よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2004年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2004年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ ミュージカル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ミュージカル「フランケンシュタイン」初日 2017年1月8日日生劇場

このミュージカルはもともと韓国で誕生し、ロングランヒットしたもの。
韓国の俳優さんは日本のミュージカルにもよく出演していますが
みんな歌がものすごく上手い。声量がすごい。
というわけでこのミュージカルもそんな韓国俳優さんの水準の高さに合わせた
歌って歌って歌い上げるミュージカルとなっております。

以下ネタバレあり

19世紀ヨーロッパ。
科学者ビクター・フランケンシュタインは
戦場でアンリ・デュプレの命を救ったことで、二人は固い友情で結ばれた。
“生命創造”に挑むビクターに感銘を受けたアンリは研究を手伝うが、
殺人事件に巻き込まれたビクターを救うため、無実の罪で命を落としてしまう。
ビクターはアンリを生き返らせようと、アンリの亡き骸に今こそ自らの研究の成果を注ぎ込む。
しかし誕生したのは、アンリの記憶を失った“怪物”だった。そして“怪物”は自らのおぞましい姿を恨み、
ビクターに復讐を誓うのだった…。


韓国映画はタブーはないのかと思うくらい過激な作品とか悲しい作品が多く、
そういう描写が好きなお国柄なのかしらと思うのですが
個人的には舞台作品はもう少し救いがほしい…。
とにかく登場人物すべて救われない…。

身内にマッドサイエンティストがいたばっかりに、不条理に殺されてしまう人々。
しかもそいつときたら怪物作って後悔してたはずなのに、
あっさり「姉ちゃんも生き返らせる!」って
思わず「またやるのかーーーーい!」
さすがの怪物くんもそれにはツッコんでたし。

場内の笑いを一気にもっていく執事ルンゲもあっさり殺され、
怪物と心を通わせ「クマ…オイシイ…」とほっこりさせるカトリーヌもあんな仕打ちをし
なんの罪もない優しい姉エレン処刑
そもそも婚約者ジュリアはずっとビクターのどこが好きなのかわかんないまま死んじゃうし。
みんな死んじゃうってどういうこと。
正月早々重い…重すぎる…。
この内容で4都市公演て役者さんのメンタルも心配。
確かにレミゼだってサイゴンだって悲劇ではある。でもまだ希望がある。
シェークスピアだって不幸の連鎖だけど、どちらかというと人間の浅ましさを描いていたり
自分で招いているから納得できる。

手にナイフ握らせてギュウーって描写もエグかったなぁ。
あの辺とかリアルにやらなくてもなぁ。
新感線の「吉原御免状」の勝山太夫の私刑シーン以来のエグさでした。
鉄砲でバーンとか剣でグサーとか形式的な殺し合いはいいんだけど。

とはいえさすがにこの難曲そろいのミュージカル。
素晴らしい俳優陣で本当によかったと思いました。
中川ビクターに濱田エレンの歌、加藤怪物はトート閣下への布石かというくらい
かっこよかったし、音月さんのジュリアとカトリーヌのふり幅もすごかった。
場内人気NO1はなんといっても壮麻ルンゲ。イゴールへの変わりっぷりも面白かった。

初日挨拶があったのですが、終わった瞬間いつもの陽気なアッキーなのに対し
まだ怪物が残っている加藤さん。アッキーは「M!」初演も日生劇場でまだ19歳でした
そして加藤さんは魂をけずらないとみたいなことを言ってました。
あ、アッキーに「加藤和樹マン」となぜか呼ばれていた(笑)
だんだん抜けてきてクールにほほ笑んでいたのがまた素敵。
二人でハグしてたのに癒されました。

音楽:イ・ソンジュン 脚本/歌詞:ワン・ヨンボム
潤色/演出:板垣恭一

ビクター・フランケンシュタイン/ジャック 中川晃教/
アンリ・デュプレ/怪物 加藤和樹
ジュリア/カトリーヌ音月 桂
ルンゲ/イゴール鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド相島一之
エレン/エヴァ濱田めぐみ
朝隈 濯朗
新井 俊一
後藤 晋彦
佐々木 崇
当銀 大輔
遠山 裕介
原 慎一郎
丸山 泰右
安福 毅
彩橋みゆ
江見 ひかる
可知 寛子
木村 晶子
栗山 絵美
谷口あかり
原 宏美
福田えり
山田裕美子
【リトル・ビクター】難波拓臣
【リトル・ジュリア】齋藤さくら






スポンサーサイト

ピーターパン 公開ゲネプロ 7月23日 東京国際フォーラムホールC

今年で36年目になるミュージカル「ピーターパン」
ゲネプロにご招待いただき、
チラシをみせても特に盛り上がりのない息子と
ノリノリの母で行ってきました。
客席はセンターブロックはあけていたものの
両サイドと2階席でみることができ、たくさんの親子連れでにぎわっていました。

今までも行きたいなと思っていたこの舞台、やはりフック船長のキャストが
一番気になるところ。これまでも古田新太さんやROLLYや石川禅さん橋本じゅんさんなど
魅力的なフック船長たちがいましたが、今回満を持して吉野圭吾船長登場です。

ロビーは物販のほか、巨大迷路、写真コーナー、靴を脱いで遊べるマットなど
開演までも飽きない工夫がしてあります。

STORY 
ある夜、ピーターパンと出会ったウェンディは、ピーターに誘われ、ふたりの弟と一緒に、
いつまでも子供でいられる“ネバーランド”へ連れて行ってもらう。
そこで、ピーターやそこで暮らす迷子たちと楽しい時間を過ごすが、
いつしかお母さんが恋しくなり帰ることに。
しかし、フック船長率いる海賊たちが、
ウェンディを自分たちの“お母さん”にするために連れ去ってしまう。
それを知ったピーターパンはティンカーベルとともに海賊船へむかう――。


ファミリーミュージカルだけあって笑わせどころも多いし、わかりやすいお話ですが
演出が玉野さんなのでダンスシーンは本当に迫力ありました。
インディアンたちのアクロバットもすごかった。舞羽さんのタイガー・リリーも踊る踊る
子どもむけだとあなどれないショー的要素も強いミュージカルです。

そしてわれらが吉野船長。
もはや2幕は吉野圭吾ショーといっても過言ではない見せ場の連続。
吉野さんがまたフック船長の衣装が似合うことといったらもう。
かっこいいんだけどいつものように胡散臭くて魅力満載でした。
やっぱ華あるなぁ吉野さんは。なのにめちゃくちゃ面白いし。

ふうかピーターパンも少年みたいでフライングしながらも安定の歌唱力はさすが。
妖精の粉をまきながら客席頭上にとんできたときはテンションあがりました。

最後、海賊と子どもたちが通路に降りて歌って踊ってくれるのですが
海賊とウェンディにタッチしてもらった息子はもううれしくてニヤニヤがとまらず。
お前見る前は死んだ魚の目だったのにカワイイお姉さん来たらその態度か(笑)


原作:ジェームズ・M・バリ
作詞:キャロリン・リー
作曲:ムース・チャーラップ
演出・振付・上演台本:玉野和紀
ピーターパン 唯月ふうか
フック船長/ダーリング氏  吉野圭吾
ウェンディ 片山陽加 
ダーリング夫人/タイガー・リリー:舞羽美海

スミー:さとうこうじ
ジェークス:兼崎健太郎
チェッコ:堀口文宏
スターキー:森山大輔
ヌードラー:木内健人

セール:木村晶子
ニブス:安田カナ
ニコ:吉田萌美
カーリー:渡部光夏
トートルズ:高田亜矢子

インディアン
中野高志
露口洋暁
東 慶介
田嶋悠理
内木克洋
精進一輝

ナナ・ワニ 三浦莉奈 

ジョン 吉田陽登
マイケル 中村華 永山咲來 (?)


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

ジャージー・ボーイズ シアタークリエ 7月2日 その2

中川アッキーフランキー
共演者たちからも「神」とか「天使」とか言われてるけど
本当にアッキーなくしてこのミュージカルはないと思います。
もはやミュージカル界の宝といっても過言ではない。
声はもちろんのことフランキーの小僧ぽいとこも
ハマり役だと思います。

そして藤岡トミーの田舎のチンピラ先輩っぷり!。
藤岡くんはまじめな役もこんなクズな役も違和感ないんですよね。おバカな役もできるし。

矢崎ボブ。いやーよかった!やはりWOWOWは緊張してたんだな(笑)
ボブのクレバーながら純粋な感じもあってた。

あらためて吉原ニック
「僕と同じ役をやるのは嫌だと思いますよ」って本人も言ってたけど
やはり福井さんに「吉原光夫と同じ役をやるのは正直複雑ですよ」って
言われてた(笑)しかしながら一歩引いてバランスをとりながら
グループにいるという役柄だけに(あんまりしゃべってないと場内笑わせつつも)
2幕のまくしたてるところが引き立ちます。

この舞台ミュージカルだけど4人の語りもあり、芝居的要素が強いのも好きです。
そんなミツヲ氏、本編のうっぷんを晴らすかのようにカテコ入った瞬間
パンクバンドばりの跳躍(笑)
ノリがすでにおかしい。
そして自分で大うけ(笑)
もちろん横の藤岡くんも巻き込む(笑)
藤岡くんもはしゃぎだす。
この時点で早くも総立ちのお客さんをあおる。
カーテンコールはプロモーションビデオと同じ流れで進むので
千秋楽は客席全員踊ってるでしょうね。振りも簡単だし。
「Big Girls Don't Cry」でいちいちメンバーの顔の至近距離で
自分のパートを歌いにいくミツヲニック(笑)


めちゃくちゃうれしそう。
客ガン無視だけどイイヨイイヨーそれでこそミツヲだよー
座長のアッキー&矢崎ボブはさわやかでした(いまのところ)
カメラがあるからカテコで袖のバンドさんたちの様子も映してくれます。

そのほか。
とにかくアンサンブルさんたちが大忙し。
アンサンブルといってもみなさん役名ありで重要な役が多い。
どの役も魅力があって見逃せません。
ジップ・デカルロの阿部さんはほかのどの役も面白かった。
ボブ・クルーの太田さんもオイシイ役だった。
おネエ役はハズレなしですな。
ジョー・ペシの石川さんも笑いとってましたね。
ペシって最近みないけど「グッドフェローズ」とかよかったもんなぁ。
日本で一番有名なのはやっぱり「ホーム・アローン」なのかな。
遠藤さんは最近は 「モンティ・パイソンのSPAMALOT」やら
「エドウィン・ドルードの謎」やらWOWOWの「トライベッカ」やら
コメディ系でみることが多いんですが、今回は歌もあり。
派手めの美人だから60年代の恰好だと盛りすぎてオカマにみえるときも(笑)
あとカテコの戸井さんの声にやられた。

藤田さんが
「日本オリジナルの、全く新しい『ジャージー・ボーイズ』を作ろう!」
とほぼゼロから作っているということで、確かに映画でも海外版でもない
面白さがありました。笑えるシーンも多かったし、
藤岡トミーがたぶん素で役名間違えたのも笑っちゃいました。
始まったばかりだけど、これは確実に再演決定でしょう。というかやってくれ!
またクリエという空間がすごくライブ感があっていいとおもいました。

あと最初舞台は緞帳がおりてなくて出演者やスタッフが普通に舞台上をウロウロ
しているので、早めにきて着席してると楽しいかも。

とにかくまずはアッキーヴァリが無事にシングルでやり終えること、
セットが高いわ階段揺れるわで怖そうなので事故なく終えることを祈りつつ
再演を待ちたいと思います。

【演出】藤田俊太郎
フランキー・ヴァリ 中川晃教
トミー・デヴィート 藤岡正明
ボブ・ゴーディオ 矢崎広
ニック・マッシ 吉原光夫
ボブ・クルー 太田基裕/ ノーム・ワックスマン 戸井勝海/ ジップ・デカルロ 阿部 裕
綿引さやか/小此木まり/まりゑ/遠藤瑠美子
大音智海/白石拓也/山野靖博/石川新太


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

ジャージー・ボーイズ シアタークリエ 7月2日 その1

「ジャージー・ボーイズ」はトニー賞、ローレンス・オリヴィエ賞などを獲得し、
クリント・イーストウッド監督の映画版でもおなじみの60年代に一世を風靡した
アメリカの男性コーラス・グループ「ザ・フォー・シーズンズ」を題材としたミュージカルです。
リードボーカルのフランキー・ヴァリはのちに「君の瞳に恋してる」をヒットさせ
この曲をつくったボブ・ゴーディオはタモリ倶楽部のオープニングでおなじみの
「Short Shorts」を10代でヒットさせています。ちなみに劇中でも「はくわ~Short Shorts♪」と歌われています。
改めて日本語で聞くとそのくだらなさに脱帽。

STORY 
ニュージャージー州の貧しい片田舎で、彼らは出逢った。
「天使の歌声」と称されるフランキー(中川晃教)は、兄貴分のように慕う
トミー(藤岡正明)とニック(吉原光夫)のグループのボーカルに迎え入れられる。
作曲の才能があるボブ(矢崎 広)の加入をきっかけに、
彼らはザ・フォー・シーズンズとしての活動をスタートする。
金もコネもない彼らを待ち受けていたのは、過酷な下積み生活。
そして、「シェリー(Sherry)」のヒットを皮切りに、「恋のヤセがまん(Big Girls Don't Cry)」、
「恋のハリキリ・ボーイ(Walk Like a Man)」など全米ナンバー1の曲を次々に生みだしていく。
だが、その裏では莫大な借金や家族との不仲、グループ内での確執、
様々な問題がザ・フォー・シーズンズを引き裂いて・・・。
成功の光、挫折の影、その先に彼らが見たものとは――。


トワングという独特の超技巧的高音を使うフランキー・ヴァリ役の中川晃教くんあっての
この舞台ではあるものの、それはひとまず置いといて…あのね

吉原光夫ニックのビジュアルが
今世紀一番カッコイイッッ!!!!ズキュゥゥゥン


はっ…思わずジョジョ語に。事前の写真などではぴっちりなでつけられてたヘアが素敵な短髪ツーブロックに。
シンバ時代を彷彿させるような男前メイク。そうよあなたは実は元四季ということを思い出させてくれる
キレキレのダンス。
そしてミツヲファンのみなさん、おまっとさんでした。
今回も安定のよ!囚人役者!です。
いつになったら監獄から出られるのでしょうか。来年もすでに2度ほど入ることがほぼ決定していますが。

このチームREDとチームWHITE(中河内雅貴、海宝直人、福井晶一)という中川くんをのぞいた
Wキャストなんですが、どちらも個性的で面白そう。むしろシャッフルでみたいくらいです。
藤田さん演出の「ザ・ビューティフル・ゲーム」でも効果的につかわれてたモニターが今回も大活躍。
出演者の顔だったり、当時の映像だったりがモニターに映し出されます。
舞台は三階建てでクリエってこんな高さあったんだと再確認。さらに1、2階は盆舞台になってまわります。
オケは2階上手そでにいます。歌いながらまわるとお客さんの目線から演者の目線になったりとなかなか面白かった。
でもクリエは広くないからアンサンブルさんとかまでみんな舞台に立つと、若干ごちゃっとした
感じはあるかな。

というわけで続く。


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

レ・ミゼラブル 帝国劇場 2015年5月19日 ジュンモバル×吉原ジャベ

再び去年の備忘録。
ヤンバルジャンがよかった!
この回は完全にミツヲジャベール目的だったにもかかわらず
冒頭だけで大泣き。こんなにもっていかれるとは思わなかった。
とにかく人間くさいバルジャンでした。

そしてミツヲジャベール
痩せてさらにかっこよくなっただけに立ち姿の素敵なことといったら。
バルジャン、ジャベール兼任ですが、やっぱりバルジャンのほうが
しっくりくるかなと思っていたけど、今回はジャベールも魅力全開でした。
前回の胡散臭いジャベールも面白かったんだけど。
同じ役でもこれだけアプローチ変えてくるのにびっくりしました。
いまだあの早いテンポになれないけどやっぱりレミゼは素晴らしい。

ジャン・バルジャン ヤン・ジュンモ
ジャベール 吉原光夫
ファンテーヌ 知念里奈
エポニーヌ 笹本玲奈
マリウス 田村良太
コゼット 清水彩花
テナルディエ 駒田 一
マダム・テナルディエ 森公美子
アンジョルラス 野島直人
ガブローシュ 與名本睦
リトル・コゼット 陣あいり
リトル・エポニーヌ 吉村宇楽

司教 中西勝之
工場長 石飛幸治
バマタボア 宇部洋之
グランテール 丹宗立峰
フイイ 神田恭兵
コンブフェール 原慎一郎
クールフェラック 高舛裕一
ジョリ 篠田裕介
プルベール 立崇なおと
レーグル 照井裕隆
バベ 櫻井太郎
ブリジョン 北村がく
クラクスー 萬谷法英
モンパルナス 西川大貴
ファクトリーガール池谷祐子
買入屋 廣野有紀
かつら屋 柳本奈都子
マダム 吉川恭子
宿屋の女将(女7) 浅野実奈子
三色旗の女(女9)王子菜摘子
病気の娼婦(女5)中西彩加
鳩(女8) 綿引さやか
あばずれ(女6) 島田 彩
若い娼婦(女10) 山岸麻美子


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。