よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2006年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年04月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年03月
ARCHIVE ≫ 2006年03月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2006年03月  | 翌月 ≫

あぁもう職場がバタバタ

今日で3月も最後。
なのに職場はまだダンボールが散乱してるし、私の机はないし。
みんながせーので部署移動すれば問題ないんですが
工事の関係で少しずつ移動していた結果
(しかもまだ私のフロア移動してない人が半分)
あちこちで「荷物しまうところがない」だの「あの資料が見当たらない」だの
大混乱。私も3月中は適当に座って仕事してたのですが、さすがに
来月からは落ち着きたいと思っていたら、図面よりはるかにせまくなってる
私のスペース。

「こんなところでは荷物もパソコンもおけないし、通り道だし、仕事できません~」
と泣きつく私。
「困ったなぁ…どこか机置くところは…」
たかがヒラのイチ社員の愚痴を真剣に聞いてくれる局長、部長(感涙)

局長「こことかいいんじゃないの?」
私「そこ、常務のお席じゃないですか!
いや、座っていいんなら喜んで座りますけど。社長イスだし」

部長「ここに畳を一畳しいて、ちゃぶ台置くからそこで仕事する?」
私「いいですねぇ~ちょうど目の前にテレビもありますし
…って部長!!」(ノリツッコミ)


結局、きょうも掃除したり、引き出しに資料いれたりしながら
デカくて邪魔な常務の机に座ってえらそうにピザを食べ(ヒラなりのわずかな抵抗)
今帰ってきたんですけど、月曜日私は難民決定です。
書かでもの記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

アイーダまもなく開幕。

福岡「アイーダ」開幕まであと17日となりました。
またシティ劇場がにぎわいますように。
そして九州でもアイーダが盛り上がりますように。

そのほか福岡アイーダの見所・期待
◆初!福井ラダメス智恵アイーダコンビ(あくまで仮定)

なんかイメージオトナっぽい感じのカップルになりそうな気がします。
公開稽古の福井さんの髪が短いんですけど、あれは切ったのか
それともなでつけてるのか…(重要)
さらに阿久津さんの写真がないのは、坊主だったとか。
(かなりみたい坊主ラダメス)
◆ゾーザー軍のメンツ
脇坂さんと大塚さんは期待を込めて確定でしょう
◆メレブの件
有賀さんが消えてもうながいのですが、きてくれるんでしょうか。
◆新ネヘブカはいるのか
熊本さんとかやりそうな気配。
◆新ゾーザーはでるのか
ご当地福岡出身・芝清道さん、香蘭が終わったらぜひ。
◆「LOVE FOREVER! アイーダ」毎週放送
…TNCだけかよ!!!ちっくしょう僻地住まいはつらいなぁ。
毎週みたいとはいわないから1時間分くらいたまったら特番にして
地方局にも売ってください。
◆リハーサル見学会開催
7月ね。平日だけだけどどうにかして1日は行くぞ。
◆『アイーダ』オリジナルデザート登場
グランドハイアットはいつも演目にちなんだデザートを
つくってくれるんですよね。チョコとホワイトチョコのケーキなのかな?

いやいや楽しみですね~

バルジャン「違う それは違う なにもわかってないな♪」
何が違うっていうんですか?
バルジャン「福岡アイーダ一番の注目は

大塚俊さんのパーティファッションチェック
決まってるじゃないか」
はっΣΣ(゚д゚lll)!!そうだ!肝心なこと忘れてた。市長シツレイを~♪
そういうわけで、期待してます。
公式ページスタッフさま初日パーティの写真ぜひお願いしますよ。
やっぱ和服なのかなーワクワク。
…あ、初日だから衣装のままという可能性も。チッ。
(この人は演目が楽しみなのではないのか)
四季ネタ | Comments(5) | Trackbacks(-)

BSはたまにこういうマニア受けの人選をしてくれるものだが

天下のNHKが深夜ラジオみたいな番組やってます。
その名も着信御礼!ケータイ大喜利
タイトルのとおり、お題をだして視聴者から答えを募集。

お題・ヒーロー戦隊が子どもたちからブーイング
その理由とは!
原作が北方謙三

お題・音楽会で指揮者がプンプン!なぜ?
勝手にクワマンが来た


あたりがおもしろかったです。
そしてメンバーは私の大好きな今田耕司さん、板尾創路さん、千原兄弟のJr
ゲストもゲストでしょこたんブログでおなじみのオタアイドル中川翔子さん。

さらにNHKなのにスタッフの笑い声がスタジオにこだましてます。
ネタ自体がまだパンチ不足ですが、これから月イチ放送になるということで
楽しみです。

TV | Comments(2) | Trackbacks(-)

松平健「歌う絵草子」3/19御園座 初めてみたらまぶしくて目をやられるよ。

さて、第二部「歌う絵草子」です。
演歌歌手ならこの歌謡ショー部分はヒット曲メドレーとなるのでしょうが
健さんは俳優。思わぬ「マツケンサンバ」のヒットもありましたが
あれはあくまでも想定外のヒット。「暴れん坊将軍」の挿入歌も多分一般の人には
知られていないでしょう。だからこそ、この2部をどう魅せてくれるか
重要になるわけですがここはもう別世界です。レビューといってもいいでしょう。
ガヤガヤうるさかった年配の団体客が衝撃の余り、
多分3人くらいお亡くなりになってます(コラ)

幕があくと桜の花びらで彩られたセットが輝いています。
舞台上にはあでやかな芸者さんたちがズラリ。
健さんはいなせな纏の若頭です。そのあと中村繁之さんと鈴木ほのかさんの
デュエットがあり、健さんと平淑恵さんの踊りがあります。
この健さんが病鉢巻姿でもう麗しいのなんのって。
そして新曲「マツケンAWA踊り」披露です。
これは振り付けがパパイヤ鈴木さんで、確かに阿波踊りではじまるのですが…
ボックス踏んでるし!そもそもこれ阿波踊りなのか?
でもものすごくおもしろい!マツケンもめちゃくちゃ楽しそう!
いや~今回もまたすごい隠し玉だった。
そのあとは渚あきさんのいとはんと恋焦がれる丁稚マジー(真島茂樹さん)の
コミカルな歌をはさみ、きたきたきたぁっ「愛のさけび」
このタイトルだけでも、のけぞりますが衣装がもう半端ないです。
赤ベースの光るヒョウ柄に肩には黒のファーをまとったマツケン。
まわりのダンサーの衣装も同じ生地で和服なんだけど袖だけボレロみたいに
なっているという斬新な衣装。
それにしてもさぁ、冒頭の「若頭」といい健さんの2部での役名が全部「若い男」
なんだけど、
ここはつっこむところじゃないのか?

最後はもちろん「マツケンサンバⅡ・Ⅲ」メドレーです。
腰元ダンサーズがでてきて場内テンションあがってきたところで
真ん中のミラーボールの中からマツケン登場~ヒーーーッ(笑い死ぬ私)
場内「うぉーーーーー」どよめき。
これ本当はフルで聞きたいところですが、踊るのだけでも大変ですからねー
特にⅢのフォーメーションの美しさには圧倒されます。
ノリノリのマジーに客席がまた大喜び。
私も持参してきたサンバ棒をふりながら大盛り上がりです。
私のサンバ棒もたびたびの移動とふりまわしすぎでもうヘロヘロになってます。
この日は団体さんが多かったので、サンバ棒もってる人が少なくて
なんか恥ずかしかったけど(しかもひとりで振り回してる人)
やっぱ客席も盛り上がらないと。
で、後半一部に出演していた俳優さんたちもキンキラ派手和服に
サンバ棒をもってでてくるのですがさすが新田純一さんとか中村繁之さんとかは
昔キラキラしてたの着てたからか普通に着こなしてるわけです。
でも…でも…峰岸徹さんがあの格好ででてきたときには大爆笑しました。
本人もなんか落ち着かない顔してます。ここはどんな大御所でも
同じ衣装で登場ですからベテラン俳優さんたちには、結構つらいハードルだと
思います。しかしその恥ずかしさを乗り越えれば素晴らしい境地が待ってますから。
マツケン公演おなじみの顔園田裕久さんとかすっごく楽しそうですからね。

今回も4時間(休憩込み)楽しませていただきました。
どうやら来年も御園座で座長公演があるとのこと。
博多座にいらっしゃらなければ、また名古屋にいっちゃうかと思う私でありました。

松平健「弁慶」3/19御園座 弁慶はオチャメさん。

御園座も非常にみやすい劇場です。しかも下手側には花道が設置されています。
歌舞伎を生でみたことのない私には新鮮な客席。
客層は相変わらず年配の方が多いうえに日曜昼公演ということもあって団体客が入り
「ここは茶の間じゃないんだぞ」と声を荒げたくなるくらいおしゃべりも多かったのですが
まぁ老い先短いんだし(コラコラ)、やさしい心で。
どうせ2部のショーが始まったら、あまりの衝撃に声もでないだろうし。
とはいえさすがマツケンサンバ人気。若い女性客や親子連れなんかもいました。
開演前、爆笑したのが緞帳の説明。
『この緞帳はトヨタ自動車の提供です』みたいな。
で、あがったら、またそこにも緞帳がーーーっ
『この緞帳は松坂屋の提供です』
で、またその下にも緞帳がーーー!もう笑うしかないです。
何枚あるんだよ。結局全部で5枚ありました。

今回の演目は大河ドラマでも演じた「弁慶」ですが
前回好評だった「暴れん坊将軍」同様ミュージカル仕立てです。
時代劇でミュージカル?と思うでしょうが、意外とこれがはまるわけで…
今回の歌パートは傀儡集団が狂言回しになって説明する場面が多かったです。
傀儡(芸をして各地を回る自由な民。時代は違えど「吉原御免状」でもおなじみ)
だけあって衣装もド派手。かぶきまくってます。
真ん中にいる女性はもしや千葉のジャガーか?ココ参照)と思いきや
なんと鈴木ほのかさんでした。あまりに前衛すぎます。パンフレットの
かわいらしい写真を想像していたので腰抜けそうになりました。
奇しくもとなりの中日劇場では「レ・ミゼラブル」上演中。
ほのかさんは初演コゼットです。
昔のスケバンのような男勝りのほくろ(ほのかさん)ですが、弁慶にホの字。
しかし身分違いだと棟梁(峰岸徹)に諭されます。今回位置的にはエポニーヌですね。
ソロで歌うところもたくさんあってうれしかったです。
あ、傀儡たちのタップがあったのもびっくりでした。
さて、その昔まだ小僧だった弁慶は(さすがにここは健さんではない)
傀儡集団にかどわかされそうになった娘を救います。この子役の子が
すごくかわいいんですが「まーえまえー かたつむりー♪」
…おいおいそれは歌なのか???
子どもってたしかに音程とるの大変だと思うけど、キミのは音痴を通り越し
歌になってないではないか。中日劇場に行ってリトルコゼットちゃんの歌を
聞いて出直してこーい。子役とはいえプロなんだからそこんとこキッチリしてくれないと
お姉さんは許さんぞ。
ともかくそれから十年後、中宮徳子に使えていた玉虫(平淑恵)は偶然弁慶に再会します。
この弁慶のはしゃぎっぷりがもうかわいいのなんのって。
今回の松平弁慶は大河の流れもあってかかなりお茶目さんです。
客席が沸いたのは花道を大根かじりながら登場したとき。
花道は登場退場、ダンスなどかなり効果的に使われていました。

かわいい弁慶ですが、立ち回りは素手で、槍で、二刀流でといろんなパターンがあって
こちらも楽しめました。特に素手で戦うとこなんか、本当に払っただけで相手が
倒れちゃうので「あ~なんか山口バルジャンみたいだなー」と思いました。
山バルは時代劇向きなのかもしれない。
そんな弁慶がつかえる義経(幼名・遮那王)は中村繁之。
有名な五条大橋のシーンももちろんありました。かっこよかった。
義経と静のデュエットもあります。
さらにさらに1幕最後では追われる弁慶も宙乗りをします。
吊られる弁慶がすんごいうれしそうで笑いました。タッキーみたいよ!健さん!

しかし実の兄頼朝に追われることとなる義経主従。
玉虫と娘の今参りは自害します。そして一行は山伏姿で落ち延びます。
歌舞伎でも有名な安宅の関「勧進帳」の場面です。とめられた一行。
弁慶は機転を利かしニセの勧進帳を読み、主と気付かれないように
義経を打ちすえます。その後泣きながらひれ伏す弁慶、
義経一行だとわかっているのに通す富樫入道家道(磯部勉)。いい話です。
一行は花道を通って退出するのですが、このはけ方が歌舞伎流でかっこよかったー
翌月は御園座では松本幸四郎さんの「勧進帳」があります。本家もみたくなってしまった。
結局逃げおおせた一行は明るい未来を夢見ながら幕はおります。
観客はその後の悲しい末路を知ってるだけに悲しさ倍増。
立ち往生でラストなのもよかったけどなーと思ったりしましたが。

ミュージカルではあったものの、「暴れん坊将軍」より芝居要素が強く、さらに
物悲しい雰囲気でした。楽しかったけど座長公演だからもっとベタなお話でもいいかなぁと
個人的には思いました。あと健さんの歌もなかったのも残念。

「レ・ミゼラブル」3/18中日劇場 今井パパ…別れは早すぎるわ(日生にも行くけど)

レミゼ初の最前列です。しかも中日劇場なので足元にオケピが。
ありえない近さにビビッてしまいました。舞台観ながらオケピの中まで
きれいにみえちゃうというある意味おもしろい席でした。

本日はなんといっても今井清隆パパ祭りです。
今井さんはパパ度がとにかく高い。
祐バルは一番年上の割にお父さんな雰囲気がないんですけど
(でもリトルコゼットちゃんとのシーンは好き)
今井さんはコゼットとのシーンは特に愛があふれまくってます。
今井さんの素敵パパチェック
・工場ですがる井料瑠美ファンティーヌにヨシヨシって気をかけるトコ
(ま、結局いっちゃうんですが)
・リトルコゼットちゃんをくるくるまわしておろして、
「うわーパパも目がまわっちゃったよぉー」ってフラフラニコニコしてるとこ
・生き残った藤岡正明マリウスと剱持たまきコゼットが2人で座ってると
2人の手を重ねてあげるとこ

そして本日一番の今井パパに号泣シーンは最後の「エピローグ」です。
登場した瞬間からもう腰がありえないぐらいまがってるわけですよ。
マリウスに「行かねば」っていってたときから、30年くらいたってそうな
ヨボヨボっぷり。手とかフルフルしてるし。で、大切な燭台に頬をよせイスに腰掛ける
その寂しい姿を見た日にゃあ、もうアタシが介護してさしあげます!!
今井ジイジーー(号泣)

きっと大好きなコゼットと離れて急に老け込んじゃったんだね。

その今井パパとすごい迫力の「対決」をみせたのが今拓哉ジャベール
サイボーグ←鈴木>岡>今←人間的 て感じです。
綜馬さんが本庁からやってきたエリートなら今さんはたたき上げの現場警官のような雰囲気です。
とにかく熱い!病院でバルジャンをみつけた今ジャベが動く動く。
そして今井バルジャンもイスをふりあげてそのままジャベール
殴っちゃうんじゃないかと思わせる激高っぷり。
アクションシーンも激しいです(というか祐バルを見慣れていたからそう感じる)
「自殺」は歌い上げたあと、またも「勝手にしやがれ(byジュリー)飛び込み」
華麗に落ち、ものすごい高速回転で床を転がり(…ユダ??)奥にはけていきました。
死に様さえも熱い今ジャベ。

藤岡正明マリウスの声はノビノビしてて大好きです。よくぞみつけてくださった。
ASAYANでケミストリーとしてデビューしなくて本当によかった。
そういえばネスミスは今何してるんでしょうか。岡田マリウスも若いなーと思うけど
やっぱ藤岡マリウスははじけんばかりの若々しさ。
特に本日は岸お兄さんアンジョルラスだったので
藤マリ「世界までが変わるだろう~(エルメスさん萌えー風…←電車?)」
岸お兄さん「マリウス分かるけれどー(僕ちゃんはこれだからもう)」
みたいな感じがたまりませんでした。
エポニーヌを抱えてまわすとこもすごい勢いイイし、コゼットにあって
「キミを困らせたー」って塀のぼってすぐ帰ろうとしちゃうし、
やたらドスンドスンしてるしかわいらしい。

そして今日から登場。岸祐二アンジョルラス
赤ネクタイで登場です。大阪では黒に戻ってたんですよね。
さすが元カーレンジャー レッドレンジャーだけあって
リーダーっぷりが板についてます。赤タイなのに加え、背が高いから
中央にいたら目立ちます。ブリジョンの時は気配けしてたのかとまで思わせる
オーラ全開。給仕さんのところは、最後招待客がくるたびに
のけぞってたのがおもしろかったです。

コング桑田テナルディエは普通に悪人顔でしたね。しかも歌詞1箇所飛んでた(笑)
あの衣装を見事に着こなしてました。

で、初めてワタクシ子役じゃないガブローシュをみることができました。
そう局田奈都子ガブローシュです。確かに女の人といえばそうですけど
こんな至近距離でみてもすばらしい男の子っぷり。歌がまた声優の子役声じゃなくて
ちゃんとコドモ声なのが素晴らしい。一番泣いたのは死ぬ間際に投げたカバンが
バリケードの向こうにきっちり届きまして「ヨシ」って学生が受け取って
あぁよかったなーと。

カーテンコールはスタンディングで盛り上がったんですけど。
立つと役者さんが目の前にいるわけで…至近距離の藤岡マリウスが普通に
ナマ声で「ありがとう」っていってくれちゃうわけで…いやこりゃスゴイ。
そして今ジャベールが目の前にきてくれたときはちょっと興奮しました。
今井パパはどっちかというと下手側にいたのであまり見られませんでした。
(目の前で役者さんが手ふってると目線そらせないですよね)
でも舞台奥で投げキッスする今井パパがカワイかったです。
中日劇場は前はお得すぎる。(オケピがみえてしまって気が散る人もいるだろうけど)
ミュージカル | Comments(9) | Trackbacks(-)

個人的にはマイケルのALL I ーより柳瀬子爵のほうがいいわけで…

はぁぁぁっピチピチやな子爵(コラ)のCOSが登場。
しかも今回ご飯と酒に一切ふれてないよ!
バーブラ・ストライサンドあんまり好きじゃないけど
子爵様が必聴だっていうならもう今日ブックオフで本売った
4000円はそのCD代にする。(単純)
四季ネタ | Comments(5) | Trackbacks(-)

「レ・ミゼラブル」3/18中日劇場②坂元安生センパイ祭り

2幕。
新妻聖子エポニーヌの「オン・マイ・オウン」はすごく気合はいってました。

で、今回おもしろかったのが、学生たちにつかまった岡ジャベが銃をとってしまいました。
これはとっさにとったのではないみたいですね。岡さんのブログを読むと
『銃のシーンが緊迫してワクワク』するってかいてるから、毎回しかけてる様子。
やはり元アンジョルラスとしては、アンジョたちに対して「気を抜くなよ~」という
感じなんでしょうか?

弾丸がなくなりバルジャンが「まかせろ 俺が行く」さぁ安生センパイ、今年はどうくる?
緊迫した空気のマリウスとアンジョルラス。
が、「うん」って…「うん」って…(笑
やっぱ今年も「おじいさんよろしくね」の方向らしいです。坂元アンジョ。
そして坂元アンジョといえば出ました『結婚式』
あぁもうどうしよう。学生の死やカフェソングで散々泣いたのに、
ここが一番楽しみなんて。坂元さんはここでは給仕さんです。
白状しますが、とにかく給仕さんしかみてませんでした。
あ、佐藤テナルディエの今日のメイクはまつげバチバチでした。
【本日の坂元給仕】
○何かたくらんでいそうなすまし顔
○日本舞踊を踊ってそうな手の動き
○森マダムと相変わらず仲良し
○最後ついにステップを踏み踊りだし、調子にのり
上着を片方脱いじゃう(マイケルジャクソンがやってるみたいなアレ)。
そしてそのはしゃぎっぷりを横目でみてた岡田雄一給仕が
無言で上着を直してあげる(笑)


さて、きょうはその坂元アンジョ、新妻エポ、佐藤テナルディエ、森マダムの楽でした。
司会は泉見マリウス。緊張していたのか、みんな後ろにさがったまま進行しはじめ
「前でなきゃ」みたいに指摘されアワワそうだみたいに慌ててておもしろかったです。
坂元さんの挨拶はごく普通でした。あまりにあっさりしてたので終わり?って感じでしたが。
新妻さんは「愛知県稲沢市祖父江町出身、新妻聖子です」で大拍手。
「レミゼが初舞台で3年。名古屋にようやくこれました。」
続いて佐藤さんが
「ご当地 山形県天童市出身佐藤正宏です」(笑)
さらに森さんが
「宮城県仙台市出身森公美子です」(笑)
なんでもアリか!
ひととおり挨拶が終わり、泉見さんがまたあっさり段取りどおり
「以上、特別カーテンコールでした」としめたので笑いのツボをおされたのか
河野由佳コゼットが隣で座り込んで大爆笑。新妻エポにひっぱりあげられてました。
カーテンコールはスタオベで盛り上がりました。中日劇場すごいなと思ったのは
客席の人と舞台の森さんが握手できる位置にいたってこと。近い。
今回2人カテコはなかったのですが、やっぱり祐バルと岡ジャベは隣どおしで
仲良く手をつないでました。
ミュージカル | Comments(2) | Trackbacks(-)

「レ・ミゼラブル」3/18中日劇場①岡夫人の縦ロール

この回は多分週末一番の人気の回だったんじゃないかと思います。
チケット発売日もすごい売れ行きでしたし。

本日は山口祐一郎バルジャン岡幸二郎ジャベール
この2人が並ぶとものっすごく絵になります。
岡ジャベは今日もポニーテールの縦ロールがひときわ美しい(笑)
そしてやっとシルビア・グラブファンティーヌをみることができました。
シルビアさんの歌大好きです。病室でコゼットの幻みてるとこなんかもう
泣けてしょうがありませんでした。薄幸さはないけどね。

祐バル、コゼットと手をつないで「ラーラララーラ…ララ?」って
言ってて、客席に笑い。ま、ここの笑いは非常にマニアックな笑いで
別に祐バルが笑わせようとしていってたわけではないと思います。

さぁ坂元健児アンジョルラス登場です。サカケンアンジョはチョッキ着てないと
学生たちの中でどうしても埋もれてしまいます。クビも苦しそうだし。なんか庶民的だし。
岸アンジョみたいに赤ネクタイとかしてれば目立つのになぁ。
雰囲気革命のリーダーというより、部活の先輩。
「安生センパイ!」「安生センパイ!」
「グラウンドは整備できた」「誰にもとめられない」
「今あふれ出す 自主練の波が もう止められぬ 大会目前だ」
安生センパイ「今こそ 時近づく血潮が沸き立つ しかし気をつけよー
わが敵は政府高校だぞ 部員も設備も豊富だ
我々がするべきことは 部員の士気を高めて
その手にボールを持たせて 甲子園に行くことーーー」

…野球部だったのか。
なんだかんだ言ってますが、スコーーーンと響く坂元アンジョの歌を聞くとしみじみ
きてよかったと思います。正直祐バルジャンと坂元アンジョに関しては
キャラがどうこうというより、歌聞きにきてるような気がする私。
(だからこの2人のオモシロポイントが目に付いたりするわけですが)
ナマ歌って素晴らしい!
この演目はバルジャンとジャベール以外は他のシーンにも別役で出ているのですが
バルジャンが銀の食器盗んで逃げたとこであらわれる坂元見物人のクルクル頭と
薄汚れた顔がすっごくかわいいです。そのほかだとすました顔で裁判官になってる
坂元アンジョや泉見洋平マリウス伊藤俊彦グランテールがおもしろかったりします。
ここはめずらしく顔がよく見えるシーンなので。
ファンティーヌを病院につれていく治安官もマリ&アンジョコンビ。ここもわかりやすい。
そして今日からコンブフェールが上條コウさんにかわりましたが、
すっごく小芝居してるのでなんだか目につきます。上條さんの工場長も結構お似合い。

『ブリュメ街の襲撃』で上着を持ち上げながら横移動する佐藤正宏テナルディエ
笑いがおこってました。きょうはとにかく客席が笑います。
特に森公美子マダムテナルディエはなにやってももれなく爆笑。

『ワン・デイ・モア』で小さなコゼットに着せてあげた洋服とお人形を
大事そうにトランクにつめるバルジャン泣けます。
原作にも書いてあったけど、最後まであの洋服を大事にとっておいたんですよね。
ミュージカル | Comments(2) | Trackbacks(-)

3月20日は


過ぎちゃったけど…
3月20日は何の日だ。


そうです320(ミツオ)の日です。(私制定)
この日は残念ながら休演日だったので唯一の音源
「夢から醒めた夢」の暴走族ソングを聞きながら祝います。
ま、特にほかにすることもないわけですが。
…あーあ~来年の3月20日はなんかみられるといいなぁ。
今カレンダーみたら火曜日だったからまた休演日くさいニオイがします。
なんかイベントでもしようかなぁ。カラオケで「スーパースター」と
「終わりなき夜」と「お前の中で生きている」を歌う会。
おもしろいんだろうか。
とりあえず来年までに「ガストン」と「煉獄のおいらたち」を入れといてください。

これまた関係ないけどロールケーキ1本食いなどしてみました。
恵方巻じゃないんだから南南東の方角向いてロールケーキを無言で食べても
何もないですから。4月までムファサ様も子爵様も待っちゃあくれませんから。



明日がきたとき そうさ明日がーー明日はくるのか。

給料日でした。先月も残業続き。まぁそこそこは…と思った
私が甘かった。
『何故あそこのオヤジの半分だけっ(推測)
汗水流してこれかっ!!』

いっきにバルジャン化してしまうくらい悲しい明細。
パソコンの前で
『一日が終わりゃ金もない 金はただ通り過ぎてく♪』と口ずさみながら
なにか職場に盗むものはないか?銀の燭台とかさ!
と荒くれておりました。そしたら隣の席のヒトが
「はい、これ食べる?」ときなこもちチロルを。
「…し、司教様…(違う)」荒くれた心を癒すチロルの力。
「チロルで得たのだ 生きていく力をーーーーー」とばかりに
午後は全力で働きました。

しかしまだ仕事は終わっちゃいなかった。わが職場はただでさえも
年度末で忙しいときに、システム変更したり、社内のレイアウトかえたりと
とんでもない社内改革が行われておりまして、勤務時間後に
大掃除が始まり、ご飯食べる暇もない忙しさ。
こうしてよくみたら、このフロア全部ゴミなんじゃないか?というくらい
大量のゴミがでました。もうぐったりです。
お察しのとおり私はずっと脳内で
「あの空のむこうに劇場があるのよ お掃除なんかもしなくてもいいのー」
と歌いながらダンボールを組み立てていました。
バルジャンパパむかえに来てくれないかなぁ…(何いってんだこいつ)

ってうわーーーっアイーダ公開稽古
初日はこの福井、井上、佐渡さんで決定でいいの?
そういえばBB公開稽古でガストンやってた新木さんはでてなかったね…
しかし「お待ちしてます」とかいっていきなり新ラダメスとかなしですよ。
鹿鳴館久雄の衝撃再び。
ちょっと元気でた。開幕まであとわずか。頑張ろうっと。

そういえばすっかり忘れてました。
四季の劇場に行った人だけがみられる公式ページの楽屋口。
「コーラスライン」∑( ̄□ ̄;)いやっこれこそまさに『楽屋口』じゃないですか。
道口さんカッコイイ…
そして集合写真でなぜ皆おかしな顔をしてるんでしょうか。
コレいいですね。ほかの演目もぜひバックステージの写真を。


書かでもの記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

「レ・ミゼラブル」中日劇場3/17 綜馬さんのビッとしたジャベとホンワカカテコ

さぁ久々のレミゼです。本日は2階席ですが見やすいですね。
中日劇場は横に広いような感じです。ジャジャジャーーンでもう泣けてきましたよ。
囚人登場。あいかわらず山口祐一郎バルジャンでか!!
鈴木綜馬ジャベール登場。綜馬ジャベは本当に冷酷そうなんですよね。
全然感情をださないでビッとしてるのがまた怖さ倍増。
外に出たバルジャンは司教様の銀の燭台を盗みます。
宮腰裕明司教のプロフィール写真が微妙に北澤さんのプロフィール写真に
似ていると思う。髪形?でも翌日近くでみたら、狩人の兄に似ていた。
『独白』の叫びはさらにパワーアップしていました。
「またっあの地獄へーーーーっ!!」叫びというかもう絶叫。

スケベな小鈴まさ記工場長をみていると、
なんだかすごくかっこいいリリー・フランキーさんに見えてきます。
スケベだけどかっこいいです。
井料瑠美ファンティーヌの薄幸さはたまりませんが、『夢やぶれて』は
リサイタル聞いてるみたいで実はちょっと苦手。
ラストシーンの井料さんが一番好きです。
あ、ラブリィ・レイディの縞々帽子をかぶった岸祐二船員さんもかわいいですよ。

『裁き』で悪そうな顔して振り返った祐一郎バルジャンがそのままの姿勢で
歌ってるのもおもしろくてしょうがありません。動き回るより歌いやすいんだろうけど
止まったまんまってのもなんか妙にオカシイ。そういう祐バルが好きさ!

『対決』はイスが壊れませんでした。まぁそういうこともありますよね。
ここの祐バルのヨイヨイと段取りくさいアクションシーン
しかも最後なんか手をはらっただけで倒れる綜馬ジャベ。どんだけ強いんだよバル!

藤井結夏リトルコゼットの声はものすごくカワイイです。大好き。
で、顔は小さいときのえなりかずき。(それ余計)
泣きそうになってる結夏ちゃんのえなり顔がまたかわいい。
私は祐一郎バルジャンはここのシーンが一番好きです。
このシーンを見に来たといっても過言ではないくらい。
リトコゼちゃんと手をつないで「ラララララー」って歌う声がもう。
さて、待ち構えていたのは駒田一テナルディエと森公美子マダム。
駒田さん…この前(屋根の上のヴァイオリン弾き)あの気弱な仕立て屋だったのに
すごい変身っぷり。さすがです。テナルディエなのに歌はバッチシ聞かせてくれるし。

ここもうすごく笑わせていただきました。コゼットをさかさまに抱っこする駒テナ。
バルジャンの前で胸をゆする森マダム。
そして駒テナ「本当だがや」森マダム「そうだがや」で爆笑。
自分も何かやりたそうな顔をしていたバルジャンですがさすがにこらえてました。
バルジャンが笑いをとるのは確かにどうかと思ってたので、これでいいと思います。
でも「お城が呼んでる~ヨッ」って言い方しなくなったのはちょっと残念。
「おいで♪」っていう声はバルジャンじゃなくて素で祐一郎さんなんですけども…
大好きだからOK~ここは絶対はずせないですね。
そして去るときにリトコゼちゃんとつないでる手をぶんぶんふって歩いてるのも
かわいいです。カーテンコールでもよくリトルちゃんたちと手をつないでますが
あの2ショット(もしくは3ショット)は最強です。

それにしても石丸幹二さんの17歳も脅威ですが、同じく40歳の
岡田浩暉マリウスの若々しさはそれを上回ります。すごいなぁ。
なぜだか髪の毛にしっぽがついてました。このいかにもつけましたといわんばかりの
髪の毛はいやです。東山アンジョルラスみたいに地毛を結ぶか、
ジャベールみたいにちょっと高いところでポニーテールにしたほうがステキ。
ま、正直しっぽはいらないです。どうして今回ついちゃったんだろう。
あと寝るときにくの字になって小さく丸まってねる岡田マリウスが猛烈に
かわいかったです。

さて、初見の東山義久アンジョルラス。金髪の髪を結んだ姿がまぁなんと美しい。
原作のアンジョにやっぱ近いような気がします。ただ声が意外と低いのと
常に厳しい顔だったのでそこまで王子な感じではありませんでしたが。
ANZAエポニーヌはたまに声がハスキーになりますが、セリフのいいかたが
かわいいのなんのって。ビジュアルはもちろん半端なくかわいいです。

バルジャンがマリウスを案じる『彼を帰して』
すんごいエコーききすぎでした。ここ大好きだからもっと抑え目にしてほしかった。

『ジャベールの自殺』
…そ、綜馬さん体そらしすぎだよ!イナバウアー(笑)タイムリーだわ…
そしてここでこんなことを考える私がイヤ。

『結婚式』
給仕姿の東山さんがまたかっこいいんだこれが。そつなく仕事をこなしてましたが
最後、華麗にステップふんでいて、もう、踊っちゃえばいいのに!と
思ってしまいました。踊るアンジョがいてもいいじゃないか…ダメ?

『バルジャンの告白』
今回もピタっときれいに死んでました。恐ろしいまでに白シャツ姿が美しい。
爺さんなのに。さすがラウルで着こなしていただけのことはある(すごいこじつけ)

さて、カーテンコールで駒田さんがでてきてご挨拶。
この日は岡田マリウス、綜馬ジャベール、小鈴コンブフェールの楽でした。
まずは岡田さんから挨拶
「いろんな組み合わせがあるので2度3度足を運んでください。
レミゼ…ブルは(いきなり噛む岡田さん)
そのまましゃべろうとしたら、まわりが噛んだぞーーみたいな雰囲気になり
「(滑舌よく言い直し)レ・ミゼラブルはまだ続きます」
次は綜馬ジャベール。あの冷酷非情なサイボーグジャベがウソのように
いつものホンワカしたムードの綜馬さん
しゃべりながら「なんだろー」っていいながら岡田さんを振り返る綜馬さん。
今日も観にきてくださるお客様の幸せを願って入水自殺しました(笑)
袖で浩暉さんと話してたんですけど、帰る日が大雨じゃなくてよかった~
ねーー♥」また岡田さんを振り返る綜馬さん。カワイイ。
「マツケンサンバに負けないよう(御園座で、松平健特別公演絶賛公演中)
ピープルズソングを歌いたいです。東京で皆さんが帰ってくるのを待ってます」
そのあと駒田さんがきょうは小鈴さんも楽ですって紹介。
今回アンサンブルの小鈴さんは「え?僕も?」って感じでちょっとびっくりしてました。
一番最後のカーテンコールではこの3人が上手にゾロゾロでてきたんですが、
小鈴さんとかどうぞどうぞって真ん中譲ってたりと謙虚っぷりをみせてました。
しかしその前に3人とも今日の主役なのに端っこで手をふってるの。
でも最後はセンターのほうにでてきてました。

祐一郎さんもいつも端にいるイメージでしたが意外とセンターにも
出てきてましたね。今回は。基本位置は下手でしたけど。
ミュージカル | Comments(6) | Trackbacks(-)

いつの間にかチケットが増えてる!恐ろしい子!

名古屋で食べては移動し、観ては泣きと慌しい週末をおくっていた私ですが、
どういうわけだか、
その合間にまたチケットが2枚も増えているよ。

1枚は恒例北島三郎特別公演
博多座もネットでチケットが買えるようになったのはうれしいのですが
エラーでまくり。キーーーッと逆上した私は、中日劇場の入り待ちの集団を
かきわけ、中日ビルのぴあにかけこみ、ようやくゲットいたしました。
博多座は3階席でも十分観やすいので楽しみです。

もう1枚はぴあのプレリザーブで当たった
NYLON100℃の「カラフルメリィでオハヨ ~いつもの軽い致命傷の朝~」
北九州芸術劇場。

大倉孝二さんや犬山イヌコさんや三宅弘城さんがみられるのはうれしいのですが
ナイロン自体はそんなに大好きでもないです。
が、今回この演目には思い入れがありまして、田舎のサブカル少女だった私は
いつも読んでる音楽雑誌で「有頂天」のケラさんが演劇をするということを知り
「あぁーー私が大人だったらこの健康(劇団名)のカラフルメリィとやらを
観にいけるのになぁ。舞台なんて夢のまた夢だなぁ」
と思いながら、
まだ観ぬ舞台に思いをはせていたのであります。
当時、一番近い映画館でさえもバスで2時間かかる田舎に住んでいた私。
東京は憧れの地でした。
やっと!念願かなってやっとあのカラフルメリィが観られる!
大人になってよかった。そう思う今日この頃です。
舞台ネタ | Comments(3) | Trackbacks(-)

コーラスライン3/17②いろんなものがこみあげて号泣

さて、ストレートプレイかと錯覚するようなシンプルでセリフの多いこの芝居。
セットも鏡だけだし、舞台も暗くなったりするし、なんといっても設定が古いこともあって
派手なのじゃないとダメな人はダメでしょうね。
しかしポールの独白からもう私は泣き始め、ポールがケガして、
皆がライバルなのにわーっと心配しだすくだりでこのメンバーが普通に素の役者さんに見え始め、ザックが「ダンスが踊れなくなったらどうする?」の問いに
皆が意見しだすとこなんか、こっちが堪えてしまい号泣。
これって演じてて本当につらくなりそう。体力的につらい演目もたくさんあるけど
ACLとかJCSとかは精神的にドーーンとくる演目だと思います。
実際演じてる役者さん自身オーディションで四季に入り、しかし将来の保証も
あるわけではなく、ただ演じたいからここにいるわけで…
後ろ向きになりそうな皆にディアナが意見するとこなんて、
まんま今日のリハーサル見学会の続きをみているようでした。
そして「愛した日々に悔いはない」です。この歌は本当に大好きで、
普通に口ずさんでいるのですが、泣けますね~やっぱ。
それにしても、私はレミゼにしろACLにしろ、泣けてきたというレベルではなく
嗚咽してしまうくらい泣いちゃうので、観劇にミニタオルは欠かせません。
ハンカチじゃ鼻水すら押さえられない。

そして最後のONE。トップでニコニコしながらでてくる望月さんをみてホッとします。
大ちゃんマイクは丸くなるとこで、ぶんまわされてました。最後までかわいいなー

どうでもいいんですけどね。ミツヲさんがダンやりたいって言ってたけど、
ダンは普通にキャラ的にあってるから、ここはポールを目指してほしいなぁ。
ポールのキャスティングの設定には外れるけど
ストッキングはいて頭にお花をつけた中国服の女装で
こもり声188センチのオカマがダンシング。

一番泣けるシーンで爆笑さらいそうだなぁ。(何を期待しているんだか)

「コーラスライン」3/17①ひとりひとり素晴らしい人

「コーラスライン」は8月に全国公演でまた観ることができるので
楽しみなのですが、確か前回の全国公演は99年。
地元公演は私は行ってなかったのですが、なんと途中停電になったそうで
音楽も照明もない中で里咲ディアナはまだ歌い続けていたとか。
(ジェーンだよ!リアル狼少女ジェーンだよ!)

さて、新名古屋ミュージカル劇場は1000席ありません。私は1階でしか
みたことないのですが、1階席はもちろんのこと2階の人気の高さに
うなずけます。客席が舞台に近い!あ~やっぱ福岡もこれくらいの規模が
よかったなぁなんて思いつつ着席。
毎度のことながらネタバレしてます。一応これオーディションなので
合格者とかが気になる方はご注意を。

冒頭のシーンはリハで繰り返しただけあって気合入ってました。
では役別に感想を。なんか人によって異常に長い文章のヒトもいますが
相変わらずピンポイントでみちゃうので。すみません。
■ザック(飯野おさみ)
飯野さんのダンスもみられたし、ほとんどあとは声だけだったけど、
ピリリとしまってました。でも飯野さんのザックは厳しい感じではなくて
皆を包み込むやさしさがあり、終盤のポールへの接し方もすごくよかった
■ラリー(内御堂真)
内御堂さんは前は口あけて踊ってたトムだったんですよね。
いきなり演出助手に出世。顔小っちゃ!手足長っ!踊りもすごくキレイでしたが、若いから助手というよりオーディション受ける側にいたほうがしっくりくるような。
■ダン(中山大豪)
中山ダンは髪が赤の入った金髪でリアルに外人でした。
日本人だと人種の違いがパッと見わからないので皆さん始まってから
どんどん髪の色が黄色くなってるらしい。
■マギー(上田亜希子)
かわいらしかったです。今週から変わってしまいましたね~
■マイク(藤原大輔)
今日も愛くるしいですな~。神木隆之介くんが声変わり中の今、
日本で一番愛くるしい役者さんかもしれません。そしてキング・オブ・末っ子
複雑な家庭環境や過去や性癖を持つ人たちが多い中、こういう
明るい歌はなごみますね。しかも「おならしてスカンク!」だし。あぁかわいい。
…望月さんもマイクしてたということは、次あたりポールになるってこともある…
のか…大丈夫か大ちゃん。
■コニー(大口朋子)
小さくてかわいいコニー。大口さんはおかっぱでわかりやすい東洋人です。
■グレッグ(武藤寛)
モーホーのグレッグさんなんですけど、
車で乳を1時間さわってとか「おったった」とかなんかグレッグさん自身は
サバサバ話してるのでおもしろかったですが、こっちは恥ずかしいんですが。
それにしても「おったつ」という表現は「ボイン」ばりにいまや死語。
そういう意味でも恥ずかしいです。
道口ボビーの「たちっぱなし」発言も微妙に聞きたくないような。
シモネタはマークの発言はカワイイんだがグレッグとかボビーは妙にリアルです。
■ボビー(道口瑞之)
淡々としてるボビーですが、なんでその暑苦しいセーター着たまま
踊ってるんだろう。途中で脱ぐけど。冒頭のダンスでもうひとりだけ顔に
すごい汗かいてましたよ。だからそのセーターをね…着てるから。
リハ見で共通点は?との問いに「こんなもんです(笑)」っていってましたが、
確かになんかこの役に違和感ない。
「もしトニー・カーチスがなれるなら」が「レッドフォード」になってたけど、
いまやレッドフォードでも古いよなー。
ボビーが自分の話してると、途中他の人が歌いだすのですが、
もう私は目の前のパントマイム道口に夢中
私の心の声3、2、1、ハトでたーーーっハトっ(笑)
で、ひきだしをヨイショヨイショ。皿をだしてと。テーブルクロス引っ張ってるーーっ
マチャアキ芸?ひとりかくし芸大会っ』
おもしろすぎ。
隣で八田ジュディが踊ってたときは道口ルミエールと八田バベットをみているようで
なごみました。
浅利さんが「日本版の演出をいれた」って部分がどこかわからないけど
「こんなことじゃいかんぞー」ってダジャレ部分だったら早急にカットしてください。
■シーラ(増本藍)
すんごいわかりやすいキャラのシーラ。ダンスも勝手に途中でやめたり、
勝手に休んだり。でもボビーとは仲いいようでしょっちゅうしゃべってました。
最後呼ばれたときにも、すぐに自分は落ちたなというのを察し、
前に踏み出してこなかったり。踊るのは好きだけど頭いいからガムシャラに
ダンサーバカにもなれず、さめてしまう自分と夢を追いたいという自分
をもてあましているようにもみえます。
■ビビ(荻原亮子)
あぁこんなこと言っていいのかと思うんですけど、ビビお似合いです。
あのダサ2つ結びとちょっと太目の下半身がなんかいい感じでした。
■ジュディ(八田亜哉香)
明るくてちょっと天然のジュディかわいかったです。いろいろ空回り発言とかも。
■リチー(西尾健治)
相変わらずすごい上半身の筋肉です。ダンスもキレキレ。終始ムスっとしてますが
袖でビビにフリを教えてたり意外と優しいのねと。オーディションに受かったあとの
感極まった顔をみてるとさらにこみあげてきます。
■アル(羽根渕章洋)
なんにも塗ってない羽根渕さんだよーーっ
クリスティンをやさしくフォローするステキなダンナさまです。
ポールと同い年にはみえないけどなぁ~。
■クリスティン(村中ちえ)
あまりの天然っぷりになぜここにいるのかとまで思いますが、おもしろかったです。
ONEの音も全然とれてなかったし。
■ヴァル(石塚智子)
スタイルいい!レオタードがTバック状態なんですけどきれいなお尻でした。
胸はシーラにもいわれてたようにそんなに大きくないけど、
あくまでもバランスですもんね。…鼻はいじってなさそうな鼻ですが。
シーラの横にこようとして「乳私よりでかいわっ」ってさっさと移動。
ディアナの胸をみて「よしここ」ってにっこりして並ぶトコとかあからさまだけど
カワイイ。で、胸をのぞきこむマークに「何見てんだガキ」ってにらんでたり。
■マーク(金田暢彦)
マークも若くて元気でいいですねぇ。ミルク色の分泌物とかいわれてもカワイイもん。
まだまだこれからという彼はいろんなものに興味津々でオーディションすらも
楽しそうでした。
■ディアナ(吉沢梨絵)
やっぱかわいいっ。声質はあんまり好きじゃないんだけどセリフの言い方が
かわいいですね。
■キャシー(坂田加奈子)
高いパート歌うとこは弱かったけど、ソロは歌って踊ってすごかったー
あとスタイルよすぎ。特に背筋が見事です。
■ポール(望月龍平)
望月さんがあの長台詞を言いながら、ボロ泣きしてて、こっちもワンワン
泣けました。ケガするってわかってるから、踊ってるときもどうしてもポールを
真剣にみてしまいますね。
…それにしても。私が親でも望月さんの花を頭の両脇につけて
中国服を着る姿とか正直みたくないんですが。

すね毛とかそういう問題じゃないと思うんだけどなぁ。
田邊ポールは意外とカワイイかもしれませんな…
下様とか市村ポールは普通に着こなしてしまいそうだ…

「コーラスライン」リハーサル見学会 新名古屋ミュージカル劇場3/17客席も緊張。

過ぎた日に乾杯 手羽先に乾杯
僕たちのひつまぶし 僕たちとエビフライ
天むすに乾杯

「レ・ミゼ」は全編歌で進行するので見終わったあとは数日ずっと頭の中で
歌が流れ続けます。恐ろしいレミゼの魔力。そんなレミゼの感想はまとめて書くとして
まずは「コーラスライン」のリハーサル見学会から。参加者は多く
1階席ほぼうまるくらいの大盛況。
冒頭の『I HOPE I GET IT』のシーンなので落ち組も舞台上にいます。
客席で指示を出しているのは望月さんと吉沢さん。
道口さんは毎度おなじみ全身黒のお稽古着。三本線パンツにACLTシャツ。
羽根渕さんもACLのジャンパー着用。飯野さんはJCSジャンパーを着てます。
武藤さんはバンダナしてます。内御堂さんはシャツに太めのパンツ姿で普段着みたい。
西尾さんもダボッとした水色パンツでさらに若くみえました。
女性陣では坂田さんがひざ上の黒のスパッツをはいてて、本当に細ーーい。
増本さんは濃いピンクでお稽古着でもいちだんと華やかでした。

最初は普通のリハ見のように金田さんに腕あげてとか前田さんに
バレエの下手な役なんだからそんな感じをだしてといった技術面の話をしていたんですが、だんだんと演じる側の気持ちのほうに重点を置いてきました。
いろいろ言ってたのですが要するに大勢でやってるけど流してしまわないように
一人一人が大切に演じて、歌って踊ることが重要
だと。
吉沢さんも「歌わなきゃいけないじゃなく、歌いたくなるというところまで
もっていくことが大切」
といってました。
何度か繰り返した後、望月さんが「半分に分けてやってみましょうか」と提案し、
半分は客席におりてきました。で、またシーンを繰り返します。
人が少なくなると歌ってる声もよく聞こえます。道口さんの美声とか。
望月さんも吉沢さんもあくまでも上からの視点ではなく
「舞台では自分もそうだと思うけれど
と前置きしながらダメだししてて、仲間として意見しあってる感じが
劇団なんだなぁと新鮮。
キャリアの長い飯野さんや羽根渕さんが教えるほうが楽なんでしょうが、
先輩2人とも黙ってうなずきながら真剣に聞いていました。

で、「大勢いる めげそうだ」というところで
望月さんの「ザック一人に集中せずに回りにも意識をむけないと」という指示に
西尾さんが「大勢いるのは(すでに最初から)わかって言ってる」と意見。
こういう内面の部分は各自演技プランがあるからまた難しいですね。
しかし「全員が同じ方向で考えていると折れがみえなくなる」と望月さん。
増本さんも「(わかってる人もいるけど)不安な人もいるし」と。

またオンディーヌの稽古ノートの話もでて
「自然な演技というのは楽なところでするんじゃなくて、限界ギリギリまでやりながら
見るほうにはリアルにみえるようにするのが大切」と書いてあったそうです。
前にでてきてしゃがんで望月吉沢両人の意見を熱心にうなずきながら聞いてた増本さんが
「ためしにもっとオーバーにやってみよう」と。
望月さんも普段の立ち位置にこだわらず広がってやってみようと提案し、
また繰り返しました。この演目はストプレぽい部分も大きいので
技術面はもちろんのこと、やはり役の解釈とか、全員のテンションの持っていきかたとか
考えるべき点も多そうで、緊張感のあるリハーサル見学会でした。

さて質問コーナー。司会は道口ボビー。メンバーは坂田キャシー、増本シーラ、
村中クリスティン、内御堂ラリー、西尾リチーです。
頭の回転もよく、笑いも取れる
司会業には定評のある道口さんはさておき、西尾さん5枠ですよ!
お笑い界で並びで最後にいるのはオチ
ですからね。ナイスポジション!
(本人は別に意識していないだろうが)
本日も下向き加減でボソボソしゃべるし、愛想ないことこのうえないです。
こういうの苦手そう。それを考えると不特定多数と触れ合うピエロとか本当に大変。
でも西尾ピエロはすごく顔を近づけてガシガシ握手してくれるから惚れますよ~。
ミツピエロにイタズラされながらも一生懸命宣伝して、けなげです。
やり返さないとこがマイペースな西尾さんらしい。そういうトコもステキです。
あ、でもフレンドリーだけど目はマジです。職務だからマジメにこなしてる感じ。

質問は事前に出された質問を読み上げる形式でした。
四季に入るキッカケは?
道口 ベテランから
坂田 えー(不満げ)ワタクシ四季とか全然知らなくて親が勝手に書類出して
    うかっちゃった

四季でこんなジャニーズみたいな『勝手に周りの人が出して』って入り方する人って
めずらしいですよね。
西尾 ここ(四季)のオーディションですよね?←相変わらず話聞いちゃいねえ(笑)
   MBSで受けました←ここ名古屋だから正式名称で言わないと。
   敬二さんひとりでした。←だからフルネームで言わないとわかんないって
   バレエを披露しました。
   敬二さんが振り付けしたけど全然覚えられませんでした。
小学生の答えのような
ぶっきらぼうな西尾さん。いろんな意味でドキドキする~
道口 ボクはここの前にはいろいろオーディション受けましたが、
    本当に肩たたいた人さがってみたいなのもありました。
    ボクは人の影に入って目立たないようにしてました(笑)


役との共通点は?
増本 小心者なのにつっぱってるとこ
村中 そのまんまだって言われます
内御堂 あんまりありません
西尾 あります。でも学校ではヒーローでもスターでもなかったです。
坂田 踊り命なところ

この作品でお客さんに伝えたいメッセージは?

坂田 迷ったり悩んだりすることがあったりしたらこの作品をみて自問自答して
    いただきたい
増本 わたしも元気になったり、心動かされることが多いので
    明日へのパワーになるように
村中 …(困)

増本さんが2人が先に答えたからネタつきるよね~って感じで横でニコニコして言ってて
    …そういうの大好きだなと思ってます。(ニッコリ)
なんだこの発言!
増本さんの話を受けてか?よくわかんないけど。
やっぱリアルクリスティンなのか村中さん。
内御堂 友人に医者がいて人の死を間近で見てる人なので、
      自分の中で人生を考えるきっかけになったといわれました。
西尾   正直な話、昔ACLを観にいって自己紹介から寝てしまった。
     内容をみようとしてなくて、今、(台)本を読んで中身をみてほしいと
     思いました。
道口  ひとりひとりが輝いているというところですね


質問コーナーは短かったけど、緊張感のあるリハ大満足でした。

サバンナ祭り

野中親分がきたぁ!ヤクザ兄弟。ガストンブラザーズ。そして舎弟は遊佐ルフウ。
なにげに福井さんと阿久津さんだけでなく濱田さんが消えてるのですが。福岡きてくれるのかなぁ。
追記。濱田さん結局Wで入ってますね…



四季ネタ | Comments(7) | Trackbacks(-)

なぜかナゴヤで得た情報

柳瀬ラウルのマスカレードの衣装がパツパツだって?
あげくにチャックが開いちゃってるって?

チャックじゃなくてタックだそうです。…何を考えていたんだ私は。
そんなに…ふくよかに…なられていたんですね…
野獣は着ぐるみだから大きくなっているように見えるのは目の錯覚。目の錯覚。
むしろたくさん食べて体力つけてとまで思っていたあの頃。
柳瀬ピアンジ、デビュー目前。それでもいい。柳瀬さんならば。

四季ネタ | Comments(6) | Trackbacks(-)

食い倒れナゴヤの旅総括

今回の名古屋は3日間。目標はとにかく食うということで頑張りました。
本来の目的は観劇なので劇場周辺しか行けません。
そういうわけで、名古屋ビギナーのごく狭い範囲の食い処レポ。
1日目。
★コンパルのエビサンド
名古屋といえばエビフリャーというわけで、まずは栄地下街の喫茶店コンパルへ。
あとわかりやすいトコといえば、名古屋駅にもあるみたいですね。
名古屋はとにかく喫茶店が多い。カフェじゃなくて喫茶店。
本当に喫茶店好きですよね。お得なモーニングも有名ですが。
ここはサンドイッチの種類が豊富です。
私のお目当てエビサンドはエビフライと卵薄焼き、キャベツ千切りの
ホットサンドです。お値段は一番高いのかな?でも金曜だったので
サービス720円でした。

★クラウンホテルのケーキセット(シフォンケーキ)
ここは単に新名古屋ミュージカル劇場から一番近いからということで。
リハ見のあと開場までここでお茶してました。
トーストはいつも時間かかるそうです。ご注意を。

★世界のやまちゃん 手羽先
名古屋はとにかくやまちゃんだらけですが、劇場に近い納屋橋店は満員でした。
大通り沿いでわかりやすいからでしょう。ちょっとスジに入った柳橋店で
たらふく手羽先を食べました。やまちゃんの手羽先はこしょうがきいていて
ビールにあいます。あと有名なのは風来坊もありますね。
こっちは三越の地下でお持ち帰りできます。

2日目
★丸の内東急インの朝食
今回日程の都合でパックでとったので朝食つき。いつもは素泊まりですけど。
ここは伏見駅からまっすぐで非常にわかりやすい場所です。
オフィス街ですがレディースルームもあるし、コストパフォーマンスはいい
と思います。そしてここの朝食はきしめんがでます!
あったかいきしめんにたっぷりのネギとかつおぶしをのせて食べる
名古屋の朝。幸せ。もちろんパンやご飯、おかゆもありますよ。
年配の方とかにもすごくオススメです。

★コメダ珈琲のシロノワール
名古屋では有名な喫茶店コメダ。比較的、中心部より離れた
ところに多いようです。栄では中日劇場から三越方向へしばらく歩き、
栄東急インの向かいの2階にあります。またちょっと路地に入ったトコにももう一軒。
あったかいデニッシュにソフトクリームがのり、さらにそこにメイプルシロップを
かけていただきます。かなり大きいですが、ミニもあるから大丈夫。
それにしても名古屋はソフトクリーム大好きですよね。
ソフトドリンクにはもれなくソフトクリームのせられますからね。
クリームソーダのアイスみたいなのじゃなくて、ふつうにソフトクリーム
のせちゃいますから。

★しら河のひつまぶし
松坂屋のとおりのビルの地階にあります。あつた蓬莱軒とかも有名ですが
なぜここにしたかって、安いから。だって1470円で食べられるんですもの。
1膳目はそのまま、2膳目はワサビとネギを入れて、3膳目はおダシをかけて
いただきます。ウナギといえば山椒ですが(もちろん置いてます)
ワサビもあいますね。ダシにもワサビいっぱいいれて食べました。

3日目
★ザ・ビー名古屋の朝食
ホテルライオンズプラザナゴヤがこの3月から名称変更。客室内も
リニューアルしたのかすごく綺麗です。場所も中日劇場のすぐヨコで
遠征にはもってこい。いろんなパックプランをみたところによると
エコノミーよりワンランク上で設定しているところもあったので、
お買い得かと思います。難は廊下の音がちょっとうるさかったかな。
朝食は素晴らしかったですよ~
・ジュースはアセロラ、グレープフルーツ、オレンジ、ミルク
・生フルーツがたくさん
・ヨーグルトにジャム2種、はちみつ
・シリアルが3種
・五穀米のおかゆ。薬味がネギ、梅干、ちりめんじゃこ、シバ漬け、
なんとオリーブ、チーズ、アンチョビまで。
・スープは具沢山のチキンクリームスープ
・パンやスクランブルエッグ、ソーセージ等ももちろんあります。
このクラスでこの朝食はかなりレベル高し。補充もマメにしてくれますし。

★御園座のアイス最中
サクサクの最中と冷たいアイスが最高です。バニラと抹茶と小倉の3種。
御園座って客席で飲食禁止なんですよ。なのに外で食べる場所が
異常に少ないの。これはどうにかしてほしい。

★めいふつ天むす
私はセントレア店で買いましたが、いやー、エビ天がうまい!
ペロリと食べました。10個いりでもいけるかも。
ほかにはお求め安いところとしては松坂屋でも売ってます。

今回食べ物に関してはもう思い残すことはないです。食べたーー
でもまだ食べたいものは名古屋にはたくさんあるのであった…
書かでもの記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅10


名古屋最後の味はめいふつ天むすです。エビ天の味付けが絶妙。
機内で前の席の男の子に惚れられました(推定年齢1歳)ずっと顔だして大はしゃぎ。単に私の顔が面白かっただけでしょう。あげくのはては口にくわえてたオシャブリをくれました。よく見たら機内放送のイヤホンの耳の部分でした。


携帯日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅9


セントレアのキャラクター、フー。
…いや、これどうみてもおじゃる丸の電ボ…


…買ってしまった。ストラップ。だってコレ、アランジアロンゾでしょ。ニクイ~またもアランジの手中にはまってしまった。だってかわいいんだもん…


携帯日記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅8


御園座名物アイス最中です。うま。
いや~マツケンサンバで何が笑ったって峰岸徹さんのラメ着流し。本人もすごい微妙な顔してるし。罰ゲームかと思った。
お芝居のほうも完全ミュージカル。鈴木ほのかさんのソロが多くてうれしかったです。内容はやっぱ弁慶だけあって全体的にはしんみりでしたねぇ。しかし休憩こみでも4時間はすごく観た~って満足感です。




携帯日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅7

本日の朝食はフレッシュフルーツ山盛りに五穀米のお粥です。薬味が定番のネギ、梅干しのほかにチーズ、アンチョビ、オリーブなどがあるのが新鮮。名古屋の食の豊富さはとどまるところをしりません。帰りたくないよ~と思いつつも本日がラスト。サンバってきます。
あ、そういえば中日劇場本当に最前すぐオーケストラピットでした。笑いました。前っていうか足元。舞台も近すぎ。カテコで役者さん個人に声援できちゃう。立ったら目線同じだし。森クミさんなんか楽舞台から普通に握手してましたから。



携帯日記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅6


夜はしら河のひつまぶしです。
さて。今井パパと呼ばせてください(勝手に)やっぱ今井バルジャン大好きだ~
そして岸アンジョルラスでました。一番リーダーぽいアンジョだとおもいます。赤タイでした。名古屋はずっと赤でいくのかな?
昼の盛り上がりはともかく夜は笑いも拍手も小さかったからそんなもんかと思ってたらカテコはスタンディング。…名古屋ってとりあえずカテコは盛り上がるのがお約束なんだろうか。コーラスラインもカテコ多かったし。


携帯日記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅5


コメダコーヒーでシロノワールを食べてます。アツアツのデニッシュにソフトクリームとメイプルシロップがうま~い!
本日の楽は坂元アンジョ、佐藤森テナ夫妻、新妻エポでした。オールスタンディングでもりあがりました。さー夜も観るぞ~外は恵みの雨がふってます。


携帯日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅4


ヾ(*`Д´)ノポテトチップ完売だってさ!うわぁぁん
ところで名古屋で意外と巻き髪の人とかいわゆる名古屋嬢をみないんですがマスコミに騙されてるんですかね。


携帯日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅3


朝からきしめんとパンとお粥と主食ばかりおなかに入れ、トコトコ歩いて名古屋城へ。ケチなので入り口から眺めてまたトコトコ栄まで歩いてます。これから三越の大北海道展に行きます。ムフ~。




携帯日記 | Comments(0) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅2


手羽先食べた~大満足。
久々のレミゼは案の定冒頭のジャジャーンから号泣です。まだ誰もでてないっつーに。パブロフの犬ですよ。本日は鈴木、岡田、小鈴さんたちが楽でご挨拶がありました。ソーマさんがマツケンサンバにまけないようピープルズソングを歌いたいって言ってました。そのまま泣きながら9階からかけおり新名古屋ミュージカル劇場へ。リハーサル見学会は1階席がほぼうまるくらいの大盛況。冒頭のリハでした。技術面ではなく精神的な部分に重点をおいた感じで面白かったです。質問コーナーの司会は道口さんでした。相変わらず愛想のない西尾さんがステキでした。リアルリチー。
で、またここでも号泣ですよ。多分泣くとは思ってたけど、ボロボロ泣きましたよ。
明日も号泣祭りです。


携帯日記 | Comments(3) | Trackbacks(-)

名古屋食い倒れの旅1


さっそく地下街で迷子になりそうになり、地上にでて場所確認。
また中にはいってコンパルのエビサンドを食べてます。よいですねぇこの昔ながらの雰囲気。そしてエビサンドがまたうまい~っエビフライと卵とソースが絶妙



携帯日記 | Comments(5) | Trackbacks(-)

ワン・デイ・モア

今日も一日を生き延びた 終わることなき仕事
明日もまだ仕事残ってるけど
明日は   遠征するのに~ようやく行けるのに~
今日も   仕事てんこ盛り~でも明日は名古屋~

今日も残業よ    いつ帰るのかー
終わりが見えない 私は困る
惨めなあたし    愛をあなたに
目もくれないわ

旅立つ日まで あともう一日
レミゼのために さぁ残業を
いまやらなければーーー

明日はーー    明日は遠征
           夜明けの前に早起き遠征
           どうせ行くのだ
明日はーー    ミュージカル祭りだよ  
           レミゼもマツケンも歓迎さ
           あっちでホイ こっちでハイ
           怒涛の観劇5連続

新しいこの日ー  私は名古屋ー
新しい世界ー 芝居みるのだ
私は旅立とう

明日はーー  名古屋にいって   
          食いまくってやる
          味噌カツひつまぶし
          そ知らぬ顔で

明日はーー  明日は遠征
         夜があける前に
         起きなきゃ私

明日は旅立つ
明日は名古屋の地

明日には食える うまい手羽先がー
朝が 明日が 来ればーーー

おやすみなさい。
舞台ネタ | Comments(3) | Trackbacks(-)