よきこときく通信

残念な6歳児の子育てと観劇とお買いものブログ
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 四季・東京

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アラジン 電通四季劇場海 12月3日 瀧山ジーニーのこなれっぷり

去年の5月の開幕月に初めて瀧山ジーニーをみて
あまりのハマりっぷりに大興奮し、とりあえずとった今年の3枚。
現在月イチ観劇を目標としている身としては、ちょっととりすぎたかも…と思ったわけですが
とっててよかった!この3回ともジーニー、アラジン、ジャスミンがかぶりなしという
キャストが週初めに決まる四季において奇跡的な結果になりました。

瀧山ジーニーはさらに間とか声色がこなれてきていて無双です。
この人がいてくれたからこそ成功したともいえます。

笠松アラジン。開幕からずっと5枠でがんばってきてのアラジン抜擢という
サイドストーリーだけで泣けますが、身のこなしのキレはもちろんいいし
歌もうまいし、なんといっても一生懸命さがこちらにも伝わってくる
若さあふれるアラジンです。最初はお姉さんジャスミンと弟アラジンといった
感じにみえたけど、だんだん頼もしくなってくるところも魅力です。

で、私イチオシの前田クンが出ているのでここでも推しておきます。
他演目でも前田クンはライオンキングでは喰われたり、
アンデルセンではタコでいじられたりしていたのです。
今回もアラジンたちにすごんでみせるのですが(結構怖い)
ジャスミンに「お猿さん」呼ばわりされます(笑)
やっぱりな!
前田クンはそうこなくちゃな!
あと「フレンドライクミー」の胡散臭いMCも笑えます。

他のメンバーも含め、この日のキャストは総合的にマイベストでした。

ジーニー 瀧山久志
アラジン 笠松哲朗
ジャスミン 岡本瑞恵
ジャファー 牧野公昭
イアーゴ 酒井良太
カシーム 西尾健治
オマール 町田兼一
バブカック 白瀬英典
王(サルタン) 青木 朗
【男性アンサンブル】
渡邉寿宏
田井 啓
清川 晶
提箸一平
深堀拓也
加賀谷真聡
水原 俊
南 圭祐
ハンドコアクアリオ
永野亮比己
大森瑞樹
前田員範
【女性アンサンブル】
小幡朱里
多田毬奈
金 友美
石戸瑶子
加藤久美子
小島光葉
松本菜緒

にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

アラジン 電通四季劇場海 9月3日 ついにみた!道口ジーニー

ジーニー 道口瑞之
アラジン 厂原時也
ジャスミン 齋藤 舞
ジャファー 本城裕二
イアーゴ 酒井良太
カシーム 松島勇気
オマール 山下啓太
バブカック 藤田光之
王(サルタン)石波義人
男性アンサンブル
1 渡邉寿宏
2 田井 啓
3 熊川剣一
4 中村 巌
5 深堀拓也
6 清川 晶
7 水原 俊
8 南 圭祐
9 山下純輝
10 ハンドコ アクアリオ
11 安東 翼
12 前田員範
女性アンサンブル
1 宮田 愛
2 吉田絢香
3 濱田恵里子
4 石戸瑶子
5 加藤久美子
6 小島光葉
7 松本菜緒

道口ジーニー!!初見はやっぱり細くてジーニー感ないなと思ったけど
ちょこまかせわしなくてウザイとこはアニメのジーニーぽくて好き。
「茨城から出てきた」っつーのはズルいなーあれはもうそれだけで面白い。
あと「フレンドライクミー」が軽やかですね。

藤田バブカックは四季の劇団員ではないんですが、いつも東宝系でみているので
いることにまったく違和感なくみていて途中で「そういえばなぜここに藤田さんが!」と気づきました。

・最近めっきり四季に行く回数が減っているので若いアンサンブルさんが
全然わからないなか、いたいた深堀さんに前田クン
深堀さんは兵隊さんの恰好が特にカワイイです。
花婿衣装を用意して、横の人ににこやかにほほ笑むとことかもいいし
いろんな役でみられるし、私の中のキングオブアンサンブル!
役付きだどこっちがドキドキするからなあ。5枠から笠松くんもアラジンになったし
深堀さんもがんばって。でもアンサンブルにいるとうれしいんだよなあという矛盾。
(前田クンは今回も面白いので後述します)
アンディ(安東)隊長もなにげに素敵です。

・あと巌さんのドレッドが似合いすぎて吹く。

にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村


アラジン 電通四季劇場海 6月4日 

ジーニー 阿久津陽一郎
アラジン 島村幸大
ジャスミン 三井莉穂
ジャファー 本城裕二
イアーゴ 酒井良太
カシーム 西尾健治
オマール 町田兼一
バブカック 白瀬英典
サルタン 石波義人
男性アンサンブル
1 渡邉寿宏
2 田井 啓
3 熊川剣一
4 提箸一平
5 笠松哲朗
6 清川 晶
7 水原 俊
8 二橋 純
9 山下純輝
10 ハンドコ アクアリオ
11 渡久山 慶
12 鎌滝健太
女性アンサンブル
1 宮田 愛
2 渡辺智佳
3 金 友美
4 村上今日子
5 加藤久美子
6 野田彩恵子
7 矢野侑子


この日のジーニーは阿久津さん!パッと明るくて華のあるジーニーでした。
見た目はただのメイク濃い阿久津さんでしたが。
アロハ着て登場してきたときなんか普通にこのまま
「マンマミーア」にいても違和感ないなと思いました。
背が高くて魔人の迫力もあってお茶目。
そもそも私は「アイーダ」序盤の底抜け戦争バカの阿久津ラダメスが大好きなので、
こういうひたすら明るい阿久津さんはみていてすごく楽しかった。

あと本城ジャファーの顔(笑)
かきまくっててでもやっぱりホンジョンさんだわ。スワガードとかスカーとか
悪役も板についてきましたが、10年前の錠前屋さん(人間になりたがった猫)では
「アト、ニサンジュプンハカカリマスネ」って超カタコトだったあの人がこんな流ちょうに…(涙)

にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村

「思い出を売る男」千秋楽 2月28日自由劇場



物語は、敗戦後の、 どこか不思議な雰囲気の漂う薄暗い裏街が舞台。
一人の男がオルゴールとサクソフォンを奏でながら" 思い出"を売っている。
通りすがりの人間たちは、
戦争によって「過去」と「現在」を大きく隔てられた人々。
音楽によって思い出を呼び覚まされた人間たちは、そこに何を思うのか......


思い出を売る男 松本博之て誰!!

というわけで大抜擢の松本さんをみにいきました。
あのね、石丸さんかと思った。すごく似てた。
浅利さんの好みの顔なのかしら。
さすがに歌はそんなに歌えないけども。
今回舞台主役は初めてで、さらに四季独特のメソッド
母音法特訓もあっただろうし、出ずっぱりだし、
すごいプレッシャーだったと思います。

今回の前説は坂本里咲さんでした。
山口さんの乞食がボロボロの恰好なのにえらく素敵で
日下さんと全然違った印象でこの人は過去になんかどえらいことを
してた気がする…とか邪推。

あと伝さんマジメ!
素っ頓狂な恰好してる広告屋だからもっと遊んでもいいと思うんだけどな。
バチでバトントワリングしてた人もいるし(笑)
そんな下村尊則さんからもロビーにお花届いてましたけども。

松本さんカーテンコールに出てくるたびに
感極まってて涙が抑えられなくなってました。
思わずこっちももらい泣き。

地味だけど美しいいい作品です。
あと、この作品の玲子さんが一番好き。
ロビーに浅利さんがいらっしゃったけど、相変わらずお元気そうで
立ってるだけですごい威圧感でした。

思い出を売る男: 松本 博之 
広告屋: 中村 伝  
 G.I.の青年: 佐久間 仁 
乞食: 山口 嘉三 
黒マスクのジョオ: 斎藤 譲 
花売娘: 勝又 彩子 
街の女: 野村 玲子 
恋人ジェニイ: 観月 さら 
アンサンブル: 田代 隆秀
          畠山 典之 
          山口 研志 
シルエットの女: 石毛 美帆

アラジン 電通四季劇場海 5月31日 ネタバレ編

先日のnews everyのアラジン道口さん密着。
あれだけ頑張ってまさかの捻挫離脱は残念だったし、
瀧山ジーニーの完成度が高すぎて、さらなるプレッシャーが
かかっていないか心配ですが、道口さんはヒノデロもルミエールも
面白いから期待しかない!あと面白いときの道口さんて
やっぱり声がキン肉スグル声になるんだな。

さて、日本初演「アラジン」初演キャストはやっぱり面白かった。
島村アラジンは一度ライオンキングのシンバで見てるんだけど
あんまり記憶になく、今回は開口セリフがものすごく気になった。
岡本ジャスミンはとにかくもう衣装ですよ。くびれくびれ。
あのアラビアン腹だし衣装を着こなせるヒロイン。
歌うま、きれいだけじゃダメ。大変。

牧野ジャファーはアニメから出てきたみたいなジャファーだった。
…いやアニメ見てないから知らんけど。牧野さんはどの役をやっても
キャラ立ちするから本当に貴重です。
そして酒井イアーゴ。アニメではオウムなのですね。
セリフにもオウムネタありましたが、酒井さん史上最高のはまり役だと思います。
「美女と野獣」だとルフウ枠なのですが、ルフウは本当に難しい役で
なかなか笑いがとれないんだけど、酒井イアーゴは面白かったなぁ。

そのほか 西尾カシーム斎藤オマール白瀬バブカックもそれぞれはまってた。
歌の音域問題もあるけど、キャラクター的には今までやってた持ち役もかぶってて
すごくよかったのではないかと。

で、瀧山ジーニー。
ジーニーの出来で「アラジン」の出来が決まるといっても過言ではない難役。
オペラ畑の瀧山さんがいきなりそのハードルを越えました。
むしろ四季出身じゃなかったのがよかったんだと思います。
四季は基本アドリブ厳禁だから道口さんはすごく悩んでたし。
ただ歌って踊ってしゃべり倒してシングルは大変だと思います。
面白度でいうと芋洗坂係長でもよかったんだろうけど、オーディションの時点で
あれだけ息切れてたんじゃあの長いナンバー毎日こなすのは無理でしょう。
第三のジーニー一体誰がやるのか気になります。

というわけでふんだんにあるダンスやリモコンで動くセット(他の演目は人力も多い)
謎の空飛ぶ絨毯(前でみると仕掛けわかるかも)
おなじみの「 A Whole New World」等々見所盛りだくさんなんですが

結局ジーニーがもってっちゃうよねーー

ということで全然ネタバレでもなかった。

にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。