よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2005年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年11月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2005年10月
ARCHIVE ≫ 2005年10月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2005年10月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

この冬は規則正しくすごす…予定。

10時就寝タイムリミットあと30分~!!!
規則正しい生活のために今日の飲み会もことわったのに
結局ダラダラしているではないか。
…とりあえず11時就寝目標の方向で。(自分に甘い)
だってお風呂も入ってないし、お肌のお手入れ時間もとらないといけないし
洗いものもしなきゃだし、アイス食べる時間もいるし、就寝前に
健やかに眠れるように柳瀬王子のカテコ映像をみて、いい夢みられるように
ミツヲさんのトリビア「はい確かに」をみて爆笑しながら布団に入らないと…
なんか余計な行動が多いですね。

それにしても朝、未定だったオペラ座の怪人がやはり村さんになりました。
村さんもジョージだったり怪人にもどったり大変ですが、
高井さんの喉が心配です。明らかにひどい状態だったらしいので
一時的に休んで直るようならいいけれど、長引くようならどうなるのでしょうか。
やはり2人でロングランをまわすのは明らかにムリがあるとしか思えません。
ここはいよいよ満を持して芝怪人の出番でしょうか…といってみたり。
もしくはついに下村怪人の出番でしょうか。
なんか声楽系じゃないファントムもいていいんじゃないかなと思います。
ままままさか佐野ファントムデビューなんてこともあり?
…もしかして今消えてる神様ファントムもあったりして…
スポンサーサイト
四季ネタ | Comments(12) | Trackbacks(-)

ボヤキ

ハロウィンパレードガストンでたのか…
それはよかった…
キーーーーーッいきたかったぁ~
追記速報報告入りました
やはり沼尾ベルとのチュウはなし

>道口さん中心に召使の一部の皆様でBOG
>途中から吉原さんも入っていて
>BOGのダンス(特別カテコの)踊ってました
えーーっあのカワイイダンスをミツヲくんが?
(撃沈)

>奥田さんソロで、Beauty&Beast
>吉原さん+一部のアンサンブルさんでマグダンス
しかもまたこれみんなお揃のTシャツ姿だったんですって。
>その後、パレード組(コグスワース・ソルペパ・チーズなど)7人くらいが衣装で登場して
ステージでしばらくしゃべって、その後キャナル内をパレード
んまースバラシイショーだったのですね。無念無念。
しかしあと1週間のガマン。今日ガマンしたから美容院にも
いけたのだし、来月は「モーツァルト!」もあるんだからね。
というわけで来週のガストン詣でに備え、きょうはコラーゲンたっぷりの
鶏のお鍋でまったり。




四季ネタ | Comments(11) | Trackbacks(-)

クリスマスチャリティっていえばうちの神様がいるじゃん!

今月号のアルプは「高井さんと散歩」らしいですね。
めずらしいなー高井さんのインタなんて。ワクワクです。
…今、お休み中だし、来月号はぜひとも「柳瀬さんと散歩」を
内容は先月号の涼太さんを受けて『麗しきラウル兄弟愛』で。
もしくは『福岡うまいものめぐり』とか。『神様のダイエット日記』
いやあのやせなくてもいいから楽までにはまた元気に戻ってきてください。

それから、ライオンキングチャリティCDに触発された全世界の
オペラ座カンパニーとかマンマカンパニーとかBBカンパニーとかも
立ち上がろうよ。
そして一番立ち上がってほしいのはJCSカンパニー…クリスマスだし。
とりあえず日本のJCSカンパニーだけでも立ち上がってみるとか。
空前絶後の売れ行きだと思うんですけどね。
うわーこの要望200字に出してきていいかな。

頼まれてもないのに考えてみた。
JCSチャリティクリスマスCD
定番曲といえば
柳瀬ジーザスの歌う『ホワイト・クリスマス』
金マリアの歌う『きよしこの夜』
下村ヘロデの歌う『ジングル・ベル』
高井カヤパの歌う『サンタが町にやって来る』
吉原ユダの歌う『赤鼻のトナカイ」
司祭ズの歌う『もろびとこぞりて』
村ピラトの歌う『もみの木』

そのほか有名曲では
All I Want for Christmas Is You/MARIAH CAREY
…これはマリア枠ですよね。智恵さんとか。
いつかのメリークリスマス/B'z
…大塚シモンで!絶対かっこいいと思う。
Last Christmas/Wham
…じゃあこっちは賀山ペテロで
クリスマスなんて大嫌い!!なんちゃって /クレイジーケンバンド
…これは高井カヤパさまに歌ってほしいの。個人的に。
Happy X'mas (War Is Over) /John Lennon& Yoko Ono
…柳瀬ジーザスと金マリアでーー癒される~
クリスマス・イブ/山下達郎
…芝ユダで。おもしろそうだ。
Pearl-White Eve/松田 聖子
…じゃあオチでミツヲユダで。ぷぷっ
四季ネタ | Comments(5) | Trackbacks(-)

ハッピーハロウィン


注・これは先々週の写真です。


キャナルシティはハロウィン一色…
明日キャナルへ行きたい この町の外へ
私の夢を叶えてくれる ステキな世界なの♪
と歌いながら
明日のバスの時間を無意識にチェックしていました。
下手したら予約電話まで無意識にかけるところでしたが
今、手元に現金がないので券が買えないことに気づき
(出発は朝なので金がおろせない)やっと我に返りました。
2週間みてないだけなのにもうミツヲ枯れだー
そもそも毎週劇場通いしてる今月が異常なのに(私の場合は+交通費なので)
何を考えているんだ。
ミットンはどうやら沼尾ベルには心底嫌われてるようで残念です。
楽までにはチューできますように。

久々に美容院に行き、つけられる日のほうが少ないのに秋冬ファンデを買い、
初めて入ったカフェが意外にヒットでルンルンで帰ってきました。
カフェブームでこの田舎町にも喫茶店ではなくカフェが増えてきました。
しかし結局通うところは限られていたのですが、きょう入ったトコはなかなかよかったです。
パスタのゆで具合もよかったし、ソースをつけて食べられるように
さりげなくパンがそえられていたり、サラダのドレッシングもおいしかったし、
なんといってもデザートのマロンクリームのロールケーキが秀逸。
しっとりしたスポンジに濃厚なマロンクリームがおいしい!
横のバニラアイスもおいしかった。こういうちょっとした贅沢がうれしい週末です。
いや、劇場通いをやめたらもっと贅沢な週末になるんだけど。


書かでもの記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

11月の観劇バカ

小学生以来の10時就寝目標1日しか続きませんでした。
帰ってきたのがこの時間なんだもん、ムリにきまってるって。
だって焼肉の誘いは断れなかったんだよ。レバ刺しと塩タンとカルビの誘惑に。
この週末はめずらしくヒマなので健康な週末をおくろうと思います。
日曜日のハロウィンカーニバルがものすごく気になるけど。
ここがふんばりどころ。これをガマンしたら今週美容院いけるからね。
と自分に言い聞かせ、来週に思いをはせたいとおもいます。

ちなみに11月は5日「モーツァルト!」初日中川ヴォルフ
6日「美女と野獣」おもてなしツアー
22日松平健全国縦断公演
26日「美女と野獣」10周年記念 特別カーテンコール
27日グループ魂LIVE
30日「モーツァルト!」大千秋楽井上ヴォルフ
といった予定になっています。…モーツァルトどこかにあと1枚増やしたいところ。
遠出はないけど11月も忙しいなー
やっぱ今週はガマンガマン…
それから 『ライオンキング』クリスマスチャリティCD発売決定
いいニュースですね。私たちもうれしいし、チャリティにもなるなんて。
公式の写真を見ると李さんや野中さんもいます。
…おや?北澤さんまたその服ですか。
見間違いでなければほんとに同じ服着まわしてるとしか思えません。
うん、物持ちがいいともいう。無頓着ともいう。
いや似てる服なのかもしれない。こういうタイプの服がすきなのかも。
ともかくシンバ卒業してないようでよかったよかった。

ところで
全ライオンキングファン恐怖の
おっさんシンバこと吉原シンバは呼ばれてないのかな?

ここにひとり心待ちにしているものもいるのに。
まぁ「きよしこの夜」ってタイプじゃないけどさ。確かに。

舞台ネタ | Comments(12) | Trackbacks(-)

「アスペクツ・オブ・ラブ」②この文章長くてスマン。

それからまた時はすぎ12年後。
花形女優となったローズのもとへ久々にアレックスが訪れます。
このときのアレックスはもうすっかり落ち着いた大人の男になっています。
そしてローズの傍らにはナゾの男鈴木ヒューゴが。
どうやら夫も公認の愛人らしいのです。
鈴木ヒューゴは8頭身はあるんじゃないかという小さな顔に整った顔立ちで
岡幸二郎さんを彷彿とさせます。でも感情が伝わってこなくて
何を考えているのかよくわかんない感じ。ま、ローズの本命ではないようなので
つれて歩くには楽しい叶姉妹のいうただの「グッドルッキングガイ」
なんでしょう。
とにかくめまぐるしく場面も時もすぎゆくこの芝居。音楽も同じメロディが続くし
油断していたらおいていかれそうになります。実際私の前のおばちゃんが
こっくりこっくり船こいでいたのでちょっと気が散ったりしたんですが、
自由劇場という狭い空間は役者の表情まではっきりみえるだけに
客席の集中力がすごかったです。
ジョージと娘紗乃ジェニーのいる別荘へ行くアレックスとローズ。
しかしジェニーよ。
その短パンと帽子姿はあまりにも…ムリヤリじゃないか?
下様17歳に匹敵するくらいおそろしい紗乃ジェニー12歳。多分紗乃さんが
女の子顔だからボーイッシュな格好が似合わないんだと思うんですが。
花代さんの短パンピコが似合わないのと同じように。
ここは香蘭のワカメちゃんスカートを借りてくれば
万事うまくいくとおもうのですがどうでしょうか。
最愛の娘ジェニーと踊るジョージはもうすっかりお父さんなんですけど
なんかここのダンスって擬似恋愛ぽくてちょっと危険な感じですよね。
恋愛に自由な男ジョージですが、自分だって昔アレックスからローズを奪ったくせに
いざ娘がアレックスに恋心を抱いていると感づいたら全力で阻止しようという、
どこの父親も一緒です。

アレックスと無邪気に遊ぶジェニー。その遊びがね、闘牛ごっこですよ。
牛の角をつくって「そーーーれぇ」って感じでアレックスに向かっていくジェニー。
…いや、いくらなんでもその遊びはどうよ。12歳にもなって闘牛ごっこか。
ピレネーでは今一番ナウな遊びなのか?
あと上着に足つっこんで喜ぶのもどうかと思うよ。
しかしアレックスが抱き上げた瞬間、ジェニーが帽子をとると波打つ金髪がこぼれ、
あっというまに子どもは少女になったのでした。

ジェニー15歳。誕生日にサーカスへ向かう一行。
ここははけるときに皆がバンザイしてるのが笑えます。その夜、子どもだと思ってた
ジェニーにベッドで恋心を告げられドギマギしちゃうアレックス。
なにしろ大好きだった人の子どもですし。
観客もおお、手をだしちゃうのか?と手に汗握る一瞬です。
しかしそれに感づいたジョージが心臓発作をおこし、そのまま逝ってしまいます。

葬儀でジュリエッタはジョージに面影が似ているアレックスに出会います。
…全然似てないけどな。
いやそれはさておき、そしてアレックスもジュリエッタに惹かれるのです。
昨日ジェニーに手をだしてなくてよかったね。
ジョージのために酒とダンスで送ろうと盛り上がる人たち。
てっきりワルツかなんかで明るくやるのかと思ったら、
めちゃくちゃ激しいダンスを踊り始めましたよ。
しかも喪服で!怖いよ!

そんな中、その場をこっそりぬけるアレックスとジュリエッタ。
葬式の日にしっぽりやるつもりか。さすが外人さんはすごいや。
それをジェニーがこっそりみてたことも知らず。
ここを去る覚悟をしたアレックス。
必死で引きとめようとする初恋のジェニーがいじらしいです。
「なぜ待てないの、時はすぐ来るのに」ってねぇ、
若けりゃいいってもんじゃないみたいね。
そして同じく孤独に耐えかねたローズまでもが「行かないで」と。
(どうやらヒューゴはほんとにただ横にいるだけの人だった模様。
かわいそうに)

アレックスの頭の中に『親子どんぶり』という言葉が浮かんだかどうかは
誰も知りませんがアレックスは2人をふりきりジュリエッタと去るのでした。
ローズって隣に男がいないとダメなタイプなんでしょうね。きっとここでアレックスが
残ったとしても一生アレックスと共にってことにはならないと思うし。
娘とも泥沼だろうし。でもこのシーンの知寿さんはほんとに真にせまるすごい演技で
場内すすり泣きの声が。私もボロ泣きです。
ローズに感情移入してるというわけではなく、
この2時間30分で登場人物の半生を一緒に生きた気持ちになったというか。
人の心は移ろいやすく、時の流れるのもまた速く、
だからこそ今を大切に生きなければと強く感じました。
それにしても場面転換も多ければ衣装替えも多いこの芝居。
知寿さんはほんとうにスタイルバツグンで、女優ローズはまり役です。
そしてやっぱり凄かったのが石丸さん。
無邪気なアレックスから大人のアレックスへ。
アレックスの喜びや苦悩がすごくよく伝わってきました。
初演のときは20代だったそうですが、そのとき後半部分は
どう演じていたんでしょうか。
オトナといっても最終年齢は34歳ですが、17歳から成長していくのを
演じ分けるのってかなり高度な技だと思います。

きょうはなんかいつもより場内も盛り上がったようで、
オールスタンディングオベイションでたくさんカテコもあって楽しかったです。
でもまぁそんなことよりも、とにかくこの芝居はよかった。
地味ながら強引なストーリーと自分勝手な登場人物の恋模様に日本人がすんなり
入っていけたのはひとえにキャストのおかげ。適材適所のキャスティングは
素晴らしかったです。どこの劇場もほしい石丸さんや知寿さんをこの小さい劇場に
とどめてくださってほんとうにありがとう。あとやっぱり曲がいいですね。
観る人によって、また観た年齢によってもこの作品のとらえかたは
全然変わって来ると思います。だからこそジワジワくるというか。
また時間をあけてみると違った見方ができそうです。

どうでもいいんですがアレックスのとった景品ロバのドンキーくん
意外に大活躍でカワイかったです。ドンキーくんグッズがほしくなりました。

そして北澤さんのアレックスが今、猛烈にみたいですよ。
17歳部分は絶対カワイイと思うけど後半どうなるんだろう。
実年齢にはこっちのほうが近いけど、ジェニーの寝込みを襲おうか迷うシーンとか
あんまりヤバクなさそう。ごく普通の年相応のカップルにみえてしまいそうで…
あぁーあと葬式のダンスシーンもみたいぞ!闘牛ごっこも!
四季・東京 | Comments(9) | Trackbacks(-)

「アスペクツ・オブ・ラブ」なんて贅沢な舞台①

この舞台の登場人物はみんな自己チューです。
世間体や過去はさておき、そのときの自分の欲求を第一に考えます。
だからこの物語についていけない人もいるのだろうけど、舞台はヨーロッパ。
よくある話じゃないですか。
これがトシオとヨシコの話ならありえないかもしれませんが。

南フランス。女優の保坂ローズの芝居は不評で打ち切りに。
そこへ現れたローズの大ファンの学生石丸アレックス17歳。またきた!
…さすがにプリンス石丸さんも17歳体型とはいえませんけども。
しかし、座長と話してるローズの後ろでドキドキワクワクしてる石丸アレックスの
かわいらしさときたら!凄い。だんだん17歳にみえてきた…
しばらく失業するというローズを自分の別荘にさそうアレックス。
初めて会ったファンの分際でいきなりそんなことを申し出る
アレックスもアレックスだがすぐのっちゃうローズもどうかとおもいます。
列車で揺られてピレネーへ向かう2人。もうすでに親密な空気。
…さすが外人だよ!すごいよ!いきなりチューしちゃったり、
人んちに泊まりにいったり「ビバリーヒルズ青春白書」みたいだよ
(私の数少ない外国人恋愛の知識)
でも寄り添いながら歌う2人の幸せな姿になんか感極まって泣き出す私。
石丸さんと知寿さんの2ショットでしかもこんなに近くて(それでも9列目)
贅沢とはこのことかと思いました。

ガラスを割って山荘に入るアレックス。
というのもこれは彼のものではなく叔父・村ジョージのものだったのです
。もちろんあっという間にそれはジョージの耳に入ります。
ジョージには大平ジュリエッタという年の離れた恋人がいますが、
お互い束縛はしない関係のようで。
ジュリエッタは若いのにほんとに自立した大人の女性でステキなんです。
いかにもヨーロッパ的な女性だなぁと思いました。ある意味この人は
ローズとは対象的です。あこがれのローズと2人っきりでおおはしゃぎの
アレックス。ウワーカワイイよぉー。
かわいい仕草が普通にはまるってどういうことだこの四十路の人は。
しかし「アレックスうしろうしろ!」思いっきり素でジョージが座ってまして。
村さんジョージダンディでステキです。歌声はもちろんステキだし。
そして、そんなジョージに一目で惹かれるローズ。
そんな2人の空気に気付かないカワイイアレックス。
ジョージは先に帰りますが、ローズはニセ電報をうって
自分もあとを追いかけるのでした。そしてアレックスは兵役へ。
ローズって女優だし、一番勝手そうに見えるのですが、アレックスを騙したことは
かなり気にしている様子。惚れっぽいというより情が深い人なのかもしれません。
それがいいか悪いかはおいといて。

2年後。軍隊から戻ったアレックスはジョージの家でローズに再会します。
ここで、アレックスを突っぱねないところがローズなわけで。
でもジョージが帰る前に出てってーっていっちゃうとこがまたローズなわけで。
情が深いってのも困りものです。そりゃあアレックスくんも怒りますわ。
ローズをけん銃で撃ってしまうのです。こりゃたまらんとジュリエッタのところへ
いくことにしたジョージ。ジョージって束縛されるのが嫌いな感じなので
若い2人で仲良くとか言っておきながらも、身を引くことは別にイヤではない感じ。
しかしローズはもちろん彼のあとを追いかけます。
そしてヴァネツィアでジュリエッタとも友情がうまれます。
ここの2人のやりとりがすごく好き。
ジュリエッタが引いた立場のためか、ジョージをネタに盛り上がるんです。
この登場人物たちは身近でくっついたり離れたりしますが
恋に燃えるアレックス・ローズドライなジョージ・ジュリエッタという
性格付けがはっきりしてるから「ありえる話」として
素直に受け入れられるんですよね。
そしてローズとジョージが結婚したという知らせが戦地のアレックスにも届きます。

続く。

四季・東京 | Comments(2) | Trackbacks(-)

冬はだから嫌いなんだよー

東京から帰ってきていきなり地元が冷え込みまして
私の持病が悪化しました。持病というのは成人アトピー
アトピーってのは子どもがなるもんじゃないのかと思っていたら
そうでもなく、子どもは食物アレルギーとかからなるらしいのですが大人の原因はストレス。
子どものとき完治したと思ってたら再発って人もいますが私はいきなり発症。
ここ数年これに悩まされています。私は乾燥型だから特に冬。
まぁ東京でもすでに化粧ができないくらい乾燥していたんですけど。
何が困るって人様にみえてるとこだけ症状があらわれるってこと。顔とか手とか。
もうおしりとかはすごくキレイなんですよってみせたいくらいなのに(やめてください)
顔なんか粉吹きを通り越して皮向けですよ。あのTゾーンがかっさかさなんだから
どんなにヒドイかおわかりかとおもいます。
ファントムみたいに仮面かぶってひきこもりたい…
でも働かないと食べていけないし~。サイアクなときは関節が痛くて伸ばせないわ、
顔の筋肉がまったく動かず、目すらあけるのもつらかったりします。
あと、顔が真っ赤になるのもつらいところで。体温調節ができなくなるんですよね。
きょう、お医者さんに「絶対夜更かしはダメ」っていわれたので
小学生以来10時にねることにします。そういうわけでお返事も多分朝。
すみません。

ここから話はかわりまして、
やっぱり1回「異国の丘」をみただけで評価を下すのはまだ早いと思いなおしました。
しかもボチは下様だし。
そしてやはり私が入り込めなかった原因は
交互にでてくる回想シーンとシベリアにあったのだと。
きっと時系列に並べてくれたらもっとグっときたと思うんです。
そういうわけでまた考えてみました。
『またまた異国の丘』
一幕・夢のNY怒涛の上海編

NYに留学しているヤングボチは勇敢な父のような首相になるのが夢。
「きっとなってみせるさ すごい政治家に♪早く政治家になりたい♪」
そこで中国人の愛玲と出会う。恋に落ちる2人
「愛を感じる~夜の中国で♪」
両国の和平を望む2人だが、思いがけない不幸がおそう
そしてボチは戦地に赴くことに。
しかし捕虜となり収容所へ。時がたつのをただ待つばかり
吉田「中尉殿は毎日尋問続きだ…お体が心配だ」
そこへ袖から元気よくとびだす大きくなったボチ
「しんぱいないさーーーーーっ」
二幕・シベリア編に続く。
…ごめんなさい。ごめんなさい。もう寝ます。

「異国の丘」②シモボチやる気マンマン

2幕。
シベリアでの厳しい日々を耐える抑留兵士たち。
西沢(深見正博)の関西弁があまりにも軽すぎて場違いなまでに明るかったり
大森(江上健二)の九州弁があまりにもベタでマンガにでてくる人みたいだったりします。
九州人としてはものすごく気になる大森さんの「なんとかですたい」みたいな方言。
江上さんは福岡出身だから九州弁はお手の物のはずなのになぜこうおかしな
感じになってるのかな。どうも博多弁じゃなくて熊本弁ぽいんですよね。コレ。
だから違和感感じるんでしょうか。
このシーンでの下村中尉殿は貫禄十分で、みんなにも慕われていて
やっぱりシベリアシーンだけでよかったんじゃないかと思わせます。

再び舞台は上海へ。和平のために上海にきた下ボチは
クリストファー・ワトソン(志村要)、アグネス・フォーゲル夫人(大橋伸予)と再会。
そこで日本のシンドラーこと杉原千畝の話を聞かされるわけですが…
うーーん、このくだりもいらないよねぇ。
ちなみにワトソンは諜報部員なわけで、和平への願いは同じとはいえ、
偶然を装ってNYで愛玲とボチを会わせたりして常に策を練ってるわけです。
もちろん今回も愛玲を呼んでて、そのきっかけにこの話をだすのはなんか杉原さんが
安く扱われているようでいやだなぁ。
ともかく愛玲と再会したボチ。
このときの赤のチャイナドレスがまた美しいの。スリットが深く入ってて。
しかしホンワカしたのもつかの間
「今夜一晩をボクにください!」
…は?なんですと?花代愛玲貞操の危機?
逃げてー早く逃げてーもしくは引っ掻いてやって!その人暴力嫌いだから。
しかし(私の心の中の)抵抗の甲斐もなく、花代愛玲の唇はブチュウと奪われ
さらに恐ろしいことにいそいそと上着を脱ぎだし、
激しいチュウをかます下ボチ。
そしてもっと恐ろしいことに抑留兵士達が積み上げた土嚢に倒れこむ
下ボチと花代愛玲。
あーなんかみてはいけないものをみた感があるな。
「なりませぬ」「よいではないか」みたいな町娘と悪代官の濡れ場を
みてしまったかのような感じ。

そのまま場面はまたシベリアへ。数名は帰国できることになったものの
まだ帰れないものが多数。長老こと平井(維田修二)は自分の命が長くないことを悟り
口移しで家族への遺言を皆に託します。
これがまた泣けるシーンなんです。維田さんの語りがまた淡々としてて。
しかしこれまたありえない演出が!語りだしたトコで流れる音楽が
よりによって『ふるさと』
いまどきふるさとって取調べコントの「クニのおふくろさんも泣いてるよ」ってとこで
しか聞いたことないよ。ベタにもほどがある!
いや多分ご年配の方々の涙腺は確実にヒットすると思うんです。
このあとの流れがまた『おぼろ月夜~赤とんぼ』だったりするから。
でもさー、いかにも泣いてください的この選曲は萎えましたね。いいシーンだけに。

舞台はまた上海へ。
宋子明(日下武史)はやはり娘と下ボチとの恋愛には反対のようで、
和平が成功したら許婚・蒋賢忠(中村啓士)と結婚するよう命じます。
賢忠は権力者の息子のわりにいいやつで、オンディーヌのベルトラムのような男です。「ボクの幸せよりキミの幸せ」みたいな。
…正直、存在価値がわかりませんでしたが。

親書を持った愛玲は下ボチに渡そうとしますが、
劉玄の裏切りにより別の場所へ行くことに。あわててあとを追う下ボチと里咲花蓮
しかし愛玲は劉玄の銃弾に倒れるのでありました。
そして日本憲兵隊に発覚、阻止されて失敗に終り
そこで和平の道も閉ざされてしまいます。

満州で士官となったボチですがソ連軍捕虜になり収容所へ。
ソ連政府は帰国と引き替えにソ連のスパイとなることを勧めますが、
これを断固拒否します。そして11年。薬物投与で弱っていく下ボチ。
あれだけ高圧的だったナターシャすら下ボチを救いたいとすっかり下のとりこに。
何があったんだろう。普通に考えたら下ボチの気持ちにうたれたっていうのが
正解なんだろうけど下様だからなー、なにかこの2人にあったんじゃなかろうかとか
邪推してしまいます。神田も書類にサインするようにいいますが信念を貫き通し
あすは帰国というときに逝ってしまうボチ。
神田はナターシャのけん銃を奪い取り、人前で英語の歌を歌うくらいなら死んだほうが
マシだといっていた英語の歌をナターシャの前で歌いながら命を絶つのでした。

ううーむ、シベリアのシーンはほんとにいいんですよね。
問題はあの陽気なNYシーンと、B級映画のような上海シーンですね。
実話を元にしてるってのはわかるんだが、だったら時系列で並べてくれた
ほうが気持ちが入りやすかったです。
四季・東京 | Comments(12) | Trackbacks(-)

「異国の丘」①シモはまだ17だから~

シベリアの大地を描いた半透明の幕の後ろにあらわれる抑留兵士たち。
重厚な男性コーラスの「明日への祈り」は本当に心にしみます。
いまだにこの曲が頭の中をこだましています。
そしてその中央に立つ下村九重秀隆、通称ミスターボチ
真っ白な防寒着を着たお姿はとてもよく似合っていて…
あぁこの人になにかよく似たものを私は知ってますよ。
101匹ワンちゃんの毛皮をまとったクルエラ(コラ)
冒頭からこんなこと考えているようでは、今後どうなってしまうのだろうと思いつつ
場面はNYの回想シーンへ。

ミスターボチ17歳。プリンストン大学に留学中です。
陽気に踊る若者達。そしてボチ登場~!!!!
真ん中わけの紺ブレ姿という下様なりの17歳姿なのですが、
ムリ、どうみてもムリです。もうその笑顔がすでにうそ臭いし。
そんなこというなら隣の神田(深水彰彦)もかなりムリ目だと思うのですが
『柔道をやっている人はおっさんくさい』という漫画による誤った認識のため
違和感はあまりありません。
そしていきなり踊りだす下ボチ。その紺ブレを光り輝くラメつき紫ジャケットに
お取替えしてあげたかったです。でも下様も一生懸命頑張ってました。
ちょっと小首をかしげてカワユクよそおってみたり、
ワハッってさわやかな笑顔をつくってみたり…うん。気持ちは汲んだよ。
ふと横をみると仲むつまじい男女の中国人が。
青山祐士劉玄坂本里咲花蓮です。青山さん短髪になってかっこよさ倍増です。
そして、よかったね青山ベルトラム!耐えた甲斐あって生まれ変わって
あんなにひどい扱いうけた里咲オンディーヌと幸せに暮らしていたんだね。
(なにか間違ってますよ)
一緒にいる木村花代愛玲がまたカワイイねー。下ボチと踊る花代愛玲。
お互いの名前も素性も知らない2人はまたたく間に恋に落ちます。
しかし翌日英国領事館のパーティで2人は再会。
結ばれてはならない身の上だと悟るのです。
若い2人にはあまりに過酷な敵国同士の己の身分。
しかし首相の息子と高官令嬢というよりチャイナドレスの花代愛玲と
白のスーツの下村ボチは中国人パブの若いホステスとホストクラブのオーナー
ネオン街の恋みたいな錯覚を覚えるのは私だけでしょうか。
それからメイ総領事がもんのすごくちっちゃいんですけど。
いや英国人にも小さい人はいるよね。
…もしかしてチップみたいに身長制限があるのかもしれないし。
(なんのためにだ)

舞台は再びシベリアへ。抑留兵士たちによって歌われる過酷なシベリアでの日々。
女性将校ナターシャ(西田有希)登場。
…なんで女性なの?実際も女性だったのかしら。
なんかさー、尋問する女性将校(制服姿)って向こうの特殊な映画にしか
登場しないから、いろいろ深読みしちゃうわけですよ。
女性将校マニアって結構多いんですよ。
脚本かくときに「やはりクールな将校は女将校でなければ!名前はイルザ
参考・「ナチ女収容所 悪魔の生体実験」など)がいいと思う」って
強行に勧めた人がだれかいると思うんですよね。
…今調べたらイルザものに「シベリア女収容所 悪魔のリンチ集団」って
いうのもあった!!
絶対ナターシャのモデルはイルザだと思う。
…もしかしてイルザのほうじゃなくガンダムマニアかもしれんな。マチルダさぁーん。

さて、脱線しましたが、そこへ旧友神田が登場。
2人はまたなつかしのNY時代に思いをはせます。
再び会った下ボチと花代愛玲。しかし下ボチは日本で父の秘書官になることに
花代愛玲も中国に急遽帰国することになったので、これがしばしの別れとなるのでした。
…うん。普通のスーツ姿の下ボチは仕事に疲れた中間管理職のサラリーマンのようで(再度かきますがこの人は17歳)年相応にしかみえず、悲しくなってきます。
私はこんな下様はみたくないんだ!もっとファーとかまきつけたり、
アイシャドウがっつり塗ったり、ゴージャス&デンジャラスな下様がみたいんだよぅ
「青春よさらば」そういって英語で歌いだした下様が一番今まででしっくりきました。

旅立つ2人。チラシでもおなじみの船上での別れのシーンです。
お互い船の先端で歌うのですが、C席だと顔がまったく見えないのですよね。
あらあらさすがC席。ここが見切れちゃうんだと思っていたら

その船の先端だけがぐるぐる動き出すではないですか。(どうやら人力らしい)
奥に隠れていた下様がC席の皆様にもご覧いただけます仕様です。なんて親切。
実際は2人のすれ違う切ない心情をこの船にたくしているのでありましょうが
なぜ船の先端だけがぐるぐるまわりだすのでしょうか。
そしてその上でマジメに歌ってる2人がまた別な意味で切なくなってきます。
さらにこの中で一生懸命船を動かしてる皆さんのことを思うと…
2幕に続く。
四季・東京 | Comments(5) | Trackbacks(-)

「異国の丘」について語る前にいっておきたいことがある

リポの前に。
異国ファンの皆様、かなり愚痴りますが、あくまでも個人的な感想です。
未見の方は変な先入観をもたれると思うのでここは絶対に読まないでください。


大概の演目は値段以上に楽しんで、泣いて、笑って劇場をあとにする
私ですが、「異国」はキツかった…
ストーリーに入り込めなくて泣けなかったんだよーこの歩く号泣女の私が。
実話とはいえ、客は別に劇場に勉強しにくるわけじゃないんだから
いちいち全部説明しなくてもいいのにと。
それからNYパートと上海パートの回想シーンは全部いらない
おもうんですけど。
シベリア抑留だけでドラマは描けるはずなのに日中の恋とか和平交渉とか
入ってくるからもう詰め込みすぎ。せっかく気持ちが入ったとこで
愉快なダンスシーンとかはさまれるとガックリします。
シベリアシーンが重くて、回想シーンはメロドラマ仕様なので
その落差についていけませんでした。
もっと抑留兵士のことを知りたかった。大森さんや西沢さんといった
名前のある役の人ですら、どんな人間かよくわからなかった。
不謹慎ですが上海で人を殺して泣きにもっていくくらいなら
本当にシベリアで死んでいった人たちの死に様がみたかった。
ただでさえミュージカルってついてるのに
ほとんどセリフ劇になっているというのに、肝心な歌パートまで暗いんじゃ…
いや、耳に残るいい曲なんですよ。1曲1曲自体はスキなんだけど
でも全部があまりにも重すぎた。
これをみて思ったのが例えば「レ・ミゼラブル」なんか全編悲惨な話で、
ストーリーも説明なくがんがん端折ってるけど、まったく問題なく
一幕からボロ泣きですよ。愉快なことなどほとんどおこらないのに
心を突き動かすものがあるというか。
なんでバルジャンがム所からでてきて市長になったのかとかさっぱり最初は
わかんなかったけど、そういうのはパンフを読むなり、
原作を読むなりすればいいことで。
あそこの場面はどうしてああいう展開になったのかって気になればみんな各自で
調べるからもっと理解も深まると思うんですけどね。
3時間弱で全部説明しようというのが間違ってるような気がする。
ハバロフスク事件というのがあるんですが
これは抑留者が一致団結して作業拒否してストをおこすといった有名な話で、
皆あそこでただじっと耐えてたわけじゃなく彼らも戦っていたわけですよ。
そういうとこをもっととりあげて熱い歌に託してほしかったな…

そこで私が勝手に考えた「新・異国の丘」
・ほぼ全編歌で進行
・物語はボチが満州で戦うとこから
・抑留され、収容所で出会う人々とのふれあい
・過酷な労働と食糧難で死んでゆく仲間
・俺たちは生きて日本に帰るという熱い思い
・作業拒否してソ連に抵抗、断固断食を押し通す志願者も
・ちなみに神田とボチのくだりは生かしの方向で
・最後はもちろん「明日への祈り」でシメ。
・悪いけどオンナコドモはださないぞ。愉快なパーティシーンなぞもってのほか。

 
これだけで十分2時間50分のドラマになるのに~
暑苦しいことは認めます。「ドキッ!男だらけの異国の丘」
みてるほうはつらいかもしれません。
でも私は男だらけの兵士だらけの異国がみたいんだー
とまぁ個人的にグチグチ書きましたが、これはあくまでも私の感想です。
私はもしあの場に下様がいなかったら、
本当にどうしようもなく崩れ落ちていたと思うので救われた思いです。
泣けなかったけど、突っ込みどころは多かったよ!
もうこうなったら突っ込むしかないなというわけでリポへ続く。
もちろん「異国」好きな方は激怒しそうなので読まないほうがいいと思われます。

四季・東京 | Comments(4) | Trackbacks(-)

「キャッツ」について語りたいが語れる知識がない

かなり久々のキャッツシアター。あいかわらずのロビーの狭さです。
そして休憩時間のごった返しぶりときたら。
どこの四季劇場もロビーは狭いんですけど、キャッツシアターはバーゲン会場のよう。
シティ劇場は快適ですよ。(ムッシューダルク調で)
見晴らしもいいしとさりげなくアピール。

えー、ワタクシネコはまったくくわしくないので気になったネコさんだけご報告。
福井マンカストラップ
とにかく福井マンカスはどこにいても目立つしカッコイイ!美ネコさんですよね。
リーダーはまり役です。これをみるとラダメスがみたくなってきます。
福岡きますようにきますように。毅然とした福井マンカスもステキですが
ヤクザマンカスの荒くれっぷりも大好き。ちなみに今日の目チカネコさんでした。

ユスキンブルシャンクス
出てきたときまっさきに思ったのは「デカ!」
でも笑顔がとてもステキでした。カーバとランパスの支える腕が
フルフルしてるのにちょっと同情しました。重そう。
「オールドデュトロノミー」っていうときすごく力入ってるので
なんか特別な思い入れがあるのかと思ったら、基本的にほかも力はいってました。

重水グリザベラ
…おや?あそこで踊り狂ってるのはバストファージョーンズさんかな?
と一瞬思ってしまいましたよ(そこまではない)
おそるべしネコタイツ。ネコに着やせという言葉はありません。
それを考えるとタントとかすごいなぁ。
でもヨロヨロしてるとことかよかったです。「メモリー」もよかったです。

荒井シラバブ
いやぁほんとカワイイ!目が大きくてぱちくりしてるからネコメイクもかわいいし
なにより仕草がかわいいですじゃ。チマチマ動いてるんだけど、席から遠くて
細かいとこがみられなかったのが残念。今度はもっとバブがみえる位置で
みたいものです。タガーベッドのとこはなかなかタガーが言うこと聞かなくて
お願い~って感じでひっぱってたのがかわいかったなぁ~

松島ミストフェリーズ
遊んでますねーミストばっかりみていてもいいくらいのはしゃぎっぷり。おもしろかった。
もっと沢山通ってればあそこがこうとか説明できるのでしょうが、
小ネタいっぱいやってるなということぐらいしかわかりませんでした。
そして高速回転はあいかわらず素晴らしいです。

谷内グリドルボーン
ものすごくコミカルでかわいいネコでしたよ。こんなおもしろネコでしたっけ?
色気よりオチャメ度が高かったです。

田島アスパラガス=グロールタイガー
あぁ田島さん久々にお会いしましたが、殴ったりポーズとったりするとこが
ガストンくさいと思ったのはガストン大好きっ子の私だけでしょう。
さらに最後は「スキーンブル♪」と歌いながら汗だくで握手していただき
うれしかったです。あんなステキな笑顔は福岡ではなかなかみられなかったので。
あまりにもガスがいい感じだったので「このままネコ屋敷にお留まりください」と
願ってしまいました。すみません。

田邊ラム・タム・タガー
きょういちばんの注目は田邊タガー。もやしっ子(なぜか田邊さんはいつまでもユタのイメージ)タガー
…はたしてどうなるのだろうと思っていたら、
これがもう若くてかっこよくてキレのあるネコでした。
私のまわりの人たちは田邊タガーにもうメロメロのご様子。
タガーメイクがまたよく似合ってて、メイクしててもすぐ田邊さんだとわかるのですが
同義語・芝タガー、涼太スキンブル)ネコだとさらに3割増くらいかっこいい!
で、なんか「エブリバディ」とか言っててアメリカンなタガーでした。
ツッパリというより体操のお兄さんみたいなさわやかネコさん。
タガー締めは拍手煽って、シッポまわして、シッポのふさふさをモソモソさわって
電気消して投げキッスしてひっこむってのが田邊タガーのお約束なんですかね?
なんだったらそこで一曲体力づくりダンスしてもいいんですけどね(ってまたユタか!)

…私のなかではタガー=エロというあまりにも1人ピンポイントな図式ができていたので
モテモテネコさんはエロじゃなくてもいいんだねと改めて思いました。
そ、それならばいつかあのデカブツもタガーに…アメリカン度では負けないぞ。
もしかして今のガストンも色男作りの第一歩なのかもしれない。
しかし子どもを連れ去ろうとして泣かれたりとかしそうだな…

って話変わってるし。えとえとあとは張ギルバートさんが意外にネコにあってたとか
素朴なドアマットしかみたことなかったもので。あとあと武藤マンゴジェリー
やっぱカッコイイなぁとか。

…すみません。修行しなおします。でも次はあと半年後。キャッツマスターへの道は遠い。
四季・東京 | Comments(15) | Trackbacks(-)

ついに女子とチューですか

ミツヲガストン五東ベルにはチューするんだ…
というかあのシーン(モリースを助けたいなら結婚しろと迫る)未遂ですよね?普通。
で、しようとして殴られるんですよね?
今までチュー成功してるガストンみたことない気がするんですけど。
そこんとこどうなってんですか。美女と野獣フリークの皆さん!
(オマエが聞いてどうする)
あと、ほお擦りもしてるらしい。
五東ベルがいなくなったらどうするんだろう。
あぁもうちょっと目を離したスキにまたいろいろ変わってるんだから。
再来週までおあずけなのに!
お願いします。五東ベルともどもいてください。

あと公式HP「美女と野獣」のストーリーのとこのガストンがさりげなくミットンになってます。
(ココさんどうも!)早く新しいパンフもだしてほしい~

追記
うぉっはやくもベル交代か~。みたかったな五東ベル。
そして芝さんがマンカストラップになってるよ…
みたかったよ芝マンカス。それから北澤さん長い潜伏期間を経て
ラウル復活おめでとう。
ラウルだってそんなに長くやってないんだから、
もっとみたいところです。
ということはしばらく「アスペ」と「異国」の変動はなさそうですね。

再び追記
やっぱあそこはチューしちゃいけないと思うのですよね。
ベルにとって初チッスなのにそれがガストンて!
客席の子どもにとってルフウとガストンがチューするだけでも衝撃なのに
大好きなベルお姉さんがガストンとチューなんかしたら泣いちゃうと思う。
ファーストキスはシカの味とか最悪だ。
でも多分ね、チューしようとして迫った時に(ミットンはかなり接近する)
五東ベルはあえて逃げなかったのではと。
アタシが受け止めてあげるわという姉心なのか…ありがとう姉さん。
やっとミツヲさんも女の人とチューできるようになりました。うううよかったね。
いつかは「今夜一晩をボクにください」とか言ってみたいね。

贅沢な四季三昧でした。

帰ってきました。充実の2日間でした。
まず行きの飛行機の機内放送のキッズ向け音楽が『ディズニー特集』
四季関連ではライオンキングの「愛を感じて」(セリフ入り)
歌詞はもちろん違いますが。そして美女と野獣のテーマソングも入っていまして
私、今あのイントロがながれるだけで泣ける体質になっているので
早くも機内で涙ぐむ始末。
しかし泣いている場合ではなかったのであります。
飛行機が遅れ、10時直前に空港着。さっそく美女と野獣先行電話です。
これがまた最後の発売だというのにあっさりつながり、やっぱ福岡と
思いながら、一生懸命「2005年1月21日」で入力していた私
そんな公演日ないよ!
ほんといつも最後のツメが甘いんだよ。お前はと一人反省会しながら
キャッツシアターへ。今年初キャッツです。
いついけるかわからない田舎者にはキャッツは敷居が高いのです。
とりあえずウチのファントムベア輔さんのお友達をと
キャッツタガーベア清くんを購入。2匹あわせてスケキヨです。
ふふふ…
その前に柳瀬さんはファントムでもないし、きょうは芝さんも出てませんが。
えーとキャッツはあまりくわしくないので、
いろんなネコをキョロキョロしながら楽しみました。
握手は田島ガスさんでした。…ガストンづいてるな。
さてソワレは『異国の丘』です。秋劇場C席は初めて。
というか行く2日前にC席が売れ残ってるなんて思ってなか…ゴニョゴニョ。
いやいやものすごいものをみましたよ。むしろ下様ボチでよかった
いずれ(いろんな意味で)伝説のボチになると確信しました。
でもホテルで下村スカーと下村ルミエールと下村配達人を聞きなおし
「やっぱ下様はこっちだよなぁ」と実感。
で、本日は『アスペクツ・オブ・ラブ』
いきなり一幕冒頭から石丸さんと知寿さんが歌ってるとこで
あまりの贅沢さに感動して泣きました。
作品がどうこうというよりキャストがよかった。
昨日世にも恐ろしい17歳をみたので、石丸アレックスの17歳が
まぶしすぎてたまりませんでした。あのはしゃぎっぷりに胸キュンしました。
それから2日間舞台の合間に遊んでいただいた皆様ありがとうございます。
とっても楽しかったです。放課後の中学生みたいな話しかできなくてスミマセン。


四季ネタ | Comments(6) | Trackbacks(-)

アスペクツ・オブ・ラブは借金してもみにいくべき!

すごいものをみましたよ!あのありえないストーリーなのにものすごく納得し泣いてる自分。キャストがぴったり役にはまってるから、ここまでの完成度なんでしょう。みなさんすばらしいけど石丸さんと知寿さんは凄すぎて言葉もでません。そして自由劇場という狭い空間でこんな贅沢な芝居がみられるなんてもう!カテコは異常な盛り上がりでした。




携帯日記 | Comments(7) | Trackbacks(-)

キャッツのあとの異国はきつかった

でも下様ボチは面白かったです。ストーリー自体はいろいろ突っ込みどころもおおいのですが下様に目を奪われてしまいどうでもよくなってしまいました。



携帯日記 | Comments(4) | Trackbacks(-)

美女と野獣前楽ゲット~

手荷物間違えたバカがいて25分の遅れ。うわぁ~と速攻電話したらあっさりつながるも指定の公演は扱ってない?それもそのはずアタシ2005年で探してやんの。しかもしばらくきづかず。このバカ!…いやキレてないすよ。俺をキレさせたらたいしたもんだよ。by長州小力


携帯日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

吉原さんについて教えてください

なにぃ携帯着メロサイト「ミュージカルカフェ」に
北澤裕輔さんについて知りたいという質問がきたですと?
このサイトもちろんミュージカルファンなら登録してるよね。
ちなみに今の私の着メロは『ガストン(リプライズ)』
メール着信音『暴徒の歌』Cメール着信音『煉獄のおいらたち~暴走族~』です。

現代的な顔立ちの二枚目で実力も兼ね備えているとくればときたか。いいなぁ。
私も投稿していいでしょうか。
そして自分で答えていいでしょうか。←知ってるなら質問すんなよ

吉原光夫さんについて教えてください

吉原さんは高校を卒業後、専門学校で演劇の基礎を学び
99年に研究所に入所しました。同年のJCSのアンサンブルで
初舞台を踏んだ後はJCSシモン、ユダLKムファサ、シンバ
などで活躍しています。そして今年はBBガストンに抜擢。
舞台で映える長身とコモリ声の個性派で好き嫌い両極端に
わかれるけれど、これじゃないと物足りないなと思わせる
珍味のような彼からますます目が離せないぞ!

…いやこんなことしてる場合じゃない。荷作りしなきゃ…

あーー明日早いのに

何を着ていけばいいのか皆目見当が付きません。
困ったなぁ。ここは南国魂を都会っ子にみせつけるかのように
西尾さんを見習ってタンクトップ一枚とかね。
(西尾さんは関係ないですよ)
結局、衣替えしないといけないということですね。
あと、部屋の掃除もしとかなきゃ、洗濯も。
もし飛行機が落っこちたときに部屋が汚かったらサイアクですからね。
(縁起でもない…)

ちなみに明日はキャッツ、異国の丘
あさってはアスペクツ・オブ・ラブです。

えー、五反田、浜松町近辺で場違いな格好をした人をみかけたら
それが私です。近くで「ミツヲ」とか「神様」とかいう単語をつぶやくと
異常に反応します。
どうか親切な方は私におにぎりでも恵んでやってください。
(はだかの大将か!)
四季ネタ | Comments(4) | Trackbacks(-)

季節感のない私

すっかり秋めいてきた…んですか?
こちらはあいかわらず連日、暑い日々が続いているのですが。
さすがに夜は少し冷えるけど
日中はみんなあいかわらずバカな小学生みたいに半袖だし
私もまだストッキングもはかず、生足生活なんですが。
きのうなんか寝るときにクーラーつけて寝ましたからね。

ミットン出現(新しい怪獣の名前のようだ)で
今月は毎週福岡を訪れていますが、びっくりしたのが
先々週はキャミ1枚で十分なくらいの暑さだったのが、
先週はいきなり風が冷たくなっていたこと。
九州でコレなんだから、東京の寒さはいかほどなんでしょうか。
皆さんもうニット着用してるんでしょうか。
南国バカはとにかく寒さが大のニガテなので、厚着していかなくては。
その前に衣替えもしていないし。

さて、コッグスワースもびっくり!
『美女と野獣』舞台ウラへ秋の“おもてなし”ツアー当選
しました。
これってバックステージツアーだと思ってたのですが、
本イベントでのお客様の舞台登壇はございません
って書いてあるので、いったい何をするんだろう。
座席は決められているようなので、ステージでなんかするのでしょうね。
この調子じゃみんな当たったんじゃないのかなー
しかも予定時間はリハーサル見学会の倍の60分。楽しみです。
お城だけじゃなくて酒場にもおもてなししてほしいなー
四季ネタ | Comments(13) | Trackbacks(-)

週末はシベリアにいくことに決定!

チケット代金が引き落とされなかった場合、振り込んでから
10日ほどでカード停止解除されるということで
あわてて朝イチで四季の会事務局に電話した私。
「入金したんですが、週末の美女と野獣の先行間に合うんでしょうか」
↑必死
そしたら、払込受領証をFAXしてあっさり解除していただけました。
ご迷惑おかけしました。…ほっ。

さてさて、COSにまた下様登場です。
「人間で、日本人で、憂国の青年なんて」
最初に人間でって言葉がくるとこがさすが下様。
わかっていらっしゃるんですよ。
それからスンラさんも登場。もう繊細で甘々なスンラビーらしく
文章もステキだわ~。

よーし、下様のCOSで癒されたし、カードも解除されたし、
週末なのにC席売れ残ってるし、あとmariさんの異国レポ
めちゃおもしろかったので、「異国の丘」観にいきマーース。
四季ネタ | Comments(11) | Trackbacks(-)

ここに書くのも恥ずかしい話なんですが。

「異国の丘」ってマフィアの親分と女美人スパイの話ですか?
…えええっ違うの?とわかりやすくボケてみたところで。
いやぁ今週末、東京行くんですけど、どうしよっかなぁ。異国…
真ん中わけ頭の坊ちゃん下様を怖いものみたさでみるのもまたいいのか(コラ)
でも今のLKのキャストほとんど未見の人たちばっかりだし。
ウッチーパパもCOS読んでちょっと惚れちゃったし。
ギリギリまで悩んでどっちかにします。

さて
「美女と野獣」千秋楽
見事に落選でした。うわぁぁぁぁーーーん。

今月なんか毎週通ってるのに!一応、地元の範疇なのに!

しかしそこで私の目に飛び込んできたものは
落選ハガキと一通の緑の封筒…
あれ?チケットなんか頼んでたっけ?
あけるとその中に入っていたものとは『振込み依頼書』
…!(白目)アタシ、今月のチケ代払っていなかった…のね…

たしかに四季チケ代の口座は別にしてあったんだけど、
まだ残金あると思い込んでいたの…

「私がバカだった…」←手に持っていたふかしイモを床に放り投げる静馬野獣
どこまで続く アホの償い たった一度の未払い
抽選は終わり 再びなく どうしたらいい 私は 誰か
チケット譲ってほしいのだ 私はどう生きる…


…まぁあのこういうのをなんというかというと
自業自得。
あははははー。ほんとにどこまでわたしってヤツはマヌケなんだか。
ここでこうして己のマヌケぶりをさらすのもどうかと思ったけど、
いまやここBBblogになってるから一応ご報告しとかなきゃということで。
気を取り直してこうなったら前楽にかけるぞ!
って停止されてんだっけ?や、やばいっ明日にでも四季に電話だ。
チケ取りが…できない…
四季ネタ | Comments(11) | Trackbacks(-)

「美女と野獣」少年スンラビーと新顔芸キング

立て続けにアップして申し訳ありません。アホなので忘れないうちに
書いておきたいのと、皆様に本編の様子をどうしてもお伝えしたいので。
そういうわけでいつものように勢いで書きなぐってますので
超ピンポイントレポです。スミマセン。

野獣に変えられてしまった王子様。スンラビースト登場です。
自分の姿を見ながら、あぁこんな姿に…って最初から悲壮感漂ってます。
柳瀬野獣は着ぐるみだからということを考慮してか
ひとつひとつの動きを大きく静から動へわかりやすく演じ、
いちいちポーズをきちっと決めますが、スンラビーストは動きが細かい。
冒頭から全然違う野獣にびっくりしてます。小さいし。
あとね…スンラビーは着ぐるみなのに顔が細かった…

さて町のシーン。
今日は上手側なので登場して獲物をねらうミツヲガストンの顔が正面でみられたりして
こっち側もオイシイなー。今日もすごくかっこつけてて素敵です。
と、ぽわーんとしてる場合ではなかったんですよ。
あくびするガストンの顔が…白目むいてるし!
…そ、その顔ヤバイ…
非常に近い例をあげますと
「西川君が気絶してる!
あるあるさんとこの探検隊呼びにいかないと~」の
レギュラーの西川さんのあの顔
といえばよくわかると思います。
はぁぁこのシーンの顔だけですでにおもしろいなんて、
これからどうなってしまうのでしょうか。そんな胸中などつゆ知らずのミツヲガストンは
きょうもごきげんにバカデカ声で歌い上げてます。
客席もガストンのおもしろさに気付いているようで、ガストンのシーンで客席から
クスクス笑い声が聞こえるというありえない現象が。
そしてついに「おおおおぅ、イェーーーース」のところで
後ろの人が「プーーーッ」って声だして笑っちゃったよ

…わかるよ。友よ。みんな同じなのよ。必死で笑いをこらえているの。
でもあのイェーースの口はないよな。裏声だけでも爆笑なのに、あの顔!
高笑いするときのデカ口あけた顔とかね。
近年、ここまですごいアホ面をみたことがないよ。
この時点で私は今後ミツヲさんにプリンス路線はないな、と確信しました。

この顔芸キングはひとまずおいといて、スンラビーです。
荒くれ野獣のとこも声低くして怖く装ってますが、やっぱり怖くないなー。
お城のシーンではピョンって飛んだり、すごい身軽な野獣。
手すりの上にのるとこはちょっと安定してなくてドキドキしたけど。
そして、笑いをとる個所は、セリフの言い方にも「笑わせよう」という意志が
はっきりしてます。
私はためてためてドカンと笑わせる柳瀬野獣の笑いに慣れていたのでちょっと最初
戸惑いましたが、いやぁ同じセリフでも言い方によってこんなに変わるんだなぁ。
そして何より声が「あまーーーーーい」
ケモノの姿でも青年って感じです。むしろ柳瀬さんのあとだから少年のようです。
お城をみてまわるベルを発見してとっさに隠れちゃったりしてほんとコドモみたい。
両手を振り上げながら歌う「愛せぬならば」はグッときます。
しかも途中叩きつけるように歌うから、あきらめ感漂う切ない柳瀬野獣に比べ
いまだ傷ついたままの繊細な野獣って感じでした。うーーんおもしろいなぁ。

再び顔芸キングの見せ場、酒場です。
すねまくってるガストンが猛烈にカワイイです。
でもだんだんゴキゲンになってくるのですよね。このへんの微妙な顔の
変化がものすごくミツヲさんはうまいんだけど、セリフはなんであんなに
一本調子なのかなー。今んとこガストンだから支障ないけど
今後、間違ってハムレットとかにキャスティングされちゃったりしたらどうするのか
…間違ってもないですね。ハイ。
ガールズに囲まれたとこでは、きょうはなんか御髪を整えてもらってたりして
バカ殿っぷりがまた似合います。
マグダンスはゴキゲンに踊ってますが、下に寝てる人とぶつけるときに
あきらかにビアマグがあたってなかったり。
1人だけ大きいからまわりと高さあわせるために、こういう演出なんでしょうか。
と好意的に解釈。

図書館で本をとりあげたスンラビースト。開いたり横からみてみたり
明らかにこれをどうあつかっていいのかわからんって感じがかわいかったです。
とにかくスンラビーは一貫して傷ついてて人間的でさえありました。
ただスンラビーの甘い声はスキなんですが台詞回しはあまりスキじゃないなぁ。

ベルにバイバイするとこは両手を交互にふって、(その姿がおかしいんだコレが)
そんな自分に恥ずかしがってるみたいにショボーーンって下むいたりして。
ショボン具合が半端じゃなくかわいい。足とかもぴったりくっつけて内股ぎみだし。

王子様になったスンラさんはまだオドオドしてるとこがあって、
人間に戻った自分にとまどっているよう。妙に落ち着いた柳瀬王子と違って
少年みたいでカワイイなー。柳瀬さんより年上なのに。
沼尾ベルとのデュエットもすごくきれいにハモっててうっとり。

柳瀬野獣の変化
心も体も野獣そのもの→人間らしくなり恋に戸惑う青年王族野獣
→落ち着き気品にあふれる王子様


スンラビーの変化
野獣にされ心傷ついたまま→恋してオドオドしたかわいい少年野獣
→年月がたってもいまだ少年ぽい王子様


カーテンコールは2回目くらいから、みんな立ち上がりはじめ盛り上がりました。
最近はいつ行っても3回目の2人カテコで終了が多かったのでうれしかった。
ミツヲガストンはカテコでも不敵な笑みを浮かべたままバイバイして去るのですが
きょうは3回目くらいからシンバのときのようにフーーーッと息をはいてまして、
お、素がでてきたなと思ってたら
後半は幕が開いた瞬間から「やったねー、盛り上がってんね」と言わんばかりの
満面の笑顔。
キミはほんとにわかりやすいな。
最後はスンラ王子と沼尾ベルの2人で幕がしまって終わりでした。
あー楽しかった!そしてミツヲガストンの今後にも目が離せませんよ。いろんな意味で。

BB質問コーナーですよ

メンバーは司会・吉谷さん(コッグスワース)長清さん(ペッパー)
西田さん、織笠さん(タンス夫人)遠藤さん、原田さん(ソルト)
でした。
では今回も敬称略で簡単に。

Q野獣の変身はどうしているんですか
吉谷・朝一発目にキツイですね~(笑)
    あれは中国に行って習ってきたんです。←またでた!苦し紛れの説明。
    それはうそで、ディズニーとの契約でバラしてはいけないことになっています。
    出演している人でも知らない人もいます。

Qどうやったら声が大きくなりますか
長清・しっかり呼吸をとって…←子どもへの説明なので難しそう
思わず吉谷さんのほうをみる長清さん。
吉谷・ボクのほうをみなくても…(笑)

Q役以外の練習はどうしているのか
遠藤・終演後ロビーとかでやっています。
吉谷・相手役とかがいないので皆、自分でコツコツやっています。

Qチップの身長は何センチですか
吉谷・何センチ以上の人は使えませんという契約があるんです。
    昔は子役がやっていたけど、どんどん背が伸びちゃうから、
    しょっちゅうとりかえないといけないから大変でした。今、いくつ?130センチくらい?
皆・140センチ…

Q他にやってみたい役は
原田・ダンサーなので…アイーダとか…CFYとか…
(原田さん緊張しているのか天然なのかポワーーンとしてて
すごくおもしろかったです。
リハ見にはやっぱこういう天然系が1人はいないとね!
遠藤・ライオンキングが大好きなので、かかわれればいいなと思います
織笠・性別が違いますがガストンを(笑)
(さすが男前織笠さん。似合いそうですよ~)
西田・キャッツ
長清・となりのソルトをやったことないのでソルトを
吉谷・若い役がやりたいです(笑)
    でもムリなのでおじいちゃんでがんばります。
(そんなこと言わずやってくださいよ~みたいよ吉谷ラウルとか
  …ウソです)

Q間違ったときはどうしますか
西田・間違ってないかのように演じます

Q福岡での休演日は何をしているのですか
長清・皆とボーリングとか
西田・岩盤浴にいきます。
   あと洋服みに大名(福岡おしゃれスポット)とか。
織笠・動いていないと太るのでフィットネスクラブにいきます
遠藤・実家通いなので実家でゴロゴロしてます
原田・おじいちゃんとおばあちゃんの家が大分なのでよくいきます。
   あの…そこで倒立とかしたりします(爆笑)
  
(さっぱり意味不明です)
吉谷・なんで倒立してんの←みんなの気持ちを代弁
原田・祖母も日本舞踊の師範の免許もってて踊りが好きで…
  (どうやら踊り一家だということをいいたいらしい)
吉谷・わけわかんないなー(笑)ボクはお風呂に行きます

Qレッスンはいくつくらいからやっているのですか
原田・13歳からジャズダンスをそれからバレエを
遠藤・ピアノを、そのあと声楽を
織笠・中学から声楽を
西田・バレエ、声楽、タップを
長清・16歳からバレエ、ジャズを
(すごいなーみんな若いときから基礎つんでるんですね。
気合の入り方が違う)
吉谷・ボクは3歳から農業を(笑)

あと2問くらいあったけどこんな感じで。
なごやか~な質問コーナーでした。
特に原田さん!踊ってる時のキビキビした感じはぜんぜんなくておもしろかったー

「美女と野獣」今日のリハーサル見学会は

ドキドキしながら客席に入るとステージにはビーアワゲストのセットが。
はぁ、やっぱコレだったかとちょっとがっくりしつつも
ここのシーンは大好きだしと気を取り直して客席へ。
すでにお皿ちゃんたちの登場シーンのお稽古をしていました。

道口さんはいつもの黒上下のお稽古着。八田さんはピンクのパンツで
なんか失敗したのか、ペロって舌だしてたのがかわいかったです。
沼尾さんもピンクのTシャツでかわいかった。
しかし、きょういちばんかわいかったのは西尾さんです
1人だけ派手な水玉ブーツをはいていまして、
…!なんだこのヘンテコリンなクツは?
でも似合ってるなーと思って、マジマジと見直したら、
チーズクレーターのとき履いてるブーツでした。
あーびっくりした。私物かと一瞬思ってしまいました。
ちなみにWE WILL ROCK YOUTシャツを着ていました。
西尾さんぽいね。工藤さんにケンケンって言われてました。
それにしても工藤さんの的確な指示がスゴイ。ひとりひとりに
細かい動きをダメだししていました。
「ルミバベさん」とか「ソルペパ」とかパペットマペット略してパペマペ
みたいにコンビ名みたいに呼んでたのがおもしろかった。

しばらくしたら五東さんが客席へ。やっぱり福岡入りしていたんですね。
今週から五東ベル登場で、福岡BBついにベル全員コンプリートです。
最後にBOGを通して踊ります。
終わった後は皆ゼーハーしてて、これ1シーン踊るのに
ものすごく体力つかうんだなぁとあらためて実感しました。
でも、本番ではなんてことない顔してるんだから、さすがです。

それから今日は地元のホークスの優勝はなかったのですが、もしこれで
優勝だったらマンマみたいに特別カテコがあったのだろうかと
びびさんと話していたんですが、
ベルがあのドレスの上にはっぴ着たらイヤだなぁ。
あの華麗なエンディングのセットに
「いざゆけ無敵の若鷹軍団~」って音楽はちょっとなぁ。
でもミツヲガストンのはっぴ姿はみたかったなぁなんて思ったり。

今週も福岡通いでした。

戻りました。今日は日曜マチネのリハーサル見学会だから
まだ暗いうちに家をでました。
シティ劇場前はたくさんの人、人、J列から後ろ全部うまってたかな?
リハーサルは案の定ビーアワゲスト。質問コーナーは
吉谷さん司会で、織笠さん、原田さん、長清さん、遠藤さん、西田さん
でした。
…たしか前回の日曜リハ見もBOGで吉谷さんだったんだよー
もっと考えてくれよーと贅沢な文句をいいつつも楽しかったです。

本編も絶好調。おてんば沼尾ベルもかわいかったけど、
なんといってもスンラビースト。声が高いから少年みたいだった。
動きも細かくておもしろかったです。
そしてミツヲガストン。普通にしてるとかっこいいんだけど
なんだかバカ倍増計画中なのか笑えた…
ガストンのシーンなのに客席にクスクス笑いが広がるなんて。
その原因ははっきりいって「下様なき後の顔芸キング狙い」だからです。
ガストン、顔ものすごいことになってるから!
はぁ恐ろしいヤツだよ。アンタって人は。でもカテコの満面の笑顔で
また女子のハートをもってくのがニクイところで。

takaさん家族にもお会いしまして、息子くんに「沼尾ベルどうだった?」と聞いたところ
大好きな花代べルじゃなかったので、やっぱりイマイチといった感じなのが
かわいかったです。(でも沼尾ベルもまんざらではなかった様子)
観劇後は、びびさんと「今後のミツヲさんについて」熱く語りあいました。
ガストンには誰も異論はないが、常に声張ってるのは今後の役付きに
影響があるのでここらでストプレに挑戦ってのはどうか。
しかし声がコモって聞き取りづらいので、セリフの少ない役で。
…ってそれじゃ意味ないよ。というまったく前進しない
いかにミツヲさんで落とすかという大喜利トーク大会を2時間、
リハ見の後のご飯タイムを入れれば3時間繰り広げました。
それでもネタがつきないなんてある意味すごいわ。

くわしい内容はまた明日~

四季ネタ | Comments(5) | Trackbacks(-)

リハーサル見学会はBOG

今日は客席スタンディングでカテコも六回くらい?盛り上がりましたよ~最近ここまでの盛り上がりはめずらしいかも。ミツガスもい~笑顔でした。わかりやすいなオイ。いや久々素の笑顔がみれてうれしかったよ。スンラビーストはやっぱ声高!動きも柳ビーと全然違うし新鮮でした。それにしてもミツガスはまた進化してましたよ。まわりの人たちもクスクス笑ってた。笑い取りにきてる?もしかして。


携帯日記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

シン・シティはVシネのヤクザ映画みたいだったよ。

シン・シティ (2005・米)
SIN CITY

“罪の街=シン・シティ”で、3人の男マーヴ、ドワイト、ハーディガンはそれぞれの
戦いに身を投じていく。そしてその男たちをとりまく女や犯罪者がからみあい
繰り広げられる物語。


一足、お先に見た同僚が
「ヒドイわ。アレ。単なる悪趣味映画」と斬って捨てたシン・シティ。
悪趣味?残虐シーン?そりゃあ楽しみだぁ~
そういうわけでむしろワクワクして観にいったわたし。

全編モノクロで、印象的なところだけ色づけされているコノ映画。
よくいえばスタイリッシュ映像といえますが、正直、カラーでは
公開できない殺しっぷりだったからモノクロにせざるをえなかったのでは
という感じ。とにかく殺しまくります。しかもグロい!
デートには絶対オススメいたしませんね。ま、そもそも
デートに映画を使うってのは賛成しませんが。個人的には。

でも私は泣けて泣けてしょうがなかったですよ。法も秩序もないこの街で
オノレを通す男たち。一匹狼のヤクザみたいでよかった。
キャストはとにかく豪華でブルース・ウィルス、ミッキー・ローク、
ベニチオ・デル・トロ、イライジャ・ウッド、ジョシュ・ハーネット、
クライヴ・オーウェン、ジェシカ・アルバ、デヴォン青木…
みんなキャラがたっててかっこよかった!それぞれ役どころはまぁ
いろいろですけど。かっこいい人もいれば、ひどいってやつもいて。

はっきりいって万人にはオススメしませんが、私はスキです。この世界観も
ストーリーも。無骨だけどやさしくて強くて、でもやっぱりうまく立ち回れなくて。
そんな男たちがいていいじゃないか。勧善懲悪もいいけれど、こういう
アメコミもあるんだなぁと、ちょっとびっくりしました。
なんかお金のかかったVシネみたいでもありましたが。
女性の皆さんがみんなエロ担当だし。しかしいい話だった…(多分私だけだろうが)

映画 | Comments(5) | Trackbacks(-)

16連射健在

気になっていたんです。今日のポップジャムの番組欄。
「平原綾香、HYDE、高橋名人」
…高橋名人

…たかはしめいじん??
あの?あの16連射の高橋名人?
なぜ歌番組に?


ワクワクしながらPJをみること数十分。
でてきましたよ高橋名人が!曲はスターソルジャーのテーマ
うわーーーっ盛り上がってまいりました。
しかもなんかDJブースみたいなのの前に立ってるし。
で、実際何をするかというと、曲にあわせて16連射。
その瞬間、会場が「うぉーーーーーーーっ」
みんなファミコン世代なのね。
高橋名人、今はハドソンの偉い人になってるはずだけど
変わってなかったなぁ。いや、おもしろかったー
次は毛利名人とかさ、バンダイの橋本名人とかみたいねぜひぜひ。

この破壊力をみよ(笑)
TV | Comments(8) | Trackbacks(-)

ルパン…思い入れが強すぎて

ルパン (2004)
ARSENE LUPIN


久々に昔の男にあってきました。
そう…あれは私が小学3年生のころ。
私のハートをガッチリつかんだフランス人怪盗紳士。アルセーヌ・ルパン!
私ご存知の通り昔からオジ専ですから。
読みふけりましたよ。ポプラ社のルパンシリーズ。
大抵の子どもはアレから推理小説に入るんじゃないでしょうか。
私も御多分に漏れず、ルパンからホームズへ、そして乱歩に横溝へと流れるのですが。

この映画はルパンの代表作をつなげて1本にしているので
おいしいとこどりでありながら詰め込みすぎな感もしましたが
爆破シーンやアクションシーンも多いけれど、どこか優雅なのは
やはりフランス映画。ルパンはやっぱりフランス語をしゃべらなきゃ。
そのルパンですが、私の脳内では「ダンディで女好きなオジサマ」のイメージ
だったので、若ッ!!と思ってしまいました。身軽でやんちゃでなんかちょっと
イメージとは違うけど。
ただ映画の中でルパンはだんだん年をとっていくので、最初はこれでいいんですよね。
慣れるとなかなかステキな感じです。でも最初豪華客船でマダムたちから宝石を奪って
走っていくトコが…ルパーーン三世!
こんなマンガみたいな走り方するヤツいるんだって爆笑しました。
うん、むしろ最初の頃はアルセーヌよりルパン三世に似ている気がする。

またこの映画に登場する数々の宝石はホンモノなのです。
エンドクレジットに大きく『カルティエ』の名前が。

奇巌城、カリオストロ伯爵夫人、813、クラリスとルパンに関するキーワードは
たくさん入ってて楽しかった一方で、やはり駆け足で進むので、あぁここもっと
じっくりみせてほしかったなぁと思う部分もありました。

ラストひとりで盛り上がったのは時は1914年
人だかりの先にはオーストリア皇帝・フランツヨーゼフ陛下が!!
(もちろん私の頭の中は禅陛下のお顔が)

ところがそんなフランツ陛下を狙うものがありまして…
あんたが?いやー史実を交えたところが妙にニクい演出でした。
…アレ?サラエボ事件は陛下じゃなくて親戚だよね。
いや映画では未遂になってるんですけどね、字幕も確かにフランツ・ヨーゼフと…
細かい史実はよくわかんないし、実際ルパンはからんでないからおいといて、
個人的にはこのラストちょっと切なくもうれしかったり。

映画 | Comments(5) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。