FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2006年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年03月
ARCHIVE ≫ 2006年03月

「鹿鳴館」自由劇場2/26②その張り詰めた空気に負けそうです。

幕間。
幕の向こうからありえない音が聞こえてくるッ!

この幕の後ろでは何が行なわれているんですか…
明らかにセット転換の音じゃなくて建築現場の音がするんですが。
四季・東京 | Comments(4) | Trackbacks(-)

「鹿鳴館」2/26自由劇場①玲子の部屋

夢に響くコモリ声 その姿もあらわれ
寂しい静馬はいつも待っているの…
ミットンが君を待つと約束してくれた劇場の再開を
サバンナのパパ…パパに…会いたい…

…すいません。ネタです。

1幕の舞台は日下影山伯爵邸自慢の庭。舞台手前は菊が咲き誇り
後ろには大きな竹が茂ってて、すばらしいお庭です。
中央にはどこか不安げな濱田顕子。かわいい!
ピンクのドレスも豪華で…、高級ホテルのカーテンみたい(ありえないたとえ)
その母、末次大徳寺公爵夫人のドレスが娘のより私は好きです。
茶色のベロア生地みたいな落ち着いたドレスで肩のファーも素敵。
末次さんのセリフって本当にしっくり入ってくるので大好きです。
なによりもまず第一に娘を思う優しい母です。
「こんな女こんな女♪」
ウワーーー思い出してしまった。この方がアイリーンを?夢にでてきそう…
そして野村朝子さま登場~
るーるるるるるるーるる♪そのヒトタマネギ頭だけど黒柳徹子じゃありませんから。
いや冗談はさておき、裾長の着物姿がお綺麗です。
…あぁ和服なら「世界ふしき発見」の徹子だね。(コラ)
四季・東京 | Comments(0) | Trackbacks(-)