よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四季・大阪京都名古屋

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オペラ座の怪人 新名古屋ミュージカル劇場 5月21日

携帯でアップした写真がとんでもないサイズになっていました。
アプリのFC2ブログが非常に使いづらくなっています。また入れなおした方がいいのかな。

さて6年ぶりの名古屋。
まずはコンパルのエビフライサンドか、まるは食堂の巨大エビフライか迷ってこちらに。

IMG_5670_convert_20160523095851.jpg
まるは食堂のまるは定食

今年10月に新劇場ができるため、この新名古屋ミュージカル劇場としては最後の演目になる
「オペラ座の怪人」ずっと怪人をやりたいと言い続けていた芝さんの怪人を一度みておかないとと
(次はいつどこでみらられるかわからないので)ようやく8月の千秋楽を前に行ってきました。

IMG_5672_convert_20160523095941.jpg

今、名古屋ではファイナル企画をいろいろやっておりまして、ファイナル感謝祭という
今までの演目を演者がふりかえるという素敵なイベントも開催中。
芝さんいるし絶対JCSはやると思ったんだよなー。行きたかったな。伊藤司祭もいたね。

今回の見どころは大きく3つ。
・芝怪人
・賀山アンドレさん
・伊藤1枠
  です。

ではまず芝怪人から。
ミラーで姿をみせた瞬間のその禍々しさにしょっぱなからわしづかみにされました。
仮面かぶっても濃いなー。またいちいち仕草が暑苦しい(笑)
結構飛ばしていて、絶叫もするからこれ毎日やるのはさすがの芝さんでも
大変だなーとしみじみ思いました。前半のワルーい感じから一転、ラストは静の怪人でした。
あえて感情を抑えているというか…泣けた…。
カテコではニコニコいつもの芝さんで最後エレガントに手をヒラヒラさせ去っていきました。

支配人賀山アンドレも名古屋デビューですね。
ロマンスグレー賀山にハート撃ち抜かれました。

そしてコスプレ枠こと1枠に登場のイトジュンこと伊藤潤一郎さん
伊藤さんといえばそのときがきたら撃つ人ピエール(仮)でおなじみでしたが
正直あの役は物足りないんだよう!
今回は大活躍ですよ。ソロもあるしね。
勝手に1枠は声楽枠なのかと思っていたのでそこ入ったかとぴっくりしました。
ハンニバルではライオンをかぶり、イルムートでは白塗りのアティーリオ、
マスカレードでは清朝(途中マント着てくるのがまた素敵)
そしてもちろんドンファンではパッサリーノ。いやいや楽しかった。
出てくるたびにテンションあがったり、大笑いしたり。

そのほか。
周さん相変わらずかたい(笑)
中里さん久々にメグらしいメグをみた!ものすごいカワイイ。
早水さんマダムなんてもう贅沢。

今週から高井怪人にチェンジ。セーーーフ。ギリギリだったー
クリスティーヌも山本さんに変わりました。
佐藤圭一フィルマンさんもみたかったなぁ。

帰りは迷いに迷って地雷也の天むす(東京駅にも売ってるけどさ)を買い
新幹線ホームの立ち食いきしめん住よしでたぬききしめん卵入りを食べて
帰りました。

オペラ座の怪人 芝 清道
クリスティーヌ・ダーエ 苫田亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵 鈴木涼太
カルロッタ・ジュディチェルリ 河村 彩
メグ・ジリー 中里美喜
マダム・ジリー 早水小夜子
ムッシュー・アンドレ 賀山祐介
ムッシュー・フィルマン 平良交一
ウバルド・ピアンジ 永井崇多宏
ブケー 見付祐一

【男性アンサンブル】
伊藤潤一郎
飯泉佳一
林 和男
鈴木 周
佐々木 純
新井 克
山口泰伸
松永隆志
日浦眞矩

【女性アンサンブル】
本井亜弥
菊池華奈子
土居愛実
杉山由衣
平木萌子
盧 エリ
川口侑花
松岡ゆめ
羽田沙織
波多野夢摘
堀内 恵
徳永真理絵

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ジーザス・クライスト=スーパースタージャポ 新名古屋ミュージカル劇場4/24

どうでもいいことですが、OTONA GLICOのサザエさん一族のその後シリーズの
カツオはなんか違うと思うんですよ。
どうやらカツオが36歳でまだ野球選手を夢見てるようなのですが
小ズルくて特に金に汚いカツオがそんなピュアな大人になってるハズがない。
イクラちゃんがベンチャー企業のCEOなのは納得。
あの子は絶対要領よく生きてるハズ。
個人的には新CMでさりげなく出ている現在の中島が
中山祐一朗さんなのがうれしいです。

遅ればせながら今月号のアルプより。
・開けていきなり金田ジーザス!ジャポだと結構見慣れたけど
エルサだとまだ見慣れないなぁ。しかしカッコイイ。
・値下げは顧客のために…値下げはありがたいけど思うけど
役者さんも大切にしてください。
みたい役者さんがいれば高くても客は行きます。
・今月号最大のつぼ「アンデルセン」カンパニー
特にワッティーこと渡井さんのお姉さんがシュモクザメというのが。
そして相変わらず一生懸命な前田さんネタきたーーー。
ドンキホーテ文化村前店員から2度の交通担当、そして今回のタコと
常に周りに愛されていることがうかがえます。
がんばれマエダくん。前田くんネタ今後も楽しみ。

さて、今回ももはや忘却の彼方JCSジャポネスク名古屋公演です。
名古屋でしばらくジャポの上演もないかと思うのですが、
カンパニーの一体感、それぞれの役作り、すべて素晴らしかったです。
金田ジーザス、ジーザス抜擢でさらにシングル。
自らもクリスチャンということでいろいろ思うところもあったかと思います。
クールであまりまわりに心を開かず、一人でその重圧に耐えたり、
時に神に喧嘩を売るようであったりみえる若きジーザスでしたが、
終盤はそれにくわえ、民衆に対する愛情も深まっているようにみえました。
というか表情がよくみえるようになったのかなぁ。
ジャポだとどうしてもあの白塗りでさらに表情がみえにくいのですが、
すがりつく群衆を振り払うときに「はっ」とした顔になったり。

それにしても名古屋の2階は本当に舞台に近すぎて申し訳ないくらい。
イベントも面白かったし、エルサも楽しみですね。
…ええと、みなさん素晴らしかったけど、事細かにもう覚えていない…。
あ、コロちゃん(小野さん)のおみこし首ふりトランスは健在でした。

ジーザス・クライスト : 金田俊秀 イスカリオテのユダ : 金森 勝
マグダラのマリア : 高木美果
カヤパ(大司教) : 金本和起 アンナス(カヤパの義父) : 吉賀陶馬ワイス
司祭 : 阿川建一郎 佐藤圭一 伊藤潤一郎
シモン(使徒) : 本城裕二 ペテロ(使徒) : 飯田達郎
ピラト(ローマの総督) : 青井緑平 ヘロデ王 : 星野光一

赤瀬賢二 山本伸夫 小野功司 
染矢 裕 上出匡高 藤山大祐 ソ ジョンス
玉真 義雄 松田逸平 神山 隼
武智正光 川畑 亮  中村 伝 嶋野達也
キム ミンヨン 上條奈々 宝生 慧 小島由夏
ジョン ジヨン 稲垣麻衣子 濱村圭子 伊藤志保 
石倉康子 ソン インミ 光川 愛 松尾 千歳
【大八車・人力車】
手島章平 近藤聡明 中村智志 小出宏臣
片山怜也 南 圭祐 小林嘉之
辻中 武 安東 翼 今村真悟

「マンマ・ミーア!」新名古屋ミュージカル劇場 1./24

久しぶりにして、最後の「マンマ・ミーア!」
名古屋のC席は本当に舞台に近くて最高です。
しかし土曜日なのに2階席はガラガラ。
地方でのロングランはやっぱり難しいですね。
同じ演目を何度もみるという感覚は一般的には
なかなか理解しずらいものがあります。
でもせっかくあんなに映画の宣伝ガンガン
してくれてるんだから、今後相乗効果で
お客さんも増えそうですが残念です。

さてまずはドナ&ダイナモスとダディーズ。
増本ターニャは結構若いのかなぁと思ってたら
違和感なく普通にとけこんでました。
坂本ビルもかっこよかった。で、今週はエディへチェンジ。
お疲れ様です。ビジュアルはサイコウですが結構開口激しいですよね
というかマンマ班はみんな開口気味な気がする。
ドナはおっとりカワイイ声の五東さんが見事に男前になってました。
吉沢ソフィと知寿ドナがほんのり似てたように
五東ドナと江畑ソフィも雰囲気似てるんですよ。
そうそう久々に聞いた渡辺サムの
別れるのはつらいけど♪」に思わずきーーたーー!
もう完全にが入ってるし。
むしろそれを心待ちにしてたアタクシ。

そして注目の男子軍団。
まずは輝さんに注目です。冒頭からメガネ男子です。
かなりポイントアップです。
しかしダサ衣装で微妙にポイントダウンです。
あと渡井さんがまさかのアイドル枠
(注・ジャニーズは脱ぐからという安易な理由。ジャニーズ=脱ぎなのか?)
それから残念ながらジーザス稽古のためかチラホラジーザス組行きの皆さんが
抜けたんですが、嶋野さんは残ったよ!やっぱりこっちのほうが似合う。
田辺さんも竹内さんも残り組。エルサは出るのかな?
そういえば前回みたときはワイスさんもいたんですよ。
もうあのアンナス様をみたあとでは面影が思い出せない…。

カーテンコールでスタンディングしながらふと思ったこと。
坂本ビルがレインボーふんどし姿(byはだかの王様)で
出てきてくれないかなぁって。


最後のマンマなのに結局こういう感想ですみません。
相変わらずSlipping Through My Fingersと
最後のI Have a Dream は号泣しました。

わかりやすいかと思って誘った「美女と野獣」や「ライオンキング」では
グーグー寝ちゃった友人もマンマは大興奮してましたし、
大人がハマる素敵なミュージカルです。
やっぱり東京あたりで再演するのが一番いいのかなぁ。
…でもまだ「アイーダ」もやってないし、次回マンマはどこでみられるのでしょう。
ドナ・シェリダン : 五東由衣
ソフィ・シェリダン : 江畑晶慧
ターニャ : 増本 藍
ロージー : 青山弥生
サム・カーマイケル : 渡辺 正
ハリー・ブライト : 明戸信吾
ビル・オースティン : 坂本 剛
スカイ : 玉城 任
アリ : 山本貴永
リサ : 木内志奈
エディ : 上田 亮
ペッパー : 鎌滝健太
【男性アンサンブル】
田辺 容
須永友裕
黒川 輝
嶋野達也
長谷川浩司
渡井真一
竹内一樹
【女性アンサンブル】
ユ シン
羽田三美
朴 慶弥
村上絵里子
河内聡美
福井麻起子
柏谷巴絵

「マンマ・ミーア!」新名古屋ミュージカル劇場3/5 ほのかドナやらダディーズやらもう大変!

劇場に入ってパンフレットをパラパラみたものの購入せず客席へ。
座ってふっと横の人の広げてるパンフをのぞくと稽古写真の別紙が!
あわててパンフを買いに走りました。
ほのかさんはやっぱりカワイイなぁ。ママにみえるのかなぁと思いながら開演。

出てきたほのかさんは見事にドナでした。
もともと実年齢も(見えないけど)ドナと同じくらいだし。
3人のパパたちが「昔のままのドナだ!」って感激するのに納得。
本当にかわいくてセクシーなドナ。歌声もパワフル。

いつもSlipping Through My Fingers はホロホロ泣いちゃうんだけど
今回はこの曲はもちろん I Do, I Do, I Do, I Do, I Do や
最後のI Have a Dream まで泣けてしょうがなかった。
知寿ドナは苦労も多かったんだろうけど、そんなことを微塵も感じさせない
バリバリかっこいいシングルマザーで、
見てないけど早水ドナは肝っ玉母さん的イメージ、
久野ドナは母娘肩寄せ合って生きてきました的イメージなんですが
ほのかドナは周りに頼らず一人で必死に突っ張って生きてきた感が強く
たとえるならば地元ではレディースのヘッドだったにもかかわらず
(なぜかヤンキーには美人が多い)
東京からきたエリート大学生に遊ばれちゃって子どもできちゃって
今は地元で人気のスナック怒奈をひとりで切り盛りする美人ママ
って感じなんですよ。
なんかみてて切なくなるというか。だからソフィの幸せも祈りつつ、ドナがこれから
片意地張らずに生きていけるかと思うと泣けたー。

八重沢ターニャ青山ロージーは本日も絶好調。
客席をドカドカ笑わせていました。特にDancing Queenで
ロージーが腰注意しながらゆっくり指差すとこでは拍手までおきてました。

さてダディーズです。どんなに地味な格好でも歌うと虹色の騎士ロビン荒川サム
萌えアンナスさま以来の明戸ハリーに何やっても素敵栗さまビル
栗さまは「ブラックコメディ」のハロルドみたいなウェービーヘアーに
あごまで細くつなげたヒゲだったんで、
ワイルドではありませんでしたがかっこよかったーー
で、ビルのダンスの面白いことといったら!あそこだけ永遠にみていたかった。

そしてダディーズといえばカーテンコール!
コスプレ系だと何を着てもかわいい明戸さんは前もみてるからいいとして
普通にあの衣装を着こなしてる荒川さんがすごかった。
渡辺サムもかっこよかったけど、出てきたときの居心地の悪さがおもしろかったのに
荒川さんは伊達にアイドルやっちゃいないぜとばかりに颯爽と登場。
歌いながら客席に送る目線はさすがリアルアイドル!
次回からは名前入りのウチワ持参すべきかしらとまで思わせるかっこよさでした。
一方栗様は超セクシーー。同じ格好なのにさわやかさは微塵もなく
あのヒゲのせいかなんかエロかった。栗様の格好はソワレ限定。R18。
Does Your Mother Knowの栗様バージョンが聞きたい。多分悶絶死。

さてオペラ座のあとだとマンマのアンサンブルは意識しなくても
普通にみててわかるというのがものすごく気持ちいい。
今回のアンサンブルにはトモさんがでてるんですけど
最初は京都エルサみたいなベスト着て登場。
いやーここでもめちゃくちゃはじけてました。
むしろマンマははじけ放題だから歯止めがききません。
特に足ヒレ隊のときの顔がっ!!おもしろすぎて腹痛かった。
いきなりタンクトップ脱いだり、いろいろ目立つ枠でした。
あと相変わらずカテコ冒頭から落ち着きがなかった(笑)
さらに引っ込むときはよくわかんないけどものすごい飛び上がってた。
マンマってそんなにみてないからアンサンブルさんよく知らないんですが
岡田さんや良知さんも6枠だったんだ…
ここってもしやアイドル枠なんでしょうか?
トモさんアイドル枠なのかーー(爆笑)
脱ぐのもジャニーズ系が意味なくサービスで脱いでるみたいなもんなのか(偏った認識)
岩城さんは茶髪短髪でさっぱりしてました。長いのもスキだったのになぁ。
嶋野さんも茶髪でかわいかった。ワイスさんもメレブ以来かな。

マンマは楽しくて大好きだけど、今回一番笑って泣いた気がします。
ほのかさんとラブリーダディーズがいるうちにもう一度行きたいものです。
ドナ・シェリダン     鈴木ほのか  ソフィ・シェリダン     谷内 愛
ターニャ          八重沢真美  ロージィ          青山弥生
サム・カーマイケル   荒川 務    ハリー・ブライト      明戸信吾
ビル・オースティン    栗原英雄    スカイ           田邊真也 
アリ            山本貴永    リサ            玉井明美
エディ           川口雄二   ペッパー          丹下博喜

村中弘和 岩城雄太 吉賀陶馬ワイス
嶋野達也 染矢 裕 松元 朋 廣野圭亮

小島由夏 河 美美 平田曜子
上條奈々 大海しずか 稲垣麻衣子 福井麻起子

「オペラ座の怪人」大阪四季劇場3/4②ピエールのがんばりもむなしく怪人逃がす

2幕。マスカレードは難易度Aランクです。
なぜならみんな仮面をかぶっているから。
もはや「ウォーリーをさがせ」状態。
しかし消去法などで絞っていった結果、
デブデブ仮面か大仏仮面のどちらかであるということを聞いていたのですが
これがうまい具合にどちらも下手でガチャガチャしてたのでおもいっきり
ガン見していた結果、大仏仮面であることが判明
マスクしてるけど口元はみえてるのでそのへんを集中的にみるとわかりやすいでしょう。
大仏くんは結構前のほうで踊ったり忙しいものの、奥にひっこんだら
指さしてしゃべってたり、ダンサーさんにヒラヒラ手をふったり
楽しそうでした。

キッシーラウルは肩のせリフトするらしいって聞いてたのに思いっきり見逃しました。
ただひょいと横みたら花代クリスがビシバシ踊りまくってたのでウケました。
そういえば花代クリス、怪人の仮面をとって逃げ惑うとこも
ありえないくらい華麗にターンしながら
逃げてました(笑)余裕あるぜクリス!

怪人が登場したとき、大仏くんは顔そむけつつもチラ見するなど興味シンシンそうでした。

ドンファンの稽古では後列で歌ってます。オペラ座も着替え大変そう。

さて7枠さんクライマーーックス!
「そのときがきたら撃つひと」ここまで長かった…。
7枠鉄砲隊ピエール(仮名)を近くでみたいひとは上手前方がよいでしょう。
JCSでいうとユダ席です。「はっ!」とか「そのときとは?」「でも子爵様!」とか
ええ声を間近で聞けることでしょう。
銃をかまえてキッとにらんでる姿は西部警察の大門部長刑事も逃げ出すことでしょう。
ただヘタレ五右衛門のヤツ(キッシーラウル)に
怒られるのでちょっとムカっとします(笑)

そして下手でみてる人のフォローも大丈夫。
ピョコっと下手からの登場もありです。すぐ引っ込みますが(笑)

マーティン枠ことパッサリーノ役は金本さんです。
パンフレットをみますと韓国組のようで、もしや金本さんも
「かわいそうなあにょひちゅじーーー♪」かとドキドキしましたが
けっこううまかった。

その後のピエール(仮名)の活躍。
ラウルが脱いだ上着をひろってあげる。
ここへきてまた片付けてますよ…。五右衛門のくせに世話かけさせんな!(違)
あと最後格子をおりてきます。

ピエールの涙ぐましい活躍はさておき、
花代クリスはどうもラウル寄りのようにみえました。
ラウルにむける顔は満面の笑顔でそりゃあかわいいんだけど、ファントムに大してはあんまり
愛を感じないんですよね。かといって包み込むような慈愛の気持ちもなさそうだし
ファントムはやっぱ師匠であるけどそれ以上ではないのかなー
ワタシはファントム派なんでもう怪人がかわいそうでかわいそうで。
ま、そのおかげでますます泣けたし。あときっしーラウルの肩とかすごい白かった。

カテコではピエールもとい伊藤さんはひときわ深々とお辞儀してました。
それから寺田アンドレの笑顔は本日も天下一品です。
やっぱりオペラ座は泣ける…。
オペラ座の怪人          高井 治
クリスティーヌ・ダーエ       木村花代
ラウル・シャニュイ子爵      岸 佳宏
カルロッタ・ジュディチェルリ    諸 英希
メグ・ジリー             荒井香織
マダム・ジリー           戸田愛子
ムッシュー・アンドレ        寺田真実
ムッシュー・フィルマン       小泉正紀
ウバルド・ピアンジ         半場俊一郎
ブケー                岡 智
【男性アンサンブル】
金本和起 見付祐一 田代隆秀
勅使瓦武志 佐藤圭一 佐藤季敦
伊藤潤一郎 末谷 満 畠山典之
【女性アンサンブル】
小野さや香 森崎みずき 峰岸由佳
樋谷直美 ナ ユミ 村瀬歩美
梅崎友里絵 中元美里 灰田明日佳
是澤麻伊子 山本奈未 大橋里砂
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。