よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2007年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2007年03月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2007年02月
ARCHIVE ≫ 2007年02月
      

≪ 前月 |  2007年02月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オースオスオスオス

えまさんのコメントによると本日のニュースに「夢から醒めた夢」のゲネの
模様がでていたようで。

野中デビル!!!そうきたか。

ということは、きましたミツヲヤクザ西尾族です。
やんちゃピエロズ楽しみだーーっ。
デジカメ買ってよかった。本当によかった。
京都のときはズームができなくてピエロの顔の前まで近づけて撮って
思いっきり不審者だった私。
そのほか有賀エンジェルがいたそうです。

たしかに面子は変わってないけどこの新鮮なキャスト。
今月はアタシは自粛傾向のはずだったのに
どうしましょうね。いろいろ見所が増えてしまった。
委員長がだれかということと、
リハ見でのおもしろ爆弾発言も気になりますね。(早くも期待)
司会は野中さんも得意だし、仕切り番長ミツヲさんもみたいけど
意外や好評だったという西尾さんや、アイーダの司会で
ボロボロだったという有賀さんのリベンジ司会にも期待。
で、いじられキャラは今回も飯村さんですか?
ってこんなにテンションあがってるのに平日はいけないんだって私は。

ここまで盛り上がっといてアレですが、
このメンバーだと誰とチェンジしてもいいわけで。
明日はまたいつものキャストだったりして。
…十分ありえるのが怖い。
スポンサーサイト

人生ままなりません

これからお仕事も私生活も慌しくなりそうです。
3月はもともと自粛しておとなしくしている予定だったのですが
4月は大阪と東京行きの航空券は手配済みで
肝心な舞台チケットだけがないという状況。
ところが遊んでる場合ではなさそうなことになってきて
どうしようか頭を抱えています。
とりあえずね、夢のキャストが予想通りであってほしい。
ここへきて新キャストとか…ないですよね?

地元じゃ負け知らず そうだろ♪

「ツトムとヨシオ」が夢に終わりました。残念です。
ということは福岡は皆のアイドル荒川配達人なのか。
それともファミミュ風味の優しい味方配達人なのか。
それともクールビューティ北澤配達人なのか。
妖しさ爆発悪夢専門(←PVでしかみたことないくせにこれはどうかと)
下村配達人なのか。
場所が福岡だけにキャス変はそんなにないとして、誰がでてきても楽しみですね。
私が参加するのは中盤ですが。

で、瀧川響さんて誰?
平成生まれの子ならともかくまさか本名じゃなさそう。
に…日本人はいないのか…。

うーまんりーぶ21~♪

昨日今日と地上波以外が楽しいです。

「ウーマンリブ先生」WOWOW
大人計画の舞台はテレビでみても十分楽しい。
そしてこの舞台は何度観ても古田新太さんがおもしろい。
ほかの役者さんが暴れてるときの古田さんのなんともいえない顔がツボ。
ちなみに思ったよりピー音は少なかった。

「ライオンキングの魅力」BSフジ
何度目かの再放送です。デジタルはダビングできないので
あらためてメディアを代えて録画。田中シンバは好きだけど
一人で大変そうなので、もうそろそろ新しいシンバもみたいところ。
北澤シンバとか吉原シンバとかまさか阿久津シンバもでてこないでしょう。
マサトーくんシンバとかどうでしょう?

「復活!筋肉少女帯」
BS2
40歳超えてしまったオーケンだけど、全然かわらないメンバー。
ドルバッキーにゃー。昔、田舎の子どもだったときに音楽誌をみながら
ライブ行きたいよーと思っていたバンドの皆さんが続々と再結成しています。
いい時代だったんですね。やっぱり。

久々に嫌な気分でぐったり。

そういうわけで来週からの京都劇場は
四季一座が贈る新春喜劇公演
第一部『CRAZY FOR YOU~クヤシイけれどお前に夢中~』
第二部『ツトムとヨシオ オンステージ』
で決定ですね。
人情喜劇と歌謡ショーの2本立てで。イカしたバックダンサーもたくさんいるし。

…とバカな前フリはさておき、本日はちょっと精神的に疲れてます。
忙しいのは苦にならないんですが、行き詰ってます。
もうすぐ春だし、いろいろ考える時期なのかもしれません。

とりあえずWOWOWの「ウーマンリブ先生」でもみて気持ちを
落ち着かせよう。このシモネタ満載の舞台が映像でみられるとは思わなかった…。


コリオレイナス千秋楽 2/18シアター・ドラマシティ

蜷川幸雄さん演出のシェイクスピア悲劇です。
とにかく台詞の量とスピードに圧倒されます。
唐沢さんは最初から声がかすれ気味でしたが、これだけの台詞を
毎日まくしたてなければいけないのだからそうなるよなぁと素直に納得。
今回ストーリーも非常にわかりやすく、飽きの来ない3時間でした。

幕があがると巨大な鏡(マジックミラー)があらわれ、客席がうつり、
どよめきがおこります。大阪ならではのノリなのかもしれませんが、
みんな手ふったりして冒頭からなごやかな雰囲気に。
ソデから出演者がワラワラでてきて一礼。
この鏡、後ろが透けたりもするので場面転換の時に非常に効果的に使われていました。鏡の後ろには舞台いっぱいに巨大な階段が設置されています。
傾斜舞台よりさらに見やすく客席はありがたいんですが、演じるほうは大変です。
この段差を降りたり上ったりしながら台詞をしゃべり、
挙句の果ては殺陣もあったりして、ものすごい運動量。
あと怪我しないか心配です。普通に階段落ちしたりするし。
登場人物はほとんど男性で全員丸刈りです。
衣装がまたステキで全体的な印象だとアジア系。この作品は英国公演もあるので多分それも意識したのではないかと思います。

簡単なストーリーの説明。
ローマの武将ケイアス・マーシアス(唐沢寿明)は戦地で素晴らしい働きをし、
コリオライを陥落させた功績を認められ、コリオレイナスの名を得る。そして元老院で執政官に
推挙されるもののしきたりに従って市民に投票を請わなければならないのに、
誇り高い彼は尊大な態度をくずせない。市民の怒りをかい、ローマを追放された
コリオレイナスは敵国ヴォルサイに赴き、将軍オフィーディアス(勝村政信)と
手を組むことに。復習に燃え、かつての友人の言葉もきかないコリオレイナスを
動かしたのは最愛の母ヴォラムニア(白石加代子)だった。


どこまでも崇高で妥協できない男・唐沢コリオレイナス
顔がものすごく小さくてかっこいい!デキすぎる男ゆえに破滅していくのですが、
まっすぐで考え方にブレがないからえらそうであればあるほど魅力が増します。
まわりに諭されて揺らいだりするんだけど結局自分の意思をまげられません。
ただ母の前では本当にかわいらしくなってしまうのですね。
こんなにカッコイイのにマザコンかよ!って感じですが、
あの母ですから仕方ない(笑)
で、唯一気になったのが唐沢コレオも丸刈りなんですが、一筋剃りこんでいまして、
それがまるでアホアホマン(byごっつええ感じ)のようで
ちょっとだけオカシかった。
ローマ軍は黒い衣装でそれがまたステキなんですがヴォルサイの白の軍服もステキでした。コリオみたいな男はカリスマ性と華がないとやっぱり。

その母白石ヴォラムニア。ものすごい存在感でした。
どんなにコリオが英雄であろうとこの母の前ではただの息子。
空気を一変させるような迫力に圧倒されつつも、
何度も白石母に爆笑させられました。
宿敵オフィーディアス(勝村政信)。天才軍師コリオにずっと負け続けた挙句、
味方になっても屈折した想いを抱き続けている男。最後、コリオを欺き、その命を奪います。しかしながらコリオを尊重し丁重に葬ることを宣言するのですが…
その言葉とは裏腹にコリオの亡骸を抱きながら顔は邪悪な笑みを浮かべています。
この表情、中ほどの私の席からよくみえなかったんですけど、
このときばかりは常にオペラを構えていてヨカッターと思いました。
やはり人はこうなんですよね。そして読経が流れる中静かに運ばれるコリオ。

場内大拍手&スタンディングオベーションでした。
いやーシェイクスピア劇は難しいけど
蜷川さんの毎度の迫力の演出と熱演の役者陣には新鮮な驚きと
感動に包まれます。むしろその台詞の海にのまれるのが心地いい。

さて。この舞台、高潔で美しいコリオが中心にはいるものの、裏主役は民衆です。
自国に大きな功績を残しつつも自分たちに歩み寄らないので
食糧難にあえいでいる民衆は貴族のコリオを憎んでいます。
そして身近な護民官たちの言葉をあっさり信じ、何も考えず追放してしまうのです。
自分の考えをつらぬきとおすコリオも愚かではありますが
簡単に煽動される民衆も愚かです。ある意味JCSにも近いものを感じました。
お互い分かり合えなかったのかと。
でも隣でやってたMAのような憎しみだけで結局なんだかよくわからないのではなく
皆、よき方向へ導こうとしていたのに、いろんなものが行き違って破滅へと
進んでいったのだなぁという悲しさが残りました。

これから名古屋公演福岡公演そして英国公演が待っています。
あれを毎日こなすのは体力的にも精神的にも大変だと思いますが、
とりあえず咽だけは大切に唐沢さん。

クレイジー・フォー・ユー2/17京都劇場 川東ジュニアがアホカワイイです!

CFYはしばらくみることもないだろうと思っていたのにありがたいことに
新ボビーで締めることができました。東京と全国と京都とうまいぐあいに
全員のボビーがみられて幸せです。
田邊真也ボビーは本当に踊ることが楽しくてしょうがないという
若々しくて元気なボビーでした。遠くからみると加藤ボビーと見間違いそうなときも。
髪の毛はブラウンで落ち着いてました。タガー同様さわやかで誠実そうな面が
垣間見えました。笑いもとれてたけど、やっていくうちにもっとおもしろくなりそう。

ポリーはキャラ的には麻美ポリーのほうがあってるような気がしますが
木村花代ポリーはもうとにかく…カワイイ!!にっこり微笑まれたら
夢のようだ~こんなステキな女の子に~♪て思わず歌ってしまいそうでした。
でも唯一のけぞったのは、Wザングラーさんと鉢合わせして驚いてる顔が
ものすごい変顔に。
しかもしばらくその顔のまま固まってるから花代さんファン的には
「もういいですから。元の顔に戻ってください…」といいたくなるくらいスゴイことに
なっています。
お父さんが松下武史さんだからベルとパパみたいでしたよ。
カテコではドレスのすそを元気よくバサーーッって振り回してるのが豪快でした。もっとスマートでもいいけど、ま、ポリーだし。
客席は2階S席はガラガラでしたがスタンディングで盛り上がりました。
2人カテコは最初は寄り添って2回目はステップ踏んで3回目はホッペチューで
終わりでした。なんか2人とも初々しくてかわいかったー

ほかにも今回は初めてキャストが多くてもうどこをみていいのやら。
増本藍アイリーンは思ったより色気のないアイリーンでしたが赤毛が似合って
すごく綺麗。今後も楽しみです。牧野公昭ランクはさらにおもしろくなっていました。
コメディってやればやるほど間とかお客さんの雰囲気とかわかってくるから
やってるほうも楽しいでしょうね。
そして吉谷昭雄ザングラーさん。ザングラーさんって「~じゃ」っていうから
意外とお年だと思うんですが、ダンディザングラーさんでした。メガネかけてるときは
偽ザングラーさんとも思ったより似てましたよ…うん…ちょこっとだけ…。

そのほかの皆さん。
川東優希ジュニア
川東さんはお母さんの運転手もやってるんですが運転手の制服似合ってました。
2幕ですぐ着替えてでてきたのもスゴイなーと。
それよりですね、こんなにアホかわいいとは。
ヤンキースのキャップにオーバーオールだからもれなくジュニアは
お子様っぽいんですけど。前見た田中部長は冒頭やる気のないお子さまって感じでしたが
川東ジュニアはやればできる子という雰囲気はかもしだしてます。
2階で読書してる中山大豪ピートがインテリのアメリカのお子様ぽいため
下にいる川東ジュニアが阪神の帽子かぶって掃除させられてる
関西のアホの子どもにしかみえない
というさらなる相乗効果をうんでいます。
フォーリーズがやってきたときなんかシーラの肩のファーをフガフガ吹きながら
後を歩いててアホかわいさ全開。川東さんてヌビア人のときもそうだったけど、
善悪の顔の差が激しいんですよね。

道口瑞之サム
道口さんが薄汚いーーっ(笑)しかも金髪。いや皆最初は薄汚いけど。
例外として畠山ミンゴは終始ステキですが。サムってなんとなく印象薄いのですが
道口サムいろいろとおもしろかったです。歩き方が独特なのと池末絵己子パッツィ
胸をつかむ手がイヤラシイ。いやらしいといえば着替えしてるとこで
いち早くのぞいているにもかかわらず川東ジュニアを呼ぶ。
サム「ここからみえるんだぜ」(あくまでもさりげなく)
ジュニア「うわーーほんとだぁぁ」(素直に大喜び)
サム、ジュニアを盾にチラ見

この人は飄々としてるけどバレたらしらん振りしてるんだろうなと
策略家ぽい一面を見るサムでありました。

関与志雄ビリー
関さんはもうとにかく大活躍で楽しかったのですが、
あの1幕の最後の格好は昭和のアイドル。
それもジャニーズというよりなんというか…グループサウンズ?
城みちる?いつの時代のアイドルだ。
リアルアイドルの荒川ボビーが帰ってきたら2人で「ツトムとヨシオ」とか
ユニット組んでほしいものです。
…私は一体何を観にいったんだろう。ともかく大変おもしろかったです。

「朧の森に棲む鬼」大阪松竹座2/17

パンフレット買おうか買うまいか悩んだのですが、買ってしまいました。
そしてやはりちょっと後悔。というのもパンフレットと一緒にその2倍の長さの
カレンダーがついてきたわけで…。
これがその後の移動にものすごく邪魔だったわけで…。
でも今年1年麗し朧の皆様を見られると思えばまぁいいか。
それから松竹座のロッカーはお金が返ってこないのですね。
ケチくさいけどここは無料にしてほしいところ。

今回のこの作品は「リチャード三世」と「酒呑童子」がベースになっているそうで
主役のライ(市川染五郎)は完全なる悪役。
でもその完膚なきまでの悪の徹しぷりがイイ。
悪役って本当に魅力的です。
冒頭はただの小悪党といった感じのライが森で魔女に出会い、
己の命と引き換えに霊力のある剣を手にするのですが、この時点でもかっこいい
染五郎さんがどんどん権力欲を増すとともに悪人面とメイクになっていくのが
もうなんとも色気があってステキでした。

そんなライの弟分キンタ(阿部サダヲ)
頭はくるくる頭で「タイガー&ドラゴン」のどん太ほどのアフロではないんですが
どうみても林檎殺人事件の樹木希林。
相変わらず場内の爆笑と人気をさらってました。
これってホントアテ書きだと思うんですが、
サダヲさんは舎弟というか弟分をさせると右にでるものがない。
バカだけど腕っぷしは強いキンタの殺陣がまた勢いがあってかっこよかった。
2幕では盲目となったキンタが座頭市の逆手刀殺法で立ち回りをするのですが
これはさらに難しいです。それから歌がよかった~

魔女の言うとおりエイアン国の四天王のひとりヤスマサを殺したライ。
剣術より口が達者なライなので、剣に振り回されるんですが、
本当に振り回されてるみたいでした。
それにしても新感線の殺陣はあの舞台上でよくあの速さで
できるものですね。ちょっとでもタイミングずれたら
怪我しそうです。
これを足がかりにどんどんまわりのものを騙し権力を手に入れるライ。ライ=lieなんですね。

さて、そのほかの登場人物をあげる前に触れておきたいのが今回のセット。
冒頭から雨を舞台上に降らします。前のほうのお客さんには水よけの
ビニールみたいなのが配られていたようでした。
で、またタイトルがドドーーンとでるとこがカッコイイーー
最後は滝のように流れる水の中央でのライの大往生でした。
流れる血と水が混じりあい
なんともいえないカタルシスを感じました。
最後の水の勢いも凄かったー
私は2階でしたが前方だったので花道もよく見えました。

エイアン国のミカド(田山涼成)は一瞬その白塗りメイクで誰だかわかんない顔に
なってましたが、2号さんのシキブ(高田聖子)にへちゃむくれ呼ばわりされても
おだやか~なかわいいミカドでした。MAのルイ禅さんとかぶりました。
最期は気の毒でしたが、自分を犠牲にしてまでシキブを愛していたんだなぁとホロリ。

そして四天王のひとりで検非違使の長ツナ(秋山菜津子)
凛々しくてステキでした。新感線は久しぶりですが、
この前ゲキ×シネで「SHIROH」みたばっかりだから
久しぶり感はあまりなかったです。
もうひとり中心の女性、エイアン国と対立するオーエ国のシュテン(真木よう子)
顔が小さくて細くてかわいかった~回りが芸達者なくせものそろいなだけに
印象はそんなに強くなかったけど、かっこよかったです。
そう、新感線の女性陣は皆カッコイイ!
そのかわり容赦なく殴られたりするわけですが
一番すごかったのはつきまとうオクマにかまされるキンタのドロップキック。
綺麗に入ってました(笑)
ちなみにほかの四天王は
ウラベ(粟根まこと)サダミツ(小須田康人)なんですが
サダミツがライに見事に陥れられるところはおもしろかったですね~

相変わらず迫力あり笑いありで商業演劇かくあるべしのような舞台でしたが
第二章いのうえ歌舞伎というだけあり、派手さやお笑い要素は押さえつつも
より深い人間ドラマになっていたような気がします。


で、グッドタイミングでNHKで子どものためのシェイクスピアカンパニー
「リチャード三世」がこの日放映されました。
本家リチャードも魅力的なワルです。
福井貴一さんもでてますがステキでした。

追記
うわわわわわマダレさま(古田新太)のことかくの忘れてたよー
すごい存在感でしたというか…なんかデカかった…。
衣装のせいかもだけど。

求む4兄弟

相変わらず中高生気分で「花より男子リターンズ」を楽しくみております。
さすがに「F4だったら誰派?」みたいな見方をするほど
のめりこんではいませんが、
普通の女の子のまわりにイケメン金持ち男子という図は
丘の上の王子様、紫のバラの人ばりに心躍るシチュエーションです。
…そんなことって現実社会ではありえないことがわかる年になっても。

で、そういう大人の乙女心を刺激してくれる
「いい年こいた花より男子」「ヒミツの花園」です。
女性編集者釈由美子が担当になった謎の少女漫画家花園ゆり子
(代表作・忍法アラベスク)の正体は4兄弟だったというお話。
ある意味こっちもナントカ4ですよ。
堺雅人、要潤、本郷奏多はともかく池田鉄洋さんがいますけどね。
こっちは。

私はもちろんイケテツ派ですけど。修兄サイコウ。
花園ゆり子の漫画は特に読みたいという気分にはならない。

(;_;)今朝帰ってきたのに(;_;)

今日も残業です。
現実社会は厳しいですなぁ…
でもいいこともあるんだ!某航空会社が国内往復10000マイルキャンペーンを始めたよ~(通常は15000マイルで2区間分)伊丹減便につきANナントカに乗り換えようと思ったがとりあえず踏みとどまる。
そしてこのマイルを使ってグレートユタと不思議軍に参戦します。温存しててよかった。キャストが楽しみですね。
さ、仕事仕事。

---------------------------------------------------------

そういうわけで帰ってきたわけですが…
書きたい事はたくさんあれど日付も変わったことですのでまた明日。
明日の予告『サダヲキンタはサイコウの男だーー』
あーぐったり。誰か癒してクダサイ(疲れてるのは自業自得ですけど)

大阪たこ焼き紀行

20070218174647
マンマの楽後にノコノコと梅田に参上。絶賛?上演中のMAもスルーして隣のドラマシティへ。コリオレイナスおもしろかった~膨大なセリフ量とスピードに圧倒されました。また今回もセットがいいんだ。これも貧しき民衆が全面にでてくるんですが、MAと同じようなテーマでありながら納得いく展開でした。テーマも大切だけどやはりタイトルロールをはじめとする登場人物がものすごく魅力的だから群衆も活きるんですよねぇ。
あ、昨日のCFYはいまだかつてここまでのぞいていたかというくらいオペラのぞきっぱなしでした。新ボビーもポリーもものっすごくカワイイ!けど今回目がはなせなかったのは川東ジュニアでしょう。いろいろおもしろすぎ。久しぶりにみた道口さんは金髪だったし、見所盛りだくさんでした。あ、劇場でながれてるオペラ座のラウルは全部北やんだったわけですが、やなウルも忘れないで…それにしても北澤さんのお稽古も長いですね。壁抜けくるのかしら。それともまさかハンスとか。ハムをモシャモシャ食べるとことかみたいですね。

さて昨日のなにもかけてないたこ焼きもおいしかったのですが今日はねぎマヨです。このこれでもかという大量のネギの下に潜ってます。これまたウマイ。帰宅は早朝です。

大阪たこ焼き紀行

20070217160902
たこ焼き食ったど~!なぜよゐこ濱口調なのかというと花月横のジュンク堂で本日握手会があるそうです。
しかし私がここにいるのはたこ焼きのため。まずは塩のみをかけたシンプルなものを。カリットローでうまいっす。続きましてえびせんでたこ焼きをはさんだたこせんを。ねぎチーズトッピング。超ジャンクですがおやつには最高。

で、新感線みました。松竹座は綺麗でこじんまりしてて見やすかったです。今回も派手で楽しかったんですが、より人間ドラマ重視になっていた感じです。染五郎さんが色気があってカッコイイ!でもオイシイのはやっぱサダヲさんだなぁ。あれだけ登場人物がいて見事に全員見せ場があるってさすがとしかいいようがない。

いってきます

とりあえず起きました。
コメントありがとうございます。帰ってきたらレスします。
はー眠…

(-_-;)

明日は五時半起きなのに~まだ残業中~
いつ帰れるのか~その前に寝れるのか~

彼ら夢見た明日がくるよ

今日も~一日を生き延びた~♪
夜遅く帰ってきて米をとぎながら口からでるのはやはりこの歌。
まだ先だけど博多レ・ミゼラブルのキャストスケジュールをみながら
予定を立てています。博多座はそりゃあいい劇場ですがA席が15500円
高額設定なため、回数をこなすためにはやはりいつものC席観劇になりそう。
私は作品に集中し、かつ号泣したいので普段同一演目でマチソワはしないんですが
レミは別。ま、これはアンサンブルをのぞき、ガラっとキャストが変わるので
また新鮮な気持ちでみることができるからだと思うのですが。
ただ…博多でマチソワしようとすると
祐一郎バルジャンがもれなくついてくる。

祐一郎さんは大好きだ。でも祐一郎バルジャンはそんなにスキではない。

私が祐一郎バルジャンで好きなところ
・リトルコゼットちゃんとのからみ
・カーテンコールで子役ちゃんたちと手をつないでいるとこ

…全部子どもと一緒のシーンばっかだ。
ええとあと気になるのは
・徳井テナルディエにまたアドリブで返すのか
・カテコで岡ジャベールと女子高生のように可憐に手をつないでいるところ

…バルジャン全然関係ないし!
そういうわけで博多でマチソワは多分…ない…。
そのかわりマンマとはしごできるし。芝サムいてくれーー。

平日いけないから週末だけで予定たててみたんですが
見事全員コンプできそう。(チケット無事とれたら)
唯一新妻エポだけが抜けました。どこかに入れたいです。
で、一番多くみることになりそうなのが3回の坂元アンジョルラスと
やっぱり祐一郎バルジャン。狙ったわけじゃないんだけど…
まぁ2人ともスキだからいいか。

さ、明日も遅くなるけど頑張るぞ。
朝がーーー明日がーーくればーーー♪

2007関西祭り

今週末は待ちに待った朧祭りーーー!!!
「朧の森に棲む鬼」を観にいきます。
で、そのまま帰るハズだったのですが
関西にいてまさか見ずには帰れないだろうということで
「クレイジー・フォー・ユー」追加!
田邊ボビーに花代ポリーに増本アイリーンに川東ジュニアに道口サムに…
見所もりだくさんです。でもお金ないから2階の後ろ。
去年夢をC席でみたときに遠かったけどオペラもあるし
だいたいの距離感がわかったので。
とどめは蜷川さんの「コリオレイナス」を追加!
唐沢寿明さんと白石加代子さん楽しみだー。
九州公演はメルパルクホール(1260席)だから
898席のドラマシティのほうが近くていいかなと思いまして。
だいたい福岡いくのでさえ交通費かかるんだから
一気に見たほうが私個人的には断然お得なのです。
で、もちろん帰りは夜行バス。もうバスで寝るのにもすっかりなれました。
夜は泊めてもらうからいいとしてあとはたこ焼きを食べる。以上です。
朧は松竹座。なかなかいかないミナミなので
朝からワナカの塩たこ焼きを食べるぞ。
毎度のことながらチケットは増えるわ、貧乏遠征だわ、食べてばっかりだわ
進歩ないなぁ。あ、ワタクシお恥ずかしながら何度も京都に行ってるのに
清水寺とか金閣寺とか行ったこと一度もありません。

ひそかに「王子とこじき」も京都でやってるというのもチェックしていたけど
午後3時開演てまた中途半端な。残念です。

そして明日から恐怖の3連続残業!!気合で乗り切れ
たこ焼きが待っているぞ

ホラーだったりコメディだったり

美しい夜、残酷な朝 (2004香港/日本/韓国)
THREE... EXTREMES

監督: 三池崇史 パク・チャヌク フルーツ・チャン
出演: 長谷川京子 渡部篤郎
イ・ビョンホン カン・ヘジョン
ミリアム・ヨン レオン・カーフェイ


3つのオムニバスホラー作品ですが、
これらの監督そろえただけに本当に怖凄い
私の大好きな三池監督の「box」は設定は女流作家が幼少のころ
双子の姉を…というものでおもしろかったのですが内容はイマイチでした。
パク監督の「cut」 は若手人気監督が帰宅すると妻が人質にされ…と
不条理ホラーとして一番わかりやすく、かつ「オールドボーイ」を彷彿とさせる
ドキドキ感がありました。イ・ビョンホンが尻文字させられるのがなんとも
なさけなく笑いました。
一番グロかったのが「dumplings」元女優の夫人が若さを得るために
謎の特製餃子を食べるのですがそれは実は…
映像的ではなく生理的にイヤーな感じでした。
アジアンホラーはハリウッドとちがってもうジンワリ怖く、モンスターなど
ださなくても怖いものは怖いのだとしみじみ実感。


40歳の童貞男 (2005アメリカ)
THE 40 YEAR OLD VIRGIN

監督:ジャド・アパトー
出演:スティーヴ・カレル キャサリン・キーナー
    ポール・ラッド ロマニー・マルコ

その名の通りの映画なんですがアメリカでは大ヒットしたものの
日本では単館上映でした。そりゃあこんなタイトルじゃチケットも
買いづらいよ!でも内容は童貞男アンディを中心に職場の友人たちが
盛り上げるというハートウォーミングなもの。
しかしアンディはフィギュアやゲームオタクでダサ男の割に
実は結構モテてるんですよ。今までそういうシチュエーションにも何度も
持ち込んでるし、どっちかというと「結婚できない男」ぽい男性でした。
大作じゃないこういうアメリカンコメディ結構好きです。

今年は買い足す予定すらたたず

先日の「王子とこじき」で書きわすれていましたが
マイルスは故郷にもどって、兄だったかを追い出してその嫁と
よりを戻してめでたしで原作は終わります。
…結局最後まで立ち読みしたのか!

さていつの間にかオペラ座からムチ尾さんがぬけていますね。
でもこれは久々のお休みじゃないことぐらい私でもわかります。
マンマも月曜日がラスト。野中さんもそのままお稽古でしょう。

唄・エドワード静馬
さようーなら青ピエロ さようーなら黄色ピエロ
さようならーさようならーヤクザも族もー♪
いつかはデジカメもー役立つ時がくるーー

(注・型落ちデジカメでほぼ全滅のくやしい思いをした
過去の日々の反省をふまえ、年末に手ぶれ補正付きデジカメを購入)

思わずMAにつぎこまないことになったのも
(そのかわり韓国が入ってきたことは誤算)
夢につぎこまない予定になりそうなのも、下半期のレミ&M!祭りを
控えているからよかったのかもしれない。前向きに。
ウィキッドもオリジナルメンバーがいるうちに1回はみたいけど
ロングランならあせってみることもなさそうですし
上半期は本当に落ち着かないと。
…といいつつ来週は新感線が待ってます。これは去年から絶対に
行くと決めてたからしょうがない。そして帰りはまたバスです。

「王子とこじき」全国公演2/4,6②エドワーードエドワーード

わが町の客は年齢層が低かったようで上演中もグズグズいう声や
落ち着きない子もいたのですが、その分ものすごく元気でした。
「真実の歌」の練習のときも「後ろのみんなはぁーー?」といわれると
「はぁーーい」と大張り切り。私の周りのお父さんお母さんも元気よく歌って
いたので私も心置きなく歌いました。

さぁ2幕です。2幕といえば盗賊団。
池田英治ユーゴーは貫禄十分でステキな親分です。
「もっとずーーっと休めぇ」っていったとき総コケするんですが、なぜか
雲田さんだけ時間差でしゃがむからやけに目立ちます。しかも体勢を立て直すときに
ご丁寧に頭の鍋の位置をしっかり定位置に戻してるのが笑えます。
ここにはさりげなく渡邊今人さんもいますがいつの間にかいなくなります。
イマッドさんにはこのあと大変な役目がありますので。

柳瀬マイルス登場。マイルスといえば中途半端に胸毛なんですけど、
柳瀬さん汗かくから胸がテラテラして単に汚れてるみたいにみえる時があります。
ガストンみたいな誰が見てもモジャモジャしてる胸毛にすればいいのに。
本当は胸毛とかないほうがずっといいんですが。

「空腹なのだ…」とフラリとなったエドワードに食べ物をさしだす盗賊団。
ただそんなつもりもないのに思わず勢いでだしてしまったと思われる人が
ただのヤカンとフライパンをだした雲田さんと自分の酒ビンをだした遊佐パパ。

結局マイルスの常備食を食べるわけですが、その秘密のポッケからでてきたものは
パンとブドウでした…。
なんでそんな神さまっぽい食べ物が入っているんだ。

おいコラそこの王子、もぐもぐ食べてるけどもっと心して…
でも神様は「おいしいですか?」とかやたらここでも話しかけてます。

そこへ入ってくる兵隊たち。このリーダーが中村匠さんです。
匠さんはこういう衣装が似合うんだ。BBで最初の王子様(魔女を追い払うヒト)を
やってたときもすごいかっこよかったですし。
そんな匠さんが同じ王子様の柳瀬マイルスと剣をあわせるのが
また感慨深いものがありますが。
渡井真一兵はすごいビクビクしてて匠兵に「オマエ行け」っていわれても
「えぇぇぇいやですぅ~」ってしり込みしてたのがおもしろかったです。
そして食い逃げの罪状を読み上げる時のマイルスのリアクションがまた笑えます。
マイルス『はぁぁ?』←驚く
     『キャビア?』←とりあえず一緒に言ってみる
     『じゅるじゅる』←食べ物を羅列されおもわず食いしん坊の顔に

ちなみにカレーを食い逃げしたのは本当は内御堂さんですが、マイルスはいさぎよく
「確かにオレはいろんなものを食い逃げした!」
と罪をかぶります。
柳瀬さんらしからぬマヌケな罪状なのでさらに笑えます。

そして暗いー暗いー牢屋につながれたマイルス。暗いシーンですが
もちろん私にとってはサイコウのシーンです。匠兵はあいかわらずすっごい
ヤなヤツ。そして満を持してやってきたのがイマッド鞭打ち兵。
イマッドさんは番兵のときもすごい目立つんですが、鞭打ち姿も似合うなぁ。
そして鞭打たれるマイルスときたら、もう志ん生の火焔太鼓か
江戸家猫八のホーホケキョか柳瀬大輔の鞭打ちシーンかというくらい
素晴らしい名人芸です。(比較するものが何か間違っている)
しかしイマッドさんよりも匠さんよりもひどいのが王子。
倒れて虫の息のマイルスに容赦なく「たて、マイルス」
「オマエをこれ以上えらくすることはできない。
それができるのは王の王である神だけだ」
…だからアンタさっき神さまのパンとブドウを食べたっていうのにそんな仕打ちを。

罪をきせた内御堂さんはノンキに貸し馬屋で登場。
「行こう♪イギリスの都♪行こう♪イギリスの戴冠式へ♪」
2人をおろした馬が「毎度ありがとうございました」というのはどの会場でも
爆笑でした。

再びお城です。岡崎克哉ハーフォード伯爵田辺容セント・ジョンは名前が
きちんとあるんですが、ない貴族に緑の上田亮さんと青の中村匠さんがいます。
上田さんはアベック泥棒の片割れもやってますけど、1幕でもずっと貴族で
でてるのに名前がないのはかわいそう。ペコペコ~♪の歌のときも
すっごくおもしろいのに。
あぁぁそうそうすっかり解決したところへマイルスが飛び込んでくるのですが
急いで駆けてきたのか息があがりすぎてて
野獣の声になってるの!!
自室からフガフガいいながら階段をおりて来るときの声です。
ここ必見です。

そんなこんなで今回もとても楽しませてもらいました。
カテコはなんといっても柳瀬マイルスと番兵ダンスが見所です。
柳瀬さんすごいうれしそうにやるんだもん。
そして最後集まってひとりずつ後ろを向いたまま立ち上がって振り返るのですが
王子がすくっと立ったときに後ろにいた柳瀬マイルスがヨシヨシと目配せしてたのが
もうなんともいえず保護者っぽくてツボでした。

「王子とこじき」全国公演2/4、6①オマエはいつでもー王子様きっどりー

昨日今日と4月の陽気です。いくら九州だからって沖縄じゃあるまいし
冬はやっぱり寒いのですが、さすがにきょうはあったかいです。
去年、「王子とこじき」カンパニーが来てくれた時は
よりによってこの冬一番の寒さだったのですが今回は
「やっぱあったかいね」といい印象を持って帰ってもらったのではないかと。
田舎だけに気候と食べ物くらいしかおもてなしできないですからね。

さてファミミュといえば開口というイメージだったのですが
去年のジョン万やこの王子とこじきカンパニーは台詞が結構自然です。
今年のマジョリンはどうなんでしょうか?
全体的な流れは去年のこの辺をみていただいて、
今回は特に好きなトコ中心に。もちろん2幕重視です。
鳥原如未エドワード王子は透明感のある歌声がとても綺麗です。
こじき姿になっても誇りを失わず顔をくっとあげてる姿が気品があります。
演じようによってはすごくナマイキな子どもにもみえてしまいそうな
とこなんですが、自然なのは実は鳥原さんは元宝塚だそうでなるほど。
当時から歌声は定評あったらしいのですが今後もすごく楽しみです。
そして市村涼子トム・キャンティ
いつも困った顔をしてるのがまたカワイイんですよね~表情がすごく豊か。
歌はちょっと声が細いとこもあったけど、去年のチャリティ公演のときより
ずっとよくなってました。
冒頭のこじきでなんといってもダントツにかわいいのは雲田隆弘さん。
チョンマゲが似合います。内御堂真さんもファミミュみたいな元気な演目が
似合います。しかしやはりこの2人といえば盗賊だと思うのでひとまず
置いといて柳瀬大輔マイルスってぇ男の話を。(早くも1幕終盤)
やっぱりこの登場の仕方は新さんですね(←暴れん坊将軍)
余裕マンマンでニヤニヤしながら立ち回りするのもステキです。
2幕では「田舎侍」呼ばわりされるのでここも貧乏旗本の三男坊と
名乗っている新さんぽい。
ただ新さんと違うのはマイルスは上様ではなく苦労人だということ。
あまりに暇をつぶすところがなかったので、スーパーに隣接している書店で
マーク・トウェインの「王子とこじき」の原作を立ち読みしたんですが
えーとマイルスはどこかの大名なのですが婚約者と引き離され、
兄だったか身内に追い出され、戦争に行った先で捕虜になり7年たって
やっとシャバにでてきたとこで王子に会ったんですよ。
で、故郷に帰ってもマイルスにはまだ困難が待っていて、
自分は死んだことになってて婚約者は兄と結婚させられていたと。
で、横暴な君主の下、故郷は悲惨なことになってて
まわりの人たちは怖くていいなりでマイルスが「予の顔見忘れたか」といっても
「この人のことなんか知らない」というのです。
「こやつは上様の名を語る偽者じゃ!出会えー出会えー」みたいには
なりませんけれども。
(注・立ち読みだからいろいろ間違って覚えてると思います。
その前にどこまで立ち読みしてんだ)

なんかどっかのサバンナで似たような話みたことあるけど、
そういう悲しい人生を背負っているから、あそこまで人格者なんですね。
見ず知らずの子に妙に優しかったり、
家来プレイに喜んで自ら身を投じてても決して不審者ではないんですよ。
この辺もう少し脚本に練りこんでくれないと、めちゃくちゃ怪しいですから。
いきなりあらわれて「家来のふりをして友達になってやろう!」って。
そんなわけでマイルスのことしか書いてないまま
「さよーならお父様ー♪」と悲しみつつ愉快な2幕へ。

ヤンパラパッパ~ヤンパッパ~♪

本日も王子とこじきで~す!去年からこんなにファミミュばっかりみることになるとは思いませんでしたが。
今日はもちろんマイルス堪能上手席です。帰ってまた書き足しますが県庁所在地でファミミュみられるって幸せですね。
…はっ、それって田舎ってことか。

「マリーアントワネット」博多座1/27く…暗い…

帝国劇場の客席数はなんと1917席あります。
これを毎日埋めるのは本当にすごいことだと思います。
そしてこれらの演目はその後地方の大劇場でも公演されます。
だから団体客やリピーターなくしては語れないと思うのですが
今回のMA、完全にそれらは無視されていたような気がします。
新しい試みや斬新な演出は大歓迎ですが、客を置いてけぼりにするのはどうかと。

北島三郎座長公演なんか芝居の前に必ず大スクリーンで登場人物の紹介が
おこなわれます。「見りゃわかるって!」と思いますが、そこまでして
きちんと全てのお客様のことを考えているわけです。
自分で考えろと突き放す演目はあってもいいけど、少なくとも私は新春の博多座には
それは求めてませんし、この規模のミュージカルでそのスタイルはどうなんでしょうか。
基本的にどの演目でもおいしくいただく私で、あまり好きじゃなかった演目でも
本筋とは関係ないとこでおもしろいとこを書くようにしてますが
これは…素人でも口出ししたくなる演目です。
多分にわか演出家や脚本家「アタシならこうするね」が続出してるかと思いますが。

■マリーアントワネット
1幕では本当に無邪気な涼風真世アントワネット。やたらバタバタしてるのは
活発なアントワネットの若さを表現してるのかと思ったら、
カーテンコールで新妻聖子マルグリットと並んで登場してさがるときも
ピョンピョンとびながらさがってた。2幕ではすっかり落ち着いて王妃らしく
凛としていた姿が印象的でした。断頭台にあがるときのすがすがしい表情も
よかった。ただ…この人にあまり魅力を感じないんですよね。
別に愛されキャラじゃなくてもいいんだけど近寄りがたいほどの神々しさもなく。
1幕でも常につまんなそうな顔してるからカワイクないし。
唯一豪華だったのはルイと一緒に出てきたときのドレスくらいだけど
個人的には主役なんだから、エリザベートの1幕最後みたいなキラキラした
これでもかってほどの見せ場がほしかったです。

■好青年フェルセン
アントワネットの恋人フェルセンはミュージカルプリンス井上芳雄くんです。
井上君らしい前向きで明るいフェルセンですが、
井上フェルセンがさわやかであればあるほど
「どうしてこの人はあのマリーに惚れたんだろう」と思います。
で、フェルセンがでてくるといきなり恋愛モードに突入するんだけど(台詞もくさい)
そのほかのシーンが暗いので妙に浮くんですよね。むしろこの2人の恋愛模様は
いらないような気がしました。入れるなら客がもっと感情移入しやすく描くべき。
恋文だと託したフェルセンへの手紙が結局命乞いでフェルセンも
落ち込むかと思いきや、それでも愛は変わらないようで
この子…ちょっとアホな子かしら?とさすがに思いました。
一番うわぁ…と思ったのは子どもたちもいるのに2人でブチューと濃厚な
キスシーンが展開されたとこ。マルグリがさっと子どもたちを抱き寄せて見えないように
するんだけど、あれでさらにマリーの印象が悪くなったなぁ。

■謎の男錬金術師カリオストロ
山口祐一郎カリオストロはすべての出来事を影であやつる男。
多分1階の前方席とかでみると
「あのオッサンは何をウロウロしてるんだろ」って感じでしょうが、
私は上からみていたのでカリオストロがすべてを動かしているというのがよくわかりました。だったらカーテンコールで最後にでてくるのもなんとなくわかる。
ただ怪しく恐ろしい存在であってほしかったのですよ。
だって全ての破滅はこの人が根源なのですよ。
狂言まわしとしてはコミカルな劇作家山路ボーマルシェがいるから、あくまでもドーンと
構えていてほしかったんですが…やっぱ…ちょこちょこおもしろいんです。カリオストロ。
わかりやすいのは客席に下りてきて普通に客に手ふってるとこ。
かわいい!確かにかわいいさ!(まんまと)
で、そのあと「ほらほらアッチみて。舞台みて」って指差したりしてるし。
娼婦の館でいきなり娼婦たちのうしろから「バーーー」って出てくるとこも笑いました。
なんか楽しそうなんだよ。

■山路和弘ボーマルシェ爆走中
山路さんだけが唯一この世界になじんでいるというか、違和感を感じませんでした。
山路さんは狂言回しです。ということはやっぱストプレ向きなんですよ。これは。
有名な首飾り事件を説明しだしたのには参りました。そこは歌で表現すべきでしょ。
これはミュージカルなんだからさー。
それはともかく山路さんは話が進むにつれてどんどんおもしろくなりました。
途中、話の筋とはまったく関係なく山路ボーマルシェぼやきコーナーが始まります。
ミュージカルだと思ったら歌がないだとか、
ロアン大司教を明太子呼ばわりしたり、
「どんどんしゃべり方が和風になっていくなー
と思ったら2月はここ歌舞伎なんですよね~松緑、菊之助、海老蔵!
2月もよろしくお願いしますね~(笑)」
とかしゃべるしゃべる。

■で、結局私が唯一覚えてる曲
病弱な王子ルイ・ジョセフが歌うダンダダダーン♪です。
この日のジョセフは枡井賢斗くんです。この歌だけはホロリとさせられました。
まぁ歌のあるジョセフはまだいい。もう一人の王子ルイ・シャルルは
大久保祥太郎くん。マリー・テレーズは福岡の森山優里ちゃんだったのですが…
なんか祥太郎君がシャルルなのはもったいない。さらにあの天才子役黒沢ともよちゃん
マリー・テレーズってのもなんだかもったいない。

■一番かわいかったのは
満場一致で国王ルイ16世石川禅さんでしょう。
「もしも鍛冶屋なら」もいい歌でした。ホワホワしててかわいかった。

■流れ星のかなたの謎
マルグリットが父に教えてもらったこの曲をなななんと捕らえられたマリーも歌います。
もしやこの2人(MA)は何らかのつながりが…という伏線かと思いきや
特にナニもなしかーい

■通路を使った演出って楽しいよね!
ライオンキングにおいては通路側の席というのは大変大きな意味をもちます。
だってヨコを動物たちが通るんですよ。キャッツだって通路側だとネコに
握手してもらえます。ダンス・オブ・ヴァンパイアは役者さんが話しかけたり
おどかしたりしてくれたりもします。
で、このMAは生首もった人たちがゾロゾロゾロゾロ…。
あの…そういう怖い演出は通路とか通らないでくれるかな?舞台上だけにしてほしい。

■出番の少ない人
福井貴一ロベスピエール。春風ひとみさん。どっちも存在感あるだけに
もったいない。でもまぁ福井さんは少ないわりにかっこよかったし存在感は
十分あった。

■ギロチンでか!!
セットはシンプルではありましたが赤を基調としててそれが高貴な感じではなく
どうしても血を連想させる赤なのですね。ラスト傾斜のある台に静かに横たわる
マリー。よくあるギロチン台を連想していただけに「あらこちらもシンプル」と
思ったのもつかの間。上から巨大な刃が(血のりつき)おりてきます。
ま、まさかそれがギロチン?(爆笑)そんなに大きくしなくてもギロチンくらい
わかりますから。最後に笑わせてどうする!

■救われたカーテンコール
カテコの話は聞いていたんですが、ひとりひとりでてくるわけではなく
クルっと振り返って挨拶するんですね。でも演目が演目だから皆真顔。
ストプレの舞台ではみる光景だけどミュージカルでは珍しいと思いました。
さすがに博多ではマリーはギロチン台からむっくり起き上がることもなく
(というかそんなカテコありえない)きちんと出てきました。
で、2回目からは皆さん笑顔でこちらもホッとしました。
さらにマリーは最後ドレス姿で登場。やっぱこうじゃないと!

■ちなみに指揮者はあの塩田さん
東宝舞台の名物指揮者塩田明弘さんが博多座にもきてくれました。
客席をあおりまくり役者より目だってしまう塩田さんだけに、この演目の指揮は
本人的にどうなんでしょうね?イーストウィックの魔女たちで指揮そっちのけで
ツイスト踊ってた姿がなつかしかったです。

昨日の地元紙に「王子とこじき」

カラー写真つき。
しかも町の人に囲まれた王子をマイルスが助ける場面だ。
このシーンをあえて選ぶとはさすがわかってらっしゃる!
ただ写真が小さすぎて誰だか判別できないけどね…
私にはわかる。カボチャパンツとあのたくましい足はあの人よ。
写真分けてほしいな~

あなたと神とを信じます

私は…本日…神を目の当たりにしました…
と怪しい宗教の信者みたいなことを口走ってますが、車中はずっと
JCSを聞きながら帰ってまいりました。
本日の神さまも相変わらず素敵でした。(特にムチ打ちシーン)
それにしても宮崎遠いなぁ。
帰りは鈍行しかなかったものですからもう大変です。

清武町はワタクシのふるさとの町によく似たのどかな田舎でした。
もちろん時間をつぶす喫茶店やファーストフード店皆無。
さがせばあるのかもしれないですけど、とりあえず駅周辺にはなかった。
仕方ないので本屋で「王子とこじき」の児童書を立ち読みなどしていました。
いやー知らなかったんですけど、マイルスもいろいろとご苦労されてるんですね。
好きな女とは別れ、身内に追い出され、戦争で捕虜になり…。
本読んだらなんだかマイルスが主役のようでした。

「王子とこじき」の2幕は貧しいものが理不尽な扱いを受けるというシーンが
あるのですが…MAよりわかりやすく、なおかつ希望がもてるからいいなぁ
と今更ながら思いました。そういえばMAの感想をまだ書いてないのですが
まとまらないんですよ。いつもなら勢いでターーッと書き逃げしちゃう私ですが
MAに関しては勢いで書くとアラばっかり書いてしまいそうで。
何度もいってますけど、絶対ストレートプレイだったら全然印象が違ったと
思うんですよね。うん。

ぽつーん

20070204211520
はい、帰りももちろん無人ですよ。でも来てよかった~。マイルスも相変わらずかっこよかったし。前と違って集中してみられたからいろいろ目に入ってきましたよ。中村匠さんなんかBBの最初のころみた以来だ。あとイマッドさんは目立ちますね。雲田さんはやっぱ楽しかった。
清武のお客さんは手拍子したり私のまわりのお母さんたちもみんな歌ったりと結構のってました。
あ、わずかながら人が集まってきました。よかった~

このぽつんとかわいいのが駅です

20070204164848
鳥インフルエンザですっかり有名になった清武町へはるばるやってまいりました。駅でおりたのは案の定私一人だけというある意味韓国より心細い心境です。ついたはいいがこれからどう時間をつぶしたらいいのか途方にくれてます。駅から歩いてきてどういうわけかラーメン屋だけ3軒もありました。あとくやしいことにセブンイレブンがありました。わが県にはセブンイレブンがありません…

どうして私はこんな僻地に住んでいるのですか、マイゴッド。

きょうは北北西を向きながら黙々と恵方巻きを食べました。
最初は韓国ノリもあることですし、自分でキンパッ(韓国海苔巻き)でも
つくろうかなと思ったのですが、結局買ってきました。
エビ、アナゴ入りの豪華恵方巻きです。
だって普通の恵方巻きじゃ飽きちゃいそうだし。

さて観劇は控えるとか言っといてさっそく韓国とか行ってる私ですが
4月のバーゲン割がやってきました。4月だけはどうしても
はずせないウィーン版の「エリザベート」が待っているのです。
バーゲンで買うもヨシ、たまったマイルでいくもヨシと思っていたら…

朝イチ便が消滅している!!!!
間に合わない!!


利用者の少ない神戸便はなくなるという話は知っていたけど
まさか伊丹便まで…。そりゃあプロペラ機でしたよ。
利用者少ないんだなと思ってたけど、これじゃ出張するサラリーマンとか
前乗りじゃないと仕事できないじゃないですか。
こうなったらもうAN○のカードに変えるしかないですね。
せっかく全部JA○カードで頑張ってきたのに…。

これ以上悪いことがありませんように…
そう願いながら恵方巻きを食べ続ける私でありました。
いいことも待ってるんだ。明日は神さまを観にいくんだ。

ふるえながらMAについて考える

20070203010623
写真はまったく関係ない濱田アイーダおすすめのクイックリーです。

いつのまにかバスのダイヤが変わっていて、のんびりしてたら次はあと30分後。寒空のしたで寂しく次の便を待ってます。でも私には心強い友が。プロフェッサーやクロちゃんの歌を聞いてます。あの作品もなんというか微妙ではあったけど今こうして聞いてると耳に残る曲が多いし、MAみたあとだとものすごく面白かったような気がするから不思議なものです。いや実際キャラクターは全員最高に活かされてた。MAはあのキャストをそろえてもったいない展開だったような気がしてなりません。

曲も全然頭に残ってないし…主張したいことはなんとなくわかるんだけど帝劇とか博多座の新春公演の演目じゃないような…

特に団体客は芝居をみること自体が日常ではなくイベントなわけで、博多座にもたくさんバスが並んでました。

極端なことをいうと芝居の解釈なんかしない層もたくさんきます。

たとえば風と共に去りぬをみたとき、モヤモヤとしたものを抱えながら階段を降りる私の耳に入ってきた声の数々。「衣装替えすごかったわね~」「大地さん綺麗だったー」確かに。

ただ言えるのは皆非日常を求めて劇場にくるんじゃないかなということ。特に日本のミュージカルの客は女性が多いわけですし。

ま、最後にドレスでマリーがでてきたときにあがった歓声が全てをあらわしてたような気がします。アントワネットが若くで嫁ぎ浪費癖があることくらいは誰でも知ってる。でも主役ならばよくも悪くももっと魅力的に描けたはずなのにと残念に思います。群衆劇にするにはまわりのキャラクターにもなんか愛着わいてこないし…

なんでこれミュージカルにしたのかなぁ。コクーンとかでストプレでみたかったなぁ。
あ、バスがきた。やっと帰れる…

ジーザス・クライスト=スーパースター1/28韓国COEXオーディトリウムホール②

2幕。
最後の晩餐
 このシーン大好きです。皆楽しそう。すみっこにいるユダも
 ぶどう酒を差し出されるんだけど「いらねーよ!」って突っ張ってるとこが
 またカワイイ。(ちょっと愛着がでてきた模様)ジーザスの予言に騒然となる弟子たち。
ゲッセマネの園
  いや、もう言葉もでないくらい素晴らしかったです。
  やはりどの国でもジーザス役者はすごいのだということを実感。
逮捕 再度あらわれるダースベイダー軍団。ジーザスを指差すユダ
  ちなみに2幕のユダは黒のTシャツを着用してます。
  ジーザスにかけよってほっぺチュー(ちゃんとチューしたかオペラで確認した)
  そのユダをしっかり抱きしめるジーザス。
ペテロの否認
  弟子ペテロメガネです。メガネ男子です!
 
ストリートやんちゃ系のシモンに対し
  インテリ文系のぺテロ。素晴らしい組み合わせです。
ピラトとキリスト
  檻の向こうからわめく群集。
  ピラトさま正装で登場。ビデオ観た方はご存知だと思いますが、
 軍帽に筋肉を模した胸当てをつけているんですが、
 コスギピラトは自前の筋肉でいいんじゃないか?
ヘロデ王の歌
  白いタキシードにダンサーをしたがえたユダヤ国王ヘロデ登場。
  今までの展開から急変していきなり電飾が輝き、にぎやかなシーンに
  客席も盛り上がります。
  ヘロデ王は王様というよりトミーズ雅みたいな感じでしたが、
 途中タップもあったりして楽しかったです。
やりなおすことはできないのですか
  ゴージャスマリアとメガネペテロの歌。2人とも歌い上げ系なのでハモると
  すごい迫力でした。またペテロが歌うまーー!
  なんであなたがユダじゃなかったのかと…(どうしてもあのユダがイヤらしい)
ユダの自殺
  悲しみのユダは2階にのぼり、群集が下に集まってきます。首吊りかしら?
  飛び降りかしら?と思ったらけん銃自殺でした。ううむ、なんかつまらん。
ピラトの裁判と鞭打の刑
  ジーザスの体には無数の鞭打たれたあとが。赤絵の具でした。
  やな神様もこれでいいのに。なんであんな大変な思いをして
  傷を貼らなければいけないんでしょうか。あ、すでにもう腰巻一枚です。
  中央で左右からロープで固定されるので、(ビデオと一緒)
  これは…まさに…
 マイルスが鞭打たれる姿と激似。
(なんか別の意味で興奮)
  コスギピラトのカウントと共に群集がジーザスにひとりずつアタックします。
  飛び上がって打ったりしてる人もいて躍動感があっておもしろかった。
  このシーンでおもしろかったとかいうのはなんか不謹慎な気もしますが。
  そしてジーザスの頭に棘の冠が…
スーパースター  
  赤エナメルの衣装に(←似合わない)ハンドマイクを持ったすわユダ登場。
  同じく赤エナメルのボンテージ衣装のガールズを引き連れてます。
  あぁしかし…声がめちゃ高いのとアレンジすごいので元歌がわかんない…。
  コーラスの羽をつけた黒ボンテージガールズの「ジーザスクライスト♪」で
  どうにかこれはスーパースターなのだなと自分を納得させます。
  十字架を背負い歩くジーザスのまわりにはマスコミたちが群がります。
  苦悶の表情でつぶやくジーザス。
  そしてはぁはぁしていたお腹がピタリと動かなくなり…
  この死にゆく技はジーザス役者の必須条件です。さすがです。
  かなり動いてたのに一瞬で止まりました。
  うわーーーーージーザーース
 
(お腹をみて泣く。しかもオペラで凝視。かなり怪しい)
ヨハネ伝第19章41節 
ワラワラと集まってきて足元で泣き崩れる弟子たち。
皆でゆっくり十字架をおろします(幕)

比較的冷静にみていた私でしたが、なぜJCSは終わるとこんなに
こみあげてくるのでしょうか。
カーテンコールはアンサンブル、ピラト、カヤパ、アンナス、司祭たち、ヘロデ、
ペテロとシモン、マリア、ユダ、ジーザスと出てきて、再度マイクを持ったユダが
スーパースターを歌います。…いや、もう歌わなくていいんだが。
それにあわせてアンサンブルがダンス。盛り上がりました。
そしてカテコのジーザスの笑顔に癒されました。
今回の韓国ジーザスは3人いるんですが全員見てみたかったなぁ。
でもビジュアル的には今日見たキム・ジェヒさんが一番神様っぽくて好みでした。
にっこりしてる顔もいいけど苦悶の表情がすごくよかった。
私にはまったく信仰心とかないんですけど、JCSをみたあとの気持ちってなんだか
わけもなく高揚します。やってるほうは精神的にすごくつらそうですが。
世界中のJCSをみてみたい。でも一番みたいのは国内のJCSですけど。
ま、しばらくはこの幸せな気分で再演を待つことができそうです。
とりあえず今週末はやな神さまの鞭打ちシーンが待っている。
今なら私はマイルスであろうが何であろうが神様に即変換できるぞー   

ジーザス・クライスト=スーパースター1/28韓国COEXオーディトリウムホール①

cas
←これがこの日のキャスト
私イチオシ、キムジェヒジーザス、
キムソンギョンマリア、
キムジョンソユダ、ピラト、ヘロデさんたちです。
【ワタクシ、韓国ミュージカル事情に
まったく詳しくないので
失礼な発言が多々あるかと思いますが、そこは平にご容赦願います。ファンの方申し訳ありません】

韓国JCSは演出もセットもビデオ版のJCSに忠実でした。
そういうわけで新鮮さはなかったのですが、やはり…ナマの迫力は全然違う!
役者さんは歌手の人が多くキャスティングされてるようで、
とにかく歌は皆さんめちゃくちゃうまかったです。
アレンジも多かったんですがかっこよかった。
舞台は現代というか近未来。

序曲 熱狂する民衆。愉快に踊ってます。アクロバット的激しいダンスです。
    江頭風3点倒立とかしてる人もいます。
    懐中電灯をもったダースベイダー風の衣装を着たアンナスと部下が
    ひとりを連れて行きます。
彼らの心は天国に スポットがあたり奥で祈りをささげるジーザス
    弟子イスカリオテのユダ登場。民衆に熱狂されるジーザスに警告します。
    革ジャンに赤いTシャツ姿です。それはいい。
    それより気になったのがすわ親治似!!!
  
(注・マニアックなたとえで申し訳ないのですが
    すわしんじとは元ドリフの付き人でその後ザ・ニュースペーパーとして
     活動してました)
     さらにいまどきだれもしていないオールバックの髪を後ろで縛った髪型!!
     とどめは声がやたら高い。
     
昔中野サンプラザでみたミュージカル「ハムレット」のどういうわけか主役の
     XJAPANのTOSHIが走馬灯のように脳裏に…
     どうしよう…神よ、この三重苦に私は耐えられるのか…
     歌はうまいけど個人的には寺田ユダに匹敵するくらいナシなんだけども…
     この日のユダ、キム・ジョンソさんは歌手で、
     ロン毛は彼のトレードマークなのだそうです。
何が起こるのか教え給え
    うろたえる私の前にあらわれたジーザスは金田俊秀さん似の目元の涼やかな
    韓国美男子でした。髪型のせいか橋本さとしさんにもちょっと似てた。
    さらにものすごくいい声!
    すわユダを差し引いてもおつりがくるくらいステキだジーザス。   
    本当に本当にきてよかった(ゲンキン)
    ジーザス役キム・ジェヒさんも歌手です。
不思議な出来事
    ゴージャスなマグダラのマリアはジーザスのそばによりそっているのですが、
    女の魅力でジーザスに迫ってベタベタしてヤな感じです。
  ユダにものすごい敵対心むきだしで、ユダじゃなくても
   キーーーッこの女、師を堕落させようとしているのだわと思いたくなります。
今宵安らかに  
    ゴージャスマリアはものすごく歌がうまい。歌い上げるマリアです。
    とにかく韓国JCS組皆さんうまいんですよ。
ジーザスは死すべし  
    ユダヤ教の大司教カヤパさま登場~!マーティンさん似で   笑いました。
    髪はオールバックの金髪でわかりやすくいえば悪役レスラー風。
    一方その義父アンナスは小悪党って感じで杖をついてます。
    宮崎アニメの悪役みたい。どっしりと構えたカヤパさまとの対比がおもしろい。
ホサナ
    ジーザスのまわりをくるくるまわりながら「ホーサナヘイサナ」とたたえる群集。
   エビータみたいに看板を掲げてたり、ジーザスのポスターをもってます。
    そ、そのポスター欲しいんだけども…。
狂信者シモン
    アンナスとダースベイダー軍団登場。皆戦い始めます。
    2階へのぼってきた熱狂する弟子シモン。金髪の頭をツンツンさせた青年です。
   かっこいい。この人多分シモンだろうなーと最初からわかるくらい
   群衆の中にいてもひときわ目立っていました
   あなたがユダやればいいのに…。
  ジーザスは2階からにぎやかな群衆を下にみながら苦悩の表情をみせます。
   この眉間にしわをよせて悩むジーザスがまたステキなんですよ。
   そしてヨコで軽蔑の視線をおくるすわユダ。
哀れなエルサレム
  憂うジーザス
ピラトの夢
   ローマ帝国総督ピラトが素肌にガウンをまとった姿で登場です。
ショーコスギそっくりでまた笑ったんですが、もっとすごかったのが
   無駄にすごい胸筋、腹筋。
  
漫画にでてくる人みたいな筋肉でした。
   歌はものすごくうまいんですけど目は筋肉に釘付け(笑)
   だってダンサー系の筋肉じゃなくて、ビルダー系なんですよ。この人何者…?
ジーザスの神殿
   ここはめちゃくちゃにぎやかです。中央はカジノの台が並び、踊る群衆、
   2階にはボンテージの衣装をつけた人たちが踊ってます。
   そこへやってきたジーザス。ボンテージくんが「どう?」と誘ったりするのが
   また笑えます。
   「キエーーーーーーー!(と聞こえた)ここは私の祈りの場だぁぁぁぁ
    ででゆけっでーてーゆーけーーーー」

   ジーザスはあちこちでシャウトするのですが、
  このシャウトがかっこよかったんですよ。
   床の下とかいろんなとこからボロボロの人たちが
   「どうぞお恵みを~」とジーザスを囲みます
今宵安らかに
   疲れきったジーザスによりそうゴージャスマリア。
   そのひざで寝るジーザス。(←とてもカワイイ)
私はイエスがわからない  
   マリアの歌はすごかったです。ここでようやく純粋にジーザスへの愛に
  目覚めたという感じがわかりやすかった。
  立ち去ろうとするんだけど
  「こんなことってあーるのーー」と自分にびっくりするマリア。
  その涙を豪快にぬぐって微笑む姿がかわいらしかったです。
   見た感じ美人だけどちょっと年いってそうなマリアでしたがここはかわいかった
   チューしようとしたとこへ邪魔するすわユダ。相変わらずマリアに冷たい目。
裏切/賞金
   そしてジーザスの居所をカヤパさまたちに教え、銀貨の袋をとってしまいます。
さーすーがーだーユーダー♪
ここで休憩。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。