょっと身構えてました(笑)
忘れ物も落し物もなかった。よかったよかった。

「夢から醒めた夢」福岡シティ劇場3/31千秋楽 ①北澤配達人断固おじさん拒否

舞台では白黒ピエロくんやマリオネット君や輪投げが
繰り広げられています。
盛大な拍手や笑い声。いい意味で千秋楽らしくない雰囲気で盛り上がります。

そして本編。この1ヵ月ずっと2階だったので
青マントの人は一度も見られませんでした。
が、きょうはS席!クールビューティ青マントを登場から凝視。
いやーーかぶっててもクール…あれ?あれれ?
なんか動きがカクカクしている。
シティ劇場ってそんなに歩きにくいですか?
っていうくらいヨタヨタしながら歩いてます。
まぁいい。あれは仮の姿だ。
「人は誰でも夢見る~♪」きたーーーっ待ってました!
やっぱり北澤配達人は青シャドウですね。
「こんばんわ!皆さんようこそ」
あれ?あれれ?なんか熱く客席に語りかけてる。下様風配達人になってる。
笑顔で語ってます。でも個人的には前のクールビューティのほうが
好きなんですけど。なんでかっていうとセリフにも表情にも力が入りすぎてて
笑顔が妙にイヤラシイんですもの(笑)
どうしよううっとり楽しみにしようと思ってたのに笑いがこみあげてしょうがない。
ところがピコが「どうしたらいいのこんな怖い夢をくれるなんてー
配達人のおじさーーーん」と呼んで現れたその顔はあきらかに
「おじさんじゃねえよ」とムッとした表情(にみえた)
その後笑顔一切なし(笑)
マコの物語中にピコが「すてきねー」みたいに話しかけると、にっこり微笑むけど
すぐ真顔に(←おじさんといわれたことにまだショックを受けてる)


さて、予想外のおもしろさだった北澤配達人はひとまずおいて舞台は霊界空港。
ここはグレーパスポート3人組や職員さんに目を奪われがちなんですが
今回ばかりはずっと後ろにいる野中デビルが気になってしょうがないわけですよ。
何気なく踊ってるようですごく綺麗なの。野中デビルって何もしてなくても
常に指先の動かし方とか綺麗でおもわず見てしまいます。
なのにしっかり笑いもとれちゃうとこがさすが。
「オース、オスオスオス」って指差しながらしゃべるから前のほうに座ってると
ちょっとうれしいかも。

武見おじいちゃんはおじいちゃんと呼ぶのは失礼なくらいダンディです。
おばあちゃんとの再会シーンのかけあいでさっそく涙々。

どうやら日替わりらしいアジアの子どもは佐伯さんでした。佐伯さんの声スキだなー。
シュガーポットちゃんのときは歌聞けなかったから、こんなに歌えるとは
思いませんでした。ほかの演目でも聞きたいですね。
そういうわけで、ピコに話しかけるほうは李さんです。ほどよくナマってました。

飯村メソは髪切ってた!チクショー前であの髪型みるのが楽しみだったのに。
お母さんがスキカルで刈ったみたいな頭が好きだったのに。
アンガールズの田中みたいでよかったのに(いいのか)
それにしても飯村さんって本当にメソ似合います。
有賀メソは妙に頭よさそうだし(見たことないけど多分道口メソもそうだと思う)
盗んで光の国いけるのが納得いかないうえに
「たとえこの僕の幸せ閉ざされてもーー」ってお前のせいなのになんだその言い草は!
みたいなところがありますが飯村メソはグレー3人組に持ち上げられて
アワアワしてるとこをみると思わず同情したくなります。

吉原ヤクザはすっかりヤクザも板につき、おにぎり食べるのもうまくなりましたが
白いパスポートくわえて「あ…うまい」っていう間が好き。この日もいい感じに
オチて笑い声があがってました。

そして基本的に下様風味なのは最初だけだったようでピコが気絶して
地獄の門から出てくる北澤配達人はものすごく素敵です。(続く)

「夢から醒めた夢」3/31福岡シティ劇場 最後のロビパフォ!!

終わってしまいました…本当に楽しい1ヵ月でした。
本日は千秋楽ではありましたが、リピーターさんもいながら
初見さんも多く、拍手は多いわ、笑いは多いわでいいムードの舞台でした。

入り口にはシティ劇場千秋楽恒例のサイン入りポスターが飾ってあって
バシバシ写真とってました。
アイドルのような完成された吉沢さんやさすがかきなれてる野中さんや
最後にきたのに一番字が大きい北澤さんや相変わらずヤクザって書かなきゃ
さっぱり誰だかわからない吉原さんなど見所もりだくさんですが
「まえだ」とだけ書いてる前田カズノリ2号さんのあまりにもいさぎよいサインに
福岡サイン大賞を贈呈。

最後のロビパフォも盛況でした。
オルガンまわしさんは意外とフレンドリーで2ショット写真を
撮るときに肩組んでくれたりします。
そして今日も高脚ピエロ登場。すっかり有名になったピエロに群がるお客さんたち。
ピエロズは最初から「はーーい上あがってねーー」と誘導してました。
で、さっきも書いたんですが、男子が普通にバスケットボールをなぜか持ってて
それをキャッチした青ピエロくんは一本指でくるくる~と回しだし、思わず
まわりから「うわーーー」と声があがります。新しいパフォーマンスかと
思いましたよ。
魔法使いさんは写真撮ったら手をふってくれました。いい人だ。
上ではマリオネット貴族さんが小さい子どもに大人気。
タップは小さい女の子が一緒にやってて、カズノリズが手取り足取り教えて
いるのがすっごくほほえましかったです。
ベネチアンの2人もいたんですが、一人がびっくりするくらい小さかった。
で、最後はきょうも目を見開いたままゆっくり歩くスペードさん
怖いです。

実はきょうは福岡夢最初で最後のS席!近いと霊界空港職員の顔とか良く見えて
楽しいですね~。それより北澤配達人がなにげにすごくおもしろかったんですよ。
本編に続く。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。