FC2ブログ

よきこときく通信

残念な7歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2018年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年11月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四季・福岡全国

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン 2月4日全国公演その2 ほかのキャストも最高だ!

2007年のJCSのことばかり考えていたダメ人間の私。以下参照

十字架刑事(デカ)・ジーザス警部

…どうかしてましたね…恐ろしや…

さて神永ジーザス。たまに感情が爆発するけど基本受け身のジーザス。
とにかくいるだけで圧倒的な存在感とカリスマ性が必要です。
神永ジーの端正な顔立ちと憂い顔はもはや敵なし。
神殿では「わーーーーーーーっ…んあっ」とダメ押しして蹴散らしておりました。

新キャストといえばこの人も。よしづぐヘロデ王です。
四季以外でもいろいろ見ていますが、むしろ四季での役柄のほうがいい!
今回その端正な顔立ちが最高に活きていて、丸山(美輪)明宏さんに激似
さらに下様ヘロデとはまた違った面白みがあって、
途中「ぅわーーぅわーーぅわーー」って異常なテンションで威嚇?したり
綺麗なだけじゃないキャラづくり。

今回本ジョンシモン、賀山ペテロというJCSゴールデンコンビがいるのに
どういうわけか賀山さんは司祭に転んでしまいました。つらいことだけど♪
でも大丈夫。司祭2はスパイだから基本民衆にまぎれています。
だからホサナも誰よりも超全力!優雅!
さすが長年弟子やってただけのことはある。
あと悪だくみするときも美声だから。さすがウィーン少年賀山さん。
本ジョンシモンの「のろわせてくださいローマを↑」は相変わらずカッコよかったです。
晩餐で「一人は私を見捨てるだろう」と言われ、他の弟子にすぐとびかかってエキサイトしてただけに
ユダが裏切り者と知った時の顔が切なかった。
山本マリアはやっぱり聞かせてくれます。キャラ的には乙女度が高いかな。
光川さんは群集のボロボロのときと綺麗な恰好したときのギャップがすごい。
伝さんはもはや親分としか呼びようのない安定感でした。

勢いのあるミュージカルだから今回単純に若返ったのはいいなと思いました。
全国公演のあとの専用劇場リターン公演もあること期待しておりますよ。


にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン 2月4日全国公演その1 佐久間ユダデビュー!

2012年から神永ジーザス、芝ユダのシングルで
毎年2015年まで上演されてきたJCS。
さすがにJCS大好きっこの私も飽きてきたところで
ようやく新ジーザスと新ユダの誕生です。
数々の葛藤を抱えたまま、毎公演死ななければならない2人。
精神的にも、そしてあの急傾斜舞台を引きずられたり
転がったり肉体的疲労も相当だと思います。
地味にあの背中の傷でお肌も荒れますしね(やな神さま)。
それでもジーザス、ユダがシングルが多いというのは
やはりそれだけ難役なのだと思います。
劇団四季には歌える役者さんは数多くいますが
高度なテクニックと役の抱える闇の表現力。

四季のJCSはロック・ミュージカルではないという批判もありますし、
宗教色より群集心理の怖さの方が目立つともいわれますが
そこもまた日本版の特色としていいじゃないかと思うわけで。
とはいえ歌手が歌ってる海外版は本当にかっこいいし超うまいし、
ヘロデ王をもんたよしのりさんがやったこともあるっていうから(なぜそこに)
四季も今後歌手キャストがきてもいい気がします。
声楽の人はシャウトとか難しいもんなぁ。
やな神さまの「ほーーーーーー」を思い出しますな(笑)

さてまずは本日の主役佐久間ユダ
アンサンブルからシモンをやり続けて今回ユダという王道コースです。
正直シモンは普通にうまい程度だった。
が、ユダはステージ中央で観客の視線を一挙に集める役。
元々ジーザスの親友でもあり、シモンのように盲目的にあがめるでもなく、
民のように祭り上げるでもなく、今のお祭り状態を案じている男。
とはいえやはり若いから何も語らないジーザスにイラつき、怒りをぶつける。
佐久間ユダは冷静に語り掛けるかと思えば憎々しげな様子をみせたり
理解されず悲し気だったり、
あげくのはては自嘲気味に笑ってみせる。
いらないといいつつしっかり金貨握ってる俗っぽさもあり、
師への伝わりきれない愛ももどかしい。
ジーザスは先がみえちゃってるからあえて何も言わないんだけど
そこがユダとのすれ違いを大きくしてしまう。

自殺の転がり方はもうミツヲユダ以来の豪快な転がりっぷりですよ。
あと何より楽しかったのが「スーパースター」
照明当たる前からノリノリであの派手衣装もすごく似合うし、
この曲はユダそれぞれのアレンジが面白いのだけど
途中フェイクして歌うのではなく、
超ロングトーンで「ジーーーザーーース」と叫んだので
びっくりしました

…そういうのもアリだなー。斬新。海外版でも聞いたことない気がします。
デビューとは思えないくらい仕上がっていて、
さらなる進化をみせる感じで今後も期待大のユダでした。
ビジュアルだけだとスンラユダの面影もあった。キャラは全然違いますが。
カテコの「ヘーイ!カモーン」のユダダンスは
すでに本編で燃え尽きたかと思いますが、もっとノリノリでもいいな。
輪になるとこは村ピラトと小声でごにょごにょ言ってました。
続く。

ジーザス・クライスト神永東吾
イスカリオテのユダ佐久間 仁
マグダラのマリア 山本紗衣
カヤパ(大司教) 金本和起
アンナス(カヤパの義父)吉賀陶馬ワイス
司祭1 佐藤圭一
司祭2 賀山祐介
司祭3 真田 司
シモン(使徒) 本城裕二
ペテロ(使徒) 五十嵐 春
ピラト(ローマの総督) 村 俊英
ヘロデ王 阿部よしつぐ
【男性アンサンブル】
渡久山 慶
小野功司
南 圭一朗
ビョンヒサン
白倉一成
宇龍真吾
中村 伝
安斎恵太
杉本 崇
永瀬俊秀
大萬昇太
山下泰明
【女性アンサンブル】
光川 愛
原口明子
小島光葉
花田菜美子
小島由夏
林 香純
矢野侑子
森川温子
加藤久美子
生形理菜
若松小百合
小松真美

にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村


ファミリーミュージカル「嵐の中の子どもたち」2018年1月6日板橋区立文化会館大ホール

相当放置していたブログですが備忘録も兼ねているので
チマチマ再開。

ファミリーミュージカル、子どもから大人まで楽しめる作品だというのと
帰りにロビーで俳優さんたちがお見送りしてくれる、
若手にも役が付くから今後の成長も楽しめる、
そして何よりチケット代が安い。お近くに来た際は
子ども向けでしょと思わずぜひみてほしい。

キャストはなんといっても田邊ボブ政所ケンのキャラがたっていて
非常によかった。喧嘩シーンがダンスなのはずっと四季をみていても
やっぱり笑いがこみ上げるけど。アルプひっぱりだしてボブケン座談会
読んだら田邊ボブはボブっぽいからキャスティングされたそうで。
政所ケンも田邊さんに「絶対にマンさんだと思ってました」といわれるほど
さわやかケンだった。政所さんてコーラスラインのラリーもやってるのか…
2015年は高橋ラリーでみてたから知らなかった。
こちらも内御堂ラリー的なにおいがするけどどうだったんでしょうか。
そしてたとえ海外の話だとしても村の学校はぶんきょじょ(分教場)なのですね。

秋本みな子さんは四季でみるのはなんと13年ぶり!
前見た時は「美女と野獣」のベルだったんですよ。
芝さんや荒川さんと同時入団のみな子さんだけに当時も
え?みな子さんベル?と思ったけど、さすがかわいらしかったな。

キャスト ボブ 田邊祐真
ケン 政所和行
教授 山本 道
モールス/村長 藤木達彦
パック 武藤洸次
ダンプ/親方 頼 雅春
ジェロニモ 金本泰潤
ポー 寺内 淳
ブラックジョー 大黒智也
ハッチ 高橋航大
フローラ 三代川柚姫
ビッキー 長谷川彩乃
ブルーシー 加島 茜
カロリー 西浦歌織
ブブ 菅谷有希
レイジー 徳永真理絵
セシリー 髙橋えみ
リンダ 蒼井 蘭
校長先生 中野今日子
ママレード 秋本みな子

エルコスの祈り ハーモニーホール座間 2009・7/18

去年アップできなかったものその2.

エルコス 五所真理子
ストーン博士 岡崎克哉
ジョン 鎌滝健太
ダニエラ 菅本烈子
パルタ 荒木 勝
ダーリー 川口雄二
理事長 鈴木 周
セールスマン 神保幸由
子供たち ポール 鈴木智之
ジョージ 高橋 徹
リック 片山怜也
ニールス 深堀拓也
ピーター 金子信弛
ローズ 染谷沙絵子
チェリー 岡本有里加
アミー 古屋敷レナ
リンダ 大槻純子
シェリー 出口恵理
サラ 愛沢えりや
ポーラ 小菅 舞
ハニー 石井亜早実
エマ 松本菜緒

ジーザス・クライスト=スーパースター ジャポ 鹿児島市民文化ホール12/9 熱いぜ金田ジー!

2008年最後のJCSです。
ということでJCS総括

まさか今年やな神さまにあえなくなるなんて思ってもみませんでした。
芝ジーザスがくるとしても2人体制でやるのかな、なんて軽く考えていたのに。
そんな私のほぼ日手帳は12月始まりなので、ブログでも書きましたが
小さなプリンターを買って大はしゃぎでシール印刷しまくった2007JCS写真集に
なってます。開くたびに切ない。スンラユダとの愛の劇場に涙した去年が遠い昔のよう。

いつかいなくなる日がくるとしても、それはまだずっと先のことだと思っていたのになぁ。
もし、やな神さまと金田ジーの2人体制だったら
菩薩ジーザスと明王ジーザス両方楽しめたのに。

あ、まだ見ぬ芝ジーザスはどうなんでしょうね。
この前の横須賀であらためて芝ユダの凄さに圧倒されたけど
どんな神さまになるのかちょっとみてみたい。

さて。
横須賀以来ほぼ1ヶ月おいてのJCS。
今回のシリーズは金田ジーザスの微妙な変化をみるのが楽しかった。
難役ジーザスは、歌はともかく、その居方が一番難しいところだと思うのです。
すでにやな神さまのジーザスがすりこまれているので、歌い方も、演技も
どうしてもやな神さまと比べてしまうのはしょうがないのですが
最初は金田ジーザスのすべてにおいての無関心さがいい意味でも悪い意味でも
新鮮でした。このひとは誰に心許すことなく、死んでいくことになったのか…とも
見えたのですが、ツアーが進むにつれて、メイクもちょっとずつ変わっていって
金田ジーザスの心境も演じていくうちに変わってきたのか、無関心から困惑のひとへ。
押し寄せる群衆になすすべなく疲れはてる若者ジーザスにみえました。

そしてツアーも終盤。
やはり孤独さをたたえつつも、民衆に歩み寄り、みてください祭りのときには
一生懸命その手をとります。
で、金田ジーのすごくいいなぁと思うところは、熱さ、爆発力!
すべてここにいたるまでの序章にすぎないのではないかと思わせるくらい
「ゲッセマネ」が熱い!サイコウ!
最初は
あらー布施明調でまるでリサイタルみたいだわー。うまいわー。と思っていたんですが
それがまるで神にケンカをうるかのような激しさを加え
ついには覚悟を決めた男の激白みたいな感じになってました。
特に「死に様ーーーーー♪」はどこまで伸ばすというくらい伸ばしまくり
「ジョン万次郎の夢」で声が裏返っても伸ばし続けたミツヲ殿の姿とダブり涙目。
あぁここにミツヲユダがいたら、この2人すごいバトルになっただろうなぁ。
イメージ的にはゴジラ対メカゴジラ的な…。
これは来年のエルサ金田ジーザスが楽しみになってまいりました。
エルサだとなお熱くなるのかな。あと必ずカテコで口パク挨拶してるんですが
さーーーて、楽はどうやって締めるのか。

ジーザス・クライスト : 金田俊秀
イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起
アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎
     手島章平
     飯田達郎
シモン(使徒) : 本城裕二
ペテロ(使徒) : 賀山祐介
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平
ヘロデ王 : 星野光一


【男性アンサンブル】
赤瀬賢二 山本伸夫 辻中 武
キム チャンホ 松田逸平 武智正光
嶋野達也 ソ ジョンス 畑野年孝

【女性アンサンブル】
キム ミンヨン 上條奈々 ソン インミ
稲垣麻衣子 ジョン ジヨン 森 未央
野村麻理 村上 智 ジョン ソンジ
【大八車・人力車】
今村真悟 安東 翼 酒井良太 一和洋輔
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。