よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2004年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2004年10月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2004年09月
ARCHIVE ≫ 2004年09月
      

≪ 前月 |  2004年09月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

台風に泣かされる私

関東とかに台風がくると大騒ぎですが、九州は毎度のことなので
台風は夏の風物詩といった感じでノンキに考えています。
しかし今年の台風はすごかった!8月の16号に9月の18号
そして今回の21号。大型なうえに直撃です。
看板は倒れるわ、鉄柱は折れるわ、稲は水につかるわ、大変でした。
今現在も、21号の被害を受けている方が大勢いると思います。
自然の恐ろしさをあらためて知ったこの2ヵ月でした。

さて、おととい深夜強風域に入った我が家。
バタンバタンとモノの倒れる音。うるさいなぁと思ったら我が家の網戸でした。
集合住宅は雨戸がないからこういうとき直撃でほんと心配になります。
気合を入れて、豪雨のなかベランダに出て網戸を下におろし室内へ。
ちょっと出ただけなのにもうびしょぬれです。
…いや台風来る前にどうにかしとけよって話なんですが。
再び就寝。その間に暴風域に突入。
朝のニュースを見ながら出勤の準備をするもたびたびの停電。
しばらくして台風の目に入ったようでしばしおとなしくなりました。
今のうちだ!と思いつつ、私がモタモタしているうちにあっという間に目をぬけた模様。
しょうがないのでコンビニで売ってる安いカッパを着て外へ。
台風のたびに思うんですが、台風来てるのにスーツに傘さしてるオバカがあまりにも多いことにびっくりします。こういうときはあきらめて普段着にビーチサンダルにカッパですよ。
会社で着替えればいいんだから。濡れ靴とか濡れジャケットって意外と乾かないもんですよ。
外へ出たもののあまりの風圧にドアが閉まらない!必死でドアを閉めて会社へ向かいます。
会社までは徒歩で15分ほど。さすがにこんな日に外を歩いているのは私だけ…
「タクシー呼べばいいんじゃない?」とお思いでしょうがきてくれないんだよう。タクシーすら。
階段をおりようとしていきなり風に背中を押され、転げ落ちそうになる私。
道路にでたらでたで、障害物のなんと多いことか。門扉がとれて歩行者道路を塞いでたり、
木が折れて飛んでくるし、いやースリルいっぱいです。
そうこうしながらもあちこちから風が吹いてくるのでくるくる回りながら進みます。
はた目でみてると完全にバカです。会社にたどり着いた頃にはもうぐったり。
もう今年は台風いいです…
スポンサーサイト
書かでもの記 | Comments(6) | Trackbacks(-)

桑マンのマツケンサンバはひどいな

マツケンのモノマネになってないんだよ~桑マン
日テレの岩本恭生も似てなかったけど、なんかもう不愉快。
イロモノ枠だからこうなることはわかってたがマツケンはマジだからね!
歌が似てないのはしょうがないとしても、マツケンダンスだけは
完璧にやってほしいものだ。

あとみんなペ・ヨンジュンのモノマネしすぎ。
おかげで最近ペのCMが(私だけだと思うけど)
そっくりさんみたいに見えてしまうという珍現象までおこっている。
…ぺと福山雅治はけっこう誰でもできるんだよね。

毎回新ネタはキツイからどっちの局もネタの途中に
VTRはさんだりなんか必死だな… ( =゚ω゚)

といいつつ両局モノマネみてる私が一番やだよ。

TV | Comments(4) | Trackbacks(-)

あるある大辞典だけは信じるな!

ンマーーー!(藤子不二雄A先生のハットリくん夢子ちゃん調で)
あるある大辞典またやってくれましたぜ。
スイスで人気の快眠ミルクを大々的にとりあげています。
真夜中に搾乳した牛乳を飲むとよく眠れるというもの。
これって大塚製薬が出してる某乳飲料の宣伝としか思えない。
この番組がうさんくさいのは、とりあげるテーマが
スポンサーを意識したものなのがみえみえだから。
しかし今回は冒頭からひどかったなぁ


TV | Comments(7) | Trackbacks(-)

「新選組!」宇梶西郷はいいぞ

山南さんの切腹に始まり、先週は松原忠司の悲しい死、
そして今週も…と新選組もだんだんラストへ向かって追い詰められていきます。
ここのところを『滅びの美学』ととらえ、新選組以外を悪役にすることもできましょうが、
そこは幕末ファンの三谷幸喜。
新選組だけに肩入れはしません。
今、一番いけてるのは誰がみても坂本龍馬でしょう。

本筋はさておき、私が注目しているのはこの人!西郷隆盛(吉之助)です。
毎回、幕末モノで西郷を演じるのは誰かというのが
地元っ子としては楽しみなところなんですが、今回、宇梶剛士
キャスティングされたと聞いたとき、
そうかぁ宇梶がいたかと素直に納得しました。
ご存知の通り西郷さんはあの濃すぎるキャラ。
大柄で眉が太くてギョロ目。
演じる人は誰よりも限定されると思われます。
ちなみに今までの西郷隆盛を演じた人で
思い出すのは同じ大河「翔ぶが如く」の西田敏行
あれで西田=西郷のイメージが
ついた人も多いと思います。それから年末ドラマ「田原坂」の里見浩太朗
変わったところで同じ三谷さん脚本の「竜馬におまかせ」の小倉久寛
あと宇津井健や渡辺徹も演じています。

西郷隆盛を演じるうえで大変なのは実はその風貌より鹿児島弁なんです。
西郷はどこにいっても鹿児島弁で通しただけに、役者も鹿児島弁を
しゃべることが要求されます。
鹿児島弁は標準語とアクセントが逆で、かなりむずかしい言葉です。
「おいどん」とか「ごわす」をつければいいというわけではありません。
ひどいときには熊本弁や博多弁が混じっているときもあります。
朝の連続ドラマ「まんてん」
鹿児島弁がまさにそれでした。
舞台が屋久島だから本土とは違うということを考慮してもひどかった
と思います。

まぁ、本当の鹿児島弁は無理であろうと地元の人は
ドラマの鹿児島弁は別物ととらえています。
ところが、最近でびっくりしたのがフジテレビの「大奥」
薩摩藩士の娘敬子(菅野美穂)と倒幕に燃える若い藩士東郷克顕(原田龍二)の
鹿児島弁が意外や意外!うまかったのです。
誰も使っていない古い鹿児島弁ではなく、普通に若い人も使う
鹿児島弁のイントネーションで少々ぎこちなさはあったものの
十分鹿児島弁とよべるものでした。
今回の宇梶西郷もなかなか鹿児島弁がうまい!それだけで感心します。
これだけちゃんとしゃべりながら演技するのは至難の技ですよ~
関西弁くらいなら誰もが聞いたことがあるからまだ耳なじみがあるでしょうが、
鹿児島弁はある意味外国語に近いと思います。
「ウコンの力~すきすきすっきり~♪」だけではないぞ
宇梶は!さすが元ブラックエンペラー。


TV | Comments(4) | Trackbacks(-)

2005年の手帳は「ほぼ日手帳」!!

今年も残すところあとわずか、といってもまだ9月じゃないかとお思いの皆さん。
手帳、カレンダー業界はもう2005年商戦がスタートしているのです。
皆さんこだわりがあるとおもいますが私の手帳にはずせない条件は
1 月別スケジュール 
2 週間スケジュール
3 膨大なメモ帳 
この3点でございます!
とにかく無類のラクガキ好き、データ好き、メモ魔の私は白紙部分が
たくさんないと困るので、持ち運びやすい薄い手帳はまったく意味ないのです。
重いの上等!
セサミやポストペット、ミスタードーナツの手帳なども使ってきたけど
さすがにもう落ち着こうかと。
ちなみに今年はノーブランド・6穴バインダー式合皮ベージュの手帳を愛用。

で、来年は Dr-PPさんの愛用されてる超整理手帳
(A4サイズ用紙を四つ折りにして持ち運べる)も気になっていたんですが、
コレに決めましたわ。というか早くも決めざるを得なかったというか。

その手帳とは「ほぼ日手帳2005」
有名すぎて今更説明するまでもないですが
糸井重里さん
ほぼ日刊イトイ新聞が作った
手帳
です。
2002年に誕生し、毎年ユーザーの意見を元に改良を重ね作られてきたこの手帳。
選んだ一番の決め手は私のあげた条件がぜんぶそろっているのはもちろん、
使いやすい機能満載だということ。
手でおさえなくてもパカっと開く製本、手帳に最適な紙トモエリバーを使用、文庫本サイズ、毎日いろんな人のためになる?お言葉が入っていること、
1日1ページというゆとりありすぎるスペースをとっている、カバーの色が豊富…
みなさんが絶賛するわけもわかります。
カバー色はナイロンが7色、皮が4色。どちらもステキです。
ナイロンの「グリーンティ」とか「マンゴー」が気に入ったものの
ちょっと安っぽいかなという理由でお高いけど皮のほうに決めました。
牛革オイルコーティング・オレンジ6800円ナリ。

欠点もあります。厚いです。文庫本1冊って感じです。
だから持ち物は軽くしたいという人にはオススメしません。
でも持ち運ばず家計簿や日記に使ってる方もいるみたいです。


なぜ早くも決めざるを得なかったのかというと、この製品は
完全受注生産。締め切りは28日火曜日の午後3時までなのです。
ナイロンカバーのほうはロフトでも販売が始まっているのでお近くの方はどうぞ。

書かでもの記 | Comments(9) | Trackbacks(-)

ジャッキーチェンポルノに出演の過去!!

金瓶梅 (1974・香)
金瓶隻艶
GOLDEN LOTUS


★★一応ネタバレしてます★★まぁ、誰もみないと思うけど★★

中国明代四大奇書の一つ「金瓶梅」。
ちなみに他の三つは「三国志演義」「水滸伝」「西遊記」ということでかなり有名。
あと金瓶梅で有名なのは官能的な描写が多いということ。
というわけでこれは当然ポルノ映画の部類に入ると思います。
実はこの作品を見るのは長年の夢でありました。
と、いうのも今作品には若かりしジャッキー・チェンが出演しているのです。
ジャッキーはご存知の通り、青少年に悪影響をあたえるような映画には出ません。
そんなジャッキーが唯一でたポルノということで、おぼこ少女だった当時の私は
「ジャ…ジャッキーがポルノ映画ーーーーー!!!!」
とひとり盛り上がっていたわけです。
でもチョイ役らしいし、このまま幻の出演作として終わるんだろうなあと思っていたら、
ショウブラ祭りのラインナップにこの作品が!!!
もう何をみても驚かない年齢になってしまったけど、やっぱりドキドキだわ…

いきなりファーストカットでジャッキー登場!梨売りの青年です。かわいい~
セリフもいっぱいあるし、重要な役なんじゃないの?と思いきや本当の主役が登場。
この主役の西門慶という男がとんでもない色キチガイ。他人の女房だろうがおかまいなしに
寝取ってしまう。ジャッキーはいち早く不義密通を察知。
その女房のブサイクだんなに教えてあげるなかなかの好青年。
ところがだんなは毒殺されてしまいます。
「武松(弟)がかえってきたら許さないぞ~」と正義に燃えるジャッキーでしたが
なんと憤ってた次のカットで早くも西門慶の手下に殺されてしまいます。
金瓶梅は長いお話なんですが忠実に全部やろうとしてかなり無理な展開になってます。
そんなこんなであちこちで女をたぶらかし、長官職まで上り詰めた西門慶ですが
媚薬の飲みすぎで死んでしまうというあっけない最期をとげます。
以降、西門慶の家は衰退していきます。
…しかし、いい人生だよね西門慶!

映画自体はポルノではありますが、
30年前の映画なんでそんなにドギツイ描写はありません。
日本公開時の予告編とかやたらあおってておもしろいんですが。
しかも本編にないシーンとか使ってるし。
監督は「西太后」のリー・ハンシャン。女の嫉妬や残酷描写がすさまじくて大好きでした。
この作品もなんか通ずるものがあるな。

ジャッキーのキャラは全然いまと同じ。
それどころかこの作品の登場人物のなかで珍しい正義の人です。
あとジャッキーファンとしてはずせないのが酔拳や天中拳などでおなじみのディーン・セキ
(ほら!あのやせててちょび髭の人ですよ)が少しだけどでてたこと。

それにしても、昔はロードショーの別冊「まるごとジャッキーチェン」の半裸ポスターでも
ドキドキしてたのに、「なんだぁジャッキーのからみないんじゃん!」と
普通にがっかりしてしまった私…
時は確実に過ぎてゆくのね…

映画 | Comments(2) | Trackbacks(-)

アホなりにみた「華氏911」

華氏911 (2004・米)
FAHRENHEIT 9/11


この映画の感想を公の場に書くのは難しい。
と、いうのはこれがドキュメンタリー映画だから。
「ブッシュはアホなくせに何も知らされていない国民を戦争に行かせて、
自分は私腹をこやしてよくない!」
と素直に感想を書いてもいいけど
(ブッシュ私も嫌いだし。そもそも政治家の2世が嫌い)
そんな簡単にかけることではない。いつも社会面と文化面しか新聞ちゃんと
読まない私が偉そうに「病んだアメリカ」を語るほど政治のこと知らないし。

と、いうわけで政治的なことは抜きにして単純に映画の感想をいうなら
「ボーリング・フォー・コロンバイン」よりは失速してたなと。
今回はデータをもとにつっこむだけに終始していた気がする。
唯一アポなしでつっこんでた
「あなたの息子や娘を軍隊に入隊させませんか?」という
議員への勧誘くらいだったなぁ。今回単純におもしろかったのは。
小さな笑いどころはたくさんあったけどね。
マイケル・ムーアが
本当にブッシュが嫌い大統領選で落選させたいというメッセージが
あまりにも強かったから映画としての客観性がなかったように思う。
実際、アカデミー賞のノミネートがはずされること覚悟で
早期のテレビ放映を望んでるらしいし。
あのお母さんみたいに知っているようで
自分の国のことも世界のことも知らない人は多いだろう。
アメリカは貧富の差が激しく、いわゆる勝ち組は孫の代まで使い切れないほどの財産を
もちながら、一方では生まれた町から出ずに
トレーラーハウス住まいのまま一生を終える人も大勢いる。
あるデータによるとアメリカ国民の20%の人が小学生程度の読み書き能力しかないらしい。
それから米国では有権者登録をしないと投票できない。
…めんどくさいよね。誰でも選挙権が持てて「たまには投票しようかな」
なんてかるーーく散歩がてら行ける日本とは違うのだ。
だからムーアは多くの人に大統領選の前にみてほしいと思ったんだろうけど。

あとあまりにも一方的すぎるマスコミ。
特にテレビ局。(3大ネットワークと呼ぶべきか)
たしかブッシュ批判をしてどこのラジオ曲も曲をかけてくれなかった歌手もいた。
それだけ大統領は権限があるのだ。(というかブッシュが)
日本で小泉批判して干された人なんかみたことない。

でもはたして日本でもテレビでいってたとか雑誌や新聞にかいてあったことは100%真実と言い切れるか?
「あいのり」の告白シーンは自然な隠し撮りのように見えるが
あんなにいろんな角度からバッチリ撮れててあんなにクリアな音声でどうして聞こえるのか?
「学校へ行こう」は多忙なV6の前に、絶妙なタイミングで
おもしろ人間が通りすぎるのはおかしくないか。
「なるほどザ・ワールド」の番組対抗戦で
まったく笑えないコメントのあと自分の爆笑している姿が挿入されていたときにダウンタウンの松ちゃんは激怒したけどいつもそういう編集をテレビ局はしていないか。
…私のたとえ全部バラエティだよ…アホさかげんがバレるな。゚・(ノД`)・゚。
それをいうならテレビ局だけじゃなくこの作品は
「マイケル・ムーア監督側の視点でつくったドキュメンタリーである」ということも
忘れてはいけない。編集作業でどうにでも内容はつくることができる。
前出のように。(って比べる番組が番組だが)

とはいえ、映像は真実であることには変わりない。
イラクの民間人が誤爆されたり、貧困層の若者たちが次々と戦死していく。
平和ボケしている日本だけど、自分たちもいつ何時攻撃する側に、
もしくはされる側になるとも限らないのだ。

いろんな情報を鵜呑みにせず、自分でちゃんと考えようと思わせる
映画でした。…とムリヤリまとめちゃった。支離滅裂…




映画 | Comments(6) | Trackbacks(-)

みんな急げ!マツケンサンバⅡ特設(期間限定)サイト

いつのまにかこんな限定サイトが…
マツケンサンバⅡのプロモーションビデオは持ってるから別にいいとして、
ここで必見なのが
振付師・真島茂樹さんによる
【ここでしか見られない!】振り付け映像
です。
神宮外苑花火大会の映像がメインで流れる中
サブ画面では素顔の真島さんがステップを指導。

「マツケンサンバトゥーを振り付けした真島茂樹です」
ツーじゃなくてトゥーを強調。
曲が始まるとどこからか実況の人が登場
「先生それではよろしくお願いいたします」
誰やねんオマエ!真島さんは解説らしい。
この振り付け解説がすごく丁寧!

♪前奏♪
「4歩歩いてキックします。キックトントンキックトントン
「腰が重要なポイントですね」
「そうですよ~腰がちょっとでも違うと全然違う動きになるんですよ~」
ですって!腰スイングですよ皆さん
…前奏だけでおなかいっぱいです…

ようやくマツケン登場。
♪冒頭♪
「サンバステップの中でも一番基本ですね~」
あ、やっぱサンバなんだ…
「このステップができることでいろんなことが可能になるんですよ~」
なるほど。いろんなことってなんだかわかんないけど。
「ん、パッ」マツケンサンバ~♪
「間奏ですよ」
「ここが見せ場になるわけですね」
そうです!真島さんの見せ所です!マツケンダンサーズ向かって右の方ですよ。
要注目。
「ジョギングしながらキックトントンですよ~」
「はい、スパニッシュターン!」

ス…スパニッシュ…そうなのかーこれスパニッシュターンっていうのか

♪ラスト♪
「もう考えなくても足が踏めるようにしておくといいですよ~」
「基本は楽しくということでしょうか」
「そうですね。それに一番大切なことはゴージャスに

わかりました!!今までの私の振りはまだまだ甘かった!
よりいっそうの精進につとめます

あと「マツケンサンバⅡオリジナルTシャツ」(新しく作りやがった)
の販売もしてます。私、健さんファンですがそれでも激しくいりません!!が
欲しい方はお早めに。

趣味・旅行の計画をたてること(週末限定)

なかなか休みがとれないせいで長期の旅行にでかけられない。
しかし旅に出るのでは大好きなので、ちょこちょこ週末旅行をする。
場所柄、よく行くのは福岡。たいがいが買い物か映画か観劇目当てなので
学生のころは朝バスにのり、帰りはそのまま夜行バスで帰るという強行軍だった。
勤めだして早割りで飛行機を使うようになった。
実はそんなに高くないし、福岡空港はなんと中心地まで2駅という好立地にあるのだ。
今年からは新幹線も走るようになったし、ますます便利に。

そんなある日、ツアーで『グランドハイアット福岡に泊まる』というものをみつけ、
こんな機会はそうないと利用したところ、ホテルのすばらしさにノックアウト。
それまでホテルなんて寝るだけだから安くて清潔なら狭くてもいいや~
くらいの感覚だったけど、その考えは根底から覆った。
だいたい買い物して歩き回ってるから、その疲労は半端ではないのだ。
寝る場所がショボかったら疲れはとれない!(断言)
そういうわけで、国内でも海外でもまずはホテルからというのが私の旅の基本になった。
今はネットが充実してるから、けっこういい宿が激安でとれてしまったりする。
私が必ずみるのは一休.com
シティホテルや高級旅館が下手したら半額以下で泊まれてしまうお得なサイトだ。
あとビジネスホテルだと旅の窓口(このたび楽天と統合して楽天トラベルになった)
あーじゃらんネットもおすすめ

ではホテルの私なりの選ぶポイント。
まず写真は全然あてにならない。旅行代理店のパンフレットがまさしくそれ。
ボロホテルなのに写真の力で超高級ホテルのようにみえる場合が多々ある。
一応、ランク付けしているが意外とB級ホテルランクでもよかったりする。
これはネットのクチコミを参考にするとかなり役に立つ。
やっぱり泊まった人の話が一番信用できる。特に海外はトラブルのときのすばやい対処や
お湯が出ないとか街から遠くて不便とか親子連れが多くてうるさい
(これは子連れの方にとっては子どもOKホテルということでプラスポイントだけど)
などなど役に立つ情報がたくさんある。有名観光地はたいがい個人のサイトが充実してるし。

それから部屋の広さ。部屋に入ってベッドの幅しかない部屋だったら
たとえ安いビジホでもがっかりである。幸い、最近は
「え??この部屋がこの値段で?」というようなステキなビジホも
多いのでやはり事前調査は重要。

あと男性には悪いんだけどレディースプランはかなりお得だ。
朝食つき(これがルームサービスや昼食にもかえられる)、
プールやジムの無料使用、エルメスやブルガリのアメニティセット、
映画のチケットやエステなんてものがついて格安で泊まれるのだ。
東京に住んでたら確実に毎月ホテルを渡り歩くことうけあい。
レディースじゃなくてもホテルのホームページをみると
普通の室料以下で泊まれるプランがたくさんあるので要チェック。

最後は立地
一応(これでも)オンナなんで駅から遠く離れたところはちょっと控えたい。
(離れてても行きたいというホテルもあるがそのときはタクシー使用で)
この辺とあとは値段しだいで、旅行はさらに快適なものになります。
お試しあれ。

書かでもの記 | Comments(2) | Trackbacks(-)

漫☆画太郎先生ありがとう「ババアゾーン」

漫☆画太郎SHOWババアゾーン(2004・日)
以前もかいたこの作品、やっと見ました。
まず、原作があの漫☆画太郎センセイということで
タダモノではないということは十分わかっていましたが
実際見ると…なんだこの自主制作映画のようなつくりは~
とにかくすべてに安さが満ち溢れています。
でも多分、本当に原作に忠実なんだろうなぁということは
ヒシヒシと伝わってきます。
と思ったら監督はやはり自主制作映画出身。
その後(いろんな意味で話題の)あの北村龍平監督の脚本や第2班監督なんかをやってたそうです。
しかし北村作品とは似ても似つかない脱力作品だなぁ。

思いのほか熱演の根岸季衣にビビリながらも第2話に入るころには
すっかり引き込まれる始末。
そして第3話で津田寛治の全裸はじけっぷりを目の当たりにし
なんか…いいかもとおもってしまいました。
それにしても…脱ぐなぁ、みんな。思い切りよく。
画太郎先生だからなぁとひとり納得。

そして待ちに待った第5話3年B組珍八先生。
これはドリフのもしもコントみたいに同じシチュエーションで
設定だけ変えた話なんですが。
遠藤憲一さんまでもが…………
仕事選べよ…というか選ばないあなたが好き。

内容だけでなくスタッフ紹介もおもしろく
脚本の増本さん、加藤さん、アクション監督坂口さん
みんな「ジャッキー・チェンに憧れる少年時代を過ごす」ってどうなのよ!と思っていたら
音楽のホモサピにいたっては
サミュエル・ホイに憧れる少年時代を過ごす」ってホイ3兄弟(末弟)かよ!
とひとり突っ込んだ私でありました。

最初は衝撃が大きいですが、結構楽しめました。

映画 | Comments(7) | Trackbacks(-)

「はやとの風」で行くぶらり途中下車の旅

皆様おまっとさんでした!
え?別に待ってない?
それはともかく更新もしてないのにきてくださった方々ありがとうございます。
またまたちょっと小旅行に出かけてました。
列車で30分のところに…(゚A゚* )

「はやとの風」
隼人町まで行ってきました。
はやとの風は鹿児島中央駅~吉松駅間を走る1日2往復だけの観光列車です。
停車駅は前も紹介した嘉例川駅など。



車内ワゴンでは沿線の人たちが作った
手作りのジャムなんかを売ってたりと
品揃えも普通の列車と違って素朴で
いいのです。



車体だけじゃなく車内もレトロな感じ。
乗るときは進行方向右が
ぜったいオススメです。
なぜなら窓向きに座席が
設定されているので
途中雄大な桜島と錦江湾
窓いっぱいにひろがります。
私たちも駅で揚げたてのさつまあげを購入し、のんびり列車の旅を楽しみます。
(30分だけど)
ちなみに終点吉松からは「いさぶろう・しんぺい号」という
これまたイカした観光列車が人吉まで走っていて
峠越えとスイッチバックの駅なんかあって楽しめます。

さぁ、隼人駅に到着。宿まではそんなに遠くないはず
駅員さんに聞くと
「小走りで10分」というなんとも香ばしいお答えが返ってきました。小走りって…
住宅と田んぼしかない田舎道をのんびり歩いていたら
タクシーが通りかかりました。
「暑いでしょう。ホテルまで帰るから乗んなさい。お金はいらないから」
ありがとおおお。おじさん~今日は9月なのに夏日で死にそうだったの。
親切な運ちゃんのタクシーで今日の宿ホテル京セラへ。


13階建てのこのホテルは隼人町にあるわりにはかなり立派で
本館と新館含め332室あるんですが、
場所柄スチュワーデスさんたちが
利用したりしてるみたいです。
真ん中が吹き抜けで
ガラスばりのチャペルがあっておもしろいつくり。
それを客室がくるっと囲んでいます。
私たちは激安!レディースプランで宿泊。
私は早速水着を持って新館の屋外温泉プールへ。
友人は本館のジムのプールへ消えました。
もちろんどちらにも立派な屋内温泉もあります。

日が暮れるまで両館の温泉でくつろいだ後はお楽しみ食事タイム。
きょうは和食にしてみました。
温泉卵と梅素麺、海老饅頭と豚角煮、南瓜のテリーヌ、楓麩

黒豚コロッケ、鰹タタキ、しめ鯖、烏賊沖漬け

メインは
牛フィレステーキ、
鰯つみれ、温野菜

ございました。
そのほかご飯や山かけ蕎麦にデザートまで
もうおなかいっぱい。
食後は最上階のバーでカクテルを飲みます
(これまたタダ券で)
翌日は温泉に入った後、おいしい朝食と
ケーキセットまでいただき、
なかなか優雅な週末でした。
さて…またきょうから仕事だ…はぁ

書かでもの記 | Comments(8) | Trackbacks(-)

怨み~ます~♪さそりはクールビューティ

女囚701号 さそり (1972・日)

先日、「刑務所の中」をみた
zeonic_dragonさんのコメントで
『刑務所映画といえば、やっぱ「さそり」でしょう…。』ってあったんだけど
刑務所モノいっぱいあるのにいきなり女囚モノかい!
もうっ。ヽ(゚∀゚)ノ 
なんてつっこめませんでした。
だってまさにそのとき私「さそり」見てたんだもん…。
でもまだ「ゲシュタポ卍第5収容所/女体セックス実験」
とかよりいいよね。
渡辺文雄さん追悼企画だったんですけど。実は。

バカなバカなバカなおんなの怨み節~♪
キルビルのエンドクレジットでおなじみの梶芽衣子の「怨み節」は
「女囚701号さそり」の主題歌です。
ザ・ブライドと同じく、男にひどい目にあわされた女囚・松島ナミの復讐劇。

まずなんといっても驚くのが東映の三角マークにのる「君が代」
そしていきなりファーストカットが日の丸。
今じゃありえないストレートな反体制むきだし臭が冒頭からプンプンします。
ナミの敵対する刑事や看守たちイヌ側はどこまでも悪い描かれ方。
囚人に人権なんてもちろんありません。逆らうやつは容赦なく殺すし
拷問も当たり前。意味のない懲罰は日常茶飯事です。
まぁ、囚人側もかなり勝手気ままなムショ生活のように
見受けられるのでそれはそれでヨシ。

この映画でさらに驚くのは、前衛的な演出でしょう。
場面転換を舞台のようにしてみたり、怒りの表情を隈取りで表現したり。
透明な板の下から撮ってみたり。

あと女囚たちの美しさと脱ぎっぷりのよさに圧倒されます。
このエロ要素も女囚モノには欠かせないんですが。
基本的にというか主役も含め全員脱ぎます
けなげな渡辺やよいにナミを陥れようとする横山リエ
あまりにもたくましい三原葉子片山由美子なんか普通に今も
いそうな感じで、あびる優みたいだもんなぁ。
そのほかもなんかみんな生き生きしてていさぎよくて好きですねぇ。

で、迎えうつ男優陣がまた渋い。
74歳の若さで先月なくなった渡辺文雄や夏八木勲が
憎らしくていいのです。

でも一番はやっぱりナミ役梶芽衣子のクールビューティっぷりにつきます。
さそりスタイルといわれる黒づくめの格好ももちろんのことながら
囚人服ですら美しい…
看守だけでなく同じ囚人仲間からも虐げられるナミだけど、
ぜったい媚びないその顔がかっこいい~!!
いまやドラマの姑役とかが板についてる梶芽衣子。
またこういうのがみたいです。
映画 | Comments(8) | Trackbacks(-)

「LOVERS」の観方間違ってますかねー

LOVERS (2004・中)
十面埋伏
LOVERS
HOUSE OF FLYING DAGGERS


武侠映画ってやっぱり撮りたくなるんだろうか。日本人が時代劇を撮りたいように。
私個人としてはチャン・イーモウは「紅夢」とか「あの子を探して」とか好きだったので、
この路線はどうかと思っていたんだけど、劇場は意外に大入りなので驚いた。
中国映画でこれだけ人が入るってびっくりである。
やっぱり「LOVERS」ってタイトルの勝利なのか。
内容も武侠映画ではあるもののラブストーリーの割合が多いので
タイトルは間違ってはいない。
チャン・ツイイーはとにかくかわいらしい、かつ強い。
「さゆり」の主役もゲットして乗りにのってるツイイー。
男相手に「じらしの寸止め」するなんてやるね。このっ
「初恋のきた道」ではおさげで純愛まっしぐらで弁当もって走ってたのになぁ。
たくましくなったことよ。しみじみ。
アジア系女優は内面演技はもちろんのこと、今はアクションが
できなきゃ駄目だなーと感じる。
ルーシー・リューもカリ(棒術)の使い手だし。
カンバーーーック!志穂美悦子~~

金城武は主役を張ってる割にあいかわらず演技が下手だが雰囲気はある。
金城のシーンは「神様もう少しだけ」の再放送をこの間までしていたので
つい「心から~♪」byLUNA SEAと主題歌が脳内でこだましていたけど。

アンディ・ラウはねぇ、どこかでみたようなキャラだったけど(´д`)無間道…
やっぱりかっこいい。

サブタイトルにって出てたから、だいたい流れが読めたというのが
ちょっと惜しいところであった。

それから飛刀門の頭目役がアニタ・ムイだったのに彼女が40歳という若さで
亡くなったため、結果的にあまり重要な役にならなかったというのが残念。
当初の予定だったらどうからんできたんだろうか。合掌…

ともかくまあまあ盛り上がったのでさらに真の武侠映画をと見たのがコレ
大酔侠 (1966・香)
大醉侠
COME DRINK WITH ME

武侠といえばキン・フー監督!
そして女剣士のチェン・ペイペイのソードアクションが
さえまくる!いやーーかわいいっす。ペイペイ。
最近では「グリーン・デスティニー」にも出るなど今だ現役。
キルビルにも影響を与えたという本作は武侠映画として必見である。
いやーこの時期にこれが見られるなんて幸せ。
ここにも女剣士を助ける男が登場したりしてラブの気配もなくはないが
あくまでも本筋はアクション。

思ったより駄作との評をよく聞くLOVERS
ストーリーはありがちだけど、あの映像と(様式美というべきか)
がむしゃらアクション(金城のドロップキックとか)おもしろかったから
まぁヨシとするか。武侠モノまた見たいしね。


映画 | Comments(6) | Trackbacks(-)

気になる映画の予告編

私は「映画館で」映画をみるのが大好きなのだが、大画面や音響とかよりもっと
気になるのが、実は予告編
本編より予告編がみたくて映画館にいくこともあるくらい。
たとえばMI2とか。この予告編はおもしろかった。

で、最近見た映画の予告編。
まずはウォン・カーウァイ監督の「2046」
もともと私はこの監督の作品はあまりスキじゃないんだけど
キムタクが出るっていうんで、ますます見ないという決意を新たにした。
しかも出るっていっても出演時間7分!なのにえらそうにカンヌで赤絨毯歩いていた時
私は笑ったよ~。ま、日本公開版は出番も長くなると思うけど。
しかし日本語でしゃべってるんだろうか。予告では普通に日本語だった。
この予告編みたのが「LOVERS」みたときだったから余計、金城武がかっこよく見えてしまった。

次に「ハウルの動く城」
こんなヨゴレのわたしでもジブリは大好き!ジブリに育てられたといっても過言ではない。
だから何がなんでも「ハウルの動く城」は見に行くつもりだ。
しかしここでもまた木村拓哉だ。美少年ハウルの声を担当する。
今回の予告編はけっこう長かったんだけど、その肝心なハウルの”声”がなかった。
主役のソフィーの賠償千恵子や魔女三輪明宏はちゃんとキャラクターに声が入っていた。
ハウルだけ無音。どういうことだコラーー。

それから「ヴィレッジ」
すでにアメリカでは賛否両論でてるらしいけど、またやっちゃったのかなーシャマラン。
日本の宣伝の仕方にも問題あると思うけどね。今回もあおるあおる。
もうだまされないぞ!シャマランは完全に「ムー系監督」と割り切ってみてほしい。

「誰もしらない」
はよかった。
予告編見て確実に行きたくなったし、はやくも泣きそうになった。

映画 | Comments(8) | Trackbacks(-)

映画「姑獲鳥の夏」案の定でます。京極氏。

週刊大極宮 さまよう厨子王 ~ 京極夏彦のコーナーより。
さっきまで。映画の現場にいました。
で、別に遊びにいったわけではないのですね。

どうやら出るようです。
ややややっぱりキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
案の定ですね。どうすんだ?W京極堂なのか???


いや、ボクのやるような役はないですよ原作には。
どうやらオリジナルキャラの模様。
最初から脚本に盛り込まれていたワナだったわけです。
小説家映画に出してどーするよ、という気もしますが、

でも「怪」には出たよね。

要するに監督にとっては全部が映画のコマ。
スタッフは筆でキャストは絵の具なんですね。
使えるものは何でも使えと。
役者さんのキャラクターによりかからない作り方。
ボクもそんなことをよく言う手前、その姿勢には共感があるわけです。
使い捨ての部材として実相寺監督の描く絵に塗られろということでしょう(笑)。もう監督のなすがまま。

うーーーん、でも絶対出るの好きだと思います。
本人的には「…きたな」って感じだったのでは。

↓ここ写真です。

で、監督とスリーショット。
衣裳から着替えたばかりなので手袋ナシ(笑)

時代劇でも手袋したのに、さすがにここはとりましたか。

しかし、イザ撮影となると、こんな役は反則だろうと思いましたね実際
どんな役なんだ…気になる…反則というからには
オカルト大好き人間とか、京極堂の兄弟とか…

しかもそれなりに役作りしなきゃいけないという。
とりあえず別人を演じなければいけないわけですが……
いや、やりにくいって(笑)。どんな役かはヒミツだそうです。


楽しみに待ってます~。坂なんかセットで作ったらしいですからね。
安い感じになりませんように。


注・かなり略してますので全文読みたい方はサイトへどうぞ。
映画 | Comments(2) | Trackbacks(-)

「刑務所の中」に入りたい

刑務所の中(02・日本)
今更ながら「刑務所の中」見てます。
見たいなーと思いつつもレンタル中だったりして
ついつい見忘れてた映画ってありますよね。これもその中の1本。

今まで刑務所映画何本か見ましたが、これはやっぱり異質でした。
刑務所モノなのに「看守イジメ」「脱獄」「ムショ内での派閥」
「悲惨な食生活」といったキーワードゼロ。
大の男達(しかも犯罪者)がささいなことでおもしろがったりする
ほのぼのする映画でした。

まぁ、原作どおりといえばそれまでですが、ここまで淡々と
描いてくれたことにホッとしています。
どうしても「愛」やら「感動」やら盛り込みたいでしょ。
普通、映画なら。

それにしても…
刑務所いいじゃーーーーーん!!!!とこれを見た人は半数が
素直に思うでしょうね。規則正しい暮らしだけど、
慣れればたいしたことなさそう。
ムショ暮らしをハナワさんが素直に楽しみ、客観的にみている様が
おもしろかった。

そしてやっぱり素晴らしい食生活!
質素でありながらバランスのとれたその食事はめちゃめちゃうまそうでした。
特に正月は豪華な食事が延々3日間続きます。
ブルボンのアルフォート一袋食いなんて私だってしたことないぞ。

あと邦画ファンとしてはこの豪華出演陣にふれないわけにはいかんでしょう。
主役の山崎努やいまや売れっ子の大杉漣
1シーンだけ出演してる窪塚洋介、椎名桔平はさておき
ミリタリー仲間の遠藤憲一(この人はほんとどこにでもいるな)
同じく小木茂光(元一世風靡リーダー)
同じ房には田口トモロヲ(元ばちかぶり。ステージでウンコしたことで有名。
そんな人がプロジェクトXのナレーターになるなんてあのころはまったくおもわなかったけどさー)に
香川照之(母は浜木綿子。「天花」にでたことは彼の唯一の汚点)に
松重豊(189センチの長身を生かしたのか裏目にでてるのか怖い役が多い。
あと変態教師役とかしか思いつかない)!!
その房に私も入れてくれーー
そのほかにも木下ほうか長江英和といった邦画を今(あくまでも脇で)ささえている
人たちが一挙出演しています。もう新しい人が登場するたびに
狂喜乱舞ですよ。

こういういい意味で何もない何もおきない映画っていいなぁと思う一方、
犯罪者に甘すぎるんじゃないの!日本よ!と思いました。
とりあえず性犯罪者はこういうとこじゃなくて
「ショーシャンクの空に」みたいなムショに入れなさい。



映画 | Comments(6) | Trackbacks(-)

「LOVERS」観にいくかいくまいか。

私と同い年の同僚との会話。
「ねぇ”LOVERS”おもしろいと思う?」
「映像はきれいだろうね」
「”HERO”も、けっこうおもしろかったよね」
「映画としてはおもしろかったけど
ジェット・リーとドニー・イェン夢の競演なのに
格闘シーンがあんだけってねぇ…。それ目当ての人もいるのにさ
チャン・イーモウは格闘ファン泣かせなんだ!」(長井調で)
「…………ふーん」


シズマです…同じ女子なのに会話が女子とかみ合いません…
シズマです…デートにホラー映画を観にいったら
      彼氏のほうが泣きそうになったことがあります。
シズマです…最近すきなのはくりぃむ有田の高田延彦のモノマネです

映画 | Comments(9) | Trackbacks(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。